僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。

boku wa maiban hentai ryman ni ijime rareteimasu

僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
28
評価数
7
平均
4 / 5
神率
28.6%
著者
キサラ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Bevy
レーベル
ペロペロ男子図鑑
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「メガネ外すと、思ったより幼いんですね。だから虐めたくなるのかなぁ」
ノンケな後輩に押し倒されて、痛いくらいに乳首をキュッと抓られて…コレって夢?それとも現実!?
――ゲイであることを必死に隠して生きてきた堅物リーマン・大槻。マジメすぎるが故に職場のチャラい後輩・二ノ宮とは衝突してばかり。なのに、そんな相手に惚れるってどうなんだ!と落ち込んでいたある夜、ひょんなことから二ノ宮を自宅に泊めることに。
すると「俺のこと、オカズにして抜くくらい好きなんでしょ?」って迫られた挙句「ここ、キツくされる方が感じるよね」ってビンビンに勃起したアソコをグリグリと攻められてしまう。
馬鹿みたいにキモチよくて思わず泣いちゃったけど…でも、なんで?なんでこうなった?

僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(1) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(2) 23ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(3) 26ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(4) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(5) 28ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(6) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(7) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(8) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(9) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(10) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(11) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(12) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(13) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(14) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(15) 27ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(16) 28ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(17) 28ページ
僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(18) 28ページ

表題作僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。

二ノ宮 祥吾(リーマン・チームの後輩)
大槻 亮(27歳・リーマン・チームリーダー)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

超超超面白い!

12巻まで読んだけどめっちゃくちゃ萌えた。
嫉妬深い攻めはやっぱりイイ!萌える♡♡♡
嫉妬する度にキュンキュンしまくってた
受けも男性経験のないピュアな受けが好みだけど女性経験もないウブな受けでとてもよかった。攻めもかっこいい。ちょっとワンコみたいけどちゃんと雄っぽいし男らしさに萌える♡♡♡
キサラ先生の作品は今日初めて読んだけど全部好みだったのでこれからも楽しみです!

1

だけど男の子だもん!涙がでちゃう!

かわいい!なのにレビュー0なんて!と義憤に駆られてレビューしました。
そんな大袈裟なぁーと思われるかもしれませんが、他の電子サイトのレビューで大人気作品「ドSおばけが寝かせてくれない」に似てるって書いてあって、違うよ〜と言いたいのもあったんです。

インフォマニア的なのって比較的くあるしそんなに真似してないとおもうんだけどなー。

それに本作は攻めがSでありつつ「先輩に嫌われちゃうかな?」なんでいったりあれだけ執着してたのに器の大きな男目指して反省してたりするので、受け攻めどちらもキュート!に見えてくるんですよ。
攻めの髪型が変だけど\(^o^)/。

ストーリーは王道の執着攻めにインフォマニア的な設定が絡んでて面白いです。
受けちゃんが昼間キリリだけど夜は涙がでちゃう〜でアタックNo.1で、ほぼ高校生レベル、ボデーがちょいツルツルに抵抗がなければぜひ。電子サイトなら分冊で出ているのでまずは2冊買ってもらと良さがよくわかると思います。
ココで合わなけれは回れ右かなー。

1

次が気になって仕方ないので、早くおまとめ版で読みたいです!

このレビューは丁度(7)を読了した後に書いていますので、まだ一波乱ありそうな雰囲気です。
とにかくツンデレさんだった筈の受け、大槻さんが以前から気にはなっていた二ノ宮の幽体(幽体離脱した方の)にイタズラされて。好きだということがバレて。めでたく付き合う事に。イケメンでおモテになる二ノ宮に比べて、僕は地味で魅力が無い…と、自分の可愛いらしさに全然気づいて無い、天然誘い受け系の大槻さんに実はメロメロでブンブン振り回されてる二ノ宮も可愛いです。
二ノ宮にはもっと執着して欲しいですし。実はイケメンの上司や先輩、共に出張に同行した後輩にまで、モテたり意識されまくりの大槻さんなので。二ノ宮には余裕なくハラハラして頂き、大槻さんを大事に大事にして欲しいです。
好きなエピソードは沢山ありますが、二ノ宮の嫉妬のせいで、出張先の大槻さんにイタズラしたあげく、そのエロ可愛いイキ顔を同僚の土屋に見せてしまう、という失態を二ノ宮が猛省してるとこ‼︎アホ過ぎます。この後のエピソードでは土屋は出てこないんですが、意識しまくった土屋に出て来て欲しいです。笑。
大槻さんは弟には慕われていますが、(弟、すごくいいヤツ‼︎)同性しか好きになれない事を母に認めて貰えず、辛い思いをして家族と疎遠になったという経緯もあり。
二ノ宮にはそんな彼の盤石な居場所になってあげて欲しいと切に願います。
クスっと笑えて(そもそも設定が幽体離脱ってトンデモですしね。)しみじみいいお話。絵も柔らかいタッチで可愛いので、もっと皆さんに知って貰いたいです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ