これで、俺の恋は終わる――

成瀬晃と一回ヤれたら俺はもう死んでもいい

naruse akira to ikkai yaretara ore ha moushindemoii

成瀬晃と一回ヤれたら俺はもう死んでもいい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
25
評価数
6
平均
4.2 / 5
神率
50%
著者
こも 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
彗星社(星雲社)
レーベル
Glanz BL comics
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784434250156

あらすじ

ネクラで冴えないほたるは、カーストトップの幼馴染・晃への
片思いをこじらせたまま高校卒業を迎えてしまう。
もう会わないだろうと思っていた矢先、晃の引っ越しを手伝うことに。
だが、ほたるにとって忘れられない、
ある「事件」の話をきっかけに晃への思いが暴走。
ほたるは思わずガムテープで晃を拘束して…! ?

表題作成瀬晃と一回ヤれたら俺はもう死んでもいい

成瀬晃 カーストトップのノンケ幼馴染
ほたる カーストビリのネクラ

その他の収録作品

  • あとがき
  • 書き下ろし
  • カバー下

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

カーストトップの幼馴染は実はスパダリだったのです。

こも先生の2冊目の単行本です。

カーストビリのネクラであるほたる(受け)は、カーストトップの幼馴染である成瀬晃(攻め)のことが大好きなのですが、自分に引け目を感じ、想いを伝えられずにいます。
(恋心を自覚したきっかけは、晃が放課後の教室で女の子にフェラをさせていた現場を目撃したため)

大学へ通う準備のため、ほたるは晃の部屋へ引越しの手伝いに行くのですが、最後の思い出のつもりで晃の手首をガムテープで縛って襲います。
ほたるのされるがままに晃は襲われているのですが、実は晃自身もほたるのことが好きで、大学もほたると同じ学校にするほどでした。

大学に行ってからもカーストトップの晃はあっちにもこっちにもモテモテで、そのたびにほたるは自分と釣り合わないと自ら距離を取ろうとするのですが、晃は晃でほたるとの関係を終わらせたくないから、「襲ったことを謝るな」ってほたるに牽制したり、新歓パーティや合コンに付いて行ったりします。

また、晃はほたるのことをとっても大事に想っていて、新歓パーティや合コンのときもそっと守るシーンが出てきますが、まさにスパダリ感溢れまくっています。

最後にやっとお互いの想いが通じて、あまあまなセックスをしますが、そのときの晃とほたるの幸せそうな表情がとっても良い!
末長く幸せでいてほしい…そんなカップルの話でした。

(総評)
ストーリーは綺麗にまとめられていて、無理のない展開で良かったです。
ちょっと残念なのが掲載誌の関係でページ数が少ないことですね(全127ページ)。
このページ数でストーリーをきちんとまとめられるのは凄いですが、もうちょっとページ数があれば+1話分ほどのアフターストーリーも描けた気がします。
今後の期待を込めて、「萌×2」とさせていただきたく思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ