悪魔の論理学2

悪魔の論理学2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
42
評価数
11件
平均
3.8 / 5
神率
18.2%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
75 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日
価格
¥2,572(税抜)  ¥2,778(税込)

あらすじ

【 キャスト 】
遊佐浩二(柏木瞳一郎)/鈴村健一(杵島大志)
保志総一朗(久我美想平)/松野太紀(音羽)/置鮎龍太郎(伊集院)
山口由里子(杵島浪子)/陶山章央(藤間)/野島裕史(犬伏)
豊嶋真千子(鷹司百合子)/うすいたかやす(薮)/内田大加宏(門倉)
小林美佐(毬花)

【 あらすじ 】
「柏木瞳一郎くんをお預かりしています」--そう言い、杵島大志の前に現れた「音羽」と名のる少年。彼に連れられていった先で大志を待ち構えていたのは、秀明館生徒会長・伊集院を筆頭とする『互助会』運営委員のメンバーと、瞳一郎たち光徳生徒会役員だった。伊集院は大志を人質に取り、瞳一郎にゲームへの参加を仄めかす。「互助会」運営委員の加入を賭けた壮大な「鬼ごっこ」がスタートする!!「悪魔の論理学 -芽が発る-」を収録。スペシャルコーナーは声優フリートーク。

表題作 悪魔の論理学 -芽が発る-

柏木瞳一郎 → 遊佐浩二

杵島大志 → 鈴村健一

その他キャラ
久我美想平[保志総一朗]/ 音羽[松野太紀]/ 伊集院[置鮎龍太郎]

評価・レビューする

レビュー投稿数6

これが最後なのが惜しい

ほんとこのシリーズは面白いです。
キャスト最高。
話はちょっとありえないことが多発する学園モノなので、そこらへんはさらっと流してもらって、ぜひぜひこの絶妙なセリフの掛け合いを楽しんでいただきたいです!

今回のストーリー、もう少し脚本でコンパクトにはしょってさらにテンポよくしてもよかったかもしれません。
それでSSを一本入れていただけたなら、最高でした。
前作と比べてしまうと、少し冗長な感じを受けるでしょうか。

しかし、この鈴村さんと遊佐さんはハマリすぎていて最高なのは前作同様だし、
さらに遊佐さんの破壊力が増しております。
そしてやはり鈴村さんの大志は可愛過ぎ!たまらん!!
最後のほうのH前のやりとりなんて笑えて仕方ありません~!

瞳一郎(遊佐さん)のあの「痛いよな、わかるよ」・・・わかるのかぁ!!
そうかそうか、瞳一郎のお初とか見たかったものだw
それにしても普段鬼畜なクセに時折やたら優しくする瞳一郎(遊佐さん)に腰砕けです。


でも原作はこれで終わりではないのです。
なんでこの続きのドラマCDが出なかったのか・・・とても不思議であります続き
でもこの後はさらにめちゃくちゃな設定目白押しだし、そもそも女子が出張るので音声化が難しかったのかもしれません。
ストーリー自体はとても好きなので残念なのでありますが。
せめて槙(緑川さん)と瞳一郎(遊佐さん)との対決とか、聴きたかったなぁ・・・。


そしてFT。なんでこのシリーズのFTはこんなに面白いのでしょうか。
皆和気藹々、がやがやしております。
司会の保志さんへの、遊佐さんと置鮎さんの容赦ないつっこみが笑えて仕方ありません!
そしてスズケンさんと保志さんの「あーもぉ大変、あーもぉ大変」がやたら可愛いです。

古い作品ではありますが、この面白さは今聞いても充分、いやそれ以上に楽しめると思います!

2

笑かしてもらいました

原作が大好きでようやく聴けました。二巻ですが(笑)。やっぱりすごくおもしろかったです!

もうキャスト陣は皆さんぴったりで特に大志役の鈴村さんがすごく良いです!遊佐さんは最初聴いたとき「声若い(笑)」と思いました。最近まで低い大人声ばかり聴いていたからかも。なんだか新鮮でした。
個人的に音羽役の松野さんがツボでした。もっと聴いていたかったなあ。

惜しむらくは原作の半分までしか収録されていないことですね。フリトでもおっしゃっていましたが是非続きが聴きたかったです。もう無理でしょうかね・・・。

0

やっぱり鈴村さんの関西弁が面白い。

柏木瞳一郎(遊佐浩二さん)× 杵島大志(鈴村健一さん)の第2巻目です。
前作では味見程度でしたが(遊佐さん談)今回はがっつりとでした(笑)
鈴村さん前回に引き続き、叫びやら関西弁やらお疲れ様でした(゚∇゚)ノ
ていうか「瞳一郎のアホ・ボケ・カス~」は関西でホントに言うから笑いました。ていうか本当にそんな風に言うから余計に(笑)
BL的には、普通(ごめんなさい)なんですけど、ネタがおもしろかったです。ていうか遊佐さんのドSが・・・ホントにヤバイです。遊佐さんのS攻め好きww
でもお互い好きなのかはなんだかウヤムヤだった気が・・・
瞳一郎は大志をいじめるのが好きなんだなぁ~って感じでした。
Hシーンはごちそうさまでしたwwやっぱり初めては痛いよねぇ~(´∀`)

そしてフリートークです。
保志さんが大暴走していました(笑)緑川さんがいなくて寂しかったそうな。
そして松野さんがSということが判明(笑)
ていうか、松野さんも保志さんも、そんなに自分の身を削るような事言っても大丈夫なんですか??と逆にこっちが心配になったりします・・・`s(・'・;)
まぁおもしろかっ続きたからいいんですけどね♪(o ̄∇ ̄)/

1

キャストぴったり!

数年前に購入した初blCD作品です。

いろんなとこですごく評価が高かったので購入したのを覚えてます。

ひさびさに聞き返しましたが、やっぱりおもしろいと思いました。

話に軸があるからでしょうか。キャラがたってますし。
うじうじしたところがないのもいいです。

色っぽいシーンは少ないですが、最後の遊佐さん×鈴村さんのシーンは破壊力あるなぁと思う。
何枚もblCD聞いてるけれど、印象が薄れない。

鈴村さんの受けも女々しくなくて好きです。それにおもしろかった!

そしてまた最中の遊佐さんがえらい優しくかっこよく色っぽい声でどっきどき。

この作品を聞いて遊佐さん好きになりました。

キャストもみんなはまってるし、すごく楽しい作品だと思います。

1

神キャスト!

いやー、このシリーズ、ほんと最高!
感動とか萌えとかいうより(遊佐さんの甘い攻め声には萌えますが)、とにかくオモロイ、楽しい。
『嫌いにならないでね』→『悪魔の論理学1』→『悪魔の論理学2』です。続きは出てないみたい。

メインカップルは、腹黒の遊佐さん×関西弁の鈴村さん。
演技力抜群の主役のお二人にくわえて、脇まで抜群の演技。腹黒置鮎さんや腹黒松野さんなどなど――腹黒キャラ、多いシリーズやな!w や、でもそれぞれタイプの違う腹黒さなんですよ。
脇で良かったのは松野さん。小気味いいほどの悪役でした。いじめっこ万歳!w

でも、この作品はなんといっても鈴村さんに尽きます。ハイテンションでの関西弁、お疲れさまでした。セリフもモノローグもテンション高くて、いちいち面白かった。
ハイテンションだと疲れることってあるんだけど、鈴村さんの喋りはまったく疲れないです。ただただ可愛い。とにかく可愛い。
遊佐さんをエッチに誘ったとこ、死ぬほど笑いました。
「宇宙人」最高wwこれみんなに聴いてほしいよー。宇宙人がほんと最高なんですよ。(なんのことか分かんなくてスイマセンw)
対する遊佐さんは、腰砕けスイー続きトボイスの攻め声でした。優しくて甘くてエロい。エロいねん!

原作はまだまだあるようなので、続編を期待したい――んだけど、無理かなァ。

2

最後までやり遂げました。

大志を連れ出しに来た音羽。
連れられて行った先には伊集院ら近隣生徒会メンバーがいて。
運営委員の座を巡る校内鬼ごっこに大志も巻き込まれ、生徒会メンバーらと共に逃げるはめに…。

柏木はホントすごい。
鬼ごっこ中に伊集院のとこの機密情報を盗もうとパソコン室に行くんだがパスがわからなくて探しに来た藤間にキスしてパスGET。
大志、唖然!
前回大志とは絶対キスしないと言ったくせに藤間や伊集院とはするんかーい!みたいな。
そんで、元々は生徒会同士のゲームなので柏木が大志を逃がそうとするんだけどね。
大志、音羽に気に入られちゃってるので捕まったらいたぶられるのわかってるし。
それでも、大志は犬伏とか捕まってるのに自分だけ逃げられへん!とか言って残ろうとするのね。
そん時の柏木がかっこいー!
ほかの奴なんてどうでもいいだろって感じで必死で大志逃がそうとして。
それでもギャ-ギャー言うから大志にキスしちゃいます。
結局、それでも大志は逃げなくて逆に捕まえに来た音羽にアタックしていき柏木を逃がすんですが。

ゲームが終わって伊集院との話し合いに行った柏木の戻りを待って一続き緒に帰るんだけど伊集院との関係を勘繰った結果、売り言葉に買い言葉であららーな状況に陥っていく大志。
しかも最初は攻めようとします!
が、上手い具合に柏木に言いくるめられて理詰め(屁理屈ともいう)で立場逆転。
今回はがっつり最後までヤラれちゃうわけですよ。
…柏木さん、普段クールっぽいのに結構ガッツいてる感が(笑)
もっと落ち着いた感じになるのかと思ったら、ガツガツしてましたよ、あの人。
でも、このシーンではさすがの柏木も優しいです。
いや、言ってることとかいつも通りなんだけども、声のトーンがね。
完全に違うの。
愛しさが溢れてるっていうか。
いつもの意地悪さみたいなのが消えて、本来の柏木になってるっていうか…。
とにかくステキなんだわ☆
その後のオチというかエンディングへのシーンではもう、どこまで策士なんだ!!って感じのことも出てきますが。
まだまだこの2人はちゃんと収まりません。
ヤっちゃたし、「俺のこと好きやろ?」って大志、柏木に聞きましたが。
それでもまだ大志の気持ちは固まってない感じだし。
聞かれても柏木もちゃんと答えないしね。
まだまだ大志で遊ぶ気かな?
こんな関係のまま行くつもりなのか、それとも大志の気持ちがちゃんと追いつくのを待ってるつもりなのか。

そんな遊佐さんの演技がとりあえずステキでしたvv
本性は基本的に出さない人ですが大志の一挙手一投足に動かされてるところはあって。
そういうのは全部「ふっ」とか「はっ」みたいな息を飲んだりする声というか音で表現されてて。
それがすごくなんかイイ感じでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ