グッバイ・ヴァイオラ「はきだめと鶴」電子書籍特典

good bye Viola

グッバイ・ヴァイオラ「はきだめと鶴」電子書籍特典
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小冊子
出版社
竹書房
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
グッバイ・ヴァイオラ「はきだめと鶴」電子書籍特典
ページ数
4ページ

あらすじ

グッバイ・ヴァイオラ「はきだめと鶴」電子書籍特典4ページ

ずっとテレビに貼ってある映画のチケット半券について聞く準太と蛍のやり取りです。

表題作グッバイ・ヴァイオラ「はきだめと鶴」電子書籍特典

岡崎準太・サラリーマン・23歳
澄川螢 元ゲイビ男優・フリーター・35歳

レビュー投稿数1

甘い甘いピロートーク。

事後、ぬくぬくベッドの中でのふたり。
準太は思い切ってずっと気になっていた、冷蔵庫の扉に貼り付けられていたままの映画の半券の事を螢さんに聞く。それは。
本編にも描かれていた、たった一度、尭さんと初めて外でデートした想い出のもの。
緊張して内容を覚えていないという。
「グッバイ・ヴァイオラ」は、おそらくは1998年公開の「恋に落ちたシェイクスピア」の事。原題は「Shakespeare in Love」だが、ヴァイオラがシェイクスピアの元を去る、という物語なので、「グッバイ・ヴァイオラ」というタイトルのが気が利いているとも思う。
それは、螢の、今は想い出に出来た恋との訣別とも重ねている様で。二重の意味で心憎いタイトルとなっている。
けれども準太は甘く切なく螢さんの過去に嫉妬する。小さなキスを、沢山。螢さんに浴びせながら。
その甘いキスと嫉妬のくすぐったさに。花の様に笑う螢さんの笑顔に。頬赤らめる準太。
本編の重たさを緩やかに温めてくれる4ページです。

1