破綻しても傷ついても消せない想い。

フラッター

flutter

フラッター
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×241
  • 萌29
  • 中立6
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
24
得点
382
評価数
105
平均
3.7 / 5
神率
23.8%
著者
天禅桃子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス CRAFT Series
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784813053323

あらすじ

浅田には気になる人がいる。名前も部署も知らないけれど、同性なのに目で追ってしまうほど綺麗な男だ。ある日、浅田はその人――観月と仕事をすることになる。浅田は、仕事もできて人あたりもいい観月に好感を持つが、観月が同性愛者だと知り動揺する。しかし、何もかも完璧だと思っていた観月の人間らしい部分を知るにつれ、浅田は観月に惹かれていき!?

(出版社より)

表題作フラッター

浅田雅浩,営業一課の社員
観月亮輔,第二制作室課長

その他の収録作品

  • Sleepless siesta

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数24

ワンコ攻め&気が強いけど実は結構甘えたな年上受けが好き!

コミックはあまり読まないので天禅桃子さんのお名前も作品もお初です。
ドラマCDを聴いて原作を読みたくなりました。
カバー絵を見たら好みの絵で早速手に取りましたが、どっちがどっち?とドラマCDで聴いていた印象とだいぶ違って攻め×攻めに見えて新鮮でした。

原作まで読んでみたくなった理由の一つに、吉野がやっと心の整理ができて新しい道を進んでいこうと去っていきましたが、その後どうなるのかヒントとか幸せを暗示するような何かがあったらいいなという思いもありました。
それについては何もなかったのが残念でした。
ドイツでいい出会いがあって幸せになってほしいなと強く思ったので。

3

切ないところも、キュンキュンなところも楽しめた。

あ~!!もう素敵でした。
今回はカッコイイんだけれども、可愛くて素直じゃないのに弱い♪もうすっごくツボにはまりました。

ただ問題は途中どっちが攻めなんだ?と悩んでしまいました!

だって浅田とだったら絶対受けだろうけれど、観月の思い人の先生相手だとどう考えても攻めだろうし・・・。
思わず二人のシーンをガン見してしまいました。

いつも会社の近くで見かけるスタイリッシュでカッコイイ男性がいる。
いつか自分もあんな風になれたらなぁ~と憧れの眼差しで見ていた浅田でした。

同じ会社に努めているのだけれど、部署も名前も知らなかったのですが、新しい企画で、
一緒に仕事をすることになりました。


もちろん最初は男として憧れて恋なんて気持ちはなかった?んですが、指輪をしていた観月をみてちょっとがっかりというか何とも言えない気持ちになってしまった浅田。
『結婚しているんですか?』と聞いたら観月は笑うだけでした。

その話を部署の女性と話していた所実は、観月はゲイだと!!教えられます。


大人同士のお話なんだけれど、もう中身はすっごくきゅんきゅんするお話でした。

観月には付き合っている人がいたんだけれど、別れを告げられてしまう。
街で涙を流している観月を見てしまう・・・。

もうこの時はすでに浅田は観月の事を好きになっていて、彼の弱い所をみてどんどん好きになっていきます。


この二人のお話はすっごくきゅんきゅんで優しい気持ちになるのですが、
元彼の先生と観月のお話はすっごく切なかったです。

お互いに大切に思っているけれど、罪悪感に囚われているのか?すごく切ない関係でした。


天禅さんのお話はん~?なんだろ?すごく線が細い?っていうか感情面がとても丁寧に表現されていて大好きなんです。
今回のお話はいつもとちょっと違った受けでとても気に入りました♪

3

まっすぐはまぶしい。

浅田を走らせる原動力…それは観月の涙。

表紙のふたりが喪服を着ているように見えてしまった~( ̄m ̄*)

葬ったのだとしたら、何を?
それは互いに抱く破綻した想い?

ビターな予感を誘う表紙も帯もふっ飛ばして天禅桃子さん得意の直情わんこ登場~!

でも、この浅田というわんこ、へたれではない大型犬でした♪

ポジティブで真っ直ぐ…大きくて温かい…ホントにイイ子です( ゚Д゚ノノ"☆

あれこれ気づいて戸惑う観月の姿がいじらしかった…いい大人なのに←

そして、そんな観月にふりまわされる浅田も可愛かった…いい大人なのに←

観月は直向(ひたむき)な浅田の姿に自らの『破綻した想い』を重ね合わせてたんでしょう。

だから揺らぐ。

そんな観月に対して揺らがない気持ちを確信する浅田わんこ。

想いは破綻しても抱え続けることはできる。

でも関係は破綻させたくない(一緒にいたい)が為に戸惑う。

互いに3歩進んで2歩退る…を繰り返して、やっと寄り添うふたり。

浅田というまっすぐな光を放つ太陽に重なる観月。


それはあたかも金環日食のように。


観月の薬指の痕に新しく眩しい『輪』が残りますように。


黒髪のクールビューティー…でもプライベートは…。
ガッツリは大丈夫だけど、軽めのハグやチューは慣れないから苦手…とか照れる観月の性格が好きです!

こんな素の部分をぽろぽろと零されたら、わんこまっしぐらですよ!

あ、他のレビュアー様が皆さん、触れていらっしゃいますが、私も観月を見た時に【これぞ受様】とみていたんですが、先生との関係や浅田わんこをみていると『観月さん、攻様もアリ?』と思っちゃいました。

リバ…イケそう?

どっちとも天然たらしの素質は十分な気はしますが(〃∇〃)ゞ

3

惹かれてるくせにッ

いやぁん(/ω\*)攻めの純情にキュンキュンするぅぅぅ!!
強引に奪うとかじゃなくて、相手の事を大切に想ってて。
でも気持ちがダダ漏れで・・・可愛いぃぃ^^*

観月も浅田に対して最初からかなり好意を持ってるし。
最初は第三者的な立場の浅田に気軽に何でも話しかけていだんだろうけれど、
そのうち話せる相手である浅田に情が湧いたんじゃないかと思います。

どんな人間でも、長いこと一緒にいて、しかも一緒にいることが心地よい人間には情が沸くと思うんですよね。
それが男女だとラブになることも往々にしてあるかな、と。
彼らの場合は男同士ですけど、でもそういう入り口が男女のそれと似ているからそんなに不自然さを感じないという。

にしても観月も、相手がノンケだからって、無意識に防衛してたのかな。好きにならないように。
そういうところがすでに浅田のこと好きなんじゃん!とツッコミたくなるお鈍さん^^*

あぁなんだこの爽やかさ。
リーマンものでこんなに爽やかなの、他にない気がします。

3

リバの香り

BLの王道ストーリーや萌えが小奇麗にまとめられてて、絵も麗しいという点で
ヨネダコウさんの「どうしても触れたくない」同様、
BLに足を踏み入れようかどうしようか迷っている初心者に勧めやすい感じの作品だと思います。

逆に言えば玄人様には物足りない?
いえいえ、黒髪美人受様がリバもいける的なことを匂わせていますし、
強引に押し倒してもいましたし、妄想の余地十分で楽しめるのではないでしょうか。

作者様曰く、攻×攻のつもりでかいたら受×受っぽくなってしまったのこと。
どっちとしても読めると思いますし、萌えます。
リバ大好きな私にはほんと美味しいです。
成就した後のイチャイチャ甘々っぷりも美味しいです。
特に女王様受の甘えん坊っぷりがたまりません。

直接的なリバ描写はありませんので、もちろんリバNGの方もどうぞ。


3

あらすじにチョコっとつけたしです。

破綻しても傷付いても消せない想い。浅田の一日は。彼―――観月を見つけることからはじまる。まるで作り物のように綺麗な観月。けれど、人間らしい弱さと強かさを持っていた。そんな観月を知るうちに、浅田の心にある感情が芽生えはじめて?浅田には気になる人がいる。名前も部署も知らないけれど、同性なのに目で追ってしまうほど綺麗な男だ。ある日、浅田はその人―――観月と仕事をすることになる。浅田は。仕事もできて人あたりもいい観月に好感を持つが、観月が同性愛者だと知り動揺する。しかし。何もかも完璧だと思っていた観月の人間らしい部分を知るにつれ、浅田は観月に惹かれていき!?  泣かないでいられるように、笑っていられるように、ただそばにいられたら――― 抱きしめてずっとそばにいる。好きじゃんなくてもかまわない。攻×攻 浅田(あさだ 表紙絵左 攻)×観月(みづき 表紙絵右 受)です。浅田君は、純情で誠実、観月は、チョッと小悪魔系で大人な色気が漂っています。お話は切ない系で、ゆったりと読み進めていけます。 表紙絵を見て、カップリングが気に入った方は、購入してみてください。丸まる一冊、このお二人のお話ですよv 

2

大人のラブストーリーでした

初天禅作品でした。そして、惚れました。
ずっと、表紙だけ見て、芸能人もののようなキラキラした世界を想像していたのです。ですが、その予想は全然違って、しっとりと落ち着いた大人の恋物語でした。

観月の少し意地悪なところ、浅田の素直なところ。テンポの良い会話が楽しくて、二人ともとても好感が持てました。そして、観月の抱えている傷。切なくて、苦しくて、それを浅田が癒してくれると想像できるのが幸せです。

天禅さんの作品、これから買いあさりたいと思います。

2

リーマンの年下ワンコ物語

ワンコ大好きなのでとても楽しく読めました。

浅田はノンケだけど、通勤途中に思わず目で追ってしまうほどの存在感のある観月のことを毎朝ついついチェックする日々。
そんな観月と仕事で接点を持つようになったところ、彼はカムアウトしているゲイで付き合っている人もいることを知り……。

一言で言えば「年下ワンコが、傷心の男を癒して包み込む」といったワンコ物語としては王道展開です。
ワンコ資質が充分にある浅田。告白されてつきあっても相手から振られてしまうといった善良&お人好しオーラ全開なんだけど、ちょいと鈍チンな男。
そして長年付き合っていた相手・吉野に振られたばかりの観月、そしてその吉野もお話に加わります。
ただ一方的にワンコが相手を追い求めて絆してしまうだけのストーリーではなく、観月の元彼が登場して元彼のせつないエピソードや観月に対する思いが描かれていたり、ワンコと吉野が会って観月について話したりするところです。ここがこの作品に色を添えている重要な箇所です。
しかし、一方で観月と元彼・吉野は最後の最後までお互いを大切に想いあっている様子が描かれているので、この二人は別れる事しか選択肢がなかったのか…とちょっとモヤモヤ思ってもしまうのです。(別れないとワンコストーリーは成立しないのだけど)

このお話で一番萌えたのは、観月が「甘えてもいいか」と言ったところと、そして仕事ができるパリッとした観月が、付き合うようになって甘えたさんになったり拗ねたりするところでしょう。そして甘々の書き下ろし。ほんと、ごちそうさまって感じです。

私がトピ立てした「ちるちるのランキング圏外だけど、心の琴線に触れた作品を教えてください」
http://www.chil-chil.net/answerList/question_id/4967/#IndexNews
で教えていただいたのが、こちらの作品です。
良質ワンコで心癒されました。教えてくださりどうもありがとうございました。

2

受×攻、逆が見てみたい

毎朝見かける男性。男性なのに目で追ってしまう。
そんな始まりで、さらりと読めるかと思いきや
かなりじっくりどっぷりはまって読み込んでしまいました。

気になっていた男性(観月)と偶然一緒の仕事をすることになった浅田。
見た目とは違い、人間らしいところにどんどん惹かれていき
いつのまにか好きになっていた。だけど、観月はゲイで・・・
多少の驚きはあっても好きな気持ちに変わりはなく。
でも、観月には複雑な過去がありそれが今でも観月の心に強く動かせずに残っている。
その事実を知るまで、また知ってからの二人の心の葛藤がこの話の軸になっています。
そこに行きつくまで子供みたいに、あちこち気持ちが揺れて
ちょっとしたことで、あたふたする2人を見ていて楽しかったり切なかったりしました。
1冊の中で、きゅんとさせられたり、ぷっと吹いてしまったり、ほっとさせられたり
涙流してしまったり・・・と疲れた・・・(>_<)
途中、観月の元家庭教師の先生が登場した時は「まさか復縁?」と真剣に思い焦りました。

最後の最後にやっと二人の想いが重なり、イイ感じになりましたが
ずいぶんと最後まで引っ張った割には、軽めのHシーン。
描き下ろしの、二人のその後の方が
なんかラブラブで恥ずかしくなるような・・・
名前呼びするしないで揉めてるのなんか、もう高校生みたい。
普段は苗字でしか呼ばない浅田がHの時だけは名前連呼することを指摘されると
「Hの時は名前で呼ぶとよさそうだから・・」ひゃー言うねえ浅田くん!
番外編のHシーンの方が短いけど色気があってよかったです。

「普段から名前呼びしたらうっかり会社で呼んでしまいそう」
という浅田に、なるほど納得しました。
ストーリーも訳わからなくなるほど複雑ではなく、だからと言ってふざけ過ぎでもなく
ひどくエロエロではなく程よい感じでした。
でも、最後まで腑に落ちないのはやっぱりどう考えても観月は攻だろう??
だって先生のこと「抱いた」て言ってたし。
う~ん、浅田が下になってるのも見てみたい・・・^_^;

1

質が悪い

人たらしたる人物として雰囲気たっぷりに観月が描かれています。
何事もざっくばらんに隠さず、自身のいやらしいところもコンプレックスも笑顔で語れる率直さに浅田同様ついふらふらと懐いてしまいそうです。

けれど毎日の日課のように、つい見つけてしまう浅田の眼差しが暗示しているような、感情の変化は思いのほか一進一退。
温度は上がれど、最初の暗示と観月の失恋につけ込みたくない純粋さ、そしてノーマルの壁に阻まれて進む気配がありません。
観月の懺悔のような告白に、同じことを繰り返す恐れが更に二の足を踏ませてしまいますが、吉野との会話で、観月を形成する暖かな人間関係に、観月が引いた境界線を飛び越える。
たとえまた傷つくとしても気持ちの向かう方向に素直になってみれば訪れる幸せ。

番外編の日常に2人の穏やかで優しく、ともすれば浅田にうっかりカミングアウトさせようとする観月のお茶目さにヤラレタ感。
こんな感じになるのねと嬉しくなりました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ