ドッガール doggerel

doggerel

ドッガール doggerel
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×245
  • 萌14
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
15
得点
392
評価数
100
平均
4 / 5
神率
33%
著者
天禅桃子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
ISBN
9784799714966

あらすじ

バイトばかりで学校も休みがちな訳ありクラスメイト・比嘉の勉強を見ることになった野波。
明るく人当たりのいい比嘉と、クールな優等生の野波、真逆な二人なはずなのに最初からなぜか言葉一つにも強烈に惹かれあい、すぐに体を重ねるようになるが……! ?
赤の他人である「男」と同居する野波。家族と離れて暮らす比嘉、思い出の写真。それぞれの事情が誤解を生みすれ違う――でも。

「お前は俺の 暗闇をぬける 光」
「全部 お前のものだ」

表題作ドッガール doggerel

比嘉 野波に勉強を教えてもらうことに
野波知哉 比嘉を見るとイライラする

その他の収録作品

  • あとがき
  • 大事なこと

レビュー投稿数15

〆の言葉に痺れる

天禅先生の作品って、最後のページの言葉でどっかーんと萌え度が上がるものが多い。
この作品も例に漏れず、最終ページで「おわー!」って鳥肌が立ちます。

担任の先生からいきなりダブりの比嘉の勉強を見てほしいと頼まれた(脅された?)野波。
面倒だと思っていたのに、いざ話してみると比嘉といるのは案外居心地が良くて…。

訳あり優等生と訳ありダブりくんです。
2人とも抱えている闇が結構深い。
野波の方は、幼い頃に両親が離婚、母親の再婚後に子供ができて育児放棄、そこから父親に引き取られるも、父は「友人」(男)と暮らしていて…、と波乱万丈な人生。
比嘉の方も、親が借金の連帯保証人になったせいで一家離散。しかも諸悪の根源である借金した女性に片思い中という…。
ここがどうにもよく理解できない。
恨むなら分かるけど、好きってどういうこと?って思いませんか?
でもそこは天禅先生の作品らしく、特にこの女性と比嘉過去の回想なんかは出て来ません。
察しろ、ということなんだろうけど、息子が恋愛対象にするような若い女性の借金の連帯保証人になる親もどうなんだ。

そういう微ツッコミポイントはあるものの、父亡き後、父の友人である保と2人で暮らす野波と、見つかる当てもない女性を探し続ける比嘉が、お互いの心の空を埋め合うように惹かれ合うのは分かる気がします。
2人とも縋るものが不確か過ぎるんですよね。
自分とは血のつながらない、父の恋人と暮らすしか居場所がない野波も、基礎がない建物に住んでいるような不安定な状態。
両親を騙した女性に恋焦がれ、探し続ける比嘉は、その女性への感情が家族を裏切っているも同然だけど、感情は理性や論理ではどうにもできないもので。
しかもどこにいるかも分からない女性を探すのは、自分たちを騙したわけじゃないと信じたかったからなんだろうな、と思う。
とはいえ、この辺りの2人の心情<えろすににめり込む2人なので、すべて深読みですが。

信じたいものを信じられない不安定さ。
自分が疎まれて然るべき存在だと思い込む脆さ。
そういう覚束ない足元をしっかり繋ぎ止めるように、お互いの体を必死で抱き締め合うように思えて、心情<えろすでも気にならないどころか、2人の不安な気持ちがその瞬間だけ満たされるような描写が良いです。

海で溺れた野波が比嘉に助けられるシーンから出てくる「光」というキーワード。
これがラストにバシッと効いてくるのが痺れます。
深読みしながら読むと、とてつもなく萌えます。
天禅先生の作品は提示された情報の処理が中途半端というものが多いけれど、この作品はわりとしっかり決着がついているので、足りない部分はぜひ深読みで脳内補完を。
うまく深読みができた分だけ萌え度があがって、ラストに酔いしれることができるはず。

0

伝えることを諦めなければ世界は変わる

 萌2に近い萌評価。もっと読みやすい青春ものをイメージしていましたが、読み進めるにつれ、比嘉も野波も高校生が背負うには結構ハードな家庭事情を抱えていることが見えてきます。かなり早い段階から体の関係を持ち始める2人ですが、後から考えてみると、そういう複雑な人生を歩みつつもそこから逃げ出したりせずに、凛とした姿でしっかり立っているお互いに、無意識に惹かれ合ったんんじゃないかな、なんて思いました。相手のことが気になったのは、2人ともそういう雰囲気が滲み出ていたからかも。

 親の死、ゲイの親、借金取りと借金を背負わせた女。2人を取り巻く事情は殺伐としていながらも、この作品の中で2人は精一杯の青春を送っています。2人きりの世界に閉じずに、2人のことを心底案じてくれる友人に囲まれていたところも、人の温かさを感じて嬉しい気持ちになりました。野波の父代わりの保も、野波のことを家族として心から愛していたんですね。そんな彼に、野波の方からどれだけ大切に想っているかを伝えたシーンはすごく良かったです。子供の方から歩み寄ることが、大人にとってどれほど救いになり、糧になるか。血縁のない2人きりの家族でも、これほど強い絆はないと思います。そして、比嘉のことも婿であるかのように受け入れた保。いろんな垣根を超えて繋がった3人に、家族という形の多様性がもっと広がっていくといいな、と思いました。

0

不揃いな恋

不器用でどこか投げやりで、とても純粋な野波。
明るく人当たりがよくて、どこか強引でだけど一途な比嘉。
まだまだ未熟な二人の、曲がり道、寄り道だらけの恋。

体を重ねてはいるものの、二人の気持ちはチグハグですれ違っていて。
でもお互いがお互いを必要とし、そしてこの二人だからこそ、野波も比嘉も前に進むことが出来たんだと思います。

主役二人ももちろんいいんですが…おいしいところをかっさらっていったのは保な気がしてならない(笑)
最初こそなんだコイツと思っていたのですが。
保の葛藤や苦悩、そして彼もまた不器用な部分を持っていて。
そんな彼がいじらしく、『幸せになってもらいたい』と強く願ってしまいました。

最後はみんな笑顔で、ほっこりです。
野波と保の仲の良さに当分比嘉はヤキモキするんだろうなぁと思わずニンマリしてしまいました。

不揃いな、不格好な、こっけいな。
タイトルの意味の通りの恋だけど、眩い『光』で溢れていたお話でした。

1

高校生ゆえの葛藤

優等生と留年して1つ年上の、高校生同士の切なくて一途さが愛しくなるラブストーリーです。

明るくて皆に人気があって、留年してクラスメイトになった比嘉。その比嘉に勉強を教えることになった、クラスで一番頭のいい野波。2人に接点は全くなかったのに、育ってきた家庭環境の複雑さが似ていて、気付けばお互いに惹かれていきます。
すれ違いながらも、想いを深めていく2人の不器用さにキュンとなります。だけど、子供だからこそ非力で何もできないジレンマもあって…。

このまま幸せな日が続くと思ったら、突然やって来た悲しい別れに胸が痛かったです。思い出の場所でずっと待ってる野波が切なくてキュンとなります。
だから、再会して義理の父親と3人で暮らしてる幸せそうな姿を見た時は、胸が温かくなります。2人がお互いに影響されて悩みながら変わっていく様子も、思春期ならではで良かったです。
できれば、野波の義理の父親にも幸せになってもらいたいです。

6

フラッター越えた作品

天禅桃子さんの作品は全部既読しています。
今までの作品の中で一番は、フラッターでした。あっちが大人の社会人としての恋愛を描いているとしたら、ドッガールは高校生の恋愛と、大人にはなりきれない…高校生にはどうにもならない家庭の事情も描かれています。
もどかしくて、やりきれなくて、でも今を大切にしたくて、今一番良い状態を2人で見つけていきます。
友達2人が良い。留年してる比嘉への気遣いや助言、野波へのアドバイス。
1人は男同士の恋愛に、ちゃんとドン引きしてたし(笑)
野波の父の恋人で、父亡き後も保護者として同居している保との微妙な関係もお互いに分かり合えたのも良かった。
話の終わり方も、可愛くてすっきりしたハッピーエンド。
読んだこちらまで幸せな気分になります
(≧ω≦)bおすすめ

5

こういうのが読みたかったんです!!

訳ありクラスメイト:比嘉克彰×一つ年下だけどクラスメイト:野波知哉
高校生ものです。

いや~!ぶっちゃけこういうのが読みたかったんです!
今まで色んな子持ちBLを読みましたが、子供が小さくて色々ツッコまれなくて
助かっている部分がありましたが、この話は男同士で育ててもらった男の子の話です。

男同士で育てられてどう思っていたのか?とか・・・
テレビで言っていたのですが、欧米では男同士や女同士で育ててもらっているという絵本が発売しているのに日本では何故ないのか、非常に疑問に思いますが、それは置いといて・・・

内容的には波風は少し立つくらいで、比嘉が少し行方不明になるくらいですが、それは
完全に野波のためですし、最後は万事解決したのでホントよかったと思います。

最初は展開が早いなぁ~と思っていたんですが、それでも!本当に萌えました!
最後の「俺の克彰」とか!クソ萌えました!
私の好みもあると思いますが、最近の作品は過去に読んだことあるような内容の話
ばっかりなので←ごめんなさい。本当によかったです。

個人的にはパパ組と友達の長沢×タケの話が読みたいですね!
マジでスピンオフ希望です!!

3

ある意味正解

タイトルは実に正確です。
一歩踏み出せてない男なんてこう言うもんです。
年齢や居場所を問わず、こんなもんです。
物語だからこそできるあれやこれやを駆使して
描かれている一作ですが、こう言う奴って
確かに何処かにいたよねと思わせてくれる
巧みさは流石かなと。
始末が悪いのは「こう言う奴」が決して
一人や二人では無い事でして。

率直に言えば味わいは悪くなかったです。
ただ、ワンプレートランチの様な感じでは
味わいたくなかったかなと。
この味わいで中身を増やして二の重まで
行っても良かったかなとは思います。

1

もう1歳

高校生主人公のお話。

留年しているクラスメイト・比嘉に勉強を教えるよう、クラス担任から半ば脅迫のように頼まれた主人公・野波。
それまで全く接点のなかった二人が急速に接近して、、、。

若くて、未熟で、発情的で、相手のことで心がいっぱいになる。

帯のキャッチ通り、相手のことで心はいっぱい。
でも、その相手は誰?
心をいっぱいにするこの気持ちは何?
なかなか本当の気持ちがなんなのかに気づけない。
それはやっぱり若さ故?

お話としては、二転三転する二人の気持ちの落ち着き先を丁寧にすくって、エピソードのひとつひとつもよくできてるなあと思うの。
野波は可愛いし、比嘉も格好いいし、比嘉の友人のタケと長沢も良いヤツだし、
ただなぁ、、、
この子達、高1と高2の設定だったのかぁ、
なんか、お話の流れ的には、みんな、あと1歳上の、高2と高3の設定がよかったなぁ。
この歳だと、みんなちょっと大人すぎるというか、、、
最初、この年齢設定に気づかず(って言うか、多分明記されてないよね)、脳内で高2と高3設定で読み進めていたのに、最後の最後で想定より1歳年下と気づいた時、なんか、愕然というか、うっそぉ!っというか、足元すくわれちゃった感。
これがなければ、もう一つ萌プラスだったのに、、残念。

2

ぱみら

あまりに同感だったので、思わず書き込ませてもらいました。
学年変わって、友人二人は卒業かと思ったら、
え、まだ3年生で学校にいるの?? って感じでしたもん。

すっとよめて、心にじんわり

天禅先生の久しぶりのコミックス、楽しみにしていました。
高校生の一途で可愛い恋愛物語です。
それなりに障害もありますが、概ね大円満で、
幸せな気持ちにさせてくれます。

何がいいって、高校生同士ながら、
いろんなものを背負っている2人が、
出会い、惹かれあうことで前を見て、
一歩踏み出して変わろうとするところです。
好きだからどう接したらいいのか分からない、
だけど好きになって欲しい、という微妙な距離の中で、
恋心以外の成長が見られます。
それって、互いが互いの影響を受けている証拠なんですよね。
上手くいかなくていろんな気持ちがぐるぐるして、
思いがけない行動をしてしまうのも、
高校生らしくて愛おしいです。

後半駆け足だったのが少し残念でしたが、
読むと心がスーッと洗われるような1冊でした。
両想いになった2人にはここからまたきっといろんな試練があるんだろうけど、
楽しい毎日を送ってほしいなあ。

3

心洗われる作品

読んだ後に幸せな気分になれます。
もう本当に、天禅先生の作品はイイですね。

主人公はタイプは違うけど、ままならない事情を背負っていて、どこか似ている二人。

内なるものが惹き寄せあい、かなり早い段階でくっついたけど、若さゆえの熱情が相手を想う静かな優しさに包まれていて、嫌な感じはしなかったです。

ひとりでは乗り越えられなかった主人公二人のそれぞれの問題を、お互いが支え合うことで、一緒に乗り越え、幸せになっていく姿に胸が熱くなりました。

全体的に静かに時が流れ、フンワリと優しい感じの中に、涙腺が緩んでしまうようなシーンや台詞もあります。

巻末の書き下ろしで、比嘉(攻)にきゅっとくっ付いて寝ようとする野波(受)と欲情を我慢しようとする二人が何とも微笑ましかったです。


静かで柔らかい雰囲気やBLだけど涙してしまった天禅先生の古い作品「丘の上の楽園」「青色の澄んだ色は」を思い出しました。

大きな違いは本作はエロが多めです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う