mocarinaさんのマイページ

レビューした作品

女性mocarinaさん

レビュー数4

ポイント数118

今年度191位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

あまーーーーーい!

前作はエロよりもラブ度高め、て自分でレビューしてたけれども…

続編の本作はラブ度も高めエロ度も高め!
なんですかこの満ち満ちたりた幸せしかないハッピーBLは⁈(褒めてますwww)
これほどのスーパー多幸感作品は個人的には座裏屋先生のリカシガ以来かも…
ありますよ?ちょっとしたすれ違い的なのは、
でもそりゃもう2人のラブがさらに甘々になるための完全なるスパイスです…最初っからわかっとりますがな笑
浮気だのなんだの下世話な事はこの2人には似合わんのですから!勿論しない
恋が満ちたら愛になりました、っていう話です、はい!
ワタシ不穏な話も大好きなんですがメンタル打たれるじゃないですか…そうしたらこういう幸せBLで回復したいですね、うん、きっと何回も読み返すことでしょう

幸せ3Pが

好きなので発売日にRenta!さんで購入

東京で一旗上げようと意気揚々と上京してきた陽が新居のシェアハウスに到着早々、住人同士(どちらも男性)のおセッセを目撃してしまい何故か強引にプレイに参加させられてそのまま3P突入…

男の子だからね、快楽に抗えない的なとこはあるかもね…とはいえめっちゃ流されて侍で笑える
まぁそれはそれで作風的にありかもね
最初は男同士なんて!俺は女の子が好きだ!と思っていたのにあまりの気持ち良さに3Pにずるずるハマっていくわけですが…

修正も甘いし終始3人でヤッてて描写はエロいはエロいんだけれどもゴメンナサイまったく萌えなかった…個人的には感情揺さぶられら何かが足りなかったと思う
私は物語性というかちゃんと理屈を求めがちなのでね、辛口ですまない。
さらっとエロ補給したい人にはいいかも

タイトルほど

嫉妬に狂ってないです
正直期待しすぎたかなぁ
落ちぶれた早熟な天才と遅咲きの天才…
めちゃくちゃ感情揺さぶられそうなシュチュエーションだし愛憎っぽいの勝手に期待しちゃったけれど
思いの外、あっさりで肩透かしだった
悪くはないです
絵は綺麗だしまぁまぁ嫉妬も愛もありますけれど
期待よりはライトだった
自分は、ですがもっと狂ってるのを求めてました
さらっと読みたい方にはよいかと

オメガバでリバ

斬新!
正直賛否両論…議論かもす内容かも。
リバがNGな人はもちろん駄目だろうがリバなのは帯に書いてあるからよく確認して読もうネ

まず千鶴が幼児退行したきっかけwww
ギャグか⁈
身体は大人のまま自分がΩと思い込み小1程度の中身に退行しちゃった千鶴に助けてって言われたからって抱いちゃうのはどうなのか…
倫理観としては完全アウトだよなー
景介もヤッといて罪悪感で死にそうになってる訳だが…
ハンドクリームの香りで記憶が戻る場面もあっさりというか唐突というか笑

まあこの様にツッコミどころは満載だがそれらを補って余りあるオメガバースでリバップル設定!
攻めが受けにポジション交代求められて応じるのは究極の愛だと思ってるので心身とも大人に戻った千鶴が景介に抱きたいって言われて受け入れる後半の展開に歓喜しましたね。

地雷ないって人には是非読んで頂きたい!

期待し過ぎた…

作家買いです。
黄昏…シリーズが大好きなので。

表紙もタイトルも美しくて書影が発表されてから発売心待ちににしてました!
…が、正直ハードル上げ過ぎちゃったかも

綺麗に纏まっているとは思うけれどなんだろう…先生の既刊みたいに読んでうわわわぁイイ!!!とはならなかったんだよな
好きだったのは駿河くんくらいかなー

待ってました、

みだ猫シリーズ第三弾♡

宅配便ライバル会社社員で恋人同士の天野と三池(ミケちゃん)遂に同棲始めます!

いやぁ天野が巻数増すごとにミケちゃん溺愛の甘々ダーリンになっていって一巻の意地悪さを思い出したら胸熱…

3巻はもうご馳走様!ってくらいミケちゃん愛が溢れてます。
ことあるごとに「かわいい」と思ってるから重症ですwww
ミケちゃんは相変わらず感情表現薄めのシャイボーイ、読者にはモノローグでミケちゃんも天野大好きってわかるけども…てとこで今回2人の仲を引っ掻き回す当て馬君登場です!!

一見大人紳士で完璧に見える恋人の初恋相手を目の当たりにして余裕は失われ嫉妬、独占欲に自己嫌悪な天野…些細な行き違いで押さえてた感情が爆発してラブラブだった2人に溝が!試練が!!
ミケちゃん可愛さ魅力でもある口下手さが今回ほどもどかしかった事はなかった!早く弁解して誤解といてぇぇて心で叫んじゃいましたよ…
嶋ニ先生の演出技にちょろく踊らされているいち読者てだけなんだけどwww

安心してください、この当て馬なかなかのクズで天野の彼氏力を素敵に引き立ててくれました!
階段の場面!激萌だったーーっ!
段差利用した身長差補正演出最高か!
ミケちゃんからのハグ!勇気だしてちゃんと言葉で天野を大好きな事を伝えられてよかった♡

本作の魅力ミケちゃんのかわいさ全開ラブラブなおセッセもふんだんです。同棲だからソファーでお風呂で、ベットでとかわいく鳴いてるミケちゃん♡ご馳走様でございました笑

さらに続編決定みたいで歓喜です!
楽しみだー♪

イチノ先生らしく

可愛らしい作風。絵もキャラも可愛い。
特に押しかけ女房のDKのΩ蓮君は美少年で一途で健気でカワイイ。

しかしなぁ…
お見合い時、はじめての発情期を迎えてしまいα辰二郎がフェロモンに耐えてなんとか理性で蓮とのおセッセ回避する見せ場。
ちょっと弱いよねー。オメガバ読み慣れている読者にはヒートのΩのフェロモンの強烈さはαの理性がぶっ飛び抗うのは相当な精神力要するってイメージだからこの場面の二人は余りにもあっさり回避できちゃったように見えるよね。あんな添い寝風、無理でしょー。
2度目のヒートの時もしかり。

あと思いが通じた後も辰二郎は蓮が成人するまでキスだけでセックスしなかったって…そんなバカなー笑笑。ちょっと無理がある、いやかなり無理がある。

そのあたり除けば蓮君が辰二郎に拘る理由や辰二郎がΩを蔑ろにしたくない気持ちなんかはわかるんだけどね…
「王子様…」が好きだったから作家買いしましたが可愛いだけに色々勿体ない。

描き下ろしの結婚生活はひたすらカワイイです。

めっちゃ可愛い!!!

怖い顔?!
設定はその様ですが個人的にはぜんぜん(≧∇≦)
龍雄のお顔めっちゃどストライクにタイプ♡
でもってぶっきらぼうで誤解されやすいけどオカン気質…ギャップ萌え萌えでかわいいの嵐。

またバーのイケメンマスター明さんが私生活何もできない残念さでこれまたギャップ笑。
ふんわり人たらし長身眼鏡…こっちも好きなヴィジュアルだー!

バイの明さんにキスされても金が優先する龍雄の強メンタルと性癖で差別するつもりはないらしいフラット思考…イイよねー。流されないで自分があるし思ったことは口に出来るし疑問に感じたら想像の斜め上行く謎の行動力!!もう、大好き!
CPになってちょろっと仲睦まじくなるっちゃなるけど…もっと2人が見たいでーす。
続編お願いしますっ!

優しい世界観

秋平先生久々の新刊!楽しみにしておりました。

ハイスペックスパダリによる足長おじさん(ラブあり)ですね。
とにかく京一さんが素敵な大人。
イケメンで社長でお仕事出来て優しくて〜非がない!その上、此処が一番素敵なんですがお茶目なんです!
一緒にお菓子を作った時に苺をポップコーンのように投げて口でキャッチしたり…
イライラして蟹のクッキー焼いちゃうとか、もう可愛くて悶える…何このかわいい大人!

直己は最初ハニトラ仕掛けてあっさり失敗するんだけれど京一さんは諭し方も感情任せに怒るのではないし、直己が自分を卑下していたら優しく力強く直己を認めてあげて自信を持たせてあげる。
直己がまたちょっぴりアホででも一生懸命でウブくてかわいい子なんす。
お金稼ぐしかなかったのに京一さんに必要とされたい役に立ちたいってめちゃ頑張るし。健気や…

当て馬?佐久間さんが能面クールで仕事半分嫉妬半分で2人の恋路の邪魔しますがそんな佐久間さんをフォローするような発言する京一さんと憎まずに佐久間を引き留めましょう!と提案する直己…大丈夫、あんた良い右腕になれるよ

何か手助けをという提案に直己が母親に仕事を斡旋してほしい、と言うと即オッケーではなく此方の部下の生活もあるからまずは確認して答えるね、って…良き経営者だと思いました!
途中すれ違いでちょっぴり切ないですが秋平先生らしい優しい世界観で幸せな気持ちで読めました。

方言男子!かわいい!

もうとにかく悠の可愛さに尽きます!
なにこのかわいい生き物…
小さい頃もかわいいし大学生の悠もかわいいよー。
こんなピュアなかわいこちゃんに懐かれて絆されない訳がない。
旗彦に好かれようと一生懸命家事頑張ったり自立しようと奮闘したり。

ゲイばれ(バラして)してじいちゃんとぎくしゃくしたまま8年も音信不通な旗彦。
真っ直ぐに想いを伝えてくる悠を「こちら側」に引き込む罪悪感から悠との関係を躊躇してしまいます…
ここ、意外とヘタレな旗彦に対し悠が漢前!
旗彦がぐるぐる迷っている事を問題じゃないってぽいっと片してさぁ向き合えよ、みたいな笑。
漢前受け大好きだー。

天真爛漫でころころ笑う悠に対してはちょっぴり甘えたさんになってしまう旗彦くんのクーデレもかわいいのだ。
あー2人の甘いちゃずっと見ていたい。