さぼさんのマイページ

中立作品

女性さぼさん

レビュー数11

ポイント数111

今年度185位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

うーん

電子書籍で購入。
作家買い。

小中先生の新作ということでワクワクとしながら手に取りました。
ごめんなさい、「中立」評価です。
私にはあいませんでした。
ちっとも、萌えられず。

ストーリーは別に地雷もなく、むしろ、小中先生のオメガバースは大好き。
ですが、今回の作品は、なんだか違いました。
なんというか説明が難しいのですが、描きたいエピソードがいくつかあって、それを繋げましたって感じがしてしまいました。
登場人物の人となり、そのような考え、行動に至る理由を裏付けるためにそのエピソードが存在するのだと思うのです。
それが、今回は繋がりがなくバラバラに感じました。
まるで別の人のように一貫性がないように感じました。
例えば冒頭の受けの人柄と回想での思考回路や行動、そして途中、クライマックスの思考回路と行動。
うまく繋がりません。違和感があります。

発情の時の受けの行動も、当て馬オメガのことをあんなふうに思って攻めの護衛までしていたのにそんな思考回路でそんな行動にでるのかな?と違和感です。
事後の行動も???ですし、その後の展開はお約束で、でもすんなりとエンド、、、ですし。
攻めの行動も???ですし。

うーん。。。

私が細かいところを気にしすぎなのかもしれませんが、一度、?となると萌えられません。

この作者様はいつも丁寧で、この伏線がここに繋がるのか!と読者を唸らせるてくださるので、今回はより一層、残念に感じました。
単に、私が今回の登場人物の心情を掴みきれなかっただけかもしれませんが。

なんだか

電子書籍で購入。
小山田あみ先生の挿絵が素晴らしい作品。
ごめんなさい、「中立」評価です。
「しゅみじゃない」と迷い、挿絵の評価をプラスしました。

私にしては珍しく、あらすじや皆様のレビューを読んでから手に取ったからでしょうか。
思っていた方向と違いました。
あれ?あれ?と随所に違和感。

なんでしょう?

うまく攻め様の溺愛をキャッチができず。
たくらみのある、腹に一物のある攻め様だと思っていたので、最後に拍子抜け。

あとがきでの作者様の「好きで好きでたまらない初恋物語」の言葉に衝撃を受けました。
全然、読み取れてなかった。
あれ?そんな感じでしたけっ?
ものすごく得体の知れないおどろおどろしくて怖い攻め様の行動に背筋が寒くなっていたのですが。。。
最後にニヤリと暗い微笑みを浮かべるようなメンヘラ気質の執着攻め様なら納得ですが、いろいろあったにせよ、攻め様の精神状態は健やかでそこまで病んではいない様子。

というわけで、おそらく素直に読めていれば皆様のように高評価だったのかもしれませんが、相性が悪く、違和感に楽しめませんでした。残念。