忘れる君との300日

wasureru kimi tono 300 nichi

忘れる君との300日
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
60
評価数
15
平均
4.1 / 5
神率
40%
著者
浅井西 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784199609244

あらすじ

毎日記憶を失う君に俺は何度も告白をする――
海辺の街で繰り返す切ない初恋

1年分の記憶を失い、新しい記憶は1日で消える――記憶障害を抱える幼なじみのアラタと二人きりの旅を続ける若手俳優の理人。毎朝ただの幼なじみに戻ったアラタに告白し、海辺の街で人目を気にしないデートをする。
「男とか関係なく、理人の気持ちにこたえたい」記憶を失くしても、いつも同じ言葉で返してくれる。それなのに、翌朝にはすべてを忘れてしまう――仕事も栄光も捨て手に入れた、初恋の日々を繰り返しながら、理人は恋心を募らせていき…!?

表題作忘れる君との300日

理人(莉緋人),芸能人
アラタ,彗星の影響で記憶障害を患った青年

その他の収録作品

  • 書き下ろし番外編:その光の先へ
  • あとがき/カバー下:イラスト

レビュー投稿数2

切なくて泣きました。

浅井西先生の新作待ってました。
絵もストーリーも情緒があってすごく良かったです。

彗星によって記憶に障害をおってしまった受けと、そんな受けに尽くす攻め。
攻めと恋人同士になったことを忘れてしまい、朝起きると1日の記憶がなくなってしまうようになりました。そんな受けに毎日毎日攻めが告白をして恋人同士になるのを繰り返すというお話です。

設定だけで号泣ものですが、浅井西先生の描く心理描写が素晴らしくて読んでいてすごく切なくなりました。エッチシーンは多いですがいやらしさが無くて良いです。

舞台が海辺や水族館なのも素敵でした。
ラストのオチまで美しくて凄く良かったです。

1

流れ星に願う事なんてみんな自分勝手なものよ 

タイトル衝動買いです
忘れる から想像したのは記憶障害

どんな事件や事故が?って若干前のめるの悪いクセですよね



彗星の影響でごく僅な人に現れた記憶障害
その症状はまちまちで 記憶の全部をわすれる人 新しい記憶を持てない人

彼の症状は1年分の記憶を失い 新しい記憶は1日で消える
そんな彼に毎日告白をする幼馴染 と 同じ1日を何回も繰り返す恋人


せつないですか? せつないですよね?たぶん
あたしの感覚が麻痺していても読みはじめ これはせつない となりましたから


ただ お話の中から伝わるせつなさがいまいちないというか
お話しに広がりはあるんですが 同じ1日を繰り返すだけなのでそこに思うことがあまりないというか

理人の職業柄仕方ないのかもしれないんだけど 他人との関わりを一切断っている感じに映るその日々で なんども繰り返す同じやり取りを見続けているので なんともやるせない っていうのを感じられればよかったんだろうけど  んんんん

激情なんてのを好んで読みたがるあたしには些か 中途半端なものに思えて


最終的に タイトルが全部でした

何度も繰り返す1日に終止符をうったのが300日目
取り戻す未来と引き換えに失ったのは一緒に過ごした300日


理人の感情が抑え込まれてるからなんですかね?
もっと泣いたり悔やんだりがあればあたしでも込み上げるものがあったと思うんだけど あっさりしすぎちゃって 感動ポイントであろう最大の魅せ場も すすす──と  あまりに淡々としすぎてて流しちゃったんですよ 

何百日も繰り返すうちにすり減っちゃったってことなんですかね?理人の感情も
だからあんなにヤってるのに アラタが忘れてしまうことには淡白だった?

おおぉぉん なんなんだろう?
容赦なく過ぎていく季節に哀しい未来を拒み 永遠を望んだことになにも思うことがないだなんて  


いや ごめんなさい
理人のアラタを想う一途さはいいんだけれど ここんところ濃くて激しいお話読みすぎちゃったんですかね?
淡く繊細なものがよく見えなくなってるみたい(← いつも見えてないよね?)なので この眼精疲労が落ち着いたらもう一度読んでみることにします ほんとごめんなさい

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う