サイメシスの迷宮2 逃亡の代償

サイメシスの迷宮2 逃亡の代償
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
57
評価数
13
平均
4.4 / 5
神率
46.2%
著者
アイダサキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ヨネダコウ 
媒体
小説
出版社
講談社
レーベル
講談社タイガ
発売日
ISBN
9784062941167

あらすじ

東京都下で起きた女児殺害事件。超記憶症候群のプロファイラー・羽吹允は、遺棄の状況から8年前の和光市女児連続殺害事件を模倣していると気づく。和光事件の犯人・入谷謙一はふた月前に獄中で病死していた。相棒の神尾文孝とともに、羽吹が入谷の周辺を聞き込むうちに、第2の事件が。第1の事件との微妙な差異に違和感を覚えた羽吹は、超記憶を駆使して事件の真相に迫る。

表題作サイメシスの迷宮2 逃亡の代償

性格良すぎる刑事 神尾文孝
孤独すぎる天才プロファイラー 羽吹允

レビュー投稿数2

ぞくぞくする

英田先生の非BL本の2巻目。そのため萌えたかという評価ではなく、推理もの?として面白い!!という評価です。まじで読み終えたとき、ぞくぞくってして、寝ようと思ったのですがこれは書かずにはおれんと思い、レビュー。これ単独では寂しい、是非1作目からどうぞ。サイコミステリーがお好きな方には、この2作目終わりに「わーきたー」って思うのでは。あー早く続き読みたい。何冊になるかわかりませんが、とにかく3冊以上になると思います。警察もののため山のように男が出てきますが、BL的萌えはないです。なぜか攻め受けとして情報登録されているので、念のため申し添えます。あ、ヨネダ先生の挿絵もないです、表紙のみ。

表紙でこっち向いて立ってるのが羽吹。幼いころ誘拐されてある日突然無事に戻りはしたものの、その間の記憶が一切ない変わり者。なぜかなんでも記憶してしまうという障害を持つが、刑事としては非常に役立つ能力ですよね・・
向こうむいて立ってるのが、1作目で羽吹のペアにならされた神尾。羽吹の面倒をコマメにみるようになってきていて、ペアとしていい感じになってきてます。

今回も殺人事件が起こり、二人で解決するべく活躍するのですが、最後が「きた!!!!」です。推理ものなので、すいません、この衝撃を知りたくなかったという人もいますよね、ごめんなさい。でも楽しみになさってください。そして一緒に3作目を楽しみに待ちましょう~ああ、面白い。

4

第二弾。

幼女の猟奇殺人なので痛ましいです。
正直犯人は想像つくのですが、最終的に事件が解決するまでのプロセスがこの作品の魅力かなと。

神尾とも徐々に打ち解けてきた感じです。
一作目よりも羽吹の弱さや脆さが垣間見えるので、より人間味を帯びて彼の苦しさのありどころみたいなのも感じ取れました。
神尾の性格は羽吹にとってはある意味救いかもしれませんね。

羽吹の誘拐事件に関わる謎や人物も出揃ってきて、次巻で大きく展開しそうな感じもしながら、小出しに羽吹の過去も明らかにしながら次回に続く・・・ので、待ちきれません~。

そして、羽吹の心が心配です。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う