ハッピーサニーダイニング

happy sunny dining

ハッピーサニーダイニング
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
3
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
和稀そうと  

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
心交社
レーベル
Chocolat comics
発売日
価格
¥639(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784778126209

あらすじ

レストランで働く友晴は、客だった教一からの猛アタックに抗いきれず、押し切られる形で付き合うことになる。仕事が思うようにいかず、夢を抱いて料理人になったはずなのに惰性で続けているかのような現状に悩む友晴は、能天気な教一につい八つ当たりをしてしまう。初心に返ろうと思い出の店を10年ぶりに訪れるが、恩人は亡くなり閉店していた。ショックを受ける友晴だったがなぜか教一が現れ、恩人の店を買い取ると言い出し――!?

表題作ハッピーサニーダイニング

南中野 教一・在宅ワーク
坂井 ハル・料理人

同時収録作品グランドフィナーレ

その他の収録作品

  • ファーストバイト(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

愛されている受け

完全な表紙買いだったのですが、お料理を軸に進んでいくストーリーと心理描写がしっかりしていて、とても楽しむ事ができました。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

既に付き合っているカップルのお話です。
ストーリーの中で馴れ初めにも触れられていて、ノンケ同士の一目ぼれもので、くっつくまではあっさりでした。
付き合い始めた後のらぶらぶ具合を見れば、お互いに好き合っているのがわかりお似合いのカップルです。

攻めの教一は、ひょうひょうとしていてどこか掴めないというか、何を考えているのかよくわからないところがあります。
ただ彼の行動原理は、友晴であり溺愛していることがひしひしと伝わってきます。スパダリではないんですが、卑屈な友晴を精神的に支えているのは彼であると断言できます。

受けの友晴は、自分の考えを自分自身の中に閉じ込めてしまう傾向があるようで...料理人として働いている職場がうまくいっていないということを、教一に相談することができません。

ストーリーの主軸は、友晴を取り巻く仕事環境の問題。ぐるぐると考えてしまう友晴と、彼の思考をほぼほぼ理解していてほしいところに手を差し伸べる教一。この対比が心地良かったです。
全体的に友晴が教一から愛されているんだな~という感じがひしひしと伝わってきました。

お料理がたくさん出てくるというわけではないですが、個人的にはキュウリを叩き割るシーンがとても好きです。

同時収録の「グランドフィナーレ」は、リーマン同士のすれ違いもの。既に付き合っているカップルが倦怠期?を乗り越えて更なるステップへ進むまでのお話でした。

3
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ