陽だまりのスノーマン

hidamari no snowman

陽だまりのスノーマン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1
平均
2 / 5
神率
0%
著者
いもはた 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
道玄坂書房
レーベル
MIKE+comics
発売日
価格
ISBN

あらすじ

新連載は元野球部のエース・走汰と走汰の亡き姉の夫・歩向の子連れ年の差ストーリー。入学したばかりの大学を辞め、一大決心を胸に歩向の家を訪ねた走汰。義兄と幼い姪の前で頭を下げる走汰の決心とは…?!

陽だまりのスノーマン(1) 28ページ
陽だまりのスノーマン(2) 27ページ
陽だまりのスノーマン(3) 29ページ
陽だまりのスノーマン(4) 32ページ
陽だまりのスノーマン(5) 34ページ
陽だまりのスノーマン(6) 29ページ
陽だまりのスノーマン(7) 31ページ
陽だまりのスノーマン(8) 33ページ

表題作陽だまりのスノーマン

橘 走汰(義弟)
春日井 歩向(義兄・死んだ姉の夫・子持ち・呉服屋)

レビュー投稿数1

設定が生かしきれてない…

走汰は死んだ姉の夫、歩向に恋してる。
スカウトが来るレベルの高校球児だったのに、今はフリーターやりつつ父子家庭になった歩向の手伝いをする日々。
物語の序盤は、走汰視点で物語が進み、まあ何やかんやありながらのラブストーリーなのですが。

こっからネタバレ。

途中から、過去のエピソードで歩向と走汰の姉の話になるのですが、突然なんか歩向が共感覚の持ち主で、人の顔が人間の顔として理解できず、走汰の姉の顔はリンゴに見えるし、産まれたての我が子はタコに見える。それなのに走汰だけは翼のある人間として顔が認識できた…と言う設定が出てくるのですよ。

んで、歩向の娘にも共感覚は遺伝していて、娘ちゃんには感情が雪に見えて、難しい恋愛に身動きが取れなくなってる二人には雪だるまが乗ってるように見えてたらしい(タイトル回収部分)。

この辺の設定が、説明が足りないのか私の理解力が足りないのか、なんか分かりにくかった。

つか、この話に共感覚の設定、いる?フツーの人同士のラブストーリーでよくない?

最初から歩向の視点で「人の顔が別の物に見えるハンデを持った人の話」の方が面白かったかもしれないです…。

0

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う