あなたを殺す旅

anata wo korosu tabi

あなたを殺す旅
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神102
  • 萌×241
  • 萌17
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
27
得点
727
評価数
164
平均
4.5 / 5
神率
62.2%
著者
浅井西 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
秋田書店
レーベル
プリンセス・コミックスDX カチCOMI
発売日
ISBN
9784253154864

あらすじ

組員の小田島はヘマをしたヤクザの若頭・片岡と
騒動のほとぼりが冷めるまで、行方をくらますことに。
だが、この旅には片岡を殺すという使命が隠されていて……!?

表題作あなたを殺す旅

片岡,30代半ば,ヤクザの若頭
小田島,29歳,手下の組員

その他の収録作品

  • 旅のはじまり(描き下ろし)
  • カバー下:4コマ漫画

レビュー投稿数27

とにかくカッコいい仁侠ロードムービー

カチCOMI連載時から大好きだった作品です。
海沿いを辿る極道二人のロードムービーともいえる本作ですが、
キャラと海沿いの風景・人々・様々なエピソード……
どれをとっても情緒的で胸にきますーー

ヘマをした若頭の片岡は、
組員・小田島と熱りが覚めるまで二人で逃亡することに。
しかし、この旅には裏があり、
小田島は片岡を殺すことを命じられていてーー…⁉︎


はじめに申しておきたいのは、
片岡がとても魅力的だということ!
チャラくて適当なのに、情があり色気もある。
強引なようで不器用だし時々優しくて、
人を惹きつける魅力満載のお方です。

対する小田島は、無愛想な強面で、
心に色々な思いを複雑に抱えています。
だけど、セックスの時は妖艶で色気がすごい!
そして、仲間思いで本当は情に厚い男なのだと思います。


海沿いの街で出会った人々やそのエピソードが各話で描かれており、それがとても胸に響くものばかり。
子どもに託されたヒナを一晩中手で温めて守る片岡。
過去に何人も人を殺してきた男たちは、
命を奪うとこはできても、小さな命ひとつも守れない……
そこに矛盾と葛藤を感じました。

実は、片岡は小田島の親友の仇でもあります。
ここの状況説明が言葉で語られるわけではないのですが、
片岡に憧れていた親友が片岡の代わりに撃たれて亡くなったということだと思います。
小田島にとって唯一家族のような存在だった親友を失い、
その怒りの矛先を片岡に向けたのではないでしょうか。

しかし、片岡を憎みきれず惹かれていく小田島は、
片岡を殺すことができません。
片岡は小田島が自分を殺そうとしていることは分かっています。
このあたりの掴み所がないところも片岡の魅力なんでしょうね。

そして、片岡に抱かれる小田島はゲイでありながらも、
片岡が初めての相手いうというところには萌えました♡
小田島の処女を奪ったと知った片岡は、
小田島にプロポーズするのですが、
この時の片岡もかっこいい^^
片岡は遊び人なのに、小田島には誠実で一途だったと思います。


組長が亡くなり、危険覚悟で組に戻る二人ーー
組長の息子・桐井が仕組んだ刺客が片岡を狙いますが、
小田島が庇おうとし、その小田島を守る片岡。
片岡の前に出て振り返る小田島の顔……
とても優しくて片岡への愛しさが溢れていました。
庇って撃たれたあと、理由を問う小田島への片岡の応えは、

「守んねえとな おまえ俺の 恋女房なんだから」

最高にグッときました!
血だらけの唇でファーストキスをする二人に涙(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
とはいえ片岡は死を免れ、二人は組を抜けます。

逃避行はハネムーンだったのかな……と思える、
納得のハッピーエンドに胸アツです♡
小田島は片岡に一目惚れしており、
片岡はそんな一途な小田島に絆されていったのだと思います。

とにかく面白くてカッコいい作品です!
今までの浅井先生のテイストとは違いますが、
ファンの方も初読みの方も、
それぞれが楽しんでいただける作品だと思います。
刺青もカッコよくて見惚れてしまう^^

四代目を就任した桐井にもスーパー攻め様が現れるとインタビューで浅井先生が仰っていたので、ぜひそこもスピンオフで詳しくお願いします!

Renta!修正は白抜き


他の方のレビーで小田島が殺した人数の差異に気付きました!
父親と姉の子が小田島で、姉=母だったということですね‼︎
コレはキツい(´;Д;`)
教えてくださった方々、本当にありがとうございます。
スッキリしましたー







16

人の道を外れた二人の再生物語

インタビュー記事を見て気になっていた作品。
殺伐とした設定なのでダークなお話かと思いきや、最後まで読むと案外、甘い話? 流れるようなきれいな線で描かれた絵がとても好き。

片岡が命を狙われている理由は、簡単に言えば、危篤状態に陥っている組長の跡目争い。片岡は実は、組長が愛人に生ませた子らしい(ここは最後の最後に、実は…と一捻りがありますが)。
で、正統な後継者である桐井は、組長が亡くなる前に、どうしても片岡を消したかった。

一方、小田島は七年前に、兄弟分と言っても過言ではないほど大切な親友を亡くしている。片岡は、その親友の憧れの対象でもあり、その死は彼をかばったことによるもの。
なので、小田島は個人的に片岡に対して、恨みも憎しみも抱いていて、殺すに至る動機も十分。うわー、どうなっちゃうのー?とかなりドキドキしながら読み進め……。

まあBLなので、この憎しみが愛に変わる訳だが、こういう愛憎入り交じった、一筋縄じゃいかない関係っていうのがとにかく萌える。
片岡もチャラいように見えてバカじゃないので、小田島が自分の命を狙っていることは気づいている。だけど表面上はヘラヘラしながら、24時間小田島と一緒にいて、体を繋げたりもしちゃう。このヒリヒリした緊張感がいい…!

一見、色恋に対していい加減そうな片岡が、小田島は自分が初めてだったと知った時、責任を取って(?)プロポーズするシーンが好き。人たらしというか、独特の飄々とした魅力がある片岡、どんどんいい男に見えてくるから困る。
小田島もそれまでずっと無表情だったのが、この頃にはかなり喜怒哀楽が出てきて、なんか可愛くなってる。
小田島は中学の時に自分の父親と母親と姉を殺していて(二人殺した、と言っているのは母親=姉だったのかな? 姉と父親の近親相姦?)、その家族の代わりになると言ってくれた親友も失い、ずっと孤独で、誰も信じられずにいたのだろう。
そんな彼だからこそ、クライマックスで、愛に突き動かされて自らとった行動は感動を呼ぶ。そして、その想いに応えた片岡のセリフがまた胸熱…。
二人の旅の結末を、ぜひたくさんの方に見届けてほしい。

15

しろたん9610

Takk様はじめまして、コメントありがとうございます!
あの部分ははっきり描かれていないので、分かりにくいですよね。
私も確証がある訳ではないのですが、他に考えられるパターンが浮かびませんでした。
拙いレビューを細かい部分まで読んでくださり、ありがとうございました(*^^*)

ロードムービー好きには堪らない

皮肉屋でよく喋る片岡と、表情筋死んでる小田島のバランスが最高。ロードムービー好きはかなりヤられる展開でした。説明を減らして、読み取らせるストーリー運びが秀逸。2周目も面白い。
先生背景描くのお好きなんですね。背景がしっかりしてる作品はやっぱり説得力が増す!

暴力団モノが苦手で、ヤクザを実は善人的描き方をする作品が好きではないのですが、この作品は結構しっかり畜生です。片岡を適当にあしらう蕎麦屋とか、旦那が拘置所にいる女、それを見る刑務官、田舎の小さな島、綺麗事ではないどうしようも無い世界が眈々と描かれている。
(追記:先生がTwitterで「刑務官の彼は密かに彼女に惚れてます。将来はどうなるのかな」と書かれてました。うーん微妙に知りたくなかった情報かもしれない。ならここに書くなよとすみません。失礼な話ではあるが哀れみの感情を持っていて欲しかったような気持ち。小田島が"社長"に向けた目線のような)

▼ネタバレ注意
"殺す"旅の理由が一つではなかったところ、うまいな〜と思いました。2回出てくる片岡の「寿司でも食いなよ」のセリフも好き。

ちるちるのインタビューで小田島は片岡に一目惚れって書いてありましたね。あのページの解釈がその通りだったので安心しました。小田島はずっと言わないのか。でもそんな感じ。

レビュー拝見すると疑問に思った方結構多いのかしら?実の父親と姉の近親相姦で生まれた小田島が、現場を目にして父親を殺し、姉の懇願で姉も殺した…ですかね。人を殺すには若すぎる年齢も、姉との年齢差の矛盾を減らすには納得できる。

電子限定漫画、かなりじんわり来るいい1枚だったのでオススメです。

11

二人の道行き

ものすごく良かった!!

海沿いの町をあてもなく車を走らせる二人。
立ち寄る場所でその土地の人々とほんの少しだけ交流を持つものの、留まらず次の土地へと。
海から吹く風や磯の香り。太陽が照らす波頭。長閑で寂れた空気感。
そうしたものが紙面から感じられ、五感を刺激されながら読み進めました。

地元で少々問題を起こし暫く身を隠す必要のある若頭・片岡(攻め)と、片岡殺害の密命を受けて同行している小田島(受け)。
この二人の関係性がたまりません。
片岡は人好きする男前。チャラチャラしつつも肝の座ったイイ男。
小田島は喜怒哀楽がまったく表に出ないけれど、内に様々な想いを抱え込んでいます。
小田島はかつて相棒を亡くしていますがその原因が片岡であるため、そもそも今回の命令がなくても憎い相手ではありました。
ただ、片岡に対して同時に密やかな憧れや恋情も抱いていて・・・。

二人して腹のなかを見せないので、表面上は問題なく淡々と時間は過ぎゆき、時にはコミカルな場面が挟み込まれたりもします。
だからこそ、殺害を実行しようとする場面には(未遂だけれど)胸が締め付けられます。
こうした場面の緩急がとても上手で惹き付けられ、ページをめくる手が止まりません。

印象的な場面も多くありますが、私がグッと心掴まれたのは、片桐がセックスをしたことがなく、小田島に「あなたが初めての男です」と伝えると暫し考えた後に「うーん よし 結婚すっか」と言ってのけた小田島。
その理由は今までの相手は商売女ばかりで処女はいなかった。だから処女だった片桐に対して「責任はとらねぇとな」と。
なんて男前発言!
そもそも、片桐は小田島が自分の命を狙っていることに気付いています。
そんな相手に対して鷹揚というか考えなしというか。
でもこうした言動が魅力的で人を惹き付けてやまないのだろうな。
もちろんこの言葉に嘘やからかいの意はなく、なんの衒いもなしに出た言葉。
惚れちゃうよね。こんなの言われたら惚れちゃうよね!と読んでる私が興奮(笑)



一筋縄ではいかない関係。
環境も状況も厳しく、どうにもならないような場所から光あるエンディングに持っていった話運びが本当に素晴らしかったと思います。
胸のうちの葛藤を乗り越え、二人が選んだ道が平和であることを願います。
どうか血生臭い場所からいつまでも遠く離れていられますように。

10

本当は好きな人とのホロ苦く甘い旅

命を狙われるチャラく見えて男前な若頭:片岡×悲壮な過去を持つ命を狙う舎弟:小田島

今まで読んだヤクザBL漫画の中でも最高で、読後はしばらく浸ってボーっとした。
それだけ片岡×小田島のラブだけではないヒリヒリした人情ドラマに、たっぷり浸った。

攻めの片岡が女好きでチャラく見せて、実は一途で懐がとてつもなく大きくて男前なところが素敵。
特に小田島が自らの命を狙っていると知りながら、巧く泳がせる態度が世渡り慣れた大人で!
また死にかけの雛鳥を温める、嫌がる女は抱かない、小田島の処女を貰ったと知ったら責任取って結婚する。
そういう優しさを持っている片岡を読み進めるうちに知っていき、どんどん惚れてしまった。

受けの小田島はあまりに辛い出生に自分の両親(姉)殺し、大切な家族のような仲間を喪った過去に衝撃を受けた。
だから愛に飢えた小田島が、実は好きな人である片岡に抱かれるときはあんなにエッチなのかと!
未完成の筋彫り龍の入れ墨が彫られた肌の醸し出す色気、生と死が隣り合わせのセックス描写が至高!!
撃たれた片岡と小田島の血まみれ初キスシーンはもちろん、旅の最後までドキドキさせられた。
組抜けして親の枷が無くなり、片岡しか執着する相手が居なくなった小田島はホロ苦くも幸せそうで…
それまで抱かれながらも常に緊張していた小田島とは違い、旅した車中で思い切り嬌声を出して抱かれて…
でも幸せを受け入れられない小田島が呪いのように出した銃に、対する片岡の度量深い対応に涙が出た。

場面変わって、沖縄でほっこり夫婦が南国でのんびりスイーツ販売ハネムーン…もっと読みたかったw
読んで結論は解かっているのに、何度も読み返しては萌えて感動することが出来る素晴らしいヤクザBL!!!

10

読後感がすごく気持ちいい…

全部の分量がちょうどいいんです、黄金比というか、読者に余韻を持たせる作品としてとても秀逸です。読後にァァァこの2人をもっとみていたい…と思わせる、気持ちいい読書体験ができます。かなりオススメです。
あと、最後のキスシーンには震えました。コマを四つに割って、まだ状況を受け入れられていない小田島のスローに流れる時間の表現…素晴らしい。片岡の人としての魅力も半端ないです。片岡を慕っている舎弟たちの、人として惹かれる気持ちがわかる気がします。

7

読むと、持っていかれる。余韻が凄い…

いやはや…すごく好きだと思う作品に出会いました。
いや~読み終わっても余韻が残って、ぼーっとするくらいには世界観に入り込む。
かなり、ディープな極道の跡目を巡る話なんですが、いいんです。暴力的な、凄惨な場面もあります。だけど、読むのを止めようと思えなかった。
組の若頭の片岡と、目付け役で逃避行に同行する小田島。
小田島が受けなんですが、片岡が当たり前のように犯しちゃうんですね。小田島元々ゲイらしいですが、片岡以外にも、組長の息子のフェラさせられたりといった場面もあります。
とにかく、片岡のちょっとチャラくもある中の凄み、芯のある優しさとか。これは惚れるよね…
とはいえ、小田島の気持ちはラストまではっきりしません。ラストまで読んでこそ片岡と小田島の気持ちと、逃避行が終わるのだと気付きます。
逃避行で、出会った人たちも良かった。人って、一皮剥かないと本当のところはわからない。
暴力と嘘、欲にまみれても結局、中身のその人らしさが全てなんだなぁ…
片岡がかなりいい。小田島が、無表情を崩すところも、ずくんと響きますね。

小田島の過去は凄惨な記憶ばかり。
読み込んだら、小田島の殺した人数の意味がわかりました。
かなり、エグい…
小田島自身は、片岡と旅した事で結果的に救済されたんじゃ無いでしょうか?

本当に、どこでもある日本の小さな海辺の港。田舎の雰囲気が2人の旅を盛り上げています。

いや~ほんとにお薦めします!
ズシンと重い浅井西先生の世界観にはまって欲しい。

6

1本の映画のような作品

カチCOMIさんから、理想のヤクザBLが……!!

大好きなレーベルではありますが、「他のレーベルでは出来ないアウトローな作品」を望む者には、若干物足りなさの残る作品が多い印象でした……
この『あなたを殺す旅』はその意味でも、このレーベルに対する"私個人の理想"が詰め込まれているように感じられました。
ヤクザもの特有の背徳感溢れる雰囲気と、映画のように進む物語が、大変良かったです。

小田島さんの言う殺した人数と、実際に小田島さんが殺した人数が合わない点。
さらっと読んだだけでは分かり辛いですね……
(実際、ここのレビューを読んで納得しました)

彫り物はガッツリ和彫りだと分かると、より嬉しかったです……!!

6

ただただ良かった…

作者買いです。
あらすじ、ストーリーの方は私より素敵に紹介されている方がたくさんいるので割愛して…

というか、ストーリーについての説明が少ないのです。読んでいると分かりますが、モノローグ?のようなものがほとんどありません。
登場人物の会話で構成されているような。でもだからといって説明不足だったりとかはなく、さらさらと2人の時間が流れていくのが心地いい。上質なロードムービーを観ているかのよう。

基本、ヤクザものは個人的にあまり好みではないのですが、こちらは主役2人の人間味がとにかく魅力的で惹き付けられ、素直にかっこよかったです。
あとエロのほうもすごく良かった。甘い雰囲気のあるエロではないのですが、男らしい小田島が片岡に雌にされてる感がぞくぞくしました。というか、浅井先生のエロの描き方が好きです。

シリアスな雰囲気が続きましたが、最後は海の家みたいなところでアロハ着て働く2人にほっこりさせられました。まさかこんな展開に落ちるとは!笑
ちょっと物騒な雰囲気の話でしたが、最後に明るく終わってくれて良かったです。( ◜◡◝ )


6

攻の片岡が男前でかっこよすぎます!!

ヤクザもので、命を狙われる若頭とその若頭の命を狙う部下の話。誰からも慕われ人望厚い若頭の片岡を、現組長の息子が部下である小田島に、片岡を殺すように命じる。組長の息子は片岡に仕事の責任を取らせて街を出るよう伝えるが、そこに片岡を殺すように命じた小田島を同行させる。

小田島は、組からの命令もあるし、同じ組の仲間で家族も同然だった男が片岡をかばい殺された過去も持つ。一方で片岡に強烈に惹かれていくため、なかなか片岡を殺せない。

この若頭の片岡が男前で男気溢れてて、色気たっぷりで、エロくて、とにかくめっちゃくちゃかっこいいんです!!

設定が部下との二人旅、というものなので、柄物シャツでラフな格好してるんですけど、過去の思い出描写で出てくる、若頭としてグイグイやってるときの片岡って、仕立てのいいスーツに毛皮のコート着て、髪はオールバック。いかにも〜って感じなんですけど、色っぽくてめちゃめちゃかっこいいんです!!

それにもう、やることなすこと男前!!この作品は片岡が全部持ってっちゃってると言っても過言ではないくらい、攻の魅力が半端ないです!

物語の中盤、小田島が男とのセックスは片岡が初めてだったと告白すると、

「結婚するぞ 責任は取らねぇとな 男だからよ」

この潔さ…。小田島じゃなくても惚れます…。

さらに物語終盤、組長が病気で亡くなり、危険をおかしても組に戻り葬式に参列する。そこで刺客に撃たれそうになるのを小田島がかばうんですが、とっさに小田島と身体を入れ替えて撃たれる片岡。呆然とする小田島に、

「守んねぇとな お前、俺の恋女房なんだから」

かーっこいいー…あまりにもかっこよすぎて、痺れます…。見ているこちらも心を射抜かれて昇天しました…。あまりにもかっこよすぎる…。

片岡はこの旅が始まったときから、すべてをお見通しなんですよね。小田島が自分の命を狙っていることも。それを否定せず、なすがままにさせている。一方で小田島を抱くたび、愛おしく抱く片岡。

最後、病院から抜け出し車の中で身体を重ねる2人。激しく愛し合う。その刹那、小田島は銃を片岡の胸に突きつける。それでも動じない片岡。銃口をそっと自分の額に当てる。

「こっちだ 言ったろ 外すなって」

なんすか、これ。めっちゃくちゃ痺れます…。男気の塊。かっこよすぎて吐血。片岡ー!!どこまでかっこいいんだー!

小田島のビジュアルはいまいち刺さらなかったんですけど、男✕男の壮絶な純愛ストーリーで、読み応えたっぷりです!

この作品はストーリー的にもキャラクター的にもとてもよくつくられていて、片岡を殺す命令を出した組長の息子も片岡に対する誤解と嫉妬があって、キャラクターとしてとても際立っている。小田島にも暗い過去があったりして、キャラクターのバックボーンもしっかり描かれています。

ストーリー重視の方、男前大好きな方にはかなりハマると思うので、ぜひ読んでいただきたいです。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う