鴆 -ジェン-【BLCD】

鴆 -ジェン-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

32

レビュー数
1
得点
64
評価数
13
平均
4.9 / 5
神率
92.3%

評価・レビューする

レビュー投稿数1

原作既読なら、楽しめると思う。

大好きな原作とキャストだが、
人間と鳥のキメラのような生き物が極彩色→白になる話なので、
CD化して伝わるのか?
CD化する必要がないし、そんなことよりフルカラー漫画が見たいよ?
と思いつつ、良いお客さんなので買う。

そういう設定はともかく、感動したのは受けの心理描写なので、
その点は松岡さんが繊細に演じてくれるだろうし、心配していない。

ちょっと鴆の鳴き声が??
面白くなってしまっているが…。

BLとしては、開始10分で、苦しめる方法として発情させる◎
鋭い泣き声を上げる松岡さんは素晴らしいよ…。
「あー」して食べるとき、もう可愛いよねえ…。
甘やかで、一瞬で空気が濃密になる。
苦しむのは色っぽいし…。

ランとの日々を語るツァイホンが幸せそうで…つらい…。
実際、とっても幸せだったんだよね。だからこそ、だよね。
聴きたかったのはこのシーンなので、満足です。

非常に安定した演技で作品を支える興津さんの
「じゃあ、少しくらい苦しんでみるか」に期待が高まり、最後の絡み。
「精通、まだだったもんな」「嫌なら言え」が低くて良い。

ここから、一人称が「私」の鴆が、ボロボロに泣いてしまって、
抑えていた自律心を堪え切れなくなるのがたまらない。
松岡さんの儚くて切ない健気受けは鉄板。何より品がある。
本人もこういう役が好きなのがわかるハマり役。

2枚組の後半は、鴆の描き下ろし部分+極夜の短編小ネタ集。
そういうシーンは何度かあるが、わりと短いので、
「はじめての看病」が一番しっかりとエロ。
ちなみにコミコミ特典小冊子が看病の続きだが、描写はほぼ無いので、
「あ~!ここからなのに!」と続きが気になっていた人も、
あっけにとられると思う。
CDも挿入後まで足されているが、いずれにせよ秒で終わる。
しかしながら次トラックでも(短いが)ダメ押しのように絡みがあるので、もういい。

巻末コメント4分。
松岡さんの声がかなり低いところから始まる。
ランへの気持ちに共感ができると話す松岡さんは、やはり、ハマり役。

かなり独創的な設定ではあるが、描くのは、
二人らしい形で、形にとらわれず、家族になる、
共に日々を過ごし、願わくば人生を共に歩むパートナーとしての家族がほしい、
という普遍的なテーマ。
属性的には、健気受けが好きな人におすすめ。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ