Life 線上の僕ら【BLCD】

life senjo no bokura

Life 線上の僕ら
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×211
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

111

レビュー数
7
得点
182
評価数
40
平均
4.6 / 5
神率
67.5%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
ハマノカズゾウ
音楽
八十正太
脚本
木綿
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
枚数
2 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4580166732442

あらすじ

下校途中の一人遊び「白線ゲーム」で偶然出会った生真面目な伊藤と無邪気な西。
恋に落ち、「白線の上だけの逢瀬」にもどかしさを覚えた伊藤は咄嗟に西へキスしてしまって……。

高校生から大学生、そして大人へ――
変わらない想いと、変わりゆく現実の狭間で愛に翻弄された二人の男の人生を描いた感動の話題作がついにドラマCD化
高校生~老年に至るまで、すべての年齢パートをメインキャスト2名が担当!

表題作 Life 線上の僕ら

伊東 晃 → 新垣樽助

西 夕希 → 興津和幸

評価・レビューする

レビュー投稿数7

西 夕希くん

自分はこの作品を聴いて、後から少しずつ涙腺崩壊していきました。漫画も少し拝見しました。普段この作品に出てくる2人ほど自分は素敵な時間を過ごしていないので、この作品の随所ある良いところに後から思い出し涙が止まりませんでした。西 夕希がとっても素敵な1人の存在として自分は一生忘れられないです。西 夕希みたいな人がいたら出会いたい!かわいすぎる!この作品に出会えて自分は幸せです!ありがとうございます

1

安心の1枚だと思います。

こちらのレビューを読ませていただき、また、興津さん、新垣さんお二方とも好きな声優さんだったので購入してみました。原作は未読です。若い頃ならまだしも、おじいちゃんになるまで演じてらっしゃるっていうのにとても興味を持って聴きはじめました。
途中、晃が「普通の道」といえば良いのか…女性と結婚するなど、かなり現実的というか、フリートークでも話されていましたが、ファンタジーの中にもそういうのって有るかもしれない、と考えさせられました。
苦しい時もありますが、全般的に穏やかな感じ、川が流れる感じといいますか、安心して聴けるCDでした。

1

ふたりのアルバムをめくっていくような作品

原作未読。
新垣さんと興津さんが10代~老年期までを演じると聞き、
是非とも聴きたい!と楽しみにしていました。

序盤は少しイメージしづらいと感じる部分もありましたが、
話が進展し始めるころには話に引き込まれていました。

夕希(興津さん)の無邪気さは晃(新垣さん)を振り回し、
晃の実直さは夕希を翻弄。
タイプは違いますが夕希と晃はまっすぐな人たちだと感じました。
相手を想う気持ちがただまっすぐに伝わってきました。
人物がもともと魅力的ですが、声に乗ってさらに増したと思います。
新垣さんと興津さんが適役だったと思います。
おふたりの演技が素晴らしいので語彙力が消えました…。

10代での出会いから関係が深まり、激動の20~30代を過ごし。
その後穏やかであたたかい中年~老年期とまさにふたりの人生を
陰ながら見守ったようでした。

CD1枚分で何十年という時間軸を表現しきるのは難しいと思っていましたが杞憂でした。
各年齢のエピソードがシンプルかつしっかりしているからでしょうか。
ブツ切れに感じさせないエピソードの強さと構成が素晴らしいと思いました。

聴き終えたあと、あたたかい余韻が残りました。
シンプルで美しいふたりの想いを丁寧に作りあげたドラマCDです。

晃と夕希が積み重ねてきたアルバムを思い出話をしながら一緒にめくっていくようでした。

1

原作よし声優さんの演技よしの相乗効果で神萌です

好きな声優さん二人の主役ということで期待して聞いてしまいました。
高校生から老年まで二人の声優さんが熱演していました。
やんちゃな高校生に大学生や30代社会人の若々しさ、熟年時代の落ち着いた感じや老年もそれぞれに違和感ないどころか年代を感じさせるいい声で演じられ大満足な作品です。

二人の男の子の出会いから友情が育まれそれが恋情となっていく過程や感情の変化がきっちりと読み取れて、人生を彩る恋する想いがあふれていました。

夕希の想いは一貫していてぶれないままなのですが、晃は迷ったり疑ったりとぶれまくりで道を踏み外すことへの恐怖から『まっとうな道』である夕希を捨て女との結婚を選択するという裏切りに、頭が真っ白になったであろう夕希の気持ちが痛いほどに伝わりショックでした。

数年後に再会し元のさやに戻るのですが、傷つけた元妻が幸せそうに笑っている姿を見て安心しているシーンは傷つけてしまった人の再生を喜ぶというより晃の身勝手さのほうに目が行ってしまって、なんだか罪が消えたように思ってほっとしているようで思わずこんな男でいいんですか夕希さん、と聞いてみたくなりました。
それでも生涯添い遂げてあの世に行ってもお互いを待っていて、死が二人を分かつことができない伴侶だったんだなと思いました。
とても素敵なお話でした。

2

全ての年齢を本人が演じるのが素晴らしい

高校生~老年まで、全てを本人が演じるのが素晴らしいと思いました。

誰もが子供の頃やった白線の上だけを踏む遊びから始まる。
しかし17歳で?興津さんも随分と可愛らしいトーン。
色々幼いな…と思っていたら、話の展開は唐突で…何故キス?!
二人とも「問題ねえ」と言うが??

原作未読だと、ポエムのようなモノローグや
コミカルなBGMもブッ込まれるので、いまいち世界観が掴みづらいな??

興津さんのキャラはかなり不思議ちゃんですね。
攻めさんもそれに付き合うバカップルということでしょうか。

と思案していたら…攻めさんの想像内の受けちゃんが
色々激しくて可愛くて私は考えるのを止めた…。
興津さんアンタすげーよ…。

章が進むごとに「○歳の僕ら」と時が進む。結構なハイペースで。
25歳で、興津さんが落ち着いたトーンになる。
「ここから」だろうな、と思った。物語が動くのは。
そして転機。

行為に関しては、描写はほぼない。
初めての絡みは28歳。攻め以外との絡みもある。いずれも短い。
攻めが女と結婚もする。

新垣さんの号泣って聴いたことがないけど、こういう感じなのか…。
32歳、リアルだと思う。

いきなり再会して「愛してる」はどうかな…。
オーロラの話になった段階で、
再会すると気付いてしまったというのもあるけど。
怒鳴る興津さんが非常によかったので…
泣く新垣さんもね…
展開の急は、二人の演技の説得力で流せる範囲かな。
高校生からこの段階で20年。余程の相手なのでしょう。
一瞬で戻れるような。
この流れで絡み。36歳。ここは長めに聴ける。
興津さんが最高可愛い。

54歳は普通だけど、「68歳の僕ら」の新垣さんは何事w
徐々に変化を付けるって難しいですよね。

最後、興津さんの82歳。
自然なのが、圧巻。本当にこの人は凄い…。
年齢を重ねてきた事実を前に、役に急激に愛おしさが募り、
興津さんには敬意が募り、込み上げるものがある。
この瞬間を体感するまでの、1時間強だった。

そしてあまりに無邪気な幸せが訪れる。幸せな人生でしたね。
終わってみれば、温かさしかない。
初回+公式のミニドラマまで聴いて、死んでみるのも悪くないと思った。
添い遂げた後に、こんなほのぼの天国ライフがあるとは!

特典トーク。
おじいちゃん役が気に入ったのかな?
演じ方のポイントを実演しています。
共演の多い実力派の二人なので、安心して聴けましたが、
いやーこれは大変だったと思います。
ボリューム感にビックリですよね。
本人たちが言うように、今の年齢の興津さん新垣さんだからこそ、
できたと思う。
興津さんが流れで言った「呼んでいただければどんどんやりますけども」
が頼もしいし、嬉しい。

総括。
100万回読んだ話ですが、
ともかく「○歳の僕ら」とポンポン年齢が飛ぶのが特徴。
11歳~82歳まで演じています。
テイスト的には、シリアスよりほのぼの系。
エロは期待しないで。

3

おとぎ話のようなピュアな物語

原作未読。
キャスト買い。


以下ネタバレ注意です。



第1話
・17歳の僕ら(キス)

第2話
・あれから2年(キス・初H)
・21歳の僕ら(キス)

第3話
・25歳の僕ら(旅行)
・あれから3年(心がバラバラなH/別れ)

第4話
・あれから3年(夕希ゆきずりH)
・夕希と別れて4年(晃、夕希を忘れられず号泣)
それから1年かけて協議離婚
・夕希を探し始めて3年(オーロラの下で再会)

第5話
そのまま再会Hからの幸せな日々
・54歳の僕ら(加齢からEDになる晃)
・68歳の僕ら(晃が病気で死去)
・82歳の僕(夕希が天寿を全う)
白線の先で晃と夕希が再会
『夕希!』
『着いたよ!晃!』

初回限定ミニドラマ
・JOY
二人の性格の違いがよく分かるエピソードが満載w
・マフラーと37歳の僕ら
二人の母親が恨みつらみを編み込んだ超長いマフラーで死にかけるw

特典CD
・天上界の僕ら
17歳の頃の二人の姿で天国デート♡
晃が練りに練ったデートプランで夕希をエスコート。
生前やり残したことを色々試したいけど…?

FT
楽しそうに作品についてお話ししてくれています。


普通のBLはオーロラの下で再会したところで終わりだと思いますが
この作品はその先、養子縁組をして生涯のパートナーとして
その後30年以上連れ添い天寿を全うするまでを描いています。

とても現実的でリアルなお話ではありますが
興津さん演じる夕希がピュアで無垢で無邪気で天真爛漫なので
どこかおとぎ話のような雰囲気もあります。
とにかく興津さん演じる夕希が尊いですTT
そして19歳の晃の妄想で晃を罵りながら喘ぐ夕希の演技が何気に神ですw

樽助さんの演じる晃は夕希曰くヘタレ男子なのですが
あの樽助ボイスで語られる夕希への想いにはとても説得力があって
号泣したり、再会した夕希に『愛してる』とすがるシーンがとても印象的でした。
本当にお上手です。

素敵な作品でした。

5

お二人の演技に圧倒されました

フィフスアベニュー限定版を購入しました。
原作既読です。
原作にほぼ忠実ですが、ところどころセリフや説明的なものが足されています。
大いにネタバレしてます。
この作品のCD化が発表されキャストさまが晃役に新垣さん、夕希役に興津さんと発表された時からもう期待してました。
このお二人なら絶対大丈夫と思っていたのですが、聴いてみて本当にお二人の演技が素晴らしくて原作を読んだ時以上に泣けました。

このお二人で原作の幅広い年齢を演じられていて、10代のかわいい二人が線上で出会ってから、ともに時間を過ごして友情から恋に落ちていく過程がよくわかります。
とにかく夕希が無邪気でかわいくて、晃がそんな夕希のことを好きになるのもよくわかるし、夕希もいつしか晃のことを意識して友達以上に思っていることがわかり19歳で初めて結ばれるのですが、原作もはっきり描いてなくて、もちろんCDでもそこはあっさりしていたのですが、せっかく初めて結ばれるのだからもう少しちゃんと見たかったです。

それからお互い社会人の25歳になっても一緒にいる幸せそうな旅行での時があった後の28歳の時のエピソードのHは晃が心ここにあらずな感じで、ちょっと残念でした。あくまでも原作通りなのですが。
その後晃が夕希に別れを切り出すので、余計に切なくて。
晃は臆病なので、夕希からいつ別れを切り出されるかもしれないとか、年齢的にもお互い元からゲイというわけじゃないのだから、結婚して子供を作った方が良いとか色々理由を言ってますが、捨てられるぐらいなら自分から離れようという感じで、本当に晃は自分勝手だと思ったし夕希のことを想うと悲しくて泣けます。
もともと晃から夕希にちょっかい出してきたのに、その晃が別れを切り出すのかと。

そうして、晃は職場で出会った女性と結婚し、晃と別れた夕希は別の男性と一夜だけの身体の関係を持つような荒んだ生活をしていて、それが余計に切ないです。別の男性とのHシーン短いけどあるので苦手な方はご注意です。

32歳で晃は離婚。改めて手を放してしまった夕希の存在が自分の中で大きくなって探しますがみつかりません。

36歳夕希のことをあきらめかけていた時に昔、夕希にいつか一緒にアラスカに行こうと誘われていたことをふと旅行代理店を通りかかったときに思い出したのか、アラスカに一人で旅行に行きそこで夕希と再会。そして、そこで愛してると夕希を追いかけ、またヨリを戻します。そこで多分初めてしっかりしたHです。(音声的に)
そんなにエロエロでもなく割とあっさりはしてますが、お互いの気持ちを再確認してからだったので甘いです。興津さんの夕希は普段無邪気なのにHの時は色っぽいですし、新垣さんの晃もかっこいい攻めという感じで本当にお二人の絡みは安心して聴いていられます。

次は54歳まで年齢が飛ぶのですが、この二人はこの年齢まで仲良くやってきたんだなと思うと感慨深いです。

そして、68歳晃がやせてきて検査したところ病気がわかって一年間入院。
69歳毎日見舞いに来ている夕希。ふたりともおじいちゃんだけど本当に愛し合っているんだなと。微笑ましい。そんなある日、晃にリンゴを買ってきてと言われて病院を出て買い物中嫌な予感がして病院に戻ると晃の容態が急変してそのまま天国に。

夕希82歳晃の元へ行くことになります。

2人の人生を描いた作品、そしてそれを演じきった新垣さんと興津さん。
10代の若々しい声から、30代の大人っぽい声そして60代80代のおじいちゃん。初回限定版では小学生時代のお声まで。

キャストトークCDでもおっしゃってましたが、ご自身があと2.3歳若くても2.3歳年を取っててもこの年齢幅を演じるのは難しかったんじゃないかと。今の年齢だからできたんじゃないかというようなことをおっしゃっていましたが、さすがに小学生は難しかったと思いますが、どの年齢を演じている時も違和感なく聴けました。

エロは少な目ですが、人間ドラマが描かれていて素晴らしかったです。
原作を読んでいないとわかりにくい部分はあると思いますがCDだけでも十分に楽しめるのではないかと思います。
キャストのお二人が好きな方には是非聴いていただきたいです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ