ひとり占めセオリー

ひとり占めセオリー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×26
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
117
評価数
29件
平均
4.1 / 5
神率
48.3%
著者
作品演出・監督
阿部信行
音楽
オンリード
脚本
大熊環
原画・イラスト
北上れん
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
72 分
枚数
1 枚
ふろく
リブレ通販予約特典描き下ろしコミックブックレット/アニメイト限定で初回特典オリジナル差し替えジャケット
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

顔フェチの若宮は高尾の「顔」が大好き。でもそこへ新しい好みの顔を持つ西岡が現れる!オイシすぎと思いきや何か違う。だって欲しくない。ドキドキするのは…ひとり占めしたいのは…

表題作 ひとり占めセオリー

高尾 → 安元洋貴

若宮 → 神谷浩史

佐倉 → 鳥海浩輔

立花 → 鈴村健一

あて馬
西岡 → 平川大輔

評価・レビューする

レビュー投稿数11

受けちゃんの声が可愛くてですね!

高尾(安元洋貴さん)×若宮(神谷浩史さん)の大学生ものです。
原作は既読です。

イケメン(?)というか美しいものが好きで、高尾とは高校からの付き合いで高尾の顔が好きということでつるんでいました。あるとき、大学助教授の西岡(平川大輔さん)と知り合い、西岡の顔が若宮好みの顔をしている上に食の好み(甘党)まで一緒ということで仲良くなっており、若宮は高尾と西岡の方が仲良いのではないかと不安になります。

でもまぁ結局は若宮の完全なる勘違いということで高尾と付き合うことに。
西岡は完全に当て馬でしたが、彼にはすでにお相手がいるので、当て馬どころか普通に巻き込まれただけって感じですね。

そして付き合うことになったけど、高尾が一向に手を出してこなくてモンモンとしている若宮が可愛くてですね~。
神谷さんのお声が素晴らしすぎて!!正直、神谷さん目当てで購入したのですが、購入してよかったと思いましたね。


佐倉(鳥海浩輔さん)×立花(鈴村健一さん)の大学生ものです。
1作目の高尾×若宮の2人の同級生です。

立花は佐倉の家で同居(立花が入りびったっているだけですが・・・続き
ある日、佐倉が同級生の女子と仲良く話しをしているところを立花が目撃していしまい、その時に自分は佐倉の家にいるのは激しく邪魔なのでは?と思うようになります。
で、またタイミング悪く若宮に「お前、卒業したらどうすんの?」と聞かれ、佐倉の家を出ようと決めます。
でも佐倉本人にはギリギリまで言わなかったけど、結論を言えば、ハッピーエンドです。
佐倉も立花のことが好きだから何も言わなったということで、結局立花の早とちりっでした。

濡れ場は少なめでしたけど、鈴村さんの声は可愛かったです。今は社長業が忙しいのか、BLは卒業したのかはわかりませんが、また出演してほしいなぁ~と思います。

0

かなりナイスな安元さんだ!

なんでしょう、こんな渋い声の大学生いませんから!とツッコミたくなるも、
高尾が落ち着いていて身長も高い設定だし
なんかハマり役だった!
そんなにべらべら喋るキャラじゃないから一言一言に甘さが含まれていて
「ひーー!!(照)」になりますw
これは良い安元さんですよ!!
「こども欲しかった?作る?」とか…ぐはっ!
安元さんファンの方々には激しくリピっていただきたい!!

勿論神谷さんの自然な“甘いもの好きな大学生・若宮”も良かったです♪
モノローグで、ちょいちょい「……男だけど」と付け足すのがGOOD!
「お前からお願いしてみやがれ!!」や
眠っているベッドに高尾もいつのまにか来て
これからHか!?って思ったのにしなくて
「……は?えぇぇぇぇぇ!ありえねぇぇぇ!!!」が
ほんとにたまらない!!
自分だけが夢中になって必死こいてるみたいで悔しい思いをしてるんだけど、
いちいちやんちゃな感じが可愛い。
原作どおりのわたわたっぷりが味わえます!
Hの時の「まだ終わんのやだ……」にどっきゅーん!!

平川さんの西岡先生役、穏やかで心地よい!
『みちづれ続きポリシー』も聴きたくなってしまった…。


鳥海さんと鈴村さんカプ、
多少短めですが充分楽しめました☆
鳥さんの控え目な攻め、かっこいいわー♪
立花は自分が佐倉にとって一番になりたいのに
今後に一人で悩む様子が可愛い。
立花の「たぶん…もう、来ないし」で胸が痛くなるんです!!!
大袈裟だけどつい泣きそうになった…。

Track7のテスト期間終了後の高尾×若宮、あっま!!
「おっぱじめたら待ったなしだけど、いいの?」…安元さん…!
そしてフ○ラ音、いやらしいぃぃぃ♪
途中で止めようとしても好きな男に「イかせて」って言われたら、ねぇw
このtrack、いいもん聴いたなぁ…になる!!

なんといっても、毎度しつこいようですが阿部信行さんの演出!!!
抱き締めている時の衣擦れ音とかキス音にときめいちゃうんですよー!!
BGMは美しいしで、文句なし!!

フリートークの、マイク前で喋ってるのに
後ろでもごちゃごちゃ喋ってるという
まさに自由な雰囲気が微笑ましいw
あー、仲良さそうだなーって嬉しくなります♪
安元さんのような悩殺(瞬殺?)ボイスで普通に喋られたら
何話してても惚れそうだwゼリーを「ジェリー」でもw
〆が異常に盛り上がって可笑しかった…。
これは軽く聴けるのに充実しまくりの作品です!!

3

声優さんに乾杯!

毎日リピのCDって初めて(笑)

原作既読。
そして原作の魅力が増量してます!

吹き出しに入っていないような小さな呟きまで丁寧に拾われてます。
北上れんさんの作品はそういうチョコチョコしたセリフも魅力のひとつなのでファンとしては嬉しい限りです。

高尾×若宮CPはつき合うようになってからの焦らしプレイ(笑)が楽しいんですが、よもや吹き出すほどとはww

とにかく神谷さん@若宮がコミカルで可愛い!

『まだだ!まだ終わらんよ!』は1stガンダム世代には抱腹絶倒w

BGMでピアノが使われているんですが、若宮の心情にリンクして跳ねたりするのがすごく楽しい!

そして安元@高尾っ!
『抱きたい』が耳直撃しました(〃∇〃)

私の中の高尾は結構、余裕綽々な人だったのですが、ちょっと怒った声や喘ぎを聴いて『あ~…若宮のことホントに可愛がってるのね。』と納得してしまいました。

リピしてもローリング萌です。
部屋の床が私の体で綺麗になりました←

糖度はめっさ高いです!

もう一組の佐倉×立花が少々、地味になってしまってますが、鳥海@佐倉が安定感のあるトーンで鈴村@立花のぐるぐるを支えてます。
続き
フリトはめでたい日の平川兄さん、お疲れさまでした、という感じで(笑)
楽しそうでした。
ジェリーが食べたくなります!


1

声優さん達が自然体

作った声の受けややたらに気障な攻めが苦手な私ですが、この作品はみんなが自然な声色で、それでいて役にぴったりでとてもすんなり聞けました。

安元さんのかっこいい低音や、神谷さんの通常テンションの声色。
鳥海さんの素っ気ない印象の声や、鈴村さんの少しおどけた様な口調。

全部が違和感なく、心地よく聞くことが出来ました。

原作未読ですが、とてもお気に入りの作品になりました。

2

期待以上の可愛さと萌え(●´∀`●)


初めて聞いた時は原作未読でしたが,未読でも既読でも,楽しんで聞けます。

そして,出演が神谷さんと安元さんと聞いて,かな-り期待して聞いたのですが・・・・・・予想を遥に越えて,期待以上に萌えたっ(*´д`)

時々,「あれ,配役ミスったのかな?!」って感じるBLCDがありますけど,これはそんなことなくて,リアル若宮とリアル高尾がいるんです(。+・`ω・´)←

CDって媒体を最大限に生かされてる感じがしますね。



とにかく神谷さん演じる若宮のモノローグが,めちゃめちゃ可愛いんですっ☆彡
コミカルで時に乙女っぽくて,でも時々欲に従順で男前なとこがあったり・・・

整った顔が好きで,高尾の顔はストライク・・・でも本当は高尾の全部が好きって事に,気づいていない・・・
こういう形で好きになる設定はありがちだけど,可愛いから全部許せちゃいますっww

そして安元さん演じる高尾の,脊髄に響くような低音ボイスとイケメンさには,本当にヤバイですっww

若宮が自分を好きなのはちゃんと気づいてるんで,友達である橘に「若宮はお前の顔が好きなんだけど,知ってた??」って聞かれたら,さも常識のように「続き・・・・フッ,知ってるよ」って言うんですけど・・・もうカッコ良すぎて死ねます(*´д`*)

でも暴走する若宮に対して,余裕なくす高尾は可愛いですねww


1

萌えた(*´∀`)ノ

原作未読ですが、全体的にテンポがよくて、聴きやすい作品だと思いました。

高尾からのお誘い、まだかな、まだかな?って待っている若宮がすごく可愛かった…(*´∀`)ノ
安元さん(高尾)の低音ボイス、神谷さん(若宮)の心の声とか話し方も素敵で聴いて良かった!と思える作品でした。

佐倉(鳥海さん)、立花(鈴村さん)のCPのお話も良かったです。

少しだったけど、平川さんも西岡先生役で登場していて…フリトでは司会?でした。
平川さんのお誕生日のことをみんなが…(笑)

3

攻声優陣にヤラレター!

CDを聞いて攻声優さんにやられたー!って思うことあんまりないんですけども、今回は攻声優さん2人にやられました。

いや、もちろん、受声優さんだってかわいいわけですよ。
それは当然なんですよ。

神谷くん@若宮の心の声のかわいさと言ったらないし。
BGMのピアノ音までが心情に合わせてあってすごく良くて。
ホントいろいろドキドキ感とかはじめてのことにテンパってるっていうかぐるぐるして、高尾に振り回されてる感じがかわいかったり。
鈴@立花もいろいろ悩んで泣いて縋って暴走して。
同じくぐるぐるしちゃってるのがかわいかったのですが。

それよりも、攻声優陣。
安元さん@高尾の「イかせて」に完全にやられてしまいました。
もう撃沈です。
私、安元さんメインのCD聞くの初めてだったのですが、こういうセリフって受が言うことはあっても攻が言うことってあんまりないと思うんですよ。
それもイイ声でかっこよく。
それに完全やられました。
そして、鳥ちゃん@佐倉。
普段からどちらかといえば立花を包み込むようなやさしい声音ではあったのですが。
えちシーンの吐息が甘くて色っぽくて続き!!
今まで鳥ちゃんの受聞いて「ステキー☆」と思ったことはあったのですが、攻ではそれほど思ったことがなくて。
というか、こんなに攻め喘ぎが色っぽいなんて…ステキすぎます!!

この作品はこちらのレビューとかを読んで購入を決めたのですが、本当に買って良かったです。

2

安心感たっぷりなキャスト陣

まずは“高尾@安元さん×若宮@神谷さん”カップル。
このカップル、神谷さんが可愛いんですよねぇ。大好きな(顔の)高尾と付き合うようにはなったけど、どう接していいのかわからないことの戸惑いやオロオロ感。それだけでなく、高尾の部屋に初めて泊まったとき、手を出してこない高尾にジリジリしたり、何で? と突っ込みを入れたり。心の中だけで。
「これってお誘い?」とかって、めっちゃ喜んでいたのに、上手くことが運ばないことが可笑しいやら、気の毒やら。
「やっぱりギュッてされてぇ~」って、切ないつぶやき。マジカワユス。
ホント、心の中のツッコミに笑わせてもらいました。

なかなか手を出してこない安元さん。
初めて若宮を抱くときは、ちょっと上ずったような、焦ったような声になって、ちょっとトーンも上がるっていうか。若宮を甘えさせたり、グズグズにさせるところってエロ過ぎ。
ホント、色気のある低音っていいです。
色気たっぷりで甘々なんだもん、こっちが恥ずかしくなってきます。

佐倉@鳥海さん×立花@鈴村さんカップル。
鈴村さんの立花って、どこにでもいそうな大学生で、不器用そうで、鈴村さん続きらしい大学生だなぁ~って気がしました。こういうトーンの鈴村さんって、すごく耳に馴染んで聴きやすい。すごく自然に立花でした。

そんな立花を甘やかせるのが、やっぱり立花のことが好きな佐倉。
鳥海さん、格好いいんです。
自然と立花を甘やかして、それが楽しくて嬉しくて、って感じで。

脇で出てきた西岡@平川さんメインのお話もあるので、そっちもCDにして欲しいです。

2

可愛い、カッコイイ、

大学生2カップルのお話。

どちらも攻は既に受のことを好きなのに、はっきりと伝えていません。
そのため受が一人グルグル・・・

最初のカップルの受は甘党で綺麗な顔が好きな若宮(CV.ヒロC)。
元々、美形の高尾(CV.安元)が好きなのですが・・・
若宮はツンの表の顔と、ヘタレ(というか、甘えたれ)な裏の顔があり、素直じゃなくて一人グルグル。
高尾の方は余裕綽々で思わせぶりな態度ですが、ある日西岡先生(CV.平川くん)に迫る若宮を見た途端・・・

かわいい若宮とカッコイイ高尾が最高です。
特に高尾、もともと安元くんの低音は私にとって糸を引くような甘い声に聞こえるのですが、それが高尾にピッタリだと思いました。
最新コミックス「みちづれポリシー」に入っているエロエロの「雨天決行ルール」も入っていて、嬉しい限り。
若宮の“変な声出ちゃった”ところまでちゃんと入っています。

もう一組は、思いっきり鈍感な立花(CV.すず)とただひたすら立花が自覚するのを待っていた佐倉(CV.鳥さん)。
最初っから思いっきり愛されているのに、それに気付かずグルグルし、早とちりして悩続きみ、泣くことになるという立花は、もう鈴村くんしかいないでしょうっていう感じ。
泣きしゃべりするシーンは最高です。
で、エッチで声が掠れるところがまたいい。
(何作か、喘がない受をなさっていた鈴さんですから、こちらとしては気にしていましたが、大丈夫でした。鳥さんとの息もピッタリ!)

そして、どうも平川くんのお誕生日に収録したみたいですね。
おめでとうございます。
めでたいついでに「みちづれポリシー」もCD化していただいて、今度は平川くんが主人公でよろしく!

2

えっちを待ちわびる受けがかわいいv

大学生の若宮(神谷)は、超面食いで同級生の高尾(安元)の顔が超好みv
いつも高尾(安元)顔をじぃーと見つめてしまう。
そこへまた若宮(神谷)好みの顔の西岡先生(平川)登場。
自分の好みの顔。高尾(安元)と西岡先生(平川)に囲まれて幸せなはずが
西岡先生(平川)に高尾(安元)をとられるかも!?と思ったらヤキモキして・・・
と、いうお話

大学も学部も一緒の佐倉(鳥海)の家に入り浸って
同居してしまっている立花(鈴村)
就活もすすみいつまでも居心地のよい佐倉(鳥海)の家に
いられなくなると思ったとたん佐倉(鳥海)への恋心に気付く立花(鈴村)
と、いうお話

2CP2本のショートストーリーが1枚に入ってる。
2CPとも同じ大学の同級生という設定で1つの世界観の中でのお話です。

原作既読済み。
北上れんさんの描くお話は、なんかすごい設定とか
山アリ谷アリっていうのはなくて線の美しい絵柄とほどよいエロが萌えどころ。
カップルになるまでは意外とすんなりいって
お互いすごくラブラブな中のエピソードが満載。
今日えっちするかな?くるかな?くるかな?って
続き待してる受けが萌えるv
シチュエーションCDみたいな感じでストレスのないシナリオ展開。
さくっと甘いシチュエーションと甘いセリフにきゅんきゅんvするような?
この手のシナリオは音声化したほうが萌え度倍増すると思う。
CD化向きの原作だと思います。

安元さんは余裕ありそでゾッコンLOVEな感じ。
ちょっと意地悪ぅに焦らすところが(*´ェ`*)よきかな~v
2CPあるけど、まあまあ2CPとも両想いのくせに
受けが鈍感という同じようなCPではありますw

フリトは約7分。
収録日は、平川さんのお誕生日だったみたいv

2

豪華が、盛大に、大サービスで、垂れ流し

若宮:神谷浩史、高尾:安元洋貴
立花:鈴村健一、佐倉:鳥海浩輔
西岡:平川大輔

なに?
この無駄に豪華なキャスティング!!

でもって、
まず、高尾×若宮組。
安元さん、何か必要以上にエロい。
必要以上に、どっか、スイッチ入っちゃってる。
ヒロCも、何か、メチャ、グズグズの甘アマで
安元さんが、思いっきり甘いから…?

こんなに、聞いてて、恥ずかしいのって、久々な気がする


佐倉×立花組も
鈴の天然鈍っこちゃんを、甘やかす鳥さんの、甘いこと、エロいこと!!

エロとしては、そんな濃厚な事してる風でもないし、
各エピソードに各1回みたいな、時間的にそれ程長い訳でもない。
でも、なんだかすっごい、甘アマで、
エロいっていうより、恥ずかしい。

お話的には、どちらのカプも、
「好きなら、無駄に焦らしてやるなよ…」
と言いたくなるような、極、単純なお話。
でも、話が単純な分、甘い囁きが、ダイレクトに響く。

ホント、めっちゃ、ごちそうさまでした。

ラストトラックにトークが約7分
お年も近い仲良しさん同士、とっても和気藹々。続き
お誕生日で盛り上がっていた。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ