corocoroさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性corocoroさん

レビュー数39

ポイント数417

今年度71位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

ギヴン(7) コミック

キヅナツキ 

主人公がでてこない

今作は柊のお話だけでほぼ1冊費やされていました。
もうちょっと凝縮するか番外編として描くか、という選択はなかったのかなぁ〜
真冬を語る上で必要な事なのかもしれませんが、それにしても前作からかなり待った上で立夏も真冬もほぼ出番無しなのはどうなんだろうなぁ、というのが正直な感想です。

秋彦と春樹に関してはマメに描かれているので人物像も見えてきていますが、メインであるはずの立夏と真冬のエピソードがほとんどない。
好きあってるはずなのに、一緒にいる描写も相手に焦がれる様子もまったくない。
真冬が不思議ちゃんだとしても過去に恋愛経験がある訳だし、出し惜しみなのか…あれ、もしかしてこの二人がメインじゃないのかな?と疑問すら感じます。
しかも今作に限ったことではなく、作品通して以前から立夏と真冬の描写が少ないなぁと感じていたので、今作では特にうーん…となってしまいました。


アニメ化や映画化の影響もあるのでしょうか。
絵もお話も上手い作家さんですが、もう7巻なのになかなか先に進まないなぁと思ってしまいました。

読み始めると止まらないです

ちょっと遅くなってしまったんですが、やはり面白い…!!
軽い気持ちで読み始めると、途中で止めるのが苦痛になるくらいです。
お話も佳境に入ってきましたし、今作では特に終盤!
続きが気になって仕方がありません…
ネタバレなしで感想だけ書きます!
先が読めないんです、あれこれ考える暇なくいろんな事が起こるし、マホロがあっちこっち行くたびに、お!何か起こるのか?とドキドキが止まらなくなります。
もちろんノアとマホロのイチャイチャも堪能しつつ…
主要キャラが皆危ういのも魅力の一つで、これまで起こった出来事が原因でマホロもノアもレオンもこの先どうなるの?って状態なので、どういう結末を迎えるのかが全く想像できない中での、今作のラスト…この人が…ここで終わるのかぁ…とため息ながらに本を閉じました。
次作が待ち遠しい!!

大野くん頑張ってる!

大好きなシリーズです!
もちろんCD付きを購入、大満足でした♥

今作は大野くんの、暮島大好き!がはっちゃけてて可愛かったしかっこよかった!
暮島弟くんがなかなかの強引さでグイグイ来ますが、最後に負けなかった大野くんにあっぱれ!
これは暮島くんも大野くんに惚れ直しちゃうよなぁと大野くん大活躍回でした!
それにしても押崎くんがひたすらいい人なので、彼にも幸せになってほしいですね〜

大野くんのムッツリが増し増しで、暮島くんに欲情しまくりなのが最高…いいぞもっとやれ!状態でした♥
まだまだ読みたい作品です

一日一日が宝物

記憶を失くして繰り返していくお話は、これまで映画で観たり小説で読んだりしました。
独特の世界観が魅力的な奥田先生が描かれている今作は、ようやく辿り着いたハッピーエンドの中にほんの少しだけ残る残酷さ、歪さが印象に残る作品でした。



過ごした時間に自分がしてきた事、考えた事を積み重ねていく事ができないということは、他人はおろか自分自身すら信じられない事と同義だと思います。
そんな不安の中でも精一杯生きようとする道夫が、記憶が日々リセットされていく中で何度も求めてるのは恭一で、そこに彼の本心が表れていると感じました。
恭一はもう何度も道夫を抱いてるのにそれは言えず、いつも初めてのように接して、帰っていく道夫を見送る。
最初の方の「走るなよ」の言葉には、本当は朝目が覚めてすぐ目の前にいるのは自分であって欲しい、帰らないで、というのが表れていたんじゃないかな…

優しい道夫が、灯と離婚したことも忘れずメモし、誰かを傷つけて許されながら生きるな、と書いていたものを、恭一が「覚えていなくていいんだ」と消すシーン。
そこには、道夫を苦しめたくないという気持ちと共に、灯の存在を、結婚していた事を思い出してほしくないという気持ちもあるように思えて、恭一の執着心を垣間見たような気がしました。
辛いことなら知る必要もないし、恋人は自分だとメモして毎日道夫に理解させる…道夫が書いたメモに手を加えて。

同じような夜を繰り返しながらも、少しずつ変化していき結ばれた二人。
明るく振る舞いながらも人を傷つけている自分に苦しむ道夫も、体を重ねた記憶を自分だけが全て覚えていながら好きだとは言えなかった恭一も、お互いが諦めなかったからこそ結ばれたのだなぁとジーンとしました。
一日一日を彼らは宝物のように過ごしていくのだと思うと、少し切なく、とても幸せに思います。

徹底的な甘さ!!

相手の事が大好きなんだなぁ〜って表情を描くのがピカイチに上手い作家さん(だと思ってる)、今回は続編でしたがいやぁ、ここまでかというくらい甘くて非常に良かったです!

前作では良平を想う悠馬のあのポヤーッとした顔が可愛すぎてドハマりし、どんどん悠馬にのめり込んで行く良平に、それ見たことか!こんなに好きになってくれる子いないぞ!と勝手に思ってフガフガしていました。

今作は前作の流れそのまま、という感じだったので自然にお話に入っていけました。
好きすぎて緊張しまくってる悠馬が可愛すぎます…
でもどちらかと言えば振り回されてるのは良平の方で、最初の頃の態度を知っているだけに悠馬への愛しさに満たされていく様は感慨深かったです。
そして、とにかくイチャイチャが濃厚で甘い!
本心を言動に出していく悠馬にデレデレの良平、最後の方は「そんなキャラじゃなかったよね?」と突っ込みたくなるくらい高めの糖度でした♥

すごく好みでしたー!

試し読みに惹かれて購入しましたが、どんぴしゃでした!
最初は良かったんだけどな…と思うこともよくあるので、読み終えて満足できるとすごく嬉しいです。


オメガの若頭が婿を取るという設定にまずそそられます。
ストーリー自体には新しさはあまり感じませんでしたが、キャラは魅力的に描かれています。
ベータであるはずの付き人(真)が、実はアルファだった、というのはよく聞く話ですが、子供の頃からずっと一緒の二人の関係性は最初から特別なものとわかるので驚きはないものの、流れとしては自然に感じました。
義治が頑張りやのいい子なので、好感が持てます。
組員もみんな組長(義治の祖母)はじめ義治、真を慕っているし、気持ちよく読めます。
発情した義治がすごく色っぽくて素敵でした。
もうちょっとイチャイチャが読みたかったなぁ〜
コミコミ特典では二人の子供も描かれているので想像が膨らみます。
こちらデビューコミックスということで、これからの期待も込めて神評価です!

さすがとしか言いようがないです

続いてくれてありがとうございます。
ユノさんのお話がまだまだ読める…
1巻を拝読した際、オリジナルもこれ程クオリティが高いのか!と感動しましたが、エルヴァとアルトの関係が変化していく今作も素晴らしかったです!


読んでいる間は唸り声とため息だらけでした。
絵の上手さもさることながら、人心の機微を描くのが本当に上手い!
いつの間にかアルトを通してエルヴァをたくさん知り、エルヴァに恋してる気になってしまいます。
愛することで相手を傷つけるのなら、一体どうしたらいいのか…と苦しくなりました。
エルヴァの孤独な優しさにせつなくなります。
いずれすべてを失うから愛だの恋だの必要ないなんて愛する人から聞かされたら、悲しくて仕方ない…涙
アルトを受け入れて欲しい、あなたは愛されていいんだと思いながら読みました。
恋を伴う関係性に少しづつ変化していく二人に目が離せない中、少し不穏な空気を予感させつつ次巻へ続きます。
アルトによりかかるお風呂でのエルヴァがとても色っぽくてステキでした。

2巻で物語が大きく動きだします

1巻を読まなきゃ何がなんだかわからないお話なのですが、ぐっと面白くなってきました。
続きが楽しみです。


ただ、この作品はかなりハードボイルドなので、苦手な方も多いんじゃないかなと思います。
まだ未読で気になってるという方に言えることは、

戦闘モノに興味がない方(殺戮シーン多)
3Pが苦手な方
愛のないセックスは嫌いだという方
ショタ攻、オッサン(37歳)受は地雷という方

には向きません。
1巻から通しての話になりますが、主人公含め、ほぼ皆自分の意志とは異なる形で無理やり作られた状況に仕方なくいる者達ばかりなので、BLのLには程遠いです。
主人公の雄一郎は女神として人々を魅了しますが、それは雄一郎の意思でもなくある種洗脳的なものだと言えます。
王であるノアは一応成人してるようですが、文中ではまだ中学生?くらいの見た目のようだし、言葉遣いなども幼いのでショタっぽいです。が、途中から雄一郎をガンガン攻めます。
雄一郎も2巻に入ってから少しづつラブ…とは言えませんが自分を愛する者たちに絆されていってる感があります。総受け感が現実味を帯びてきました。
とにかく、好きだから抱く、抱かれる、という幸せあふれるエッチではなく、欲望を満たす感がまだ大きいのでご注意ください。
そしてかなり濃厚な描写で雄一郎は乱れまくります。

最初に書いた通り、お話は面白いです。
雄一郎以外に女神がいたことがわかり(こちらはJK)どちらが本当の女神なのかはまだわかりません。
雄一郎が自分の隊の長として優れた采配をふるう姿もカッコイイですし、登場人物達にもまだ謎があるようでラブの行方ともども、次巻を楽しみに待ちたいと思います。

女好きだけどクズじゃない王子

思ったより平和なストーリーでした!
ヴィハーンがもっと酷い男で、シャウーリャを傷つけるのかと思いきや…


シャウーリャの外見含め人となりを知らなかった頃に側近と共にシャウーリャを男だからと「髭の花嫁」とからかい悪口を言ってた、ってくらいです。
シャウーリャへの態度も振る舞いも形だけだったとはいえ最初からきちんとしていました。
その後はシャウーリャの美しさに、あれ、男だよな、オレ男無理だしな、でもアリだな、とグルグルしつつ外見だけでなく中身も好ましいことが決定打となり、好きだー!となりますが、昔のツケが回ってきてシャウーリャが襲われ、庇ってヴィハーンが怪我をしてしまいます。
この頃にはもうヴィハーンはシャウーリャしか見えてないので、この先は養子を迎えて幸せに暮すのだろうと思います。お幸せに!!

生まれたときから男性に嫁ぐことが決まっていたシャウーリャ、本来はヴィハーンではない王子との結婚が決まっており手紙のやり取りもしていましたが亡くなってしまった、というところはせつなかったです。
見た目はほぼ女性のシャウーリャですが、ヴィハーンと二人の時は元気な青年で、ヴィハーンはギャップ萌えにも目覚めたのかも?とニヤニヤしました。

なにより、開いてすぐの口絵のヴィハーンが恐ろしいほどに妖艶で美しいです!!

いろいろてんこ盛な上に面白かった!

試し読みして、絵の美しさと内容に興味を持ちました。初読み作家さんです。

まず、キャラクターの面が良いです。
いかにも攻な外見のアヴェルが受で美しい肉体と顔の持ち主、褐色碧眼、いつも束ねていて短く見える髪型も後ろは長く、おろせばまた違った趣の美しさで文句なしです。
攻のトゥキリもしっかりイケ鮫顔だし、鮫化した姿がこれまたかっこいい。しかもアレが2本ついてます。

肝心のストーリーなんですが、途中まではやはりエロメインかな?と感じていました。が、
アヴェルがミヤル族への献上品となって以降、それぞれの村のいわゆる異文化交流のパイオニアとして二人が活躍し、なかなか興味深い展開に唸りました。
面白いです。

ほぼ皆裸体を晒しているのですが、アクセサリーや羽織っている布などどれも素敵だし、髪型もオシャレで美のオンパレードでした。
エッチの方もかなり濃厚です。
しかもトゥキリはいつもノーパンでそれがステータスなんて滾ります!
筋肉、美形、褐色、人外、結婚とてんこ盛りなので気になる方にはオススメです。

続編があるとのことですので、二人の今後や子作りや子育て、ティラムのお話等が読めるかなと期待しています。