「住み込みの魔法使い 前編・後編」とらのあな プリンセスフェア 2018 小冊子

sumikomi no mahoutsukai

「住み込みの魔法使い 前編・後編」とらのあな プリンセスフェア 2018 小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小冊子
出版社
とらのあな
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)

あらすじ

2018年1月20日~とらのあなで2000円以上購入した際に配布された小冊子
Prino COMICS 執事編 復刻版
A5版 24ページ

ミツハルの面倒を見ている執事はマジックが得意でまるで魔法使い。
部屋に鍵をかけていても、朝になると部屋に入り込んでミツハルを起こす。
ミツハルが部屋に入って欲しくないのを感じた執事は、
「一日一回見せる魔法の仕掛けがわかったら部屋に入らない」と約束し…

表題作「住み込みの魔法使い 前編・後編」とらのあな プリンセスフェア 2018 小冊子

手品ができる執事
ミツハル(お屋敷の坊ちゃん)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

雰囲気から伝わる芽生えた気持ち!

プリンセスフェア2018期間中、とらのあなで2000円以上買い物するともらえた小冊子(復刻版)。
初出がいつか描かれてないのですが『テンカウント』よりも前に描かれたものだと思います。
執事と主をテーマにした物語、お屋敷や小物などの背景が素敵です!

お金持ちのお坊ちゃんミツハル(学生)は、部屋に勝手に入って欲しくないから鍵をかけているのに、執事はまるで魔法を使ったかのように部屋に入ってきて、起こして世話を焼く。
そしてミツハルの気持ちを察した執事は、「魔法の仕掛けがどれかひとつでも解けたら、この部屋に入ることはしません」と言って、一日一回、ミツハルにマジックを見せる。
最初は種明かしに躍起になっていたミツハルだけど、そのうち執事の不思議さを見るのが楽しくなって…

執事は取柄のなかった自分がミツハルの父に喜んでもらって覚えたマジックだと言っているけれど、ミツハルの枕元の鍵をつかって部屋を開けたり、触れもせずに鳥籠を開けたり、「絶対に解けません」と自信ありげなのは本当に魔法使いだからなんじゃないかと思えてきます。

そして最後にミツハルから執事へのとあるお願いで物語は閉じます。
LOVEまでは発展していません。でもあとがきに
「執事と主の恋愛の魅力は自分が邪魔をしてなかなかくっつかないじれったさ」とあって、このなにかが始まりそうな雰囲気はやっぱりラブストーリーなんだなと思わせてくれます。

つい最近、とある作品を「雰囲気でわかってにも限度がある」と酷評したのですが、この作品を読んで、台詞のなかに絶妙に隠されている気持ち、表情から伝わってくる思い、それらを表現できてはじめて「雰囲気でわかって」が成立するんだなって実感しました!
正直に言うと、私は『テンカウント』は途中脱落組なのですが、この小冊子を読むと、やっぱり宝井先生は繊細な表現力をお持ちの方なんだなと思いました。

2
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ