サマーホリディ

summer holiday

サマーホリディ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
砂糖と塩 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
A-KAGURA
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

屋上で1人佇むユウに、ハルキは笑顔で「今日から夏休みなんですよね?なら僕と一緒に遊びましょう!!」と告げた。その日から一人ぼっちの暗い日々が、ほんのり明るくなっていく。弱虫な男子と不思議な男子が繰り広げるひと夏のファンタジー。

サマーホリディ(1) 18ページ
サマーホリディ(2) 21ページ
サマーホリディ(3) 18ページ
サマーホリディ(4) 16ページ
サマーホリディ(5) 25ページ
サマーホリディ(6) 16ページ
サマーホリディ(7) 21ページ

表題作サマーホリディ

川名 ハルキ(17歳)
角沢 ユウ(17歳)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

ストーリーはいい!なのに…

ぐぬぬぬ、作画が残念。

表紙の人物画のバランスから「どうかな」と思っていたのですが、本編始まってすぐに瞳の描き方で若干目が回ってしまいました。
全体的に作画のレベルはそんなに高くはないですが、ストーリー的には読み応えがありました。

学校の屋上で自殺を考えていたユウに声をかけてきたハルキ。
「夏休みの間、泊めてほしい」と言い出して…。

という始まりで、少しずつ小出しにユウの家の事情、学校でのことが分かってきます。
その代わりに「同級生」というわりに謎が多いハルキは謎が多いまま終盤まで進みます。

ハルキの謎が解明される直前のハルキが見ていた夢が何とも不吉なのですが、最後のシーンで違う未来になったのかな。

救い救われる関係の描き方が最後まで読むと「なるほど!」と思えたのが良かったです。
本当にただただ作画が残念で…。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ