MOET子さんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2024

女性MOET子さん

レビュー数63

ポイント数705

今年度22位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

対等感と一体感を感じる理想の2人

実は先生の作品を拝読したのはだいぶ遅く、、、前回のBLアワードで「ベッドイン・ルール」を知り、そこで初めて拝読しました

そんな後発組の私ですが、ベッドイン・ルールで先生の圧巻の画力に魅せられた私ですので新刊の発売を機にこのシリーズも最初から読ませていただきました!

1巻の始まりはなかなか突飛な流れだな…?!とも思ったのですが、よく考えると表現者の人ってパフォーマンス後にすごい高揚感に包まれて興奮状態になるっていう話は聞くな、、、と思い至り(BLでもバンドマンとか指揮者さんとかでありあすよね♪)円城寺先生のこの悪癖もあながち突飛なだけではないんじゃないかな?って思えたら一気に楽しくなりました

確かに最初は無理矢理感がありましたが、円城寺先生にとっても不可抗力でしたし、何より謝りながら、、、なんていうシチュも悲哀があるのに反比例な激しい欲情、、、滅多にないな!とドキドキです
更に倉田さん自身がちゃんと向かい合って受け入れているからこそ安心して読めたのが良かったです

そんな始まりを経た2人の歴史が感じられるこの3巻!!
表紙やサブタイトルの-promise-が語る期待感…!
麗しくロマンティックに期待値をなみなみと満たして溢れさせてくれました

この2人の関係、本当に素敵です
お仕事でのパートナーであり恋人でもある
お仕事ではそれぞれがちゃんと自身のフィールドで根を張っているのが分かる支え合いが出来ていて「対等感」を感じます
そして一転プライベートになると対等ではあるけれどそれ以上にお互いがお互いの一部なんだなぁ~というのを感じる「一体感」がグッと高まります

相手も自分もちゃんと大切に尊敬を持って接している大人な2人というのが理想過ぎます♡

本当にイイもん見れました(*´▽`*)
これを機に先生の他の作品も読んでみたくなりました!!

文句なしの神評価!!!

2巻は一馬さん推し強めの評価をしたのですが、この3巻はキャラの良さマシマシ、展開含めたストーリー構成バツグン、濡れ場の満足度異次元の完璧な神評価でした!

程よく今までうっすら散りばめられていた布石を匂わせ無しでしっかり回収
特に一馬さんのご乱心時代のお話しもちゃんと描いて下さって一馬さんの色気の根拠に納得です
中には苦手な人も居るかも?とは思いますが…直接的な絡み描写はないので、私の場合は過去は過去、そして過去が今をつくると思って見れるので全然大丈夫でした

そして何よりも明の芯の強さと愛情深さに感動しました…!
愛がデカい!!!
明は一馬さんとの出会いを通し藤堂さんやニコ君と良い縁を繋げているのがとても嬉しい
人が人を強くするんだなって思える感じが素敵です

今回はそんな明に新たな縁が、、、!?という所から一波乱なんですがここのエピソード展開が素晴らしかったんです
2巻の終わりの引っ越しから繋がるんですけど、本当に展開が神ってました
最後まで素敵だった…!
正直「言い掛かりじゃん…」とは思いましたがそんな私のぷんすこ気分さえも一馬さんが素晴らしい対応で救ってくれます
この一馬さんが居るのは間違いなく明の影響!
すごいお似合いの2人で大好きです♡

1ページ目から繰り広げられる日常感溢れる2人のエッチがけしからん程のえっちで最高でした笑
羞恥心無しの欲と快楽優先な2人、やばかったです
日常からエロいのにハロウィンなんてイベントエッチまで見せてくれちゃうので充足感が半端なかったです

ニコ君と藤堂さんはフラグ立ってるんでしょうかw?
今回の七尾さんも嫌いになれないキャラでしたので是非、ノア君含めてご縁が切れないといいなぁ~と思っています
このシリーズが長く続いてちょこちょこでいいので素敵な脇キャラ達にもまた会わせて下さったら嬉しいです

読めば1週間の疲れや暑さもぶっ飛ぶ神な1冊でした!!
次巻もまた楽しみです

わ!続き来た…!

配信が「分冊版」表記になって第2話が来ました…!

正直続きあるなんて思ってなかったので驚きましたが、あまりにも1話目がおもしろくてエロくてインパクト絶大だったので何の迷いもなく2話も購入してしまいました

何話くらい続くのかな???
1冊になるのかな???
と期待に胸が膨らむヘンタイおぢさんとイマドキ可愛い系DDなーくんとのお話しです
ヘンタイおぢさんのヒメにいのヤバさと面白さが最高です!!
紳士でイケメンでシゴデキ社長なのにどこまでもどこまでもなーくんが大好き過ぎて発想の全てが気持ち悪がられている残念さが最高www

1話のドエロさに比べたら2話目はお話しと言うか今後の展開の為のストーリー部分って感じです

なーくんのイマドキ感あるちょっと人生というか主にヒメにいを舐め腐っている感じは私はまだそんなに可愛く思えませんが、、、そんななーくんすらヒメにいには可愛くって仕方ないようなので、私はこの残念ヘンタイ紳士のヒメにいの恋路を見守っていこうと思います

なーくんの可愛さはまだ私には分かりませんがなーくんがヒメにいをこき下ろすワードセンスには一目置いてます(ΦωΦ)フフフ…
そして何よりもアノおもしろヒメにいを引き出してくれるのは他ならぬなーくんでしかない訳なので、これからもなーくんには頑張ってもらいたいと思います!!

2話目もヒメにいのおぢワールドにたくさん笑わせてもらいました♡
尚、2話目はキスだけでしたよ~
でもガッツくヒメにいは健在ですのでちゃんとヘンタイっぷりは楽しめます♪

キャラデザインがすごく好みです!!

何とも可愛らしい~♡とカッコいい~♡が詰まった平和な世界な1冊でした!
お話しは結構ツッコもうと思えばツッコミ所はあるかな?とは思います
でも、それでもいっかな♪って肩の力を抜いて読めてしまう小気味の良いテンポ感とはかた先生の読ませる、見せるスキルが強い!!

葵君の学ランビジュアルも良きですが、何よりあらすじで思い浮かべた「騎士」とはかけ離れた丈一郎の登場に全てを持って行かれましたwww
葵君のセリフがそのまま私の心、、、
「騎士っていうか武士じゃん」

コミカルさを存分に味わう1冊としてはとても楽しかったです
ストーリーを楽しむ!というより空気感とキャラを楽しむって感じが強かったです

読み方モードの照準を合わせて読めればリラックスにはちょうど良い1冊だったと思います
休日のBLモードで読むには丁度良い感じでした♪

止まらぬ進化と発揮される経験

今週の週末は楽しみな新刊がたくさん♡
今作も続きが気になっていたので読めるのがすっごく嬉しい!!

結構ショッキングな終わり方の前巻、、、
どう展開していくのかな???と心配にもなりましたが、すごくこのお話しの収束の仕方が良かったです!
言い方難しいんですが意外にもアッサリというか肩透かしな対応をする深見君
一瞬「え?これでいいの…?」とも思ったんですが、お話しを読んで行って納得するんです
これこそが深見君の性格を表しているからこその流れなんだなって…!
人への感情も執着も薄いというか蔑ろにせざるを得なかった時間が長かったり経験をした深見君だからこそのドライに切り替える事で乗り越えて来た処世術なんだろうな~とすごく納得!

そんなドライな深見君に熱量も汁気も満タンでアプローチをする梶君!!
渇いた心に少しずつ潤いという人への感情を沁み込ませているのが胸アツ展開です♡
深見君の進化、2人の関係性の進化が大変楽しい展開です!!!

そしてもうひとつ楽しいと言えばこの2人の繰り広げるベッドシーン♡
これはもぉ、、、思う存分梶君の経験を発揮しまくってくれます!!
そして今回回収された1巻の始まりの深見君の意味深なセリフ「強いて言えばネコかな…」発言の真相…‼
なるほど、、、深見君にも経験あればこそ!って事なのねwとちょっとしたサプライズ回収にフフフ…( *´艸`)と楽しませてもらいました♪

1巻では深見君を全面に出したタイトルや表紙に反して実は梶君に焦点があたってるな、とレビューにも書きましたが2巻は梶君の掘り下げをしながらもどんどん深見君の事も教えてくれる流れに釘付けでした

3巻はどんな2人を見せて、教えてくれるんだろう~?!
早く読みたいなぁ(*´▽`*)

とにもかくにもおもしろい!!

お話しの設定が面白過ぎて、本当に読むのが楽しい!!
今回はそういうストーリー面での進捗としてはほぼ進んでいません
その代わり?と言う訳ではないですが西央くんのヒート描写が凄かった!!

「始まりのαとΩ」という部分はまだまだ謎が多い中ではありますが、喬家の大人がこの2人の状況を知った状態まで来た事は良い兆候な気がします
いくら織人が秀才だとしても学生だけでは動けない事もたくさんなので、ちゃんとここで大人が関わる事で次巻以降への展開に期待が持てる流れになったのは良かった

ストーリー面と官能的なシーンの描写がどちらもハイクオリティ
この作品を楽しめる幸せを噛みしめて続きを待ちたいと思います

西央くんのおへそが何だかすっごく色っぽかったです♡

試し読みしたら・・・

試し読みしたら絶対に先が気になるヤツでしたw
ちょうど立ち読み増量で1話まるっと読めたので読んでみたら・・・!
とってもいい所で「試し読みはここまで」との促し
考える間もなくそのまま購入してましたw

これから・・・!という、ほんといい所で終わるのでほぼ買う気で試し読みをするなら挑んでくださいね、とお伝えしたい始まり
攻めの謎めいたキャラの明かし方が特に上手だったと思います

結構思っていたよりも展開が早いです
イメチェンというか隠さなくなった攻めの変化は見た目だけではなく行動も急にイケメンさん仕様です
なんか良く分からないけれどグイグイいくなぁ・・・とちょっと置いて行かれてる感覚もありながら読んで行くと「なるほどね!」と思える視点変えでの展開が入って来ます

攻めのキャラがすごく興味深かった作品でした
逆に受けは少し卑屈さが気になりました
そんな彼が攻めと出会い予想以上に好意を寄せられ変わっていく
高校生という多感な時に出会えて良かったね、と思えるようなお話しだったと思います

割とセンシティブなテーマなのに余り重さを感じさせない読み易さとあっさりさを感じました
不思議な作品の雰囲気でした

あと意外だな、と驚いたのはえちシーンの多さ
高校生故でしょうか?
結構所構わず・・・な感じでヤッテルのには意外性を感じました
ここは単なるサービスというか読者が喜ぶだろうと言う感じで入れられたシーンな気がしました
私は素直に喜びましたがwえちシーンがなくても戦える内容だと思ったのでここはそんなに無理に入れなくても良かったかな?とも感じました(作家様が描きたいから描いてらっしゃるなら何の問題もないです!!)

逆に気になったのは受けの白良が同級生の女の子に呼び出されたシーン
あれはイキナリあの流れになるもんなのかな?
ちょっとなぜあんな攻めた形を取ったのか?っていうのは良く分からなかったです

試し読みで感じたよりもしっかりめのDKのBLをテーマとして描かれてるんだなとは感じました
でも立ち止まって読まないと、少しサラっと読んでしまいそうになるライトになってしまっている構成の惜しさ、みたいなのも感じたので次回作への期待値としての評価にしました


ダイナミクス性がどちらも強い!

攻めのDom性も受けのSub性もどちらもその本能が突き動かす欲が強い2人
そんなこの2人だからこそのプレイはとても見応えを感じます

更にこのプレイの盛り上がりを強めている普段の2人の様子の描写もしっかりしてるのがいいですね

攻めは穏やかで爽やかなアイドル、受けはとっても人当たりの良い愛らしさのある大学生
こんな2人がいざプレイになると誰も知らない顔をお互いに解放させてその余りある欲を満たし求め合い与え合う時間は大変濃厚でした・・・!

とにかくDom/Sub作品としての楽しさは満点!!!
見たいな!って思えるようなプレイをしっかり描いて下さっていると思います

アイドルと大学生というCPとしての恋のお話しはあともう少し緩急があってもいいかな~?と思う所も、、、
あと、すごくお姉ちゃんとの仲が良い翔太君なので、出来たらお姉ちゃんに隠し事をさせる時間が早くなくなったらいいなって思っています
姉弟でキャッキャッしながら推し活してる姿がとても微笑ましいのでお姉ちゃんと共にツアーも観れたら良かったのになぁ、、、と思ったりもしました

また2人に会えるなら嬉しいです!!
思いっきりDom/Subを活かしたプレイを楽しみつつ恋人としてのあまあまもたくさん♡分かり易くてとても好きな作品です!!

家族への想い

家族というか特に母親への想いが人一倍強い湊
そんな湊だからこその想いがじっくり丁寧に進む同棲にまつわるエピソード

静真(と翔平)の母親の想いを知った時から湊にとって静真との同棲はもっと深くて重い意味を持つものとなっていっています
これに関してはお母さんが悪い訳でもないし湊が考えすぎなのでも勿論ないから、しっかり時間かけて納得できる形で進んでいって欲しいな、と思っています

同棲って色んな意味があるけれどこの2人、特に湊にとってはちょっとお試しで・・・というような軽いノリで始めるようなものではもう無くなっているんでしょうね
もはや同棲=生活の基盤を共にする家族、であり相手の家族にも自分をちゃんと知ってもらう機会だと考えているのがとても真摯だと思います

湊の想いごどちゃんと生嶋家に迎えられるといいな、と願っています

あともう一つの家族への想いが綴られている5巻
こちらは院長先生サイドですね
まだハッキリとは分からないけれど院長先生なりに想う所があって、でもその想いとは違う家族の想いが彼を追い込んでいるようなのが苦しそう・・・

かつて自身の母親の過去で苦しんだ湊を包み込んだ静真のように院長先生は巽先生の存在が助けになって行くのでしょうか?
ここも注目したい所ではありますが、出来たら先ずは先に静真と湊と生嶋家をまとめてからか、せめて割合の逆転だけはしないで下さると嬉しいな・・・と少し心配しながらも続きを楽しみにしております

春への期待と義兄弟作品だからこそ期待する所…

上巻ですっかりちびっ子時代の春の強さに将来性を感じた私
明かされていく過去のすれ違いの始まりに少々解釈の違いを感じてしまいました…
大事過ぎて、好き過ぎて、だから拒否されるのが怖くて逃げてしまった過去…
ここの春の行動が……
あのマイペースで芯の強さを滲ませていた春らしくないというか…
それが思春期というもの!と言われてしまえばそれまでなのですが…
何となく勝手な私の春君像とは違ってたかな、と感じた所です
こう見えてしまうと始まりのあのお仕事の再会も少々穿って見てしまう
彼女の浮気迄突き詰める位の春の執着があるならば、お仕事のあの受け身な感じの再会になった理由は何だったのだろう?と腑に落ちない点が気になって来ます

たぶん私、ダメな所が1個見つかると連鎖的にマイナス面が見えて来ちゃうという若干ネガ体質なんですよね…

上巻で春の将来性にワクワクしてしまった分だけ期待値がいつも以上に上がってしまっていて肩入れしてしまったんでしょうね
すっごく挽回してくる成長した春とかも最高だしイイ男だな!偉いぞ!って思える所も勿論あったんですよ?分かってはいるんですけどね…
狭量な性格が恨めしい限りです

何となくこの惜しいなぁ~という個人的な感覚が払しょくされ切らずに終わってしまった所が神評価に出来なかった所です

そして、義兄弟もので折角上巻から家族も出してくれていたのだから最後はこの2人と家族との関係性まで描いて欲しかったな…という所も気掛かりな点として残りました

雰囲気や空気感を感じさせる作画の上手さやセリフ、構成の上手さには魅了されました!
次回作も楽しみにしています