チャラ男×一匹狼なDJ のパリピ系ラブ★

君の音が鳴り止まない。

kimi no oto ga nariyamanai

君の音が鳴り止まない。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×210
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
135
評価数
37
平均
3.7 / 5
神率
27%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス アメイロ
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784801957664

あらすじ

『テクノが好きとか言ってクラブで男に誘われておっ勃てて、結局セックス相手探しかよ』

田舎じゃセックスしかすることがなくて、学校帰りは合コン三昧のリア充・三条。
本当は趣味のテクノの話がしたいけど、まわりに興味ある奴はゼロ!!

「ナマの音楽を感じたい! 」と年齢を誤魔化し、ついに一人クラブへ潜入する。
カラダを溶かし、下半身に響く――初めて経験する“音"に虜となる三条だったが、
そこで目にしたのは同級生・五十嵐がDJとしてプレイする姿で…!?

教室の隅で独り、音楽ばかり聴いてる根暗なアイツが、夜は誘うような目で“音"を操る。
「俺のプレイで勃ったの?抜いてろうか」嫌みたっぷりで挑発する五十嵐に
負けじと口止料としてセフレ関係を強いる三条だったが…!?

表題作君の音が鳴り止まない。

三条夕夜,チャラ男系高校生
五十嵐南,留学して20才の高校生

同時収録作品捨て猫に愛を与えてはいけません。

山田大作,アパートの大家,40才
河内歩夢,攻めの遠い親戚,22才

その他の収録作品

  • あとがき。

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

cieloさんの初コミックス

この作家さんは電子書籍サイトで何度か無料雑誌や分冊版でお見かけしたことがあったのですが、単行本として読むのはこの作品が初めてです。
あとがきで初コミックスと書かれていましたが、読んでいてそれは全く感じませんでした。
この作品は分冊版の1話目が無料だったのが読んだきっかけですが、今から読むなら単行本版をお勧めします。
表題作の描き下ろし漫画がありますし、『捨て猫に愛を与えてはいけません。』も収録されているので。

全部で2つのお話が収録されていますが、表題作の方は色々気になる事はあったものの、主人公2人の関係だけを見れば夢が溢れた若い2人に頑張ってほしいと思える作品でした。
女の子なら誰彼構わずHするという三条が最初は好きではありませんでしたが、五十嵐に対しては他の誰とも違って~という流れは王道な展開ではありますが萌を感じました。
三条は本気になると結構一途でワンコなのかな?という感じもします。
実は2人とも片親なのですが、家族の気配が作品中ほぼ全く感じられないのと、五十嵐が2年もオランダ留学していて20才でまだ高校生、2人とも一人暮らししたり長期に一人で海外行ったりと結構裕福なのかな?と2人を取り巻く環境が気になりました。

その点、同時収録作品の方は主人公達の生活環境も作中で説明されているし、無理を感じない展開だったと思います。
こちらの作品のキャラも小さい頃から生活環境は結構シビアなのですが、この作家さんの好きな設定なのかな?と思いました。

0

テクノを聴きたくなったよ

絵柄がとても好みでした。
特に長髪系の子・五十嵐。
学校では髪を結んで地味メガネ、そんな子が実はゴリゴリのテクノをフロアでプレイするDJというギャップも非常に面白い。
見た目攻めの方でもいけると思ったけど、こういう子が受けっていうのもイイですね〜。誘い受けの所もまたイイ!
その上、ヘアを剃ってるというのもイイ!いかにも海外で経験してるって感じ。
…と五十嵐はすっごくいい感じなのですが。
逆に、攻めになるノンケのモテチャラくん・三条の印象が薄口だったかも。女性相手のヤリチンという設定もあんまり好きじゃないし…
ただ、五十嵐とラブになってから友達に隠さず気持ちを言っちゃう所なんかは可愛いですね。
五十嵐が三条に相談せずにオランダ留学を決めてしまうお話「永遠とゆびきり」では、言って反対されたりケンカして別れるのが怖かったと泣く五十嵐と、続く甘々Hが良かった!終わってからもギューって抱き合ってる所。

「捨て猫に愛を与えてはいけません。」
アパートの大家x遠い親戚の男の子、の話。
受けのバックグラウンドが暗い。やはりいくら同意の上でもヤリ部屋にするのはアウトですよねー。引いたわ。しかもお決まりの暴力プレイ。
大家さん(40才設定らしけど若く見えますね)がほだされてくれて良かった。この可哀想な子も一安心です。最後は明るく終わるので「萌」。

描き下ろし「もしもし、ひそひそ」
日本xオランダの遠距離恋愛中の三条x五十嵐。
三条はスカイプで、キスしたい触りたい抱きしめたい!と吠える。すると五十嵐が画面の向こうで擬似フ○ラをはじめ、ノった三条と2人で画面越しにエロエロ、というSS。

1

読みやすい

絵が綺麗で読みやすかったがイマイチ盛り上がりにかけた。黒髪長髪は攻めの方が良かったかな。
表題作よりも同時収録のヒモ男受けが好き。ちょっと暴力描写もあったためだめな人もいるかもしれないが絵があっさりしているため抵抗なく読める。転がり込む系は一回捨てられてからがイイ。
表題作よりもそちらにもってかれてしまったが最後の後日談でテレセならぬビデオ通話セックスはもっとネタとして横行してほしいと思う。VRAVみを感じるし実際にそこにないもどかしさがあればなお良いため次作にしてでももっと広げてほしい感じだった。

1

オランダってDJの本場なんだねぇ

好きな音楽でつながるって、いいなぁ、うらやましいなぁって思うのですよ。
田舎の高校生でテクノ好きなんて本当に稀有な存在。
そこが共通するだけでも身近に感じてしまうのは当然だと思うしね。
「音楽」って人の根源を揺さぶるものなんで、セックス感覚も一緒にゆらゆらしてしまうものなのかもしれない。
そこのところを今作は上手に表現してて、こだわりを感じた。
だから、どこにでもありそうな普通の話が「音楽」という要素で魅力的に仕上げた感じはしました。

ただ、どうにも引っかかったのは、受・五十嵐のバックグラウンド。
父子家庭で、祖母に育てられたそうなのだが。
でも、なんで高校生のうちに、よりによってオランダに留学したの?
しかも1年じゃなく2年間?勉強せずにDJ修業してたの?父親がよく許したよねぇ。
父親がオランダに住んでる設定なのかとも思ったけど、そうじゃなさげだし。
最初から大学生カップルにした方が、まだ自然だったような気もしますが…

1

軽く読みやすいお話。

絵が綺麗で好みだったので購入。
前情報は一切ありません。(ちるちるさんで取り上げられてるのも、未チェックでした…汗)
攻めくんはチャラ男というほどチャラくもなく、普通にリア充な男の子。
音楽を通じて仲良くなる過程は良かったんですが、事が性急すぎるような。
まあ、尺の問題もありますしBLなんでそういう展開になるのは仕方ないのですけれども、田舎の高校生を何度も云ってる割にゲイへの抵抗のなさってどうなんですかね?
ネットでそういう情報が入ってくるから?うーん。
そう!田舎なんですよね。
普通に東京でもよかったような??
絵は綺麗で読みやすいお話なので、絵の評価で一段階おまけ。お話だけなら「萌」ですかね。

0

軽い人たちがいっぱいです

初読みの作家さんでした。絵がとてもお上手で髪型や顔の雰囲気にバリエーションがたくさんあってとても読みやすかったです。個人的には表題作の攻めキャラ三条くんとクラブのオーナーさん、ナンパしてくる可愛い子がお気に入りです。クラブのオーナーさんは髭で髪型も短いのに女っぽい格好なのが素敵です。

ストーリーとしては主人公の三条くんがあまりホモに抵抗がなく、女も飽きたし…くらいの気持ちで南に手を出したところが軽すぎていただけなかったです。そんなチャラ男を四年間も日本においてオランダに留学しちゃうって言うのは嫌な予感しかしません。


1

とっても美しい!

私はこちらの作者さんの作品はこれが初めてでしたけど、とにかく綺麗!美しい✨

終始おしゃれな雰囲気でした。舞台が海外になったり、音楽が主題になっていたりするからでしょうか?

絵の丁寧さはもちろん、キャラの心の動きだったりなんかも細やかで分かりやすく丁寧さを感じて、すーっと読み切ることができました。

続編もあるのでしょうか?とにかくこの方の次回作が気になります

1

音楽好きな高校生同士

地方都市の高校生同士のお話です。
攻めはテクノが大好きだけど、周りに同じ趣味の人がいなくて寂しい思いをしている派手めのイケメン。顔がいいので女子にはモテモテ。
受けは、攻めと同じクラスで、休み時間にいつもヘッドフォンで音楽を聴いている地味めの高校生。音楽好きの攻めに話しかけられたりしても、社交的じゃないのであまり会話が成り立たず、友人づきあいはありません。

ある日、攻めは地元のクラブでDJナイトがあることを知り、どうしても行きたくて未成年なのを隠して潜り込みます。そうしたらそのクラブでDJパフォーマンスをしていたのが受けだった、という展開。

何となく、オタクがお仲間を見つけてウキウキ、みたいな連想をしてしまいましたが、好きな音楽が似ていたことで一気に距離が縮まる2人です。受けはDJをしていることが知られるのが嫌なようで、それの口止めも兼ねて身体の関係もできます。受けのDJプレイが気持ちの良いものだったので身体も興奮して…という攻めの方の気持ちは(視点キャラにもかかわらず)イマイチ理解できませんでしたが、もともとゲイだった受けの方の気持ちはとてもしっくり来ました。ヤリチンだった攻めが受けと寝るようになってどんどん純情になっていくのは可愛らしかった。
あと、受けがDJ留学していたため2歳年長だというのもなかなか良かったです。
初めて知った作家さんでしたが、絵がとても綺麗だったのがびっくり。


同時収録作が一本。こちらは40代のアパート大家×若い店子というカップリングでした。
受けは夜な夜な複数の男を連れ込んでヤリまくっています。痛い目に遭わされないとイケないという痛々しいキャラですが、幼いワンコっぽい面も。
それにほだされてしまった大人の攻め。痛くないプレイしかできないけど大丈夫なのかな…とちょっと心配になりました。

1

絵が綺麗です

最近ちるちるさんのインタビューを読んで欲しくなって購入することが多いのですが、この作品もちるちるさんのインタビューを読んでから購入しました。

あらすじは他のレビュアーさんが書いて下さっているので感想を。
攻めの三条くんはチャラ男でヤリチンということなのですが、そんなに具体的にヤリチン部分は描写されてないけど女の子にはもてるし、男友達も多い明るい子で、テクノが好きで1人で行ったイベントで同じクラスでどちらかというと地味目な五十嵐南がDJしているのを見てその後急接近。

曲を聴いて下半身が勃つというのはちょっとよくわからないけど、南のプレイしている曲を聴いて気持ちよくなったってことで。

。ちょっと急展開に思えないことはないけど、南がゲイだということをバラさない口止め料として南を抱く三条君。三条君から関係を迫ったけどちゃんといろいろ準備してる南もまんざらでもない感じでちょっと疑問に思ったけど、実は南は三条君のことが前々から気になっていたことが後々わかって納得。
Hシーンの描写も絵が綺麗です。そして照れてる南がかわいいのです。

共通の趣味で仲良くなった二人。三条君が南のこと好きって自覚してからはもうラブラブです。途中南の元彼のDJとか出てくるけどそんな邪魔されるわけでもなくいい感じに。

高校卒業後三条君は音響マスターになるため音楽の専門学校へ、南はDJの本場で勉強するまでオランダへ行くことにするのですが、なかなか三条君にいいだせず結局オランダに行ってから三条君にオランダで4年間勉強すると告げるのですが、割とあっさり応援すると言っちゃう三条君。二人はこれからもずっと一緒というところで本編終わりです。

三条君チャラくてヤリチン設定だけど、南に会ってからは一途でかわいいのです。

でも特約店ペーパーや、スマホのゲームクリアで描き下ろし特典の画像がインスタ風に見れて、それを全部みたら本当に完結ですので、是非スマホで特典画像も見て下さい。

もう一つのお話はちょっとDVの描写が出てくるので苦手なのですが、愛情に飢えてる歩夢と遠縁の親戚のおじさん大作が同情から面倒みてるうちに情が移っちゃってさらに体の関係も持っちゃって好きになるお話で、歩夢の半生は壮絶でかわいそうだけど、最後おじさんに拾ってもらって良かった。

とにかく絵が綺麗です。表題作のその後がスマホ特典というのがちょっと残念というかもったいないな。本当に素敵なので漫画で番外編とかで見てみたいです。

3

さらーーとしてます。

あっさりしている印象です。
なんというか出てくる人たちが、みんな軽い。

音楽の趣味が合うってだけでも、急に親友みたいに仲良くなるとかそういうことってあるとは思います。
でもそこからエッチまでなんの障害もなく進んでいく。
当て馬なのかと思った受けの昔の男も特に何かをするわけでもなくちらっとちょっかいかける程度。
内緒にしていた海外移住(しかも元カレの家)でさえ揉めるわけでもなくあっさり遠距離。

何か起こりそうな予感がしても、読んでる方が身構えている間にもうその話終わったよ?みたいな。
肩透かしされた感じです。


最後まで受攻共にどんな人だったのか掴みきれませんでした。


それでも萌にしたのはとにかく絵がきれいだったので。
小説の挿し絵とかされてるのかな?

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ