貴方、こんな"攻"みたことありますか?

ユートピアダーリン

utopia darlin'

ユートピアダーリン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神32
  • 萌×211
  • 萌7
  • 中立4
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
9
得点
229
評価数
60
平均
4 / 5
神率
53.3%
著者
超涼閑筆報 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041061060

あらすじ

スーパー攻様ゆえの悲劇に翻弄される彼に幸せはあるのか?
顔ヨシ、性格ヨシ、収入ヨシ、おまけに 床上手のエリートサラリーマン、不動。
飛行場、波止場、四畳半、アフリカ…
「恋人の幸せは自分の幸せ」をモットーに、今日も色々な場所で恋人を癒す。
それなのに気付けばいつも、恋人に利用されて捨てられて-----?!

『"攻"とは一体何なのか?』を根本から問い直す、サラリーマンラブコメディ BL!!

表題作ユートピアダーリン

不動,商社勤務のエリート
黒川春音,32歳,課長で実は産業スパイ

同時収録作品第1話 未練を振り払ってくれた人

不動,商社勤務のエリート
安達泰時,32歳,不動の上司

同時収録作品第2話 自分を見つけてくれた人 

不動,エリートリーマン
坂井瑞希,26歳,協力会社社員・不動のバディ

同時収録作品第3話 大人のホントを見せた人

不動,商社勤務のエリートリーマン
元新体操選手・肩を痛めてリハビリ中

同時収録作品第5話 僕の大好きな人

不動,商社勤務のエリート
柏木礼介 不動の20年来の友人

その他の収録作品

  • 描きおろし
  • あとがき

レビュー投稿数9

5人分楽しめる?気がする

攻視点から1話完結で5人の受とのストーリーがあります。
純愛が好きな人には地雷かもしれませんが、それが理由で読まないのはもったいないと思います。

ストーリーの構成があまり無い形式だったので初見は怖々と読み進めていきましたが最終的には良い所に収まったので安心、2回目に読んだ方が楽しめました。
最終的にカップルになった受の他にいた4人も決してかませ犬では無く、それぞれにストーリーを楽しむ事が出来き、良い意味でどんどん攻をひきたてていってくれます。

個々のストーリーが物足りない感はありましたが、逆に深く追求しすぎると感情移入しちゃって攻とくっつかないのが納得いかなくなるので良い引き際だと個人的には思います。

ちなみ攻はなんともいえないグッドなキャラです。
スーパー攻様?の設定ですがどこか幸薄系というか、儚げな印象で萌ました。
もちろんかっこいいです、が大人の男がみせる可愛さみたいなのもあります。

カップルになった受の「パパ」溺愛っぷりも気になるので是非続きが読みたいです。



6

続きが読みたい!

すごく面白かったです!
絵も魅力的で、言葉の選び方が素晴らしい作品でした。
ひとつひとつのセリフが的確かつ美しく感じます。
BLらしいセリフ、というよりも、
キャラクターたちが海外赴任などこなしている商社マンなのでさらっと綺麗な言葉が使える!という感じで、
キャラが生きていると思いました。

最終的に決まった相手以外に出てきた受も全員それぞれに可愛かったり、良いところがあるので、
べつに攻ふらふらしているという感じではなく、
攻はとても真摯に恋愛しています。
大体受可愛い!と思って読むことが多いのですが(もちろん受可愛かったです!!)、
1話からずっとこの攻が幸せになって欲しい気持ちがありました。
そして、いままで攻に関わってきた受がみんな幸せになってたら嬉しいなあ…といろいろ考えてしまいます。
長編でじっくり純愛が好きな方でも楽しめる作品と思います。
いろんなキャラや、いろんなパターンを読めて、
ずっとぶれない綺麗な絵とセリフが楽しめました。
作品中のキャラの服装や、小物など細部のこだわりもいろいろありそうで、そういうことに詳しくない自分が口惜しいです笑!!

過去が気になるキャラ、
あの後どうなったのかな?と思うキャラ、
2人の今後、
と、たくさん知りたいことがあるので是非続編を期待します。

6

こんなオムニバスは初めてです!!

とても面白く、キャラクター達が魅力的でした!!

他の方のレビューの通り恋愛シミュレーションゲームのように複数ヒロイン(受け)ルートを経て、最後に主人公の為のルートに辿り着くような物語構成です。

受けキャラ達の気持ちを蔑ろに放置して終わらせる事はなく、きちんと綺麗に決別し後味良く次の物語に進みます。

どの受けキャラも魅力的で無駄なエピソードは一つもなかったです。

エリートサラリーマン達の物語なので、普段は仕事が出来るスマートなイケメン受け達が取り繕わず本音を吐く姿や照れる表情のギャップがとてもとても素敵でした!!

主人公と結ばれた柏木さんの長年の片想いを告白するシーンは大変可愛く、わたしの中で何回でも読み返したい大好きな告白シーンになりました。

他の受けキャラの未来やバックグラウンドもですが、この二人の甘いやりとりや続きをもっともっと読みたいです。

各話の最後の受けキャラ達の履歴書が面白くて、履歴書を見た後にまた読み返すと深みが増します笑

5

坂井君の今後…

膝を打つほど面白いです。
まさに好色一代男、不動一代記です。この言葉に尽きますし、読了後は登場人物全てに優しさを感じることができました。

他の方がレビューしている通り、攻め×複数の受けたちの物語という感じですが、主人公の成長記録と幸せへの道のりとなっています。
そしてその主人公である不動は読めば読むほどその魅力が増す系だと思います。一度読んだ後不動の性格や立ち居振る舞いを感じて、もう一度読むとこの時はこんな気持ちだったのではないかと想像を掻き立てられる表情に出会えます!

それぞれに出会う受けたちのその後、とても気になります。
特に坂井君の恋の行方は是非続きが読みたいです。この方の書かれるその後であればきっと良い結末を迎えられるのでは?とも思います。

話の序盤で度肝を抜かれるシーンが個人的にあったのですが、素晴らしいエンターテイメントだなと膝を打ちました。
お悩みの方は一度読んでみることを是非お勧めいたします!

個人的には絵の綺麗さやラグジュアリーな背景とリッチな男たちに非日常を感じられて良い買い物をしたなと思っています。

何度も申し訳ないのですが坂井君のその後がとても気になります。

4

続編かスピンオフ希望

綺麗な絵はもちろんのこと、特筆すべきは海外小説のように粋な会話劇です。
構成も卓越しており、商業BLとして新しい試みがされた意欲作でした。

主人公の攻、不動が一人一人と真摯な恋愛をしていきます。
受のタイプはバラエティに富んでいて、どのキャラも魅力的です。
決まって受から別れを切り出されてしまうのが可哀想ながら面白いな、と軽い気持ちで読み進めていったら、不動の心情が吐露されたシーンが切なくて。
彼は常に、本気で嘘偽りのない恋をしているだけなんですね。

ネタバレになるので詳細は書きませんが、最終話で結ばれた相手とは三角関係になりそうな気配があり、作中で明確には語られていないことも相まってとても気になります。続編で詳細を明かしてほしいです。
しかし一番気になるのは1話冒頭でちょっとだけ出てきたジェーニャだったりします。
サンクトペテルブルグでのジェーニャとの3年間、どう出会ってどのように恋に落ちたのか、ジェーニャが不動との別れを決意するまでに何があったのか、美麗な筆致で読んでみたいです。
今後の作品にも期待しております。

4

安達さん…

絵もきれいで、お話もとても面白かったです!
ただ、私は一話目の安達さんのビジュアルと性格がどストライクだったので、こっそり再登場してくっついてくれないかなと思いながら読み進めてしまいました。
スパイ組織や爆発などスケールが大きくて、これはギャグなのか真面目にシリアスなのか?と判断がつきませんでしたw
履歴書の作者の方のコメントも面白かったです。
海外赴任が多く産業スパイが入る企業だけあって、みんなハイスペック〜スペイン語話せるとか羨ましい!
BLに出てくる人たちって自分は絶対つきあいたくないなって人多いけど、この作品に出てくる人は現実世界の女相手でも自然にスパダリになってくれそうな感じがしますw

1

面白い!

主人公はイケメンのエリートサラリーマンの攻め・不動。熱い抱擁&セックスをしていたはずのロシア人の恋人に振られるところからスタートします。

その後もスパダリ系の不動が色々な受けに会ってはいつも相手から別れを切り出されてしまう。
面白いなぁと思うのは、一人の攻めに対し、受けが次々登場するのですが、攻めが色んな受けを食い散らかしていくという構図ではないんです。

彼の愛を一言で言うならば「献身」。
目の前の相手を笑顔にさせたくて、彼らの良いところをそれぞれ見つけてあげて笑顔にさせて、彼らは不動を良い思い出として羽ばたいていく…そしてポツンと一人残される不動…っていう感じ。
不動がイケメンで超エリートのスパダリ系なんだけど微妙に薄幸そうなところもツボです。

どの受けも当て馬のようなおざなりな描き方ではなく、それぞれ深みのある良いキャラばかりで魅力的なところがあります。(合間に描かれる履歴書形式のキャラ紹介がとっても面白い!)

そういうキャラと毎回恋に落ちて、ちょい強引なエロだったり、SMっぽいプレイだったりという不動の色んな面を見ていくことができるのも楽しいです。
冒頭でロシアの恋人に振られたあと、不動の前には様々なタイプの受けが登場します。

一人目は仕事ができて切れ者だけど見た目は美少年系の可愛い上司。ちょい強引に上司を落とした不動だったけど、まさかのお別れ…。

二人目は腹黒系のしたたかな協力会社社員。彼には狙っている男がいて、不動には「恋愛のやり方を教えてください。」と近づきます。不動は彼の思惑を見抜いたうえで腹黒い企みやらも全て真摯に向き合って接します。それなのに….

三人目は新人くんに振られて不動が酔いつぶれていたところを拾ってくれた少年。SMプレイをしながら少年に「すぐに恋とか言って子供みたい」と言われてしまうのですが、それに対する不動のセリフが切ない…。

四人目は産業スパイ。恋愛のフリをして近づいてくるスパイに騙されたフリをして付き合う不動。企業秘密を知りたくて近づいたスパイだけど、不動に接するうちに愛する喜びに目覚めて…。

そして最後に登場したのは…。
幸せの青い鳥は実は身近にいたという結末がいいなと思いました。
ただしパパ?!そんな人どこかで登場したっけ?そして親父の懐中時計とは別の人?と若干戸惑いを感じずにはいられず、若干そこがモヤモヤしました。

続編でそこを明かしていただければ最高です。

1

独特

かなりインパクトのある作品でした。
主人公の不動は変わらないのですが、各話ごとにお相手が変わる形式で、毎回振られてしまうという設定。
不動はハイスペックリーマンなのですが、恋愛ではすごく変なキャラで、これが新しくてとても面白かった。
駆け引き上手のふりをして、実は純情。超惚れっぽく尽くすけど、手が早くベッドインすれば床上手。何かちぐはぐで、けれど相手を大切にする気持ちは本物で、一途。

毎回振られる不動を慰めるのは、幼馴染で同僚の柏木。こちらがキーパーソンで、予想通り、「もう僕にしときなよ」という展開になるので、最後は見慣れた感じがしてややテンションが下がりましたが、全体に個性あふれるテイストで久し振りにいい作家さんの本を読んだなと思いました。
今後に期待。

0

背景の描き込みが...

スーパー攻め様故の苦労...というコンセプトはとても惹かれるものでした。
他の方のレビューにもあるように、最終的に本命となる受けの子以外に出てくる他のキャラクターが死んでしまうわけでもなく...どんどんと攻めが成長していく様が描かれていました。キャラクターの表情も繊細に描かれており、構成含めて素晴らしかったと思います。

その分、と言ってはなんですが細部の書き込みの足りなさが気になりました。
特に3人目の受けとの濡れ場以降の場面ですが...乱丁かな?と疑ってしまうほど、突然背景が真っ白になったり書かれていた背景が途切れていたり...。コマの枠線がない白い背景に受けの子がポツンといるだけ、などもありました。
いくらなんでも、と私は思います。それとも本当に乱丁なんでしょうか...?

話の内容、キャラクターの魅力は最高だった分だけに勿体無いなぁと思ってしまいました。そちらが気になってしまうので...。
そういった意味での中立です。

3

annam

コメント失礼します。mnmswmegさまのレビュー拝見して該当箇所見直してみたのですが、本当に乱丁か印刷トビかも…?と思いました。
他の方のレビューにも細部まで拘ってるみたいなのがあったので、もし乱丁だったら勿体ないな〜と思ってコメントいたしました。余計なお世話でしたらスミマセンm(_ _)mn内容の方のレビューは凄く共感しました!

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う