絢さんのマイページ

レビューした作品

女性絢さん

レビュー数0

ポイント数22

今年度494位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

モフモフな家族愛の未来とは

『九尾の狐となまぐさ坊主』『九尾の狐と子連れの坊主』のシリーズ、堂々の完結編です。
カップリングは、玉藻前と呼ばれた九尾の妖狐:玉嵐×なまぐさ坊主でお人好しな僧侶:円楷
表紙の可愛いお子さんは円仁ちゃん、この狐と人間のハーフである幼子の両親として玉嵐×円楷夫婦が奮闘する子育てBL話。

ちるちるでネタバレされているレビューを読んだときから、絶対に泣くと分かっていました。
好きなマンガの完結編を読むのも、作品が終わって欲しくないから辛いですしね。発売日に買ったくせに、読むのを数か月もの間ずっと躊躇していたけれど…どんな結末なのか知りたい欲に負けました。
覚悟して読みましたら…結果、やっぱり号泣…号泣!!
漫画作品で涙がボロボロ止まらなくて、本が濡れるからって理由で途中で読めなくなったのは久しぶりです。
玉嵐×円楷夫婦はもちろん、円仁ちゃんも狸達も円楷の両親も元美ちゃん!
もう登場人物全員が大好きだから未来が見れたのは嬉しかったんですけどね!!

本作は円仁ちゃんの成長と死生観を軸に、人間に化けられる狸:嵐太郎や猫:阿国を助けるエピソードが入ります。
円仁ちゃんをはじめとする子ども達や、モフモフな狸や猫の擬人化もあるので可愛いの大好きな方は必見!
さらに肉体的にも成長した円仁ちゃんも見れてしまうし、気になっていた玉嵐に恋する元美ちゃんがどうなったのかも判明!

玉嵐×円楷夫婦の好きなエピソードはやはり最終話で、初めての夫婦喧嘩に仲直り
まで…カップルの深い絆を感じました。
妖力を補う手段があれば永遠の命を持つであろう妖狐の玉嵐が、円楷のみを伴侶として添い遂げる道を選んだこと。
そして円楷が玉嵐に寄り添われながら亡くなり、約束を守って命を終えた玉嵐…
この一連のシーンで…命の長さが異なるカップルの人外BLとして、ひとつの理想的な答えを貰ったことに感動しました。
ただし!もの凄ーく泣きました…涙で前は見えないし、鼻水まで出て息が出来なくなるくらい泣かされました!!
これから読まれる方は、本気でティッシュを手の届く処に用意してから読むこと!覚悟してください!!!

エッチシーンについて…
☆玉嵐は淫らな妖怪:妖狐なのでエネルギーを得る為にエッチするのは、シリーズ全体の設定です。
 できあがっているカップルで、かつ物語が完結に向かう話がメインとなった巻なので少なめです。
 修正はエッチ描写自体が少ないせいもありますが…ほとんどなし、局部を見せない構図がメインです。
既刊では普段は表情豊かなキャラの円楷が、エッチのときは格別に可愛らしく変化する様が絶品だったので…エッチは物足りなかったかも。

ネコな俺のギャップ萌え、最高

☆表題作「監督、ネコな俺はダメですか」
 元タチ専男優のゲイ向けAV監督:笹川(コウヘイ)×売れっ子タチ専男優:ダイチ

まず売れっ子タチ専男優なダイチの外見、黒髪でガチムチ…なのに受けなのが、すごく好みでした❗❗
この男前な外見でネコ男優との絡みもあって雄々しいのに、オフのときはバリネコでアナニ―します。
また憧れのタチ専男優コウヘイくん=監督の笹川ということを、声だけで解かってしまうところは本当に攻めへのファン愛を感じます。
笹川にアナルを指マンされたり、AV撮影現場で抱かれるシーンではトロトロなネコになるとこ最高❗
このタチ専男優をやるときとのギャップに、照れ顔にトロ顔がエッチすぎて素晴らしかったです❗❗
バリタチがネコになる設定のAVを撮る際、タチらしく振舞おうと頑張っているダイチでしたが…
憧れの笹川にリード―され、愛撫され、キスされて…ネコスイッチが入るダイチに萌えます❗
笹川がダイチに惚れていく描写はストーリー尺が短い為か、たしかに弱いのですが…
自分に憧れて一途に好いてくれる後輩の子って可愛いし、それだけで惚れるには十分な気もします。
最後は晴れてカップルになり、AV男優を辞めて笹川だけに抱かれるダイチになるとこも良かったです。

※えっちシーンについて
AV撮影現場という設定もあってエッチは毎回あり、ガチムチ受けの肉体描写や体位も絶品でした❗❗
汁描写有、ペニスとアナル白抜き…局部ズームのコマでは白っぽ過ぎて、ちょっと気になりましたw
ただし陰毛がしっかり描かれているので、ペニスの輪郭はなんとなく想像できます。

気に入った話&カップリングなのにストーリー尺が短くて、ちょっと物足りなかったので…萌×2評価です。


☆同時収録1「好みのタイプは年下幼なじみ」
 就活を終えた大学生(ゲイ):卓司×受験を控えた高校三年生(ノンケ):敬介
 
 ご近所住まいの幼なじみ、三年ぶりの再会もの。
 攻めの好みのタイプになろうと、筋肉を鍛えたりアナル開発までやってしまう一途な年下受けが可愛い❗
 ゲイ向けのエロ本を発掘して煽ってくる受けに、攻めがキレて襲うとこはテンプレ的な展開ですが…
ペニス白抜きが気になるものの、画力が高いエッチシーンは見所があります。
最後は想いも通じて幸せな両想い&名前呼びで、萌えのツボをガッチリ掴まれました❗


☆同時収録2「幸せのその先へ」
 幸司(ノンケ・巨根):×明正(ゲイ)

 まずナチュラルにゲイカップルが祝福され、結婚式している冒頭から幸せな気分になります❗
 お互いに結婚指輪を左手薬指にはめ、名前+さん付け呼びなとこが新婚らしくて素晴らしい。
 新婚初夜(初エッチではない)に向け、攻めの巨根を受けが準備して…頑張って結ばれる。
 大きな波乱はなくて予想どおりの展開ですが…ラブラブ新婚カップルが、ひたすら幸せでした。

スパダリAV男優にメロメロ

売れっ子タチ専AV男優:佐倉 優×真面目で不運な会社員:大坂 肇

このコミックスが秋良ろじ先生の初連載、デビュー作。
でもデビュー作とは思えない、高い作画力とお話の構成力に惹きこまれました!
キャラクターもよく作り込まれていて無駄がなく、役割が解かりやすくて良かったです。
メインカプの優さん・肇ちゃんだけでなく、肇の会社同僚・AV監督・優さんの相手役ネコ専AV男優もなくてはならないキャラクターでした。

まず導入部分で、受けの肇ちゃんがAV男優見習いになってしまう過程は会社で損失を出したことによる借金返済の為。
さらには会社で仲が良い同僚にAV関連の知り合いが居て、AV撮影現場のバイトをすることに。
そのAV撮影現場がゲイ向けAVとは思っていなくて…動揺した肇ちゃんは失敗し、またAVの現場でも借金を負うことに。
そんなご都合主義な展開なのに肇ちゃんのドジで社会人としては純粋すぎる素直な可愛い性格のせいで、スルッと納得できてしまう。
どう考えてもハメられて借金を被らされ、AV男優(ネコ)にされそうだと解かるのに…
真面目で人を信じやすい性格ゆえに、あれよあれよと墜ちていく肇ちゃん。
そこで攻めの優さんに出会ってAVに出れるかテストされ、男相手は初めてなのに敏感に反応して最後まで抱かれてしまう肇ちゃんw
コレはたぶん初対面で、肇ちゃんは優さんに一目惚れしたせい(本人は無自覚)
AV撮影中の優さんに見惚れたせいで、バイトを失敗したっぽい描き方でしたし。
また優さんがテスト中に純情でエッチな体の肇ちゃんに惚れてしまい、スパダリになっていくのが…最高すぎでした!!
業界人らしくズルい監督にハメられていく肇ちゃんを、なんとか守ろうとする優さんがカッコいい!
その反面でAVデビュー用レッスンと称して、優さんは肇ちゃんにアナル開発や特訓をしていくところも上手い!
エッチシーンもたっぷりあって大満足でした♪
AVの現場について詳しく描かれているので、お仕事BLとしても楽しめます。
最後に肇ちゃんの借金返済&AVデビューが最後にどうなるかは、読んでのお楽しみ!
お人好しすぎる肇ちゃんにハラハラしつつエッチシーンも楽しめて、ハッピーエンドで終わるので安心して読めます。

☆えっちシーンのについて
肇ちゃんが優さんとのエッチのときだけ敏感で、しかも体つきがムチムチで雄っぱいが大きいところもエッチで良かったです。
ペニスは輪郭線なしの白抜き
アナルも白丸隠し
断面描写あり
汁描写あり

ちょろすぎる流され元ヤクザ

☆登場人物
攻め:広瀬(BL雑誌ボイラブの編集者)×受け:須藤(元ヤクザのBL漫画家)
当て馬:林(須藤とは別組のヤクザだが、仲が良い)
元手下:新
元手下の彼女:ちゃこ
他の漫画雑誌の編集者:東出(広瀬の元上司…須藤にBL漫画を描くのを止めさせ、自らの編集する雑誌に引き抜こうとする)

ヤクザから足を洗った後、入れ墨と喧嘩っ早い気質のせいでバイト先でことごとく首になる須藤(受け)。
悩みつつも引越しの荷物を整理していたら、昔趣味で描いていたアメコミっぽい漫画原稿が出てくる。
それを見た元手下の新の勧めで、TwitterのようなSNS「つぶやきったい」のTLに漫画を投稿してバズる。
その投稿を見たBL漫画雑誌編集者の広瀬(攻め)が、須藤(受け)にメールを送ってくる。
だがBLを知らない須藤にBL漫画を描かせる為に、広瀬が教育する…ところまでは、現代的でテンポが良い展開だった。
BL漫画を描くの為に経験を積む必要があるから、男同士でセックス&デートしてみた。
あれ?なんかドキドキする?吊橋効果のせい?体も開発されたのか、すごくエッチしたい…BL的に良い展開。
二人三脚で努力した結果、見事BL雑誌でBL漫画「任侠ラブ」の連載ゲット!!
だけど他の組のヤクザ:林(当て馬)他の漫画雑誌編集者:東出(須藤にBL漫画を描くのを止めさせようとする)の二人が出た後半から…
話の展開がごちゃごちゃして、なんだか話がとっ散らかっている印象を受けたのが少し残念だった。
結局、須藤(受け)は、広瀬を選んでカップルになってBL漫画も描き続けるハッピーエンドではあるけど…
広瀬との恋愛か、BL漫画を描き続けるか…どちらかのテーマに話を絞って描いて欲しかったと思う。
あと須藤のヤクザらしさが、生真面目な性格と入れ墨しか無かったのも物足りなかった。
しかし絵は好みなので…判定:萌

☆えっちシーンについて
局部の修正:白線ノリ、白抜き
全えっちシーンでコンドーム着用描写あり、汁描写あり
結合部は見せない構図を多用
体位:正常位、バック、バック騎乗位

美しい純愛メリバとSMプレイ

江戸から昭和初期の男色が現在よりも多かった時代を背景にした、純愛ロマンポルノなBL短編小説集。

三篇の短編小説が収録されているが、時代背景や登場人物が違うだけで展開はどの作品も同じ。
・美青年×美少年カップルが愛し合う冒頭シーン
・不憫な境遇に堕ちた健気な美少年に、ドSな当て馬オジサンが苛烈なSMプレイをする。
・遅れてやって来た美青年がなんとか救おうと頑張るが、美少年は助からない。
・美青年×美少年カップルのメリバ(心中)エンド
ただし話の作り込みが素晴らしく、メリバエンドに至るまでの過程もしっかりしているので説得力がある。
映像が目に浮かぶような緻密な情緒的文体で、SMプレイも趣向が凝らされている。
美少年が性的に苛められているのが好きな人にはオススメ、SMプレイシーンだけを何度も読み返したくなる。
苛烈なSMシーンと美青年×美少年カップルが愛し合うシーンの対比が見事、それに花を添えるような挿絵も美しい。
カップルの迎える最期のシーンも情景がしっかりと書かれていて美しく、自然と涙があふれてしまう。


☆滄の残像(あおのざんぞう)

 時代背景…第二次世界大戦中の昭和十七~十八年
 カップリング…軍人:篠原 鷹也×結核を患う美少年:穂積 翔
 当て馬…翔(受け)の異母兄:穂積昭継
 プレイ内容…緊縛、異物挿入(蝋燭・筆・先端に鈴を付けて瘤を作った組紐・瘤を作った荒縄)、熱蝋責め、人前プレイ 

☆花蔭の迷夢(はなのゆめ)

 時代背景…江戸時代中期、元禄十一年
 カップリング…臣下の武士:佐伯 隼人×旗本・有馬家の若君:有馬 真赭丸
 当て馬…家老(有馬家の上司):田辺 可解由、可解由の部下・笹木&梁瀬
 プレイ内容…異物挿入(張り形・蝋燭)、座敷牢に監禁、剃毛、荒縄緊縛・吊り、人前プレイ、熱蝋責め、鞭

☆水底の奥津城(みなそこのおくつき)

 時代背景:大正十二年
 カップリング…財閥伯爵家の跡取り:玖條 遼×座敷牢の美少年霊:蛍耶
 当て馬…遼(攻め)の実父:玖條 榮
 プレイ内容…異物挿入(張り形・自然薯・酒の入った硝子酒器・蝋燭・氷)、緊縛・吊り、監禁、熱蝋責め

本当は好きな人とのホロ苦く甘い旅

命を狙われるチャラく見えて男前な若頭:片岡×悲壮な過去を持つ命を狙う舎弟:小田島

今まで読んだヤクザBL漫画の中でも最高で、読後はしばらく浸ってボーっとした。
それだけ片岡×小田島のラブだけではないヒリヒリした人情ドラマに、たっぷり浸った。

攻めの片岡が女好きでチャラく見せて、実は一途で懐がとてつもなく大きくて男前なところが素敵。
特に小田島が自らの命を狙っていると知りながら、巧く泳がせる態度が世渡り慣れた大人で!
また死にかけの雛鳥を温める、嫌がる女は抱かない、小田島の処女を貰ったと知ったら責任取って結婚する。
そういう優しさを持っている片岡を読み進めるうちに知っていき、どんどん惚れてしまった。

受けの小田島はあまりに辛い出生に自分の両親(姉)殺し、大切な家族のような仲間を喪った過去に衝撃を受けた。
だから愛に飢えた小田島が、実は好きな人である片岡に抱かれるときはあんなにエッチなのかと!
未完成の筋彫り龍の入れ墨が彫られた肌の醸し出す色気、生と死が隣り合わせのセックス描写が至高!!
撃たれた片岡と小田島の血まみれ初キスシーンはもちろん、旅の最後までドキドキさせられた。
組抜けして親の枷が無くなり、片岡しか執着する相手が居なくなった小田島はホロ苦くも幸せそうで…
それまで抱かれながらも常に緊張していた小田島とは違い、旅した車中で思い切り嬌声を出して抱かれて…
でも幸せを受け入れられない小田島が呪いのように出した銃に、対する片岡の度量深い対応に涙が出た。

場面変わって、沖縄でほっこり夫婦が南国でのんびりスイーツ販売ハネムーン…もっと読みたかったw
読んで結論は解かっているのに、何度も読み返しては萌えて感動することが出来る素晴らしいヤクザBL!!!

ホテルマンのお仕事BL

ラスベガスのホテル王:アルフ×ホテルのフロントクローク:陣野
『エリートの理性も限界だ(エリ限)』シリーズのスピンオフ作品、二巻目で本作は香港がメイン舞台。

 前巻『ホテル王はそれを我慢しない』で結ばれたアルフと陣野、オフに香港へ海外旅行に出かけます。
 しかし蜜月カップルの旅行なのに、仕事人ホテルマンな陣野は渡航先でもホテルの仕事をしようとします。
 そんな陣野に不満を表しつつも、話し合って知り合いの中国人ルオのホテルを手配してくれるアルフ。
 「自分にサービスしろ」と恋人としての要求をしつつも、受けの我が儘もきいてくれる男前攻め様で素敵でした。
 特に紆余曲折があって陣野が誘拐されたときに見せた必死さ、ホテル王としての立場より陣野を取ろうとしたアルフの姿に最高に痺れましたッ!
 アルフとは仲の良くない兄:ライナスとアルフの関係が、またストーリーに良いスパイスとなって面白かったです。
 また出来あがったカップルらしくエッチシーンが増え、陣野もヒロインみが増してきましたし!
 アルフになかなか「好き」と言えず、エッチのときも遠慮していた陣野が変わっていく姿も絶品です!
 何と言ってもアルフとのエッチの回数を重ねるうち、だんだんと淫らになっていく陣野が最高!!
 本音を言うと…もう少しエッチな陣野を見たかったのですが、お仕事BLのストーリーと両立する為には仕方がないですね。

 最後には、いつかラスベガスに帰るアルフに陣野が「ついていく」と、将来のことを誓い合って幸せな結論でした。
 あとコミックスの描き下ろし漫画はほとんどエッチシーンで、お得です!

まだまだ続いて欲しかったSMBL

蝶野(管理能力完璧な無自覚ドS)×花田(自覚ありドM):同じ会社で働く先輩×後輩のSM関係BL
 
 前巻では二話しか収録されていなかったのに、濃厚で性癖をビンビン刺激する新境地なSMカプのお話に萌えました。
 本巻はそのカプのお話を一冊丸ごと読めると思っていたので、とても楽しみに電子連載がコミックス化するまで待っていましたが…
 他の方もレビュー書かれているとおり、蝶野の過去がキツすぎまして…本当に読む人を選ぶ内容でした。

 調教師の雲井おじさんは、典型的なDV夫タイプのS…誰かに加害行為をしつつ依存していないと生きられないタイプ。
 でも蝶野は管理能力完璧な無自覚ドSなので、淫紋を彫られてなお雲井おじさんに依存しきれなかったんですね。
 だから雲井おじさんは、自分に完全依存してくれない蝶野を最終的には捨ててしまったんだなと思いました。
 捨てられた後は淫紋を彫った先生に支えてもらい、社会人として働いていけるようになった蝶野はすごく立派です。
 そんな蝶野が自らを丸ごと受け入れてくれて、性癖も合ったドM花田と出会ってカップルになれて本当に良かった!!

 個人的には淫紋を消してキッチリ過去を清算し、ペット花田と家族としてSMしつつもラブラブ同居生活する蝶野が見たかったです。
 あとSな大学時代の先輩×花田は良いスパイスでした!描き下ろしも、嫉妬する蝶野が見れて良かったですし!!

可愛い絶倫がノンケのガチムチをメス堕ちさせる

可愛い見た目のバリタチ新人AV男優×ガチムチで純情バージンな元漁師

 上記カップリングの続き物となるコミックで、二巻目にして話が完結する巻です。
 前巻を持っていないとキャラクターやストーリー展開が解かりにくいので、二冊を揃えて買うのがベター。

 漁師としては金稼ぎの良くない辰巳(受け)が上京し、出稼ぎの高額アルバイトでAVに出演することになる。
 可愛らしい女子に見える美少年の新人AV男優の由紀(攻め)に最初から騙されて、無理矢理に犯される場面を撮影されてしまう辰巳(受け)。
でも何処かに泊まる金さえない貧しさのせいで由紀(攻め)の家に泊まることになり、最初は嫌々だったのが由紀(攻め)に絆されて辰巳(受け)はメス堕ちしていきます。
なりゆき同棲生活とアルバイトのAV撮影も順調に進んでいき、紆余曲折あって…ふたりの関係も進展して、体だけの関係から心も結びついていくBLらしい話でした。

☆エッチシーンについて

 ゲイ向けAV出演という設定なので、エッチシーンがてんこ盛りです!
 局部は白抜き輪郭なしで見せない構図も多用されていますが、構図やシチュエーションも豊富。
 なによりも由紀(攻め)とエッチするうちに、開発されていくガチムチ受けの辰巳(受け)がエロい!!
 中イキに潮吹きは基本、由紀(攻め)に焦らされて挿入のオネダリ…それら全てAVとして撮影され、衆人環視の元で起きるのがエロい!
 さらにAV出演のアルバイトは終わったのに、由紀が恋しくてアナニ―までしてしまう辰巳が最高に可愛くて!まさしくメス堕ちですw
 ただし前巻よりもストーリー終結が重視されているせいか、エッチシーンは減っています。

 前巻のラスト近くで由紀(攻め)の不幸な境遇が明らかになり、不穏でスッキリしなかったのが本巻では解決したので良かったです。

PICK UP 電子 コミック

相葉キョウコ 

ワンコを飼いたいドSな美少年攻めが最高!

ドS美少年攻め:白井拓真×体格の大きい黒髪眼鏡受け:加藤

 数年前にリブレ出版が出したアンソロジー『PINK GOLD』に連載された短編作品です。
 ずっとまとめたものを読みたかったので、ちるちるの『答えて姐さん』で質問していました。
 描き下ろしを加えて完結させた作品が電子限定で発売と教えていただけて、ありがたかったです!

 ゲイバーで出会った二人が、一夜限りの関係からエロエロなプレイによってじょじょに関係を深めてカップルになる話。
 ドSでヤリチンだけど美人な拓真くんに絆され、どんどんドMになっていく加藤さんが絶品でした。

 特に尿道ブジー・犬ちんこバイブなどを用いたマニアックな玩具プレイが、最高!!!
 初体験のプレイで翻弄されて、ひんひん啼くワンコな加藤さんはもちろん美味しいのですが…
 相葉キョウコ先生の美しい絵柄で、美人な顔に似合わずネットリ攻めていく拓真くんも素敵です☆
 しかも加藤さんを弄ぶだけ弄んで自分が満足したら、ヤり捨ててしまう拓真くんのキャラが良いスパイス!
 加藤さんの気持ちに寄り添って、どうしたら拓真くんが気に入ってくれるのか考えてしまいます。
 展開的にリバカプになるのかな?と思いきや…そうはならなかったので、その点では安心して読めました。
 最終的に描き下ろしで、めでたくカップル成立となったので大満足でした!!
 飼い主:拓真くんと黒いラブラドールみたいなワンコ:加藤さん、末永くお幸せに~♪