ワンルームエンジェル

one room angel

ワンルームエンジェル
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神373
  • 萌×224
  • 萌17
  • 中立17
  • しゅみじゃない26

2

レビュー数
78
得点
2029
評価数
457
平均
4.5 / 5
神率
81.6%
著者
はらだ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784396784751

あらすじ

趣味なし、友人なし、恋人なし。
生きる価値、なし。


惰性で毎日を送っていたコンビニ店員の幸紀(30代)は、
うっかりチンピラに刺され瀕死になった折、
遠のく意識のなかで、真っ白い羽の美しい「天使」を見たーーー。

お迎えかと思いきや、その後すっかり完治して
帰宅してみると、そこにはあの時の天使が…。

天使のふてぶてしい態度に戸惑いつつ、
記憶もなく、飛べないというのを不憫に思い、
天使をしばらく家に置くことに。

突然はじまった奇妙な同棲生活だったが
天使との日々は、死んだように生きていた幸紀の心に
ある感情を芽吹かせてーー。

あなたは、この関係をなんと名付けますか?

デビューまもなく、自身が執筆した短編
「止まり木」をセルフリメイクした意欲作!

表題作ワンルームエンジェル

幸紀(コンビニバイトの夜勤)
天使(天志)

その他の収録作品

  • #1「であい」
  • #2「ふたり」
  • #3「てんし」
  • #4「こうき」
  • #5「なみだ」
  • #6「きおく」
  • #7「 」
  • #8 描き下ろし「 」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数78

今までに見たことの無い作品

今まで読んだ作品とは全く違うテイストの話で、BLの枠に収まらない話だったので、BL初心者にも、長年BLを読んでいる方のどちらにもおすすめできる。
今までのはらだ先生の世界観に少し沿っていて暗い部分もあるけれど、最も優しくて、切なくて、涙無しには読めない。天使の笑顔がすごく可愛かった。はらだ先生のこだわりをものすごく感じる1冊。書き下ろしも素敵で、最後に安心して本を閉じることができた。続編等が出てほしい。

0

生きづらい世界の優しい物語

ちるちるにレビューをするのは初めてなのですが、あまりによかったので投稿します。
始まって数ページで涙。最後は自分でも引くぐらい泣きました。

救いのない日々に天使が落ちてくる……という結構ファンタジーで非現実っぽい設定ではあるんですが、生きづらさがはびこる世界で出会い、少しずつ変わっていく二人が本当に美しくて。。。
普段不愛想な天使にだんだん心を許し癒されていく優しい日常を何度も読み返しては悶えました。

あと絵が美しすぎます。小さい戦闘のコマなどもバトル漫画さながらの画力です。テンポもいいのでするする読めました。マニアックなことを言いますが、天使の横顔の口が好きです(笑)

0

ふてぶてしさに癒される不思議

号泣です。シュールな笑い混じりのコミカルさがあったはずなのに、気が付けば号泣していました。

心が重苦しくなるような幸紀の日常。幸紀自身が淡々としているから、余計にそこはかとなく辛くなる。突然舞い降りてきたふてぶてしい天使と暮らすようになっても、その印象は変わらず。天使との関り方から幸紀の人となりが伝わってきて、何とかならんのか、と思うも何ともならず。
天使は天使で、ふてぶてしさの中に見え隠れする繊細さが心を引っ張る。どういう子なんだろう。どういう存在なんだろう、と。そのふてぶてしさに何故か癒されながら。

静かな辛さの底にいたような二人が、幸せと感じる未来に辿り着けたことが心の底から嬉しいです。私の心までも救われました。

0

やさしい関係、出会えてよかった

「あなたはこの関係になんと名付けますか」ほんとにこの一文にこの本の思いが詰め込まれている。
BLではないけど普通に話として最高だった。悲しくて切なくて暖かい、曖昧な感情が伝わってきて読んだ後とても感動した。本当に。
はらだ先生初めてだったが、導入これ読んでしまったらはまるしかないと思った。ぜんぜんBLでない、素晴らしいの本なので普通にみんなに読んで欲しい。

0

BLじゃないけど、二人の絆に感動されました

これはもう恋人以上のソールメイトだと思います。最後のところ、泣きました。

0

例えば、信号で隣り合った人が、いつか大事な人になるような。

ちるちるでレビューはするつもりはなかったのですが、とても良い作品だったので書かずにいられませんでした。
まずこのお話はネタバレなしに読んで頂きたいです。ネタバレなしの方が世界に入り込みやすいです。そしてファンタジーな部分があるので、「あ〜そうなのね〜」くらいの軽い気持ちで読み始めるのをおすすめします。あとからストーリーに引きずり込まれて軽い気持ちじゃいられなくなりますので。
なるべくネタバレなしで書きましたが、少しあるかもしれません。

まずはらださんは結構ダークで痛々しい感じの物語が多いと思います。
ですがワンルームエンジェルは全くそんなこと無かったです.....最初から最後までとても優しいお話でした。
主人公は2人とも、孤独でした。
幸紀はあらすじの通り、趣味なし、友人なし、恋人なし、生きる価値、なし。
そんな彼の元に「天使」が現れます。天使は自分が飛べるようになるまで傍に置いてくれと幸紀に頼み、幸紀は見かけによらず優しいのでそばでしばらく面倒を見ることになります。
天使と幸紀のやりとりがとても面白いです。いちいちクスッと笑えるので飽きません。
そして中盤、段々見えてくる天使の過去。正直私はここでうわあ.....となりました。よくある話だと言っていた方を見かけましたが、私は読んだことがなかったのでここで落ちたというか..本当に、うわあ.....って感じです笑


過激なシーンもなく、キスすらありません。でもBL?って言われると私はBLだと答えると思いました。
これは恋というよりかは愛の話だと思います。添い遂げる、話。

最後(書下ろしではない方)の天使の笑顔でものすごく泣きました。
2人とも、自分は孤独だと思ってたんです。でも周りには自分を助けてくれる親がいて、それこそ天使と幸紀のような、なんの関係もない人でも、本当はこうして仲良くなれるかもしれない。例えば、何気なく信号で隣で待つ人も、いつか自分の大事な人になるかもしれない。そんな風に思わせてくれました。
ラストのシーン、最後だけでも素敵な人に出会えた天使の笑顔が、ありがとうと言っているようで涙が止まりませんでした。
書き下ろしもとても素敵なのでぜひ読んで欲しいです。

このお話は本当にネタバレなしで読んで欲しいです。私は読んで損は無いと思っています。
初レビューで、文が上手く書けませんでしたが、伝わりますように。
失礼しました。

1

読むんじゃなかった BLが読みたかった。

ただただ天使の父がこの先をどんな風に生きていくのかが心配。
以下思いっきりレビュー修正。






私にはちょっと受け入れられなかった。
人は死んでも天使にはならないと思う。
止まり木は好きだった。こういう広がり方しなくて良かったんじゃないかと残念に思った。

なんというかBがLしてなくて、それってBLですかね?という感じ。
じゃ、何を書きたかったのか?ちょっとわかんない。
はらださんのBL好きなのにな。

思想の部分で合わないのかもしれないですね。
ですけど、これからもはらだ先生のBLを楽しみに読みたいと思います。






1

うっすらネタバレかも

変愛収録の「止まり木」をBL作品として既読ですが、本作を普通の漫画作品として読むと言いづらいですが凡作だなと感じました。それでも当たり前ですがプロと言えるクオリティではありますし、「止まり木」より画力や構成力もアップ、ページ数が増えた分、解説的なものが増えストーリーに深みが出ており、普通に楽しんだり感動したりして読むことができます。

2

天使の笑顔がたまらない

切ないです。泣きながら読み切りました。内容を思い出すだけでも涙が出て来る作品に初めて出会いました。
QRコードの演出も素晴らしいです。

1

何度も何度も読み返してしまう

私の中で今年1番言っても過言では無い作品です。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ