覆面係長

fukumen kakarichou

覆面係長
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×213
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
143
評価数
37
平均
4 / 5
神率
37.8%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784403666117

あらすじ

新入社員・町田の上司・立花係長は、謎の覆面男! 
しかし偶然見てしまった係長の素顔は超絶美男子だった!! 
もう一度顔が見たい町田は……?

表題作覆面係長

立花係長,黒い覆面を被ったイケメン
町田一馬,新入社員

同時収録作品略奪のルール

その他の収録作品

  • パーフェクト係長
修正依頼一時停止中

評価・レビューする

レビュー投稿数6

イケメンのチラリズムは効果絶大

二作品収録されてて、表題作(長編)はテンション高めコミカル系、もう一つの短編はシリアスちょい病み系です。
どちらも班目さんらしい作品でして、二つの作風が楽しめるお得な一冊となってます。

【覆面係長】
ありえない~!こんな人勘弁~!

チラリ☆

ありえる~!許せる~!萌える~!
と心の針が大きく振れまくった作品。

覆面係長という名前の通り、真っ黒&ピッタリなマスクを被ってる係長。
真っ黒マスクもやばいけど、スケキヨマスクなんか被っちゃった日にはホラーか?って感じの絵面。

とにかくこのマスクを頑なに脱ごうとしないんです。
覆面係長の元に配属された新人くんは、係長のマスクは勿論気になるけどチラリと見えた素顔がもっと見たくて見たくて見たくて‥‥結果、俺のことが好きなのか?と係長にめでたく勘違いされて童貞なのに処女を奪われてしまいます。

これ元々は読み切り作品だったそうなんですが、好評につき連載になったみたいですがその気持ちわかる!
一話終わりでようやくその係長がそのお顔を見せてくれるのですが、キラッキラの超絶イケメンなんですよ~。
きゃ~きゃ~!もっと見せて~!!もっと見たい~!!!って気持ちになるっ!!

彫刻のような体躯に、マスクの下は神々しいお顔。文句なし!文句なしのはずなのに、素っ裸のときでさえ黒いマスクは手放せない…ああ残念。
妙に高いテンションとか、ちょい鈍感なところか、ナルシスト入っててちょっとずれてるところか残念な変人っぷりが目立つのだけど、要所要所でキュンな行動をしてくれる係長にきゃ~!となります。
しまいにはマスク被ったままなのに、その言動で大いにキュンとさせられちゃうんだからマスクマン、侮りがたし。

【略奪のルール】
これは表題作とはガラリと趣が異なる短編。
幼馴染のお気に入りをなんでも欲しがって奪っていく男のお話で、そのちょい病んだ執着ぶりといい、あーこれこれ!こういう班目さん作品が読みたかったのっ!!って気分になりました。




1

そうね、あなたはとても美しい

この作品のレビューをするのに、うっかり三回も読んでしまいました。
と言うのも、どこを取り上げよう?と探しているうちについついまたじっくり読んじゃうんです。
いやぁ、何度読んでも笑えるし、同じところできゅーんとさせられます。

最初は町田と同じく、なんなのコレ?斑目さん、ご乱心?って感じで、いつ脱ぐの?錯覚なの?って読み始めたんですがそのうち指サックに慣れてきます。いや、慣れはしない、最後まで違和感。ただ、それでもこのマスクの下の係長に期待して、いつチラ見させてくれるの?とワクワクしちゃうし、こんなにきれいな人が…と言うギャップに萌えます。

一方、受けの町田くんもめちゃくちゃ可愛い!最初は好奇心から係長に近づくも、あっという間にメロメロになり、嫉妬までしちゃうほどに。涙がみるみるたまって溢れる瞬間の顔が一番好きなのですが、指輪だと思って貰ったプレゼントの箱をニコニコ眺めている町田くんもものすごく好き!だから、そこからのあのオチに町田くんじゃなくてもビターンと投げつけたくなりました。

2

アタマを空にして楽しめる!

本誌ではじめて読んだ時から、ずっと気になっていた覆面係長。
1冊にまとまってから読むと・・・笑激度MAX!
いや~、アタマが真っ白になるくらい、笑いました。

もうずっとマスクをしていて顔がわからないけど、
人柄は素晴らしい。しかしパフォーマンスにクセあり。
・・・という人と、恋愛未経験ノンケ男子は恋に落ちるのだろうか!?
結論、恋に落ちているのか、怖いもの見たさの魅力が勝ったのか、
よくわからないのですが、とにかくいちゃいちゃする2人が楽しそうなので読後感はハッピーでした。

もう、こんな設定のBL初めて読みましたー!
ストーリーの流れも自然と引き込まれてしまうし、
とにかくテンポとリズムがよく、普通男子の受けもカワイイし、
笑いのツボをぐいぐい攻めて下さっています。
素晴らしい。。。
ストレス多い時は、こんな本が嬉しい!

このオンリーワンな作品、是非多くの方に読んでいただきたいです。

2

もう〜ありがとうございます。

ほぼ9割おバカなお話ですが、残り1割の萌が
もう〜たまらん!!サスガ!!

係長が覆面で仕事をして生活をしている中で、新入社員とBLするお話です。
係長の全てが変だろう!と思うのに読み終わると係長の虜です。
また班目さんの描く係長がメチャクチャ綺麗で、
このお話を盛り上げてこの係長ならしょうがないと納得させるって、
本当にどうしましょう。
楽しい年末が過ごせそうです。

1

覆面係長、その実態は…。

シュールなコミカルに耽美な美麗さの合わせ技はさすが斑目さん。

とんでもないシュールさなのにちゃんとBLしてて、
異質なキャラクターだけど攻めとして成り立って。

どこからどう見ても変な人にしか見えないのに、
たった1コマ素顔を見せるだけで

う…美しい〜〜〜+゚。*(*´∀`*)*。゚+

と心を持ってかれてマイナス部分が全てがチャラになる。
それが覆面係長(ФωФ)ふふふ…
段々とマスク姿まで愛らしく見えてくるから困るわー。


1話短編を除いて、ほぼほぼ表題作でまとまっています。

怪しさ1000%の覆面男、ペプ◯マンがスーツを着てオフィスに…。
ツッコミ不在で誰も気に留めないw
先輩社員曰く、
「カツラと同じと思えばいい」
「人って順応する生き物なのよ」と。

なるほど…………じゃないーーーーい!!!
新入社員の町田くんは、怪しさ満点の覆面係長が気になって気になって…。

の始まりが段々とBLになってくから、斑目さんの力技にアッパレヾ(*´∀`*)ノ
8割方 画面のシュールさに笑うしかないのに、残り2割がキュンキューーーン////
(バランスは9:1かもしれないw)
この振り幅がにやみつきです。面白いっ。

マスクに振り回される町田くんが、まー可愛くて可愛くて。
プリプリきゃんきゃんしてて子犬っぽさが愛らしい。

係長は……( ̄▽ ̄;)
ペプ◯マンになったり、クリーチャーって言われたり、ス◯キヨになったり…。
性格もいろいろアレで超ポジティブでナルだし、優しいけど他人の機微に鈍感だし。
世間ズレしててツッコミどころ満載。

がしかし。
マスクをとった瞬間に全てが許される男+゚。*(*´∀`*)*。゚+

グゥの音も出ないわ。
だってオーラがあるんだもん。
仕方ない、許す。覆面ないと大変だよね。うん。
……と思えるから不思議。

振り幅の魅力が楽しめる作品で面白かったです(﹡´◡`﹡ )

(補足:イケメンだから許されるみたいなレビューになってしまったのですが、
そうじゃなくて、マスクさえなければ胸キュン出来る素敵な攻め様という意味です;;
微妙なニュアンスの違いわかってもらえるかな…)

1

腹筋崩壊しました

作家買い。斑目さんはシリアスな作風の作品も描かれますが、新刊はほのぼのでコミカルな作品でした。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。








主人公は新人・リーマンの町田くん。
入社1日目に、謎のマスクをかぶった人型の「もの」を見かけ、これはいったい何なんだろうとマスクを引っ張ったり頭をぺチぺチ叩いてしまいますが、その「もの」こそ、彼の直属の上司の立花係長だと知らされます。
常に覆面をかぶり続けるという見た目の不気味さから係長を避け続ける町田くんですが、仕事もでき部下にも気を配ることのできる人物だと分かり始めて…。

というお話。

係長が、

激カワです…!

マスクを取れば超絶なイケメンさん、服を脱げばパーフェクトボディの持ち主、仕事は完璧と、いうなればスーパー攻め様。
なのに、家に帰れば全裸とか(ただし覆面は外さない)、町田くんを喜ばそうと一生懸命なのにそれがすべて裏目に出る、という残念な男子でもある。なのに、めちゃくちゃキュートなんです。

思考はややずれているものの、町田くんのことが大好きで、彼のために一生懸命なのが伝わってくるから。

主人公は町田くんで、町田くんの方が常識人でもあり、町田くん視点でストーリーは展開していくものの、係長が町田くんをくっちゃってる感が半端なかった。

係長がなぜ常に覆面をかぶっているのかはちゃんと描かれていますが、その理由も想定内のもの。また、この二人が恋人同士になる過程が甘いというのか、どう転んで恋愛感情を持つに至ったのか、というBLとしてはキモな部分はやや甘めな展開なのですが、何しろ係長がツボ過ぎて何もかもが許せてしまうという、魅力たっぷりな攻めさんでした。

ほぼ1冊、この二人のお話なのですが、終盤に短編が1話収録されています。

タイトルは『奪略のルール』。
ライブのチケットも、恋人も、すべて幼馴染に奪われてきた大学生のお話。
ある意味、非常に斑目さんらしい、ちょっと病んだお話でした。

斑目さんは超絶に綺麗な絵柄を描かれる作家さんで、その斑目さんが描かれたイケメンさん(=覆面係長)の登場回数が少なかったのが残念といえば残念でしたが、キスするときとかセックスするときとかはマスクを外すよう町田くんがお願いするときもあって(町田くん、GJ☆)立花係長のパーフェクトなお顔や身体もきちんと堪能できて、眼福でした。

とにかく笑いあり、笑いあり、笑いあり。
あれ?笑いだけになっちゃった。
でも、萌えもきちんとある、爆笑必至の楽しいお話でした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ