ネオンサイン・アンバー

neon sign amber

琥珀色的霓虹灯

ネオンサイン・アンバー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×26
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

18

レビュー数
2
得点
73
評価数
17
平均
4.4 / 5
神率
52.9%
著者
媒体
CD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
ataco / Water Bear
脚本
佐々美沙
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
72 分
枚数
1 枚
ふろく
着せ替えジャケット
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

フロアごと鼓動しているようなクラブで
緒方は、客のひとり、サヤと出会った。
サヤはいつも違う女を連れた、
アンバー色の肌をしたギャル男。
正直、苦手なタイプだった。
ところが、偶然サヤに金を貸し、
お礼に手料理の朝食をおごってもらうことになる。
真夜中に見る軽薄なサヤとはちがう、
ていねいに作られた食事。
緒方は加速度的にサヤに惹かれるが――。

表題作 ネオンサイン・アンバー

緒方勇介 → 日野聡

佐矢真崎 → 中島ヨシキ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ヨシキ可愛いの礼賛CD

中島さん初受け。元気っ子。
ちょっとうるさいけど、可愛いから良し。
達央さんのブリ声に近いものがある。
日野さんは低音。

口移しでお酒を飲ませるシーンが急にエロい。

感情が伝わりづらい設定の役だけど、
受けちゃんを可愛く思っていることは充分に描写されているので、
部屋で手を出そうとするのも「何故ノンケが?」という唐突感はさほどない。

「男の人が好き」「身体見たい」
いじらしい…。サヤ可愛いよサヤ。

その後の「初めて男の人にぎゅってしてもらったり」のくだりも本当に可愛い。
台詞の前に小さく息を入れたことにセンスを感じる。

中学時代のヨシキがまた可愛い。

西山先輩の怒りは男女でも有り得ることだと思う。
が、その後の対応から見える人間性が最悪。

「これでチャラな!」のサヤが可愛いし、
続く絡み(といってもフェ〇するだけ)も最高可愛い。

カッコイイ日野さんは大人の魅力と安定感。
「可愛いね」が援交のようw
ヨシキはいたいけでひたすら可愛い。
初めてでこれは上手。

最後の絡みは、役的にも初めて設定。
ちょっとうるさい続きけどw変にブリ声にならず、男のまま可愛くて良い。
それも「勝手に汚い声出る」「可愛い声」なので愛しさしかない。
むしろ体重を感じる演技で、リアルでいいかなーと思った。

事後、おなかを撫でるって何…可愛い…。

総括。
ヨシキが初期達央みたい。こうなるのか…。
ひたすらヨシキ可愛いの礼賛CDだった。

注意点としては、この原作者なので女キャラが多く出てくる。
揃いも揃ってキンキン声orヒステリーです。

惜しくらむは、トークがないこと。ヨシキの初めて物語が聴きたかった!!

0

緒方の声が素敵

原作既読です。ほぼ原作通りでした。
原作が大好きなのでキャスト発表の時にちょっと不安だったのですが、中島ヨシキさん初めて聴きましたがちゃんとサヤで心配無用でした。

そして日野さんの緒方が、口数少なくて表情のわかりにくい感じが伝わってきました。
とにかくサヤは見た目チャラいけど、話してみるといい子で緒方の表情を唯一読み取れるので、他の人にわからない緒方のことがよくわかっちゃて良い意味でも悪い意味でも緒方の気持ちに気づいちゃう。

出会った時の印象が悪かったのに徐々に緒方がサヤに惹かれていく様子が声の調子の変化でも伝わってきました。
サヤもだんだん緒方の前ではかわいらしくなってきて、さすがだなと思いました。

緒方がサヤのこと好きで途中までするけど、やっぱり無理ってなって"ごめん”っていうところではやっぱり泣けました。
サヤには表情で緒方の気持ちわかっちゃうから余計に辛くて。
サヤは過去男の子に告白して振られて、それを言いふらされたからいじめられた過去があるので、緒方に拒絶されて深く傷ついたはずなのに、緒方に対して自分がきもいだけだからと逆に緒方のことを気遣ってあげ続きて本当に切なくて、辛い場面で胸が痛くなりました。

その後しばらくお互い顔を合わせていなかったけど、再会して緒方がクラブを辞めてバーテンになることになって、サヤの作るご飯最後に食べたいとお店に行った時、サヤを以前傷つけた先輩が店に酔っ払って入ってきてまた侮辱したのに緒方が腹を立てて、サヤに謝れとボコボコにするのだけど、その後仲直りして、今度は以前途中でできないってなった緒方が、サヤにフェラしてあげて今度引っ越す自分の部屋の鍵をあげて、今度こそサヤを幸せにしてくれるだろう緒方がかっこ良かったです。

コミックス描き下ろしの初Hもあわあわしてるサヤがかわいいです。色っぽさはないけど痛いの我慢してるかんじとかちょっと叫んでるので初々しさはあるのですが、もう少し色っぽければさらに良かったのですが、多分中島さんメイン初だと思うので今後に期待します。
日野さんの緒方は終始サヤをリードしたり気遣う感じが攻めだけど色気があってやはりお上手だなという印象です。

絡みの部分以外は中島さんのサヤ本当にチャラい感じとか繊細な部分とか演じ分けられていて安心して聴けました。
日野さんの緒方は終始落ち着いた低音の良い声で素敵でした。
エロは多めではありませんが、ストーリーが良いので原作好きな方にはおすすめです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ