堕天使ゲーム前編

堕天使ゲーム前編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
イラスト
音楽
根岸貴幸
脚本
南原兼・待田堂子
原画・イラスト
桃季さえ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フロンティアワークス〈CD〉
収録時間
60 分
枚数
1 枚
ふろく
南原兼と緑川光の対談トークあり
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

夏休みのテニス合宿が終わった後も、麻生司は鷹塔薫の個人コーチとして、別荘に招かれていた。「ご主人様と奴隷」ごっこをする薫に付き合っている司。
そんな別荘に、灰谷史彦が訪れるが。ふとした事から、薫と史彦は開かずの間である時計塔の小部屋で、とんでもない物を発見するのだった。

表題作 堕天使ゲーム・前編

麻生司 → 子安武人

鷹塔薫 → 緑川光

蓮城元紀 → 鳥海浩輔

灰谷史彦 → 鈴木千尋

評価・レビューする

レビュー投稿数1

実験的BLCDなのか!?

キターーーーーーーー!!!!ありえんBLCD!!!!
もはや、駄作といっていいのかどうかさえわからんBLCDでした。
自分のBLCD史の中では間違いなくワースト3に入るでしょう。
ある意味、ホラーだった。

役者揃いなのにな…。

朗読CDとドラマの中間みたいな感じですが、
朗読CDにしては「溜め」が短く、状況が呑み込めないまま進行してします。
かといって、ドラマCDとしては起承転結が徹底的になくて、くどいw

子安さん×緑川さん+千尋さん
と役者揃いを徹底的につぶしまくっていますw
とくに、子安さんの無駄遣いが激しすぎて…。

最初から最後まで、子安さんが朗読?している文章がイミプーすぎて笑ったw

ブックレットを見るまでテニスもののストーリーだとは気付かなかったぐらい

追い打ちをかけるようにBGMの音量でかすぎw
せっせとモノローグやってる子安さんが気の毒になるほど。

構成やお値段も????な状態だし、なぜ前編・後編わけてるのかもわからんし。
最強にわからんのが南原兼と緑川さんのトーク。
作家がFTに出るというのもレアケースだが、続き
ひたすら茶飲み話みたいな感じで、グダグダだったw

どこを目指していたんだろう、コレ…。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ