オネエ・女装攻めBL

onee josouzeme bl

オネエ・女装攻めBL
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
7
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
kayama ko セツオ 多田基生 寺嶋かなえ 七菱ヒロ 柊みずか 由元千子 六多いくみ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
ISBN
9784879197856

あらすじ

挿れてあげる…
綺麗なオネエさん、女装男子がガン攻め!
まってまって!オレが犯るんじゃないの!?

――美女で野獣。
オール読み切りアンソロジー!

《coverillustration》
itz

《comic》
kayama
ko
セツオ
多田基生
寺嶋かなえ
七菱ヒロ
柊みずか
由元千子
六多いくみ

レビュー投稿数2

入門~ライト

全部が違ったシチュエーション。話によっては好みが別れるお話もいくつか。
個人的には1話目が一番好き。世間的には真面目な人が実はちょっとぶっ飛んでる頭していて、常識人攻めが仕方なしに付き合ってあげてる感じが。
おネエ、もしくは女装が出てくるお話は割とぶっ飛んでるキャラが出てきがちだけど、このお話にはそこまでぶっ飛んでるキャラはいなかった印象をうけた。
いやでも、女装しているパートナーに攻められて興奮するというシチュエーションはあるので、やっぱりぶっ飛んでる。

1

綺麗でバリタチが理想

女装と言っても色々あるんですね。
これだけバラエティーにとんだパターンを見ていると綺麗に女性になれているタイプの女装家が実はバリタチと言うのが一番のツボだとわかりました。ですので、個人的に一番萌えを感じたのは三番目のお話でした。女装してるんだから俺が男らしくリードしなきゃ!って意気込んで押し倒したものの、逆にくるりんとされて「アタシ バリタチなの!」の台詞が出てくると「よっ!待ってましたっ!」てかけ声かけたくなります。
二番目のお話のダメリーマンもなかなかのダメっぷりで面白かったですよ。浮気を二回もしてついに離婚されちゃった地味目のリーマンをほっておけず、手を出しちゃう姉さん。まさか、ノンケには手は出せないしと思ってゲイバーで遊んだ帰りだったもんだから、リーマンにすぐに勘づかれちゃうんです。自分のことは棚に上げて「誰かと会ってたの?」と聞くリーマンを見て、最後に一言、「とんだ欲しがりを拾ったものだわ」と胸中で呟く姉さんが男前過ぎです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う