うーゆむさんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2019

女性うーゆむさん

レビュー数2

ポイント数12

今年度3位

通算--位

  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

ヤリチン改めました

はなぶさ数字先生の作家買いです。
まずは、受けちゃんのビジュアルが良いではないか…
美人受けも、ガチムチ受けも結構平等に好きになる私です。でも、こちらは黒髪短髪眼鏡と三拍子揃ってるぅ…しかも地味めです。
攻めは、ビジュアルからわかりやすい。
はい!ヤリチンっ。みたいな感じです。

始まりこそ、結構衝撃的です。でも、やっぱり健気にはかなわないな。
智己が、意外と気が強い。負けないもんと翔吾に立ち向かう。

ひねてしまうと、真っ直ぐ正攻法な優しさや態度は困惑しつつも嬉しくも有り。
翔吾と智己が、互いの事を話し合いながら知っていったり、キスして触れられて意識するのは良かった。

始まりは、最低。のち、自分の事に一途に愛してくれる彼氏になるとかさあ…
大変よろしいんじゃないでしょうか!

描き下ろしでの甘く甘くえっちする2人が、とても良いですよ。翔吾の気持ちが、冷静なようで違う!熱くて、絡み付く気持ちの強さ。
ヤリチン改め、溺愛彼氏。
智己がほんと感じやすくなっていまして、エロさ増しでした。

やっぱり年下攻めはマスト

みよしあやと先生の年下攻めですよ!
好きだなぁ。9才違いかな?
出会ったときは男子高校生ですからね。
BLだと、この差が非常にときめくんです。

翔太がずーっと片想いしていた友人三国。
三国の結婚式後に悪酔いしていた翔太を介抱下のが真裕(まゆ)くんです。
まゆくん、ほんとに高校生ですか?と言うくらい落ち着いている。
まゆくんのビジュアル好みでした。
一生懸命に恋を忘れようとする翔太を励ましながら、付かず離れずに自分アピール。
まゆくん出来る子だ…

ちゃんと翔太が三国に対して段階的に癒されていくのとか、それと並行しながらも、まゆくんを好きになるとか。自然で良かったです。
年上だって可愛く、甘やかすまゆくん。
めちゃくちゃ良いと思います。

やっぱり年下攻めは、私のマストだと再認識した次第です。

腑に落ちた!

志々藤からり先生ワールド!
独特な間合いと、会話の感覚が好きです。
ちょっと変わったキャラが魅力的です。

私、不覚にも泣きそうになりました。
ちょっと良い場面有るんですよ!

淡々と過ごしてきたクローゼットゲイの朝陽。悩みを話せる完全友人関係のノンケ友達の鉢岡だっている。
だけど、急に恋したくなるんだよ!
ひとりで生きていくの、わかんなくなるし恋人と一緒に生きたくなるんだよね。
そんなわけで出会い系アプリを使ったら、素数数える事を強要する変人に会うんだな~

天才少年から、天才大人。ITベンチャー立ち上げた末に売却してお金持ちな汰久。
13年前から一途に朝陽を好きだったとか、実は純愛貫いたスパダリなんです。

なんだかんだ振り回されているようで、互いに影響を与えていく存在。互いにとってはそれこそが存在感溢れる素数なんですね、きっと。

泣きたくなったのは、朝陽が何気なくSNSにあげた空の写真をみて繋がっていると感じて、頑張っていた汰久のアメリカでの場面。

あとは、他人はわずか4%しか見れないけど、残りの96%を誇って守れと言える汰久の言葉です。結構、ぐっときます。

志ヶ藤からり先生の描くひと達は、不器用さを何とかやりくりして生きていくイメージ。だけど、やりくりした先に愛しいものがいますよって感じられる。

パーセントの話は、覚えておこうと思いました。

えっち有りです。そちらはさらりと。天才大人の汰久の表情が崩れちゃうのは萌えちゃうな。
ぜひ汰久の変人ぶりをみてほしいですね。

どエロで可愛いのって反則だ…

いや~今日はとうとう腰乃先生の、こちらの作品を読みました!
ほんと、エロ。どエロだった!
腰乃先生の描く男の人の会話とか身体ラインが好きです。エロさ凄く感じます。リーマンスーツ姿も良いけど、やっぱりセックスしている時の身体の描写が好き~

幼馴染みのタカシと悟の再会からの、エロエロセックス。タカシ、悟と離れていた5年間は勉学だけでなくたくさんの事を学ばれた様子ですね。タカシのSっ気溢れた攻めっぷりは素晴らしい。

悟が未開発だったのに、どんどんエロく感じやすく変わっていくのです。読んでいると、タカシの嬉しさ、浮かれっぷりがよーく分かりますよ!
もちろん、セックスも大変好んでしてますけどタカシ、可愛いところも有るんです。
セックス中に悟が、好き好き言うと嬉しくて機嫌良くなったり。
悟の弟にもらった手紙や、悟に似ている熊のぬいぐるみを大切にしていたり。凄く悟の事を好きなんですね~!
正直、こんなギャップが可愛くて素敵だなぁと思うのです。
悟も、いやいや言いながらすっかり絆されてタカシの事を大好きになっているしね。
あー読んで良かった!たまんないなあ~!

エロのバリエーションがとても豊富。でも拘束気味なプレイが2人のマストかもしれません。痛そうじゃなく、悟が終始あんあん言っていて楽しいですよ。
また読もうと思います。最高でした。

はい伝統芸能かと思われます

【激しくトライしましょうか?】
【激しく抜き挿ししましょうか?】
筋肉マニアの美人トレーナーの篠宮とラガーマン黒田のお話。

篠宮がまずは真っ直ぐに趣味の筋肉愛を貫いているのが、何故か共感(?)出来る!好きなものは好きとして良いんじゃないかと思います。
実際に、篠宮は自分の好きを高めてスポーツトレーナーとして頑張って目指すポジションに就いたので。

でも、まあ~さすが佳門サエコ先生…
ラガーマン黒田との心通うプラトニック期間の短さよ…
黒田と篠宮のロッカールーム初えっち!
の、濃厚~!さすがラガーマン。絶倫ですし、筋肉体力を生かした攻めっぷりは永遠にモールを作るよう…
篠宮が涙べしょべしょ泣き出して感じまくるのは、受けての表現として佳門サエコ先生の伝統芸能かと思われます。
トライ決める(?)のは、黒田と篠宮同時ですよ!

【同じ年の弟が理不尽です】
異母兄弟の兄、晴斗と弟で有名ラガーマンの拓也のお話。

拓也は海外リーグでプレーする若きスタープレイヤー。
突然帰国、突然同居の同じ年の異母弟です!
良いです!このスピード感。

最初は戸惑う異母兄の晴斗ですけど、拓也の突然の脱衣所訪問、からのジャッカル(?)には勝てません。
奪われちゃうよね、大事なもの~!
一応兄弟ですけど、もう拓也の長い片想いの思いの強さには晴斗、為すすべなし。
こちらでも受けの涙べしょべしょえっちは、もちろん御座いました…

どちらのCPもトップスピード過ぎて、有無を言わさない佳門サエコ先生ワールドにはまってしまいます。

ここは素直に作品を楽しんでしまう方が良いな、と読了して思いました。
数々のラグビー用語の使用すみません。
ワールドカップ現地観戦した時の、筋肉を思い出して感慨深かったです。

たまらなくなる夜と朝のはなし。

ふゅーじょんぷろだくとのレーベルで、検索して見つけたこちらの作品。
たまには、レーベル読みも良いかなと思ってたどり着きました。
そしたら、良かった!ノンケとゲイの夜から始まるお話なんです。お話が進むにつれて朝まで進む。

大阪のゲイバーがちょっと無い設定です。既に、冒頭部分から期待が高まりました。
色っぽいけど、湊の純な気持ちからの臆病さとか、初めて男性に欲情する樹の戸惑いも良かった。
湊が、『僕っこ』なあたりも好みです。
樹は、湊と出会って初めて手離したくないと云う感情を手にするとかね!良いですね~


湊の勤めるバーのママさん、バイトのたまちゃん。特にママさん、タチって素敵!

樹と湊の ちょっと先の事なんかも読んで見たいと思いました!

全部盛りなんです。

pixivで先行して読んでいました。最近は、そちらで読んで好みならば紙で購入しています。
こちら、装丁はスカイブルーがメインカラーです。帯もブルーが基調なんですが所々にシルバーが入っていて爽やかなんですよね。
航空業界のお話に、ほんとぴったりしていて好きなカラーリングでした。

さて、さがみしか先生の作画から可愛い印象が先行するのですが、いやいや~心情もエロも、萌えも全部盛りなんです!

萌えの部分では、お仕事BLとしての面白さ。

パイロットの高瀬と、運航支援業務を務める榊の2人が同級生なんですね。
高校生では、さほど友人でもなかったのに就職したら親友になるなんて。夢を叶えるまでの2人の過去なんかもしっかり設定されていてリアルに思いました。榊の仕事っぷりも面白かった。高瀬のイライラを治める拳こつん。ここ、めちゃくちゃ好みな場面です。

心情では、友達から成るべくして変わっていく関係や自覚する気持ちの描き方が良いですよ~
触りたくなったり、独占したくなるのは恋愛なのか、友人関係からの好奇心なのか。
こちらは、話が進むに連れての2人の表情とか言葉がすごく納得出来ます。
もちろん、大人だからスルーして友人関係を貫くのか、身体だけの関係にシフトするのか選べないわけないんですよね!
互いに人として、尊敬してるからこそ悩むんです。ここら辺、しっかり描かれていて読み応えありました!

で、エロ。これも予想外に良い…
榊の気持ちを決めちゃってからのエロさ!
こんなん、色々経験アリの榊に高瀬がめろめろにされちゃうに決まっている。

高瀬に耳元で『男の匂い久しぶり』なんてささやく榊。高瀬、たまらないよなぁ~!
あ、私も『たまらん!』と呟きましたけども。

過去も、現在も一緒だった2人。恋人になってからは同じ未来も考えられる。タイトルの意味が伝わりますね!

ほんと、全部盛りの面白さがありました。私、好み過ぎて3回以上読んでます。
おすすめです。

は~飛行機乗って旅行行きたい!






好き~!

良かったです!
要と還が、思った以上に純愛でバカップルで最高…
還って、何故か男にモテるんです。おバカだから騙されやすくて、危ないめにも遭うこと多めです。運び屋を知らずにしたら薬飲まされて危うく襲われそうになるわ、AVスカウトされちゃうわ、バニーちゃんでバーのバイト始めちゃうわ…
そりゃ要が心配するのもわかる。
おバカだけど純粋に自分の事を好きでいてくれる存在。要にとっては、高校生から変わらない大切な人、還。

要がヤクザと黙っていたのを、ヤクザだった事じゃなくて、還に対して隠していた事を怒っているのがほんと、要の心を掴んで離さない一番の理由。肩書きじゃなくて、自分自身を愛してくれる愛しいこなんですよね。
ここ、ほんと萌える。

還のえろえろボディは、馴染みの警察官真澄もグラッとする素晴らしさ。
そりゃ~要がこれでもかってくらいセックスして可愛がっていますもの。愛されボディ代表って感じです。

可愛くって、エロくておバカ。だけど愛してくれる唯一の存在。

若頭補佐の要と、愛されボディ還の甘さが有るお話でした。
は~っ!ゆいつ先生の描くえろえろは良いですよ!

やっと読めた~!

ずーっとpixivで読んでいたのです。でも、まとめて読みたいと予約していたんです。ところが手違いなのかかなり発売日過ぎて手元に着ました。

嬉しい!読めて単純に嬉しいです。

ゲームの中でのフレンドが、実はリアルに職場の出来る上司。しかもイケメン…
うーん夢のような設定です。
だけど、橋元がリアル上司の愚痴を実は本人にいい続けていたとか初めてのオフ会で判明するには酷すぎる…

同じゲームで知り合った熊田=熊太郎=塩鮭(金髪可愛い男子高校生)も絡んで、誤解が誤解を呼ぶ展開がほんと楽しいのです!

しかも、誤解が元で上司の白瀬が橋元を意識したりと、実は熊田がかなりGJなんじゃないですかね~?

好きなのは出張エピソード。橋元が白瀬の肩で居眠り。リアオンで、白瀬が熊田に『俺の隣で寝てる』とか言っちゃって。そりゃ誤解するよね。
ホテルの白瀬の腹筋割れてますね、確認の橋元も可愛い。

後はやっぱり、鈍感な橋元が自覚した北海道旅のエピソードが好きですね。
ほんと楽しいし、2人の距離が近づくのがときめくったら~!
まとめて読むと良くわかる。

2022年3月13日までダウンロード可能なおまけが有ってそちらも良かったです。エロいのはないけど満足します。
余韻がすごく良いです。

ぜひ、ダウンロード期限内に読むのをおすすめします!ただバーコードリーダーがうまく読み込めず。別のアプリ取り込む手間が有りましたけどね。

リオナ先生の安心感!

リオナ先生の作家買いです。コミカルで、ホロッとする作品が魅力的な作家さんですよね。
今回のラッキーナンバーの捉え方が面白かったです。
自分から見た事象は不幸でしかなくても、別の人が見ると幸福であった。
物事の一方的な捉え方では、わからない事。別の見方をしてみるとかなり、物事が違うんですよね!
これ、ほんとこの作品のテーマであるのかなと思います。

与四哉が待ちに待っていた二十歳のバースデー。偶然出会ったゲイバーで、一目惚れしてお持ち帰りしたマチさん。
与四哉は、セフレも複数いるバリタチゲイ。顔が好みのマチさんがリバで相手に合わせるタイプと話すので。
ところが同意とはいえ、マチさんに気持ちよくされちゃって。マチさんに攻められて与四哉がネコに目覚める。
と、同時にマチさんを好きになるのです。

ここからが、発想が斜め上。リオナ先生のコミカルな話し運びが面白いんです。
とにかく、マチさんはある理由で与四哉を振るんです!
ちょっと信じられない事実でした。
とにかく、アンラッキーナンバーがラッキーナンバーに変わるまでの経過が面白かった!

すっかりネコな与四哉が健気っ~!マチさん、理不尽だけどえっち濃厚甘いタイプ。
マチさんの長年のトラウマを与四哉が、解決まで頑張るの、好きですね~!

考え方ひとつで、アンラッキーナンバーからラッキーナンバーへ変わる。
マチさんの辛かった過去も、与四哉の存在で変わっていく。
やっぱり、好きな人のためにどれだけ一生懸命かどうか。気持ちが通じあって大変よろしかったですね~

マチさん、大分県出身設定なんです。方言がいいあじ出していました。

描き下ろしも楽しんで読みました!すっかり甘いマチさんに、照れてしまって慣れない与四哉が可愛いかった…
そして、やっぱりリオナ先生の作品は面白かったです。