好きなひとほど

suki na hito hodo

好きなひとほど
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神203
  • 萌×2117
  • 萌40
  • 中立23
  • しゅみじゃない17

--

レビュー数
50
得点
1626
評価数
400
平均
4.2 / 5
神率
50.7%
著者
はらだ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784864421805

あらすじ

新人営業マン・飯田は、先輩の米田にしごかれる日々。ある日飲みの席で強引に告白され、付き合うようになってからもオレ様の米田に振り回されてばかり・・・?構いたくなる、虐めたくなる、泣かせたくなる。全部恋の初期症状♡人気沸騰中のはらだ先生によるリーマン後輩×先輩のカゲキな下剋上ラブ!

表題作好きなひとほど

飯田,気弱そうな新人営業マン
米田,営業マン,攻と同じ会社の厳しい先輩

同時収録作品うまくいかないしつけの方法

左田,雑貨屋店主
右田,万引き少年

その他の収録作品

  • すきほど番外・稲米編(描き下ろし)
  • 好きなひとほど自慢したい(描き下ろし)
  • 好きなひとほど言葉にして(描き下ろし)
  • カバー下:キャラ説明

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数50

間違いない

はらださんの作品はどれも展開がおもしろいので、はらださんの新作が面白くないわけがない。今作も間違いなく神作でした。

始めの方は米田がかなりSっ気の強い嫌な先輩に描かれていて、読んでいてちょっと嫌な気分になりかけましたが、そこはさすがのはらださん。そんな単純なキャラなわけなく、飯田との関係を進めるにつれてお互いのポジションが最初の頃と少しずつ変わっていく様子が楽しめました。

糖度高めとあって、なんだかんだお互い好きあってるのがすごく伝わってらぶらぶいちゃいちゃってわけではないけど、甘い。こういうの、BLならではな感じでいいんですよね。脇役もキャラがしっかりしていて無駄のない脇キャラ達ばかりでした。

もう一つのお話もはらださんらしくえろくてえげつないけど落ちがあって良かったです。だからはらださん好きなんですよ!!今作もはらださん独特の作品の雰囲気ですが、不思議と「おんなじような感じ」にはならない所が素晴らしいです。

あとネーミングセンスがすごいです。表題作→米田、飯田、稲田、麦田。もう一つのお話→右田、左田。全部「田」がつき、表題作は田んぼに纏わるものでまとめたのか、メシ系でまとめたのか…?右・左って…、右・左って…!!適当に付けたとしか思えない斬新なネーミングセンスで全部まとめるあたり超最高です。面白い!

8

受け~攻めへ

はらだ先生の作品は、ちょっと苦手なものもありましたが
今回の作品はすごくはまりました。

先輩と飯田の関係も読み進めるうちに二人共の気持ちがよく理解できていきます。
ただのエロい話ではなく、きちんとしたストーリーが二人や
周りの人との間にあって理解しやすくリーマンの話というのも
身近に感じられる内容だったと思います。
また脇もみんないいですよね。
女装の社長や同僚の麦田ちゃん(何気に飯田のこと好きだったんですね)
イイ感じに二人の間を引っ掻き回してくれるのですが
なんだか憎めないというか、分かっていてやってるあたりが
可愛くて笑えてしまいます。
そしてあの部長さんもここぞというところでうまいこと絡んでくれてます。


麦田ちゃんに嗾けられて先輩を抱いちゃった飯田だけど
結果的には先輩ってOKだったんですね。
でももともとはノンケだった先輩をそっちの道に開花させたのって
やっぱりきっかけはあの女装社長だったということなのかな?

このお話の面白いのは、先輩と飯田くんの気持ちの変化や
お互い想っている上での、駆け引き。
途中けっこうキュンとさせられました。
初めはちょっと嫌味な先輩だったけど、好きな子にわざと意地悪する小学生
みたいでちょっと引くと追いかけてくるような可愛さに
飯田くんもきっと絆されてしまったんでしょうね。
そしてなんでも企んだことに、まんまと引っかかってしまう先輩は
口ではあれこれ強いこと言ってても、結局は飯田くんラブでツンデレなとこ
本当に可愛くて微笑ましかったです。

女装社長の最後の爆弾発言は、二人にとっては冷や汗ものだったでしょうが
麦田ちゃんといい、部長さんといい良い上司や同僚に恵まれた二人が
誰からも偏見の目で見られずにいるというのが
すごく幸せなエンディングだと思いました。

2作品目の短編もなかなかエロくて笑える作品でした。

7

「ふーっ」が好き!笑

はらだ先生にしては、ノーマルなエロが多かった気がしますが、相変わらず面白かったです!他のはらだ作品と相対してですので、この作品も十二分にエロいですけどね。

随所に萌えが散りばめられていたんですが、その中でも私の一番の萌えポイントは、エッチの時の「ふーっふーっ」という息継ぎです。男の人同士って感じがして妙に色っぽい!ちょっとマニアックかもですけど笑 共感してくれる人いないかな〜

6

米ちゃん最高‼︎

待ってましたー‼︎
はらだ作品の中でも、今作の米田先輩が、どストライクに大好物の受です!
米ちゃんは、格好良くて、可愛くて、エロくて、前髪下ろしてる姿なんて、本当に色っぽすぎます‼︎‼︎
攻の飯田も、ちょい地味で可愛らしい容姿の割りに、しっかりエロくてイイ!
当て馬の社長も同僚の麦田もすごくいい味出してて、良かったです。
最初は、受攻が反対で、あのままなら神評価にはならなかったと思いますが、さすが、はらだ先生です。
中身はもちろん、はらだ作品なので、がっつりエロもあり、ほとんどが表題作のお話なので、たっぷり楽しめると思います。
一話だけ、短編が入っていますが、そちらも、はらだ作品らしいエロエロになってますので、オススメです。
とにかく、一度読んでいただいて、無茶苦茶かわいい米ちゃんを堪能して欲しいと思います‼︎‼︎

5

素晴らしい作品!

はらだ先生の新刊待ってました!!!変愛、やたもも共に大好きだったので、すごく期待していたのですが、期待以上でした!はらだ先生といえばエロですが、それに加えてストーリー性も抜群です。今回の本はどちらかがクズなんてことはなく、クズ受けなどが苦手な方でも読みやすいと思います。攻めの飯田くんは気が弱めな可愛い年下くん(だんだん変わってくるのですが…w)ですし、受けの米ちゃんは男前ツンデレ年上ですので、年上受けが好きな方には本当にオススメしたいです。エロの描写が素晴らしいんですよね…たまらないです。個人的には最後の読み切りもはらだ先生のエロ!って感じで好きでした!

4

安定の面白さ

はらだ先生の大大大ファンで今回の新刊をとても楽しみにしていた者です!
今回の「好きなひとほど」は「当社比糖度高め」とのことでしたので、確かに「やたもも」や「変愛」と比べるとラブラブカップルな印象でした。でもはらだ先生ならではのエロやコミカルな雰囲気、ストーリーの面白さはしっかりあったので満足して読めました!(^_^)
あと読み切りのお話がめちゃめちゃ面白かったです〜〜!!

4

とにかく可愛い///

米田先輩可愛かったですw
下克上はあまり好きではなかったのですが、これを見てハマりましたw
下剋上と言っても攻めはあまりガツガツしてなくて少しチキンな面もあって攻め受け共に可愛いと思いました。
(最後は結構盛ってましたけどねw)
そして何と言っても第三者のインパクトw
米田先輩を取り合う飯田くんと稲田さん
エロもいっぱいありましたし〜
とにかくごちでしたw

4

レビューデビュー

BL作品を読み初めてまだ日の浅い自分ですが、思いきって書いてみようか!と思わされたこの『好きなひとほど』。
何が素晴らしいって、すでにレビューされている通りストーリー、キャラクター、表紙、ネーム、どれもずば抜け萌えなのです!
絵柄は好みが分かれますが、洗練された線というよりは、丸っこくて親しみのある画風で、なのにエロ度が濃い内容ってところのギャップに、より生々しさを感じて興奮をかきたてられます。
最初に米田先輩が攻めのエッチは、数コマしか描かれておらず、最初は「米田が攻めだった」ということだけ認識させており、後の逆転劇の辺りから本格的にエロ描写が始まるこのお話、そこから二人の気持ちの変化と互いの成長へと発展していくという流れがとてもよかったと思います。
恋のライバルも、両方のサイドに一人ずついて、米田は麦田が隠れた恋敵であることは知らないままなのですが、彼らの活躍(?)により、二人はより恋人同士になっていったのですね。。
はらださんのこのどこかほのぼのした絵柄も手伝って、誰もほんとの「悪役」にはならない感じが、読後感のよさに繋がってるなーと思いました。

全然関係ないですけど、麦田さんが「美味し○ぼ」の栗田さんに似てる気がしましたってことを最後に付け加えて。。

初レビューとさせていただきました!
素敵な一冊をありがとうございました!

4

流石としか言えません。

今回の作品もすぐに引き込まれました。
本当に流石としかいいようがありませんでした。
まさかの攻め、、?と思いきや受けだったのか!というのがわたしの率直な感想です。
そしてなんといってもエロい。
エロいといっても内容が無いエロではなくちゃんと内容があるエロでした。
ただ読んで欲しい。という一言に尽きます。
表題作も面白かったのですがわたしは一番最後のお話が特に好きです。
まさかあの少年の計画通りだったのか、、?!と思うと少し怖いですね(笑)
この一冊は本当におすすめです。

4

楽しくて、いじらしくて、可愛い。

はらださんの作品は同人の方で読んだことがあるのですが、
独特なタッチと秀逸な物語の描き方に魅了されつつも、生々しい描写やどぎつい鬼畜プレイなどの趣向は受け付けなくて、少し遠避けていました。
しかし最新作であるこの作品、カップリングがどうしても自分好みだったのでやっとのことで手が伸びました。
私の好きなはらださんワールドが詰まった一冊でした・・・。
受け攻めが逆転する下剋上ラブ、という思いきった展開。
最初は受けの表情など全く滲み出ないし、横暴で可愛くない先輩がいつのまにやら可愛いくて仕方なくなっていました。
冒頭から5ページ目でこのありえないカップルが成立し、付き合い始めの先輩の意味の分からなさには飯田君だけでなく私まで振り回されましたが、
その時の先輩の本心が後で明かされて納得。
この2人、始まりは最悪だったけど、ゆっくり恋をしていたんだな・・・。
イネオさんに飯田くんのこと惚気倒す先輩には悶えました。実は飯田くんのことめちゃくちゃ可愛いと思ってて、もう大好きなんですね・・・!
「あと、車の運転が上手い・・・」というのは暗にテクニシャンであることをほのめかしてたんでしょうか・・・!笑
イネオさんとムギタちゃんもとても良いキャラしていました。邪魔しつつも2人の背中を押してあげちゃってる不憫さが愛しかったです・・・。

一緒にモヤモヤしてキュンキュンして幸せな気持ちになれるお話でした!




3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ