ストロベリー・コンバット

strawberry combat

ストロベリー・コンバット
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
23
評価数
10
平均
2.7 / 5
神率
10%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784403665769

あらすじ

元傭兵の京介は、ストロベリーブロンドの髪色の男・美作コンツェルンの御曹司である流音と出会う。
「前世で私達は夫婦だった」と言われ驚愕する京介だったが、ボディガードを頼まれてーー⁉︎
前世の記憶が引き寄せる、リインカーネーション・ラブ♡

君が欲しいって、もう一人の私が泣くんだよーー。

表題作ストロベリー・コンバット

美作流音 大企業の御曹司 前世が受けの妻
荒木京介 元傭兵 42歳 前世が攻めの夫

その他の収録作品

  • デートの味
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

払拭できない攻受の違和感

ルネと流音、戦士と京介。
前世の記憶を持つ2人の話でしたが、最終的によく分からなくなってしまいました。

盛大にネタバレしているので、ご注意ください。





前世で貴族の娘だったルネと結ばれた戦士。
愛し合いながらも添い遂げることができなかった2人の記憶を流音と京介がそれぞれ持っているわけですが、最後の最後で分からなくなってしまいました。
流音を守ろうとした京介が銃弾に倒れたシーンの台詞を読んでいると、単に前世の記憶を持っているというだけじゃなくて、輪廻転生?蘇り続け、葬られ続けっていうことは、これまでにも何度も生まれ変わってる?今まで何度も同じ結末を迎えたのに、どうして今回は生き返らせる魔法を使えたの?うーん、分からない。
最初の方で流音が「知らずにいて良かったんだろうな、京介は…。彼女の…私の末路など」と言っているのは、ルネが亡くなった戦士を想ううちに魔女になったことを匂わせているのは読み返して分かりました。
でも読めば読むほど、流音と京介の体を容れ物にしたルネと戦士の物語で、流音と京介の意思がどうなのかが分からないのです。
ただ前世の記憶の思念が強すぎてそれに流されているだけなのか、前世に関係なく自分の意志としても相手を思っているのか、もしくは完全に容れ物で自分の意志なんてないのか。
前世ありきばかりだったので、前世と関係ないところで惹かれ合っているような描写がほしかったです。

さらに流音が攻めというのも理解できず。
女性の記憶を持っているのなら、運命の男性には抱かれたいはず。
そこが逆転する理由が全く描写されていなかったので、しっくりきませんでした。

0

シリアスとコメディの絡み合い

直野儚羅さんとくれば。
ファンタジー系で。
オヤジ受けで。
本作はその通り展開の「生まれ変わり」ファンタジー物語。ではオヤジ受けはどうかな?
表紙の右側のブロンドで緑の目の男性、彼も日本人で、名前は流音(るね)。前世では「妻」。
左側は、42才、海外で傭兵をしていた京介さん。前世で「夫」でした。
流音は、大コンツェルンの御曹司。初めから前世の記憶を持ち、京介を手元に置くために自分のボディガードとして雇います。
この冒頭は筋も通ってるんだけど、段々シリアスなのかコメディなのかよくわかんなくなってくるんですよね…
というのは、この流音さん、命の狙われ方がハンパない。ヒドすぎて、これはコメディなのかしら、と思うのです。
催涙弾を投げ込まれたり、駐車場でサイレンサーで襲撃されたり、料亭に暗殺集団が踏み込んできたり、車に爆弾を仕掛けられたり。
それを顔色も変えずに制圧する京介さんはまあいいとして、流音本人も、秘書の葉芝さんまでスルー。いつものことです、なんて言うんです。
おまけにヘンな女パパラッチまで出てきて、ちょっとグダグダ感もあり。
反面、生まれ変わりストーリーの方は結構血生臭くてホラーっぽくもある。
つまりは、元の妻ルネは魔女だったのです、的なオチと、葉芝さんと京介の傭兵仲間の政貴もなにやら生まれ変わりの輪の中にいる存在のようで…(カバー下に解答あり!)
そしてやっぱり京介は受けでした。
これで輪廻の輪から抜けて、今世で愛が完結するのかな?

0

色々おいてけぼりに

フ○ンス外人部隊ですらなく傭兵?(傭兵ってどうやったらなれるんだろう…)
いくら手広く経営してるからってアメリカ大統領以上にあそこまで狙われるのはおかしいだろ
現代日本設定じゃない方がよかったかな

0

流血はあるがロマンチック♡

この作品、攻めの「前世」が元姫の魔女だけのことあって女性らしさが強い攻めであり、代わって受けの「前世」が騎士だけのことあって筋肉男前な受けになっているかなり異色なCPではありますが、とても愛情が感じられていたのでよかったです♪♪

しかも、♡♡♡シーンは2話目は攻めだけでしかも上記にあるように女性らしさが強いので、「大丈夫かなぁ」とも思いましたが、3,5,6話目は受けの乱れっぷりと可愛さがもうたまりませんでした♡♡♡

魔女のカラスと騎士の馬の転生者、葉芝と政貴もすっかり2人のサポート役とツッコミ役になっていたのでよかったです♪♪

ただ、「デートの味」と穂坂はいまいちだったかな(^_^;)

2

新書館からの初コミックス

何気にレーベルが違うだけで明度が上がったように感じられます。
釣られて作品に対する姿勢もより好意的となり、前半楽しく読み進められました。
途中嗜好の偏りに一抹の不安を覚え、案の定繰り広げられたおやじ受け(笑)
元嫁がビッチ的にのっかる展開は有りだけど攻め側に逆転してしまうと…。
内容よりも趣味に走った感が強くなりちょっぴり残念。
ルネが京介に執着するに至る、特筆すべき前世の出来事も特になく。
意味深な台詞も未回収のまま。
どたばたと騒々しくラブに落ち着いてしまい、良くも悪くもいつも通りとなりました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ