あの日、俺は間違えた――。

さよならピリオド

sayonara period

さよならピリオド
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
14
評価数
4
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784778122997

あらすじ

あの時、俺は間違えた―。
35歳のクリスマス直前、翔太は彼女に振られた。気づけば周りは彼女持ちや結婚済みで虚しさを覚える。そんななか思い出すのは元彼女ではなく、大学時代に出会った太一だ。強面でとっつきにくそうな第一印象だったが、付き合ってみると妙にウマが合って気のおけない友人になった。だが五年前、酒に酔って一線を越えてしまう。酔いが醒めた翔太は動揺し「男同士なんてありえない」と口走ってしまい…。

表題作さよならピリオド

桜翔太, メーカーの営業, 35歳
多田太一, 商社の課長, 35歳

その他の収録作品

  • さよならの先で
  • あとがき
  • いつかの日も、君と

評価・レビューする

レビュー投稿数2

両片思い

クリスマス直前に彼女と別れ、昔バイト先が一緒だった多田のことを思い出して、どうしても会いたくなってしまう。
そして、多田夫妻が住む部屋で一夜を明かし、朝になったら、多田が離婚していることが発覚する。

お互いバイトをしていた頃にすでにヤってはいたものの、「オナニーと変わらん」など、そっけない態度をとっていた多田だが、結局はお互いがお互いを求めていたにも関わらず、その気持ちが、片思いだと思い込んでしまい、一緒にいたいけど、嫌われたくない、といった描写がとっても綺麗に描かれていて、とても胸が「きゅーー」っとなりましたw

また、名古屋と東京という微妙な距離もネックになっていて、とても、苦しいけれど、心の気づかないどっかでお互いがお互いを愛していたということがとても美しかった(でもきっとこういうのって、blの定番なのかな、僕が読んだ冊数が少ないだけで、w

1

思いやりという名の臆病

電子書籍で読了。挿絵有り。

初読み作家さんです。あまりにも雰囲気の良い表紙イラストだったので『ジャケ買い』をしました。モノクロイラストも美しいしお話を盛り上げるのに強力な援護射撃をしていると思います。

35歳のクリスマス直前に翔太は彼女に振られてしまうのですが、独り身になった寂しさは感じても、彼女自体に固執していない自分に気づきます。ただ一人に夢中になれずお手軽な恋ばかりして来たことに虚しさを感じながら、思い出すのは学生時代からの友人であった多田のこと。酔っぱらって体をつなげてしまった翌朝、言い訳の様に「男同士なんてあり得ない」と言ったら「こんなのオナニーとかわらん」と言い返され、その後何度かそういう関係を続けた後、多田は結婚し転勤をしてしまいます。友人代表として祝辞を述べ、祝福したけれど、本当にそれで良かったのか、翔太は心にひっかかりを抱えています。本当の恋をするためには、このもやもやした気持ちにピリオドを打たなければならないのではないかと考え、衝動的に多田の住む名古屋まで尋ねて行くのですが……

こういうモダモダするお話、好きです。
よくある話と言ってしまえば、それはそうなんですけれど、相手を思いやるふりをしながら、その実、自分の本心を隠し続けようとするのは臆病さから来ていることに気づき、そこから一歩踏み出そうとするのだけれど、相手の反応によって、せっかくの勇気が萎えてしまい、またモダモダする。でも、このままじゃダメだとまた気持ちを奮い起こす。そんな翔太の気持ちの曲折が伝わって来てグッと来ました。思わず「頑張れ」って言っちゃう様な感じでした。

ちょっとだけ残念だったのは、お話の冒頭で翔太の『軽さ』が書かれているのですが、その部分が少し長くて、ジレジレしてしまったこと。
また、途中から多田視点に切り替わった所為で、ネタバレしちゃって緊張感が減ったというか、翔太にはあくまでも予想であって『結果が分からないことに行動をしかけるのは怖い』はずなのだけれど、その怖さを超えて必死になる感じが薄れちゃった様に思えたこと。個人的な好みですが、翔太だけの視点だった方がラストのカタルシスは大きくなったんじゃないかと。

あ、誤解されるといけません。面白かったです。
作者の次回作も読んでみようと思っています。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ