まるおさんのマイページ

レビューした作品

女性まるおさん

レビュー数0

ポイント数5

今年度1351位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

内容と感想

最初に、拙いコメントで、失礼致します<(_ _)>
攻×攻バトルラブっぽい感じのお話になるのかな?
一話目は、横山(表紙絵の黒髪短髪の方)の視点から描かれています。あらすじの通りに、横山も、竹尾(20歳・モデル)も、別々に思いを寄せていた相手に、まぁ、振られたも同然で失恋してしまい、傷心の痛手の負け犬同士が、とあるゲイバーで偶然にも出会い、お酒を飲みながら慰め合う内に、何故だか最後まで致してしまうのです。次の朝、横山は、あらぬところから痛みを感じ、竹尾にバックバージンを奪われてしまうというという、失態をしてしまうのです。軽い気持ちで、「お付き合いをしないか?」と、竹尾から持ち掛けられ、横山は、竹尾のバージンを狙い、その話を飲むことに・・・。
二話目は、竹尾の視点から描かれています。チョッとチャラ男な竹尾は、大して考えもせずに、お付き合いをしようと横山に言ったものの、全然タイプじゃない・・・。けれども、何故か横山に対して、自分の体がどうしようものく反応してしまうのです。そのことに、納得いかない竹尾は、ひょっとして、自分って何でもあり?だったのかな?と感じていたときに、仕事絡みの、逢坂忠孝(おうさか ただたか)という美人編集長(男)と、ゲイバーでモーションを掛けられ、ベットを共にしたものの、美人編集長の息子を見たとたんに、萎えてしまい、その場から逃げ出す竹尾君・・・(ちょっ情けなし)。そして、横山に対しての自分の気持ちが何なのかを、自覚した竹尾君なのでしたv(^v^)v。そして、三話目に続くというお話でした。早く続きが読みたいので、渦井先生、宜しくお願い致します<(_ _)>

感想

オオヒラヨウ先生「恋はタイマン」喧嘩に負けた代償は・・・!?ヤンキー同士のガチンコラブバトル♥
蜂田キリー先生「かわいいくせに攻めないで」恩人である社長の息子・樹(いつき)の世話係である清(きよ)。願うのは、かわいい樹の幸せなのですが・・・!?
meco先生「リバース・リバース・リバーサル」お前は俺のポチだ。好きなのは金と儲け話とキレイな男女。風俗店のオーナー・大門(だいもん)は、ある青年を飼うことにするが・・・。
梅松町江先生「三國くん、ホントはね?」つきあい始めて3ケ月、そろそろ体のカンケイに進みたいのだけど・・・。男らしく決断します。愛あふれる攻×攻LOVE。
紺色ルナ先生「流星と銀河」恋人同士になれた幸福感と焦燥感―ヤンデレ×ツンデレ幼馴染みラブ。
風緒先生「フェイク・モンスター」誰にでも人当たりの良い後輩が、自分にだけは愛想がなくて・・・?イケメン後輩×無愛想先輩、リーマンラブ。
縁々先生「そうは言っても好きだから」恋人同士の攻攻対決!!初お泊りデ―ト♥入れられるのは、どっち!?
夏目かつら先生「可愛い隠し事をする俺の彼の話」尻に恋して幾星霜♥お前の尻もスキなんだ♥尻フェチ店長×男前カレシのフェチラブ!
吉川景都先生 お題「漢受」濃縮妄想200%コミックエッセイBLよもやま考察記
(個人的感想)キタ~~~!漢受♡♡♡と、思って、即購入してみたのですけれど・・・?う~ん(~_~;)、何か自分が思っていた感じと違う・・・。何というか・・・、攻×攻・ヤンキー受・男前受なタイトルで良かったんじゃぁなかろうか?漢受というと、ガッチリしていて、雄々しい感じの男性が受け、というイメージなのですが・・・(表紙絵の左の男性の様な)。商業誌じゃぁ、これ位の柔らかい感じが、ベストなんでしょうね(涙)。漢受で考えると、不完全燃焼な感じが否めないのですが、それを思わなければ、全体的に、どのお話も面白かったです。気になったお話は、meco先生の「リバース・リバース・リバーサル」。もう少し、何話か続けて描いて欲しいです。ガッシュの編集者様、meco先生、続きを、是非、宜しくお願い致します<(_ _)>

簡単な感想

音羽は、日本外資系のソフト・ハードを販売する会社の技術営業マン。端正な顔立ちで、女性社員にも人気があり、同僚にも評価の良い嫌みのない男。金持ちのボンボンではありますが、頑張り屋のやり手といったところでしょうか?
上田は音羽より四つ年下の派遣社員ではあるが、仕事が良くでき、また、女性に好まれる甘い顔立ちで、恋愛対象は女性も男性も好むバイです。
切っ掛けは、上田の脅しで始まった良くない関係ではありますが、以前から音羽に片思いをしていた上田ですので、強引ではありますが、優しく、一心に音羽のことを思っているので、読んでいて、ちょっと切ない気持になりました。
麻生先生は、上田をややキチク攻めに、を目指したようですが、そんなにキチクっぽく感じませんでした。むしろ、音羽に甲斐甲斐しかったように思いますv
個人的には、好ましい一冊でした。

個人的な簡単な感想

大学生×リーマンのお話です。
阿南よりも二つ年下の高津は、性に対して自由奔放で、女性も男性もOKなバイです。気持ち良くなれれば、『何でも好し!』といった感じです。明るい性格ではありますが、正しく遊び人ですね・・・。阿南の高校の先輩槙野とは、セックスフレンドで、高津は抱かれていたようです。『何でもあり!』ないい加減な高津ではありますが・・・、阿南に対しては、執着を見せます。高校の時からずーっと阿南に片思いをしていたのですから、一途だったんですね。阿南は顔立ちが整った美人ではありますが、なよなよしたところがなく、体育会系なので、男らしいです。真面目といった感じでもありませんが。阿南は高津に絆されたといった感じですね。
個人的には、満足のいく一冊でしたv

簡単なあらすじ

啓徳学園桜花寮にやってきた御子柴聡(イラスト左)は、阿東広隆(イラスト右)と同室になった。阿東はそしらに顔だが、御子柴は中学生の時に、剣道で阿東とたたかったことがある。楽しかった思い出なのに、なぜ阿東は初めて会ったような態度で御子柴に冷たいのか?でも、御子柴が大切にしている金魚のスカーレットに、優しくエサをあげる阿東を見てしまい・・・!?書き下ろしはHも増量❤美園&大澤も・・・♡♡
全体的に、体育会系なのりのお話で、ちょっとマニアックさや笑えたりするところもあり、サラッと読む事が出来ます。体育会系の二人ではありますが、御子柴は軟派・阿東は硬派で、真反対の性格をしているので、最初はいつも衝突が多いです。でも、二人とも体育会系なので、あまり尾を引きません。攻×攻ですねv
「恋するオールドフィッシュ」の方は、サブで出てきたマニアックな嗜好を持つ大澤龍一(高校3年生)と男前な寮監美園幸光(35歳)のお話です。この二人のお話は、美園さんに猛烈アタックしている大澤に対して、漸く美園さんが大澤に、恋を自覚したところで終わっているので、是非続きが読みたいものです。ガッチリ系のオヤジ受けv個人的に大好物なので、是非続きをぉ~高月先生に書いて欲しいです。

簡単な内容と感想

“祓い屋”たちの住む男子寮では、事件も珍客も日常茶飯事―――!?
クセ者ぞろいの祓い屋たちが織りなす奇想天外オカルト・ラブ!!
気のいい仲間たちがいれば幽霊なんて怖くない!
でも一番手強いのは、後輩からの告白!?
『だって、恋しちゃったんだもん'』
憑き物祓いのプロ“祓い屋”達が集う、奇妙な社員寮『神隠し寮』。
住人のちやき(表紙絵右手前、受)は、ある日入寮してきた新人蛇ノ目(じゃのめ 表紙絵左奥、攻)に、
出会ったとたん「恋しちゃった'」と熱烈に懐かれて大迷惑!
幽霊事件はお手のモノ。だけど今度の相手は一筋縄ではいかなくて・・・!?
個性豊かな面々と不気味な来訪者の騒動を描く奇想天外百物語!
根暗年下×年上男前ボウズといったカップリングでしょうか?
本当に個性豊かなキャラクターさん達が沢山拝めましたv
ストリート系というんでしょうか?Bボーイ系&スケーター系の人達やら、おデブさんやら根暗君(蛇ノ目)やらの集まりです!!
ちやきは祓い屋で、蛇ノ目は真逆の呪い屋です。
最近のトジツキ先生の作品(この作品も含め)は、我が道を進んでいますねvvv
個人的には、以前の作品には興味がなかったのですが、ここ最近の作品は大好きで、お気に入りの作家さんになりつつありますv
このままトジツキ先生には、この世界観を大事にして突き進んで行ってもらいたいですv
この作品は、続き物になるんでしょうか?是非、次巻を希望したいです!
読者さんの好みは選ばれると思いますが、普通のBLには飽きた!という方に、おススメしますv

フラッター コミック

天禅桃子 

あらすじにチョコっとつけたしです。

破綻しても傷付いても消せない想い。浅田の一日は。彼―――観月を見つけることからはじまる。まるで作り物のように綺麗な観月。けれど、人間らしい弱さと強かさを持っていた。そんな観月を知るうちに、浅田の心にある感情が芽生えはじめて?浅田には気になる人がいる。名前も部署も知らないけれど、同性なのに目で追ってしまうほど綺麗な男だ。ある日、浅田はその人―――観月と仕事をすることになる。浅田は。仕事もできて人あたりもいい観月に好感を持つが、観月が同性愛者だと知り動揺する。しかし。何もかも完璧だと思っていた観月の人間らしい部分を知るにつれ、浅田は観月に惹かれていき!?  泣かないでいられるように、笑っていられるように、ただそばにいられたら――― 抱きしめてずっとそばにいる。好きじゃんなくてもかまわない。攻×攻 浅田(あさだ 表紙絵左 攻)×観月(みづき 表紙絵右 受)です。浅田君は、純情で誠実、観月は、チョッと小悪魔系で大人な色気が漂っています。お話は切ない系で、ゆったりと読み進めていけます。 表紙絵を見て、カップリングが気に入った方は、購入してみてください。丸まる一冊、このお二人のお話ですよv