白薔薇のくちづけ

shirobara no kuchizuke

白薔薇のくちづけ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
水杜サトル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ひゅら 
媒体
小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
ISBN
9784778126186

あらすじ

北欧ノースエルヴ王国で薔薇研究の権威、ジョハネの助手として働く鹿島奏は、謎の美青年に気に入られ「花が咲く頃迎えに来ます」と、なぜか白薔薇の蕾を渡される。その青年こそ王子クリスで、白薔薇は王家の婚約の証しだった。約束通り迎えにきたクリスは、脅しめいた強引さで奏を城に連れ帰る。奏はなんとか婚約破棄しようとするが、薬を盛られ、湧き起こる淫らな快楽に無理やり溺れさせられてしまい……。

レビュー投稿数1

眩い王子様と地味な好青年

以前発売されたノベルズの文庫版。
敬語攻め、王子攻め、健気受けが好きな方にドンピシャ!
とても読みやすい文章で、濡れ場も多い。

攻めのクリスがキラキラ眩い王子様。
物語の軸になる薔薇と相まってさらにキラキラ度倍増。
受けの奏は薔薇をこよなく愛する好青年。
クリスに愛され戸惑う様子にキュン♡

物語が進むに連れ、王子クリスと兄王の確執の謎。
何故奏に突然求婚したのか。
謎が次々に解明される過程の描写が良く、スラスラ読め気持ちよかった。
二人が結ばれてからのクリスの溺愛ぶりと、奏が嫉妬するかわいさ味わえる短編も良かった。

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う