bridgestoneさんのマイページ

レビューした作品

女性bridgestoneさん

レビュー数1

ポイント数18

今年度415位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

ロマンチックファンタジー!!

泣きながら読み終わり感動しっぱなしの気持ちのままコチラのレビューを覗きに来たら、まだレビューがない!!!!!この感動を分かち合いたかったのに!!!


というわけで、勢いそのままにレビューをさせて頂きます。


冒頭、口喧嘩?してる村のおじさんたちの前を未亡人風な色気のある喪服姿の男性が登場。この時点では全くファンタジーだと気づけませんでした。お色気な受けにみんなが惑わされていくのかな~なんて思っていた自分が浅はかでした。



旦那さん、と呼ぶパートナーの死後、受けの妻さんは黒い喪服に身を包み旦那さんの遺品である日傘を常にさしています。その日傘の内側には妻さんと会話するように文字が浮かびあがる。日傘を通して妻さんと旦那さんは繋がっています。


そのことを知っているのは若大将と呼ばれる酒屋さんの息子さんだけ。息子さんは、妻さんに会った初めから惹かれていて旦那さんが生きている時から陰ながら想っていました。


それを旦那さんも気づいていて、あえて妻さんに「若大将に抱かれなさい」と日傘にメッセージを。



生きている時は若大将を牽制していたのに死後は二人が幸せになれるよう後押しをしながらもヤキモチを滲ませたり、若大将に抱かれる妻さんを「綺麗だった。あなたを抱きしめる腕がないのが寂しい」と呟いたりして、読者であるわたしは心を打たれっぱなし。


妻さんは四十路で高校生の時から旦那さんと寄り添っていて、旦那さんは自分の一部であり、それを裏切ることは出来ない、と若大将に惹かれているのに近づけません。それがまた切ない!!!

分かるんですよね、過ごした時の長さが思い出の多さでもあるし。死んだからといって気持ちがなくなるわけでもない。だからこそ、どう整理をつけたらいいかわからない。


そういった葛藤がうまく描かれていて滂沱です。笑



若大将も四十路カップルの話の中で瑞々しく輝いた存在ですし、旦那さんも優しく深い愛で妻さんを包んでいるし、妻さんもそんな旦那さんのことを心から想っているのに若大将にも惹かれている、それがまー、色気が凄い!!


未亡人いいですね!!!!




日傘の旦那さんとの出会いの話が最後にありますが、こちらも素敵です!!
もー運命としかいいようのない引力で惹かれてく二人がエモすぎる!!!



そんな話を聞いちゃう若大将は、心が広い~~
旦那さんを含めた妻さんを愛してる感が詰まっていて最高です!!



レビューがなかったので、拙い文しか残せない私が一番乗りですが、この感動をぜひ素晴らしい文でまとめてくれる方が現れますように……

BL初心者向けでしょうか。ライトです。

ストーリーがなんだか懐かしさを覚えました。

10年ほど前にネット小説?っていうのでしょうか。某アプリとか某サイトとかに溢れてた設定。


その頃はBLにハマり始めていた頃なのでそういうのに満足していましたが………

キャラや設定、ストーリー展開全てにオリジナリティを感じなかったのが残念です。

先生の他作品は、雰囲気があったのに。



二人で掴んだ青い鳥に感動です。

掲載時のレビューが絶賛だったので一冊になるのを待ち望んでいた一人です。

元々、木原先生の主人公に対する残酷なまでの現実が辛いんですが鷲掴みにされていて。

オメガバースに対しては何とも思わないんですが。笑




アオイトリは、受けでΩの河内さん語りで進みます。Ω語りというのもあって、まぁ河内さんに感情移入してしまいβになれるかもしれないとなった時は河内さんを応援してしまいました。
そんなうまくいくわけあるかい、木原先生やぞ!という心のツッコミも無視して河内ガンバレ!!という気持ちで進めていった先にいたのがαの犬飼。
犬飼が、まーいい人で。木原さんなら鬼畜系でもあり得ますが、めっちゃ河内を愛してるいい人!!いい人だからこそ、河内に拒まれた時の犬飼の傷つきっぷりが良くわかり……………結果、ツライ。笑



アオイトリ2は反対に犬飼語りに。前回では犬飼は言葉数少なく熱量が伝わってきにくい部分もありましたが、やはり自分のターンとなると語りますね。河内さんへの愛のほどを。これを読み今度は犬飼さんに感情移入。笑
犬飼ターンになると今度は河内さんが言葉数少ないと気づきました。
それもやはり望まぬ結婚だからかな、と犬飼と同じく思っていましたが………
わたしはBL脳になってたようで男同士を軽く見ていたようです。河内は、とても男同士ということに葛藤していたようでした。
お互いが悩み、打ち明けられずにいてすれ違い喧嘩。そして歩み寄れた過程が、特殊なオメガバースとはいえ、男同士の恋愛なんだと意識させられ感動しました。


そして書き下ろし、タイトルが「ラブ&ハニー」。ラブラブを期待せずにはいられない!!笑


男同士の恋愛だということを念頭において……普通のガタイのいいオジさんリーマンからのミルクプレイ?!?!めっちゃ萌えました。笑
2人の火の付き方もオメガっぽくなくてめっちゃいい!!!!



交互に感情移入し何度涙を拭ったか。
心を抉られるような流れもありましたが、最後の描き下ろしで本当に二人は恋人となり夫婦になれたんだなと読み終わって幸せな気持ちになれました。


後味の悪い木原さんも好きですが、こっちはもっと大好きです!!!!


作中で河内が犬飼に「お前がレイプしなければ」「βとして生きていけた」と吐露します。これは勢いで出してしまった言葉ではなく本音だと思います。(だからこそ犬飼も傷ついた)童話の青い鳥の過去や未来の国を彷徨い現実で幸せだと気づくシーンと重ねているのかな、とこういうところからアオイトリにしたのかな、とふと考えてしまいました。


βになり彼女との幸せを掴む可能性のあった河内が後悔や恨みがあって不思議ではありませんが、犬飼の真摯な愛情に自然と顔を向け現実で幸せになったという主題に向けたラストにいつまでも余韻に浸っていられます。


愛を知るにはまだ早い!!

面白かったです~~~~

初作家さんだったのですが、この作品のレビューが気になって前作から読みました。

とっても読みやすい。
読みやす過ぎて2時間で読めちゃったのが、ちょっと残念。
物足りない!!もっと読みたいよ~~~で終えてしまったので。


そして、私的には前回を振り返って、みたいな自己紹介はいらなかったなぁ、と。


事件は前回よりも重く感じましたし舞台が団地。なんか本格的。ちょっと怖かったです。


それよりも、
百鬼さんが愛を語るの早いよ~~~~~
愛がわからないけど、君に執着している。好きだよ。
なんていう正直すぎる不誠実がドストライクだったのに~~~~~


この事件をキッカケに深く進展するのはいいんですが、愛を知るのは続編などでジックリして欲しかったよー!!

最後らへんに、鳴海くんがピンチになって気付いて助けに行って入院☆やっとこさ退院してレッツラブ!のくだりが早い!!!もっと下さいよ~~~~泣


百鬼さんの過去が明らかになり過ぎてないのがいい塩梅でした。

謎めくいい男の紐解きは、そこそこ派なので。笑
丸裸にしてしまうと……褪せちゃう気も。


ちゃらんぽらんな、贅沢男に甘やかされても自分を律してるなるとくんが可愛いので、寧ろ鳴海くんペースになってく百鬼さんとか見たいです!


プランタンさんがなくなってしまうので、こちらはもう続編なしなのでしょうか?
同人誌に抵抗あるわけではありませんが、出来たら出版社さんからがいいなぁ、なんて。


下に降りてきたラプンツェル王子はとんだストーカー野郎でした。

カップルの付き合っている時、別れている時の攻めの態度の違いについていけませんでした。

最初は、なんて健気な受けで物分りも良すぎるけど我慢して受け止めているところ凄くわかる!と共感してしまい攻めの作家独特の変人傍若無人ぶりが気の毒で仕方ありませんでしたし、別れを決意し好きなのに続けられないと一歩踏み出すところも涙が出てきました。

嫌いで別れたわけでないので気持ちが過去に引きずられるのも凄くわかりましたし、意識したくないのに考えてしまう、なんて苦悩にも涙。


ですが、理解できなかったのが攻めの前半と後半の違い。別れてからの執拗なアピールにストーカーぶり。

え?!こんな前兆あった??こんな人だった?と混乱しました。だって付き合っている時に好きだと言ってもくれない人ですよ?!どこにあれだけの想いを隠していたの?と驚きをかくせませんでした。


失って気付く、なんて可愛いものじゃなかったでふよ、あれは。元からストーカーの気があったとしか。

そして、あれだけストーカーできるなら好きってなぜ伝えなかったのか謎。最後までここが謎でした。

彼なりに大事にしてた、愛してた。なら、なぜ伝えなかったの?

睦事の時にでも言えるじゃないですか。

そこのへんの謎が解き明かされてない……ただ自分本意の恋愛しかしてなかったってだけじゃないでしょう。職人気質の変人だっていう理由もおかしいでしょう。そこが本当に理解できなかった。


ただ、この二人はこれから二人で1つづつ解決してずっと一緒にいるんだろうなぁ、と思えます。
二人ともしっかりと現実を見れるようになったので。



初読み作家さんでした。評価が高いので読んだのもありますが、この作家さんの他作品が気になるので先にこちらから。


人間として受け付けない受けでした。

本当に受けがダメでした。
みなさん、本当に心が広い。
わたしには、どうしても受けの考え方や行動が受け入れられなかったです。


攻めが一歩二歩引いて欲しいものを素直に言えない、というのは分かるのです。
三角関係の一人、宇津木が病で心細くなり可愛がっている受けを手放せないのも分かるのです。
ですが………
①恋とか愛とかわかんなーい!恋人って何?定義ってあるの?みたいなことをいうアラサーはない。そして、それを育った環境からくるもの、と理由付けてるのもありえないですね。その位の歳になれば常識的にわかります。周りが遊んでようがわかるはず。

②体の関係は攻めと以外しない、といいながら宇津木からの誘いは断れない、といいあわよくば見逃してもらおうという精神がありえません。マグロに徹するとか関係ありません。そんな自分勝手が通ると思うアラサー。甘い。

③極めつけは、他人の痕を攻めに見せてしまいそれを攻めが言及しないからとスルー決め込むところ。いやいや、大人は雰囲気で別れよ、的な感覚でしょうか?ないない。まず、痕ついてんなら見せないで。傷つくことを考えて。

④やっぱり攻めが悲しむから宇津木との関係を終わらせたいと散々傷つけたあとで相手のことを思い遣ってる風に断りをいれるところ。ないない。今更?って思うし、それを言うなら相手がではなく自分が冷えた雰囲気に堪えられなくなったからでしょう。そのせいで絵がかけない。身勝手すぎる。

⑤宇津木に最後といわれ3Pを誘われるが前のように楽しめないよ、俺変わったから。と告げたこと。いや、それ言うなら最初に言って断固として断りなよ!!本当に今更何言ってるんだよ!!宇津木も散々振り回して!!

⑥宇津木が諦めてくれたのに治療のため海外に行く宇津木に着いていくと言い何の連絡もなく朝帰りし攻めに伝えたところ。ないない。また、あわよくば見逃してもらおうとしてる。じゃぁ、別れてから行きなよ!!!



総じて、受けの愚痴ばかりですみません。
本当に受け付けなかったので。
そして、読了後の今、はらわた煮えくり返っているので。笑


本当にアラサーの社会人か?と言いたくなる言動ばかり。高校生の色恋沙汰か?と思わんばかりの配慮のなさ身勝手さ狡さ。初恋だから、では騙されません。



そして、最後に。
攻めも宇津木も人間臭かったのが良かったですが、わたし的に魅力がなく惹きつけられませんでした。



読みやすい文書でしたが。

いつまでも離れないんじゃないのかっ!!

皆さんがおしゃっていますが、本当に凄すぎる。

どっぷりヤクザ。

ヤクザの仕組み?縦社会?をよく理解出来ないのでヤクザ流誠意とか分からないのですが「え、こうくるの?!怖っ」の連続でした。


決して甘いものではなかった百目鬼と矢代の初めてシーンは、この6巻で更にストーリーに意味のあるものだったんだなぁ、としみじみ。寝た、ことを振り返り問いかける百目鬼と答える矢代が印象深いです。


印象深いといえば。

百目鬼が平田にやられて倒れたのを駆けつけて矢代が言ったセリフが頭上を飛んだ飛行機の轟音で聞こえませんでした。


このシーンにドキュン!とやられました。


山ヒバでもあったよね、コレ………


昔に描いていらっしゃった手法、構図に1人胸アツでした!!!!


1つ百目鬼に突っ込みたい。
離れないんじゃないのかよっ!!!
矢代さんに1人考えさせる時間をくれたのかっっ?!?!ずーっと後ろをついてく百目鬼が好きだったから次巻期待だよーーーー!




アニメイト4pリーフレットでは、矢代さんの妄想夢話で夢オチ、いつまで見るんだこの夢と自分に突っ込んでますが、別れて数年経っても想ってるんですね。相変わらず他の人と寝てるんだろうけど。笑。


続きが欲しいと思わせてくれる最高の終わり方でした。

愛とスリル食サスペンス!!!

凄い作品だった。というのが読み終わった感想ですが、普段一気読み派のわたしですが、少し読んでは手が止まり…の連続でした。


正直、萌えたかというと萌えてません。

受けのシェフは過去に母親を連続殺人鬼に食べられているといて常にほの暗いイメージ。夢に見る食べられそうな(食べられる)鳩を自分に重ねてる部分なんてもう可哀想やら不憫やら怖いやらで…

対して攻めは至って普通の男性に思えました。こちらにも癖があるとそれはそれで…なのですが。



致してる時の噛み癖なんて普段なら素敵なエロスパイスなのにこの作品では過去の事件を彷彿とさせながら夢の暗示かとも思うし全然萌えない!!



恐らく読み返すことはないと思いますが、とても練られた作品でとても面白かったです。


「食べる」ということと「愛」が深く結びついている作品でした。


「食べる」ということでは、攻めも受けの愛と彼自身を頂いてますが、受けもまた然りではないかなーと。

サスペンスが最終的にエロティックに思えました。


それにしても、人間の食への渇望は怖いよ……!!
本当にありそうで怖いよ!!ブルブル……


葛西リカコさん目当てで購入した初読み作家さんですなぜひ前作も手に取りたくなりました。


あおに鳴く・続 コミック

 

なんと評価していいやら……

嘘だろー!!!!完結?!嘘だと言ってーーーー!!!!という気持ちでいっぱいの読後の今です。


物語の展開がゆっくりで、二人は全然恋愛に発展しないまま終わった前巻。インタビュー記事を見ると二人の関係がラブになってる!とはしゃぎました。あんなゆっくりだった二人がどうやって?!とドキドキ。



結果、前巻のスローペースがお互いを惹きつけてたのかなぁ、と。むしろスローペースからの司郎恋愛モードにドキドキさせられっぱなし!!

司郎、男前だよ~~(´Д⊂ヽ

三白眼な鋭い目に剣道、男前だよ~~


菊さんと一緒にドキドキさせられました。


そう。恋愛の面では大満足なんですよ。
ですが、最初からこれはタイムリープものだと予想がついてました。というか、あからさまに菊さん兵隊さん。どうやって、そこを解決するのかが不安でした。


(話しのスピードや展開からこの巻で全てが解決するのだろうか問題が読みながらチラチラ横切るのです。)



途中、おじいさんの49日があり、司郎の過去が少し明らかになり、そして菊さんの記憶も…となっていくのですが、ここからが怒涛の展開。


菊さんの本名も明らかになり、司郎の家との関係も…となっていき、司郎の「今」に菊さんは自身が多大に関係していると考え「過去」のしがらみを自身でほどきに行くと司郎から離れます。


……………~はい、ここでオシマイなんです。



ほどきに行くってアンタ、方法わかってんのかーい?とツッコみたくなりましたが、それは来たときと同じ状況を再現すれば叶ったようです。



勝手だよ、菊。


残された司郎を思うと切ない。
菊を側に置くのは、優しさだけじゃないってオジサンに言われたばかりなのに。


電子購入なので小冊子がついてません。
小冊子にこの続きが少しでもあるなら紙購入も考えたいです。



恋愛面では非常に萌えた今巻。
それだけにこの展開、結末には萌えません。
なので、悩みましたが中立で。


どうにかハッピーエンドにして頂ければ神!だっのに……それだけ結末にはガッカリしてしまいました。

嘘だと言って…

悔やまれるのは、何故受けの性癖が一度のみの描写なんですかーーーー泣


血が出そうな位噛まれるのが好きって!!!結構なMじゃないですかっ!
それを放置するなんてっっ


初めのエッチシーンでのM展開にウキウキしてしまったのに、その後何度もチャンスありましたよね??致してますよね??


………ラブラブエッチで二人の愛を確かめるのに必死なんでしょうかね??残念過ぎてハンカチキーッです。




さて、内容なのですが、
二人の設定や性格がよく織り込まれていて、あぁなるほど、と思う場面が何度もあり練られているなぁと感心してしまいました。


相手の習性で傷ついたシーンなんかも後で回収したり、心理描写が細かく流石だなぁと思いっぱなしです。


萌2にしたいところなんですが……

わたしが二人より年上だからなのか、偽装結婚で悩む辺りに何故悩む!!!と喝を入れたくなってしまって……これも流れが素晴らしいから思うことなのでしょうが…

偽装結婚なんかでいいことないよ!と二人に言ってあげたくなるお節介心がピョコピョコ顔を出してしまい……結果、好きな展開ではない!!との結論に^_^;


そして、冒頭でも申し上げましたが……どうして、噛まないのっっっ!!!泣


以上の2点から萌にさせていただきます。