銀鈴さんのマイページ

レビューした作品

女性銀鈴さん

レビュー数0

ポイント数0

今年度--位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

独特な世界観

こちらのお話とても設定が凝っていて私的に大好きなお話ばかりです
設定としては死後の世界の天使と悪魔のお話なんですが、人が転生?して天使か悪魔になって天使のアンジュカンパニー、悪魔の悪魔商事で働くお話なんですが
お話二話入ってましてとても素敵なお話ばかりです。

1、腹上死しましたが何か?
悪魔の黒石と天使の星内は前世で文字どおり腹上死して一緒にあの世にいった腐れ縁の中なのですが、天使の星内は果敢に悪魔の黒石にモーションかけますが、黒石は気のない様子、それがある一件で二人の距離が再び近くなるのですね。
星内の心情をしってその気持ちに応える黒石
なんやかんやあってもとても幸せそうな二人でした

2優しい淫魔とワルツを
悪魔が大嫌いな鳥好きの天使有馬は上司から頼まれて淫魔佐伯が拾った鳥のひなのお世話をするようになり、お世話していくうちに二人の距離が近くなっていくストーリーです。
前作の腹上死しましたが何か?よりぐっと内面を掘り下げた作品になっていると思います
特筆すべきは佐伯の溢れでる色気が関西弁とあいまってむちゃくちゃ良い味を醸し出してるということです


二作ともとても面白くて何回か読みなおしてます
絵もとても綺麗なので是非きになったら読んでみてください

爽やか甘々

こちらの作品とても読んでいて甘々で爽やかに感じるのです。
そしてなによりおわる先生とても絵がお上手で読んでて時々感嘆のため息がでました。
攻め様は人の心を掴むのがうまい製薬会社MRの黒野くん。
先生達の気持ちを掴んで契約まで取り付ける敏腕MRなのですが、それに対する受け様はクールビューティな北條先生(お顔がまたとても綺麗なんです)
終止とても爽やかに感じたのは攻め側の黒野くん(ノンケ)がとても素直で直球型だった為じゃないかと思うのです。
北條の方はクールだけど根はとても優しい人ですね
契約を取り付けたいが為に黒野が一生懸命北條のことを調べたり、モーションかけてくるのをあしらっていても「もしかして気があるのでは」と勘違いしたところでストーリーがはじまっていくのですが…
お話もすごく綺麗にまとまってて私的に好きな作品です。
おわる先生の作品は何冊か読んでいますがみんな糖度もちょうどよく面白い作品ばかりですので機会があれば読んでみてください

東京24区 R18 ゲーム

安定の萌え

異色の政界BLゲームになります。
とはいいつつもストーリーはマイルドでした。
甘さもちょうどよく真相√はなかなか読みごたえがありました。
大正メビウスラインや東京陰陽師とおんなじ会社の作品です。
こちらの会社のゲームは安定してて買ってまず失敗はないと思いました。


攻略キャラの感想は下記です。
ネタバレ多少含みます。





★我妻タイガ


公安のSPということですごくストイックに仕事をこなす彼ですが、プライベートでは年相応の幼い顔をみせるところに萌えました。
其扇の命令ならなんでも聞いちゃう彼ですが、其扇もいざとなったら彼とは違う方法で漢をみせてくれます。
いろいろいいたいこともあるのですがこれ以上はネタバレになりそうなのでぜひ自分でプレイしてみてくださいませ


★東郷遊馬


東郷グループの御曹司の息子ということで、名前からしてむちゃくちゃ遊んでそうですが、結構いろいろ繊細な人なんです。そしてそんな彼に其扇は気づいちゃうんですよね。もーとあるエンドのBADは痛々しくて悲しかったですけど、そんな遊馬もいろいろ吹っ切っちゃいえば、華麗に其扇に攻めてくれます。
ラストのスチルはなかなかかっこよかったですよ


★白洲武彌

仕事が相当できる人だけでなく弁も鋭く切り込む白洲さん、この方のストーリー私的にBADを含めてすごく面白かったです。話も奥が深くてお話的に私今のところ一番好きかも。並走しながらお互いの距離をつめていく行程がとてもよかったです


★蓼丸一貴


其扇の秘書で親友である蓼丸さんですが、ちょっとみ謙虚に控えてますが、いろいろ拗らせちゃってヤバいんですけどね。皆いろいろ歪んでいるけど其扇への愛情ゆえですよね。お話もいろいろ集大成で良かったですよ。いろいろ話したいですけどこちら真相√なので控えておきますね。欲をいえばもっといろんな蓼丸さんみたかったな。

中級者むけかな?

お話はあらすじでわかるように死人とか出てくるので少しグロいですね。BADも私は大丈夫でしたが人によっては好みわかれると思います。
ノスタルジーを誘う音楽にグロさが絶妙にマッチしてました。
笑いあり、グロさあり、切なさありなかなか素敵なストーリーでした。
下記感想になります
ネタバレありです




★ココ

イケメンで料理好きで世話焼きのココ!料理が旨い時点で乙女のハートをわし掴みですけど、さらにビッグマグナムという…なんというか女の交遊関係もさらに多いですけど極めてジェントルマンな人代表な方です。
セフレがわんさかいるというね。
√的にいいなぁと思ったのはやっぱり帰還エンドかなぁ


★笑男

あれです笑男さんチャラい時と闇抱えてる時のギャップが素敵すぎてときめいたのはいうまでもなく、頼れる時はばっちり頼れる兄貴だったのですね✨キレてる時の姿とか
いつも笑顔の人が怒ると怖いですね~でもそんなギャップ萌えが笑男さんにいっぱいあってキュンキュンしました~✨

★あすく

普段ツンツンで、ふいに可愛いところをみせるあすくですが、なんというかココといいBADも結構きにいってたりしてます。予想外なのはラストですね。こうきたかというエンディングにドラマCDが楽しみになってきますね…にしてもあすくのツンツン具合にへこまない日天も結構すごいなぁと思ったりしました


★成臣

品行方正で顔もよく主人公の日天を甲斐甲斐しくお世話する成臣くん…蓋を開ければヤンデレ腹黒黒馬に乗った王子様だったわけで、華麗に爽やかに日天を攻めていく姿は…年下攻めでもかなり強気の部類に入るかなと…
にしても綺麗な顔してかなりどろっどろな心をもっている彼だけど、日天に対する思いだけは純真だと
信じてます…いや信じたいww

糖度は甘め

全体的に糖度は高めだと思います。
主人公の柊京一郎とても可愛いです。
ストーリーも綺麗にまとまっててFDもやりましたが、
キャラクターも魅力的です。
万人受けするゲームだと思いました。
下記攻略の感想です。
ネタバレありです


★館林 開

軍人で全てを持っているperfect男子ですが、憂いを周りに纏っている館林様。東京に夢と希望を抱き出てきて間もない学生の主人公京一郎そんな二人の人生が交差したときからストーリーは始まるのですが
…あれです。とりあえず館林様の周りの個性豊かな部下達がかなりいい味だしてます。そして京一郎は
乙女ですな…うん最期まで純愛ぽくてよかったです

にしても真面目な京一郎…どうやってセックスのときにあのような大胆な技を知っていたのかそれだけが気になって…最後のバッドの斜にかまえた感じの京一郎も好きですけど


★時雨

帝都を影で支えていた五本刀衆の若き頭領の時雨。頭領としての顔と京一郎にみせるやんちゃな顔もまたよいのです。主要2つの対照的なエンドをみて思ったことはどんな時も真っ直ぐさ失わない時雨だなぁと
…。京一郎も初々しくてよかったです。術を使ってる時の時雨がかっこよすぎました~


★千家伊織

沈着冷静非道を繰り返す千家ですが、京一郎が本当に闇堕ちしたのは2エンドで残りは基本まっすぐで清い京一郎くんでありました。どんなにおとされても清い京一郎はすごいなと思うと同時にそんな京一郎だからこそ千家が固執したんじゃないかと、思うのですよ。二人の間柄は愛とも違う、血の絆でもっと深くつながっているよう気がします。



★ミサキ

ミサキ√真相√フルコンプしました~。謎の美丈夫ミサキ、ことあるごとに京一郎を助けてくれる彼ですが…なんとなく正体はきづいてたんですけどね。でもそれを知りつつものめり込むほどストーリーが面白かったです。それにしてもメビウスラインの曲は中森明菜に歌ってもらえばよかったんじゃないかと思うくらい曲が…wwそしてラスト…ちょっとうるっとしてしまった私の涙を返してというくらいラスト可愛いかったです。

期待どおりの良作

夏のある日、祖母を弔う為に都会から島にやってきた颯太が昔の幼馴染みたちと繰り広げる切ないストーリーです。
下記各攻略のまとめです。

とりあえず泣けます。良作だと思います。



★渡利 恭
なんというかきんとうかの全体的なストーリーが重たく感じたのは私だけでしょうか。主人公颯太の全てのものには終わりがある…無常感はわからないでもないので、すごく引きずられてちょっと辛かったです。
そんな颯太をみまもりつつ、アタックかけてくる恭は年下ですごくかっこ可愛いかったです
恭が颯太の不安を除くように音楽に例えて語るのが
かっこいい✨
恭はある一件で一気に大人になるのですが、
ラストのバットはわかりみが深く、グッドエンドは
颯太は無常感をふりきって自分から行動したことで何かをふっきった気がします。グッドエンドの最後の言葉が素敵でした。

★渡利 愁
本当にやってて目から水が…颯太とはまた違った孤独を抱えている愁さん。彼の孤独と颯太の孤独が惹かれあうような素敵な胸の痛いストーリーでした。BADも私的にはよかったです。



★逢己 宗定
設定が一番好みだったので最後に残した彼ですが、萌えシチュ満載でかなり満足でした~BADもそれなりによかったですがやっぱりBESTエンドが一番だなと感慨深く思いました。
宗定さんの颯太を思う気持ちにきゅんきゅんしたのはいうまでもなく、あああそこまで惚れられたら颯太も本望だろうとつい思ったり。
そして颯太も健気でつい涙がうるうるしたのはいうまでもなく、本当いいストーリーだなとじーんとしました


★司
司の器のでかさにびっくりしつつ、おちゃらけててもなんというか根底は落ち着いているとことか悟りきってるとことが
切なかったです。最後は決してハッピーとはいえないけれど、願い事をしない彼が最後にいった言葉がまた切なくて泣けました~

深いなぁ…

なんだか読み終えると普通はなにかと感想をいいたくなるのですが、この作品、とても深くていろいろ複雑な思いがでてうまくいえないのです。

過去をひきずってアラタに酷くあたってしまうマキになにも知らないアラタが健気に受ける姿が印象的でした。

アラタの自分に対する想いが作られたものじゃないかと思ってしまうマキ

いろいろ紆余曲折してやっと過去を払拭したときに
二人の新しい人生がはじまるんですよね

シリアスなお話ですので終わり方も余韻があってよかったですよ

あまり、ネタバレしたくないのでとりあえずこのくらいしておきます

シリアスでエロい作品を読んでみたいときにおすすめです



惜しい作品

絵もきれい、設定も悪くないのですが、いろいろ消化不良な作品でした

受けのヤシオのキャラも魅力的、攻めの主人公も性格も悪くない…なのにあまり心に残らなかったのは
設定を盛り込みすぎて消化不良になったからじゃないかと…
まず主人公の義弟の設定とヤシオに首輪をつけたサブキャラの設定は蛇足だと思ったり…
もっとシンプルに設定活かせば面白くてエロい作品になったんじゃないかと思ったりしました

ラストはハッピーエンドですがどうしてこんなにも心に残らないのか不思議でなりません

設定はむちゃくちゃ萌えたんですけどね
惜しいなぁと思った作品でした

くせはあるけどはまる人ははまる作品

最初はいけるかなと思いましたが、くせのある文体
がはまる人ははまるんじゃないかと…とりあえず主人公の玉森があんま色気がないキャラなんですが、
攻略キャラがなかなかみんなくせのある素敵キャラなので飽きずにサクサクすすめて楽しかったです
私はPC版をしました






以下各キャラ攻略感想です

★水上
固定√です。はじめは本当に小説読んでるみたいにぐぐっと惹き付けられるストーリーでそして奇想天外なおちにびっくりしました~。惜しむべきは玉森がもちょっと色気があったらと…水上の方が色香があるじゃないかとふと思ったり…ww

★川瀬
なんというかかなり歪んだ屈折した愛だなと…。というよりも伏線が沢山あって頭ぱんぱんになってきましたあとは川瀬の声がまじでよすぎるのですよ。この声の調子で乙女ゲームみたいに囁かれたら私卒倒しちゃいます

★博士
一途な博士の愛に泣けました。一剣や砂山の後の博士のシーンは本当に泣けました。その後続く叔母のシーンもよかったです。欲をいえばその時代の博士のところに戻って欲しかったと思うのはほの暗いエンドが好きな私の勝手な希望ですw

★花澤
うーん…なんというか、頑固な彼の希望を閉ざす為に玉森くんがとった方法がなんともいえず、絶句したwwなんやかんやいっても玉森くんの勝利なストーリーだと思いました
にしても川瀬に萌えたストーリーでもありました。


★真相√
いやあの…まったくそういうラストだと気づかずにやってましたのでその分よかったです。あの三人がまさかな…みたいな。そのおかげで???との絆が深まる訳なんですが。橋姫はフォロワーさんに教えて頂いた公式も読みごたえがあってクリア後も余韻にひたれておすすめです

薔薇とヘドロ コミック

天河藍 

狂愛とは…

狂愛…の2文字に釣られて読んでみた作品
読んでみて思ったことは、この作品評価別れるだろうなぁと…

もう主人公の大我がクズすぎるのもあれですが、壮絶なイジメシーンも印象的です

他にもイジメシーンがある漫画は読んだのですが、
なんだろう大我があんまり反抗しないのでエグさ
が際立ってしまいHシーンがどうこう以前に哀れさが…

対する攻め理人は女にも容赦ない鬼畜です
学園のキングというか、もう容赦ないぐらい大我を
追いつめていくのでなんというか、…うん本当に狂
愛だなと…

同時収録の幼なじみはともかく、片恋トライアングルはなかなか意表をついた作品になってます

結構コアでマニアな作品が多いなぁと思いました