「永劫の束縛」協力書店共通書き下ろしペーパー

eigou no sokubaku

「永劫の束縛」協力書店共通書き下ろしペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
永劫の束縛

商品説明

協力書店さんで購入するといただける書き下ろし特典ペーパー。
無くなり次第終了。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

甘い空気が流れてます

一部協力書店さんで購入するといただける特典SSペーパー。私はコミコミスタジオさんで購入して頂きましたが、大きさはB5サイズ、緑色の薄手の紙に片面印刷されてます。

すみません、本誌含めたネタバレ表現があります。








時系列は本編終了後。尚弥視点でのお話。

本編の最後で恋人同士になったクロウこと漣と、尚弥のふたり。

とある日、クロウの部屋で身体を重ねた彼ら。
尚弥とは異なり娼館を束ねる役であるクロウの部屋はどれほど豪華なのか、と思っていた尚弥ですが、意外なほど質素な部屋に驚く尚弥。

クロウもまた、尚弥と同じく囚われの身であることを痛感し、そうした自分たちの境遇を再認識するのですが。

クロウの過去。
彼が抱えてきた孤独。

そうしたものをすべてひっくるめて漣を愛するようになった尚弥の姿が描かれていました。

漣が尚弥という存在を得て、笑顔を見せるようになり、そして射精できるようになり。
そして、お互いに名前を呼びあい深く求めるシーンが何とも印象的でした。

本編はシリアス感が半端なく痛い表現も多かったので萎えることしばしばでしたが、このペーパーでは特殊な環境に身を置きながらも相手を深く想う恋人同士の甘い空気にあふれていました。

というか、本誌でもこういう甘い空気がもう少しあったらよかったのにな。

とちょっと思ったりしました。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ