黄昏は恋人同士の時間「ダブルダディ」番外編

double daddy

黄昏は恋人同士の時間「ダブルダディ」番外編
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
3
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
ダブルダディ(但コミコミスタジオ購入のみ)
ページ数
12ページ

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
A5サイズ全12頁(内小説7頁29文字×24行×2段/頁)
とある日曜日に3人がお好み焼きパーティをするお話です。

表題作黄昏は恋人同士の時間「ダブルダディ」番外編

三宅暁彦、琢巳の父親で有名企業研究者
早瀬恭介、明彦の元妻の元カレでガーデニング会社勤務

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

楽しいお好み焼きパーティ♪

本品は『ダブルダディ』の
コミコミスタジオ限定特典小冊子です。

本編後、
お好み焼きパーティをするお話です。

とある日曜日の昼下がり、
子供1人と2人のお父さんで
お好み焼きパーティを開催します。

琢巳もボールで材料を混ぜたり
ホットブレードで生地を広げる係をして
3人での共同作業を楽しみます。

ジュワジュワと焼けていく様子に
琢巳ははしゃいだ声を上げ
その隣で暁彦は返すタイミングを
逃さないように監視しています。

暁彦は待ちきれないようで
手にしたヘラでちょいちょい
生地の端っこを突いています。

そして威勢よく
ひっくり返したお好み焼きは
おおむね形が整ったままで裏返り
琢巳も恭介も拍手しますが

本人的には少し不満が残ったようなのも
御愛嬌と言うものです♪

熱々の生地の上にのせたかつおぶしが
ひよひよと蠢く様を気に入った琢巳は
両手を上げてゆらゆらと踊り始めました。

半年前に手術した琢巳の左腕は
真っすぐに伸びていて痛みも無い様で
琢巳の奇妙なダンスに
お父さん2人は声を上げて笑います。

賑やかなお好み焼きパーティは
色々な味を試しつつ夕方まで続き、
お腹がいっぱいになった琢巳は
少しの間お昼寝タイムとなります。

片づけを終えたお父さん2人は
ベランダにてコーヒータイムとなり…

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)、
2段組12頁とボリューミーなお話は
本編でもちょろっと話題になった
お好み焼きを作るお話になります。

これらもいろいろなことを
3人でしていこうと話をするうちに
旅行の話が持ち上がります。

暁彦ははじめ
コンシェルジュに頼もうとしますが
自分達でいろいろ決めたいという
恭介の意見を聞いてくれ
初めての家族旅行に大乗り気です。

そして暁彦からのリクエストとして
そろそろ丁寧語じゃなくて
砕けた口調を望まれますが
なかなかすぐには実行できず(笑)

日が沈む前に少しの恋人タイムを
味わうという幕引きまで

3人のほのぼのした暮らしぶりが
よく伝わってくるSSでした。

琢巳君を鎹にして
父親らしくなっていく2人と
恋人関係を深めていく2人の様子が
それぞれ楽しめました♪

個人的にはもうちょっと
2人のラブいシーンがあると
もっと良かったな (^_-)

1

その後のほっこりな日常

その後の日常。

おうちでのお好み焼きパーティで、仲良く順調に琢巳くんを中心に3人が家族になっていってる様が伺えました。
琢巳くんはとってものびのびしてるし、お父さん二人はベランダでの食後のひと時にゆったりと専用のカップでコーヒータイム。
ピクニックや旅行の計画について楽しく会話してるのを読んでると本当にほっこりします。
素敵な家族です。

そんなふたりですが、恭介の丁寧語が他人行儀に感じもっと親しく会話して欲しい暁彦さん。
いきなり言われてもすぐには・・・な恭介。
そして、そんな恭介も呼び捨てにして欲しいとリクエスト。
だけど暁彦さんも君付けが抜けません。
お互いすぐには無理だな・・・と。
ゆっくりと家族としてフランクに接せれるようになっていくのだな~とわかる一編でした。

0
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ