嫌われて一生記憶に残りたい――

憶い出はまわりみち

omoide wa mawarimichi

憶い出はまわりみち
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
5
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
宇野ユキアキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784047355101

あらすじ

離婚したばかりのサラリーマンの宇佐見。
思い出すのは別れた妻ではなく、5年間会うことができなかった親友の伊勢だった。
伊勢に片想いしていた宇佐見は、5年前、伊勢の彼女を寝取って結婚したのだ。
そして罪悪感を抱え続ける宇佐見の前に伊勢が現れるが――。

表題作憶い出はまわりみち

宇佐見 敬一
伊勢 慎

同時収録作品夏は待っている

秋彦(郵便配達員)
暮野 夏緒(花屋の店員)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

逃げ続けた5年が愛を育ててた…

宇佐見が、中学2年から大学までずっと一緒だった親友の伊勢が好き。
そんな伊勢が「恋人にプロポーズをする」と報告をしたことで、”女に伊勢を奪われる”と思った宇佐見は”伊勢から女を奪う”ことにして、伊勢の彼女にプロポーズ・・・そして結婚。

BLとして「好きになってもらえないなら嫌われて心に残りたい」パターンは好きだけど、「女にとられるくらいならその女をとる」は恋人や浮気レベルならいいけど先にプロポーズして結婚するって・・・女の人生巻き込んでてちょっと引きましたね。
まぁ、恋人の親友と寝て結婚する女に同情は無いけど、宇佐見の神経がちょっと・・・
でも、それにもまして大人になって再会して謝罪したらすんなり逆告白みたいになったのにはびっくり。

学生の頃から気付いてたけどその時はハッキリ自分の気持ちが追い付いていなくて今だからこそ素直になれた。って時間とともに愛が育っていくお話なのでそういうのが好きな方には萌える作品だと思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ