コミック

  • その先にあるもの【タテヨミ】

その先にあるもの【タテヨミ】

sonosaki ni aru mono

  • 電子単話
  • webtoon
  • 電子書籍【PR】

表題作その先にあるもの【タテヨミ】

三田祐真・高校生
一ノ瀬玲(内面は伊野泰己)・高校生

あらすじ

#BL#双子#再会#入れ替わり 今まで俺、伊野泰己の人生はクソも同然だった。不幸な家庭に生まれて、貧乏と孤独さに耐えながら生きてきて、挙句の果てにはトラックにはねられるハメになった。幸い、目は覚めたものの、何でか知らないけど、人と体が入れ替わっていた! しかもこの体の持ち主、一ノ瀬玲は正真正銘、学校中のいじめられっ子。その上、幼馴染(って言っていいかどうか分かんないけど)の三田祐真に再会したんだけど、ヤツは、何日もずっと俺を睨んでは、一ノ瀬玲になってるはずの俺に「お前から伊野泰己の匂いがする」と言ってきたんだ… 一難去ってまた一難ってまさにこういうことだよな!? この先どうなるんだ、俺…

作品情報

作品名
その先にあるもの【タテヨミ】
著者
ハリボ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
レジンコミックス
レーベル
BeLTOON × レジコミ フーシア
電子発売日
4.8

(21)

(17)

萌々

(4)

(0)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
5
得点
101
評価数
21
平均
4.8 / 5
神率
81%

レビュー投稿数5

全体に漂うエロくさい雰囲気が最高でした

まず、絵柄がどこを取ってもすごく美しいのです!主人公以外に全く無関心な攻は、クレイジーで俺様だけど、意地悪しないしどちらかというと甘く誘惑するタイプ。主人公はやられたら倍返しな男前。他にも兄(主人公)を大嫌いな双子の弟とか、病んでる様子の胡散臭い美形とか盛りだくさんの愛憎劇でした。ドロドロの執着系で、正直全編を通していつ濡れ場がスタートしてもおかしくないようなエロい雰囲気が漂ってましたが、キスだけでそれを引っ張る作者様の手腕が見事。吉原理恵子先生とか好きな方はドンピシャかと。ひとつだけ言わせてもらえば、両思いの後の1夜が物凄く見たかった…。

9

尊い

翻訳の都合上、ギャグテイストな作品かと思われるようなあらすじとなっていますが、内容はそこまでお笑い要素の強い話ではありません。クスリと笑えるギャグテイストな部分はありますが、設定は思いです。ですが、主人公泰已が強く前向きなため、悲壮感を感じさせることもなく、美しく尊いお話という形です。
絵も、美麗で、一層ストーリーの美しさを引き立てます。


以下、若干のネタバレがあります。

事故によりそれまでの自分の存在を失い、伊野泰已という人間を知る者がいない中で一ノ瀬玲として生きることになった泰已。
泰已との未来のために三田佑真としての自分を捨てた志有。
玲となった泰已と志有となった佑真を、泰已と佑真として扱うのは世界でこの2人だけという所がすごく尊かったです。
序盤は佑真の事情が分からず、偏執的な執着愛かと思ったりもしたのですが、佑真の愛は一方的ではありましたが、泰已のすべてを愛するとうものだったと思います。
また、佑真が過去の泰已を盲目的に憧れて愛しているのではないかという疑問を、泰已が尋ねていたシーン(番外編最終話)には脱帽しました。そこもちゃんと明らかにしてくれるのか…!と。

キス等の描写も性的というよりも、美が押し出されており、本番はありません。
物足りない気持ちがある反面、泰已と佑真はプラトニック(?)ラブでいてほしいという気持ちもとても強くあったので、この終わりで満足です。

ひたすらに被害者な、本当の一ノ瀬玲にも救いが欲しかったとも思いますが、彼にはあの死が救いだったのかもしれないな、と最近思うようになりました。

4

とにかく受けの性格が気持ちいい!

交通事故により死んだはずが、一ノ瀬玲の体に転生してしまった伊野泰已。
転生したはずがなぜか自分の正体が三田祐真にバレてしまい…
受けと攻めの過去と現在、そして一ノ瀬玲とその弟の因縁。
色々な感情が交差して入り乱れて、ハラハラドキドキなストーリー展開に引き込まれます。

泰已と玲の性格が正反対すぎて面白い。
なかなかに悲惨ないじめに合っていた玲ですが、泰已は大人しくやられっぱなしな性格じゃないので、片っ端から返り討ちにしていくんです。
もちろん入れ替わったことなんて周りは知らないので、これまでされるがままだった相手が牙を向いて反撃してきて、さらにはフルボッコされるなんて思いもしないわけで。

この、雑魚どもを次々と返り討ちにしていく爽快感!
泰已やれー!そこだー!と思わず応援したくなるほど気持ちいい。笑
泰已の性格がハッキリしてて男らしくてカッコいいんですよね〜
イジメに屈しない強さと正義感に惚れる!

対して祐真はというと、何考えてるかいまいちわからないミステリアスな雰囲気。
けど泰已への異常な執着はひしひしと伝わってきます。

2人の関係性や取り巻く環境がどうなるのか、最後まで目が離せない展開でBL抜きにしても楽しめました。

1

入れ替わり系、ハリボ先生にかかればBLは添え物

さいっっこうに好きです!!!韓国語版単行本も買ってしまいました。ここからハリボ先生にハマった!現在(2023/07/19)MADDOGも連載中で、そちらも最高なので是非読んでいただきたい。

まずはストーリーの組み立てかた、深さ、設定が神!!!
ハリボ先生を読むとBLはえちを楽しむものではないのだな…と!!BL要素がストーリーの面白さをさらに掻き立てる!!もはやBLは添え物でいい、でもBLでなければいけない。男同士であるからこそ面白くなる、BL要素を生かしつつ、メインストーリーだけでも十分やってけいるよこれは!!!というほどの世界観の厚み。

そして絵、カメラワーク、体勢や体つき!!!
作者さんは映画好きな方なのではないでしょうか?
これぞ漫画!!!!というところで読者をグッと惹きつける描き方にドキドキがとまらない…!!!!描き方でドキドキさせてくるのはハリボ先生の作品だけです。カッコ良すぎる。カッコイイが好きな方、まじで読んで!

普通に少年漫画描いても人気でそうなハリボ先生。
BL描いてくれてありがとう。
BLじゃなかったら出会えなかった!!!!
ほんと感謝してます。

1

とにかく究極の愛の形を見てしまったぜ…ごくり…

交通事故に遭った主人公の受け君が目覚めると、見た目も性格も境遇も何もかもが自分と違う高校生男子の身体に憑依していた…というお話。

普通なら事故に遭った筈の前の身体はどうなっているのか調べようとするでしょう。

某アニメ映画でも「「僕たち、私たち、入れ替わってる─!?」」と言いながら、入れ替わる前の自分の身体について調べてましたしね。

しかし、この作品の主人公は一味違います。

なんと、前の身体のことは一切調べず、新たな身体で新たな人生をスタートしてしまうのです!
確かに前の身体では父親が作った借金返済のためあくせく働いて学校に進学したくてもできない環境でしたしね。

主人公がそんな具合なので、これは高校生男子の魂が前の身体に憑依して主人公の通う高校に乗り込んでくる展開になるのでは!?と思っていたのですが、そんな事はありませんでした。

なんと、予想外にも憑依した高校生男子が通う高校のクラスメイトのイケメン君にかなり短いスパンで正体がバレるという超展開になるのデス!!!!!!

しかもこのイケメン、確かに前の姿の主人公と過去に接点があったのですが小学生の時に別れたきりなんですよ?

それなのに全くの他人の高校生男子に前の姿の主人公の片鱗を見出したってスゴ過ぎません???

比喩ではなく、魂レベルで主人公に執着している攻めなんです。

だからなのか、容姿を褒める言葉とか全然出てこないんですよ。容姿で惹かれた訳じゃないんですもん。主人公の魂を愛しちゃってるんですもん。スゴいよ、スゴすぎるよ祐真(攻め)ーー!!!!

ちなみに、物語が進むに連れて主人公の前の身体や男子高校生本人の魂はどこに行っちゃってるの?といった疑問についても言及されますのでご心配なく。

とにかく受けに対する攻めの究極の愛の形を見てしまったぜ…ごくり…となること必至の作品です!是非ご賞味あれ!

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP