ドキドキレンアイ

ドキドキレンアイ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
23
評価数
10件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
64 分
枚数
1 枚
ふろく
ブックレット書き下ろしショートコミック
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

ひとつ屋根の下、一緒に暮らしている幼馴染のちひろと圭吾。
恋人になったふたりだけど、今までと何も変わらない関係に、付き合っている実感を持てないちひろは、毎日がもどかしくてたまらない!
そんなとき、恋敵(ライバル)が現れて!?(メーカーより)

表題作 ドキドキレンアイ

蒲生圭吾 → 遊佐浩二

桜田ちひろ → 鈴村健一

評価・レビューする

レビュー投稿数7

あて馬(?)が邪魔!姉が邪魔!!

【本編】
しょっぱなから付き合ってる、っていう設定のCDは、
なんだか新鮮でわくわくしながら聴き始めました。
なんですが……な・ん・で・す・が!!!
邪魔なんですよ、あて馬がぁぁぁぁっ!!!!!
邪魔なんですよ、オネエサマがぁぁぁぁっ!!!!!
嫌いじゃないです、けど邪魔なの。
こんなにあて馬に嫌悪感を抱くCDは稀です(笑)
同じく姉なんですが、うざいのなんの。
弟の気持ちを考えないどころかあて馬の肩を持つあたり。
話も聞かないで一方的にちひろ@鈴を悪者扱い。
なんか、この2人がこのCD自体をぶっ壊しているようにしか…
私には思えませんでした。すみません。考えが曲がってて。
まぁ、あて馬のお陰(?)でメインカプの2人がらぶらぶEND♡
で終わるんですけどね。当てつけにしか思えない…。
鈴とゆっちーのいちゃいちゃわちゃわちゃが聴きたい方。
鈴の鈴流関西弁が聴きたい方。にはおすすめです。


0

声優さん達の声が可愛い!!

高校生の恋愛とのことで、ピュアでアマアマ~
しかも一緒に住んでるとか・・・

遊佐さんと鈴村さんの声がとっても可愛かったです。
攻めはワンコで受けはライバルが現われて嫉妬するという王道で、
エロシーンが最後しかなくて、
かなり腐ってしまった私には物足りなさを感じてしまいましたが(苦笑)
腐女子初心者には良いのではないでしょうか。

でもやっぱり可愛い声優さん達の声にキュンとしましたね♪
ということで萌えに近い中立とさせていただきます!

0

ピュア!

ゆっさんの可愛い声がたまらん!いい大人がこんな可愛くていいのか!
2人とも学生らしさがういういしくて良かったです。♪( ´▽`)
内容も最近のよくあるヘテロがすぐそっちの世界にすんなーりいく感じではなく、リアルな感情の移り変わりがあって、ピュアでほっこりしましたd(^_^o)
付き合ったはいいものの、ホモカップルとして、世間におおっぴらにできないいら立ちとか、その先にいけない感じが、実際にこんなカップルいそう。。。と思いましたw

0

激甘 虫歯に気をつけよう!

甘い 甘い 甘い。
ずっと「甘い」を書きたいです。
原作はコミックです。
コミックでしゅみじゃないをレビューしていました。
高校生同士の甘酸っぱい恋愛です。
ここまできたらとことん付き合ってやろうとCDも買いました。
声付きなら大丈夫かもっ!と期待を込めましたが・・・。
砂糖をそのまま食べている気分だ。激甘です。
遊佐さん(攻め役)は 高校生役に無理があるのでは・・・。
合っていませんでした。残念です。
さすがうまいんですけど違和感が最後まで取れませんでした。

※このCDを聴いた後は 必ず歯磨きをしよう!!
 虫歯になるよっ!(それほど 甘~~い)






0

甘っ!

高校生のかわいこちゃんカップルを遊佐×鈴村…。
鈴村さんはいいとしても、高校生を遊佐さん!?って少し疑いながら
聴いてみたんですが、やはり…無理があるような…。
他に適役がいたのでは…と思ってしまいました。
その辺りを覗けば初々しいカップルのかわいらしい恋愛を覗き見したような
甘酸っぱい気分になりましたがw

桶沢役の小野大輔さんははまり役だったと思います。
謎めいた少しチャラい当て馬w役がピッタリでしたよ。

0

原作を読んだときの甘酸っぱいキモチを思い出しました(*´∇`*)

山本小鉄子さんの原作、好きだったんですよねー。
関西弁のヤンチャ受けと、大型のワンコな攻めの、幼馴染みカップル。
きゅんきゅん甘酸っぱい、恋のお話です。
コミックでは『晴れてボクたちは』→『ドキドキレンアイ』という流れになるんですが、『晴れて~』のほうはドラマCD化されてないようですね。
私は両方とも読んだことがあるので断言はできませんが、このCDだけでもストーリーを把握するのに問題はないと思います。

鈴村さんはぴったりハマり役だと思いました。
トークで「エセ関西弁」だと言ってましたが、関西人の私からしてもぜんぜん違和感のない関西弁でした。
テレビドラマとかではよく俳優さんの関西弁の発音の下手さに笑っちゃったりするんですが、鈴村さんの関西弁は完璧で…なんで関西人じゃないのにこんなに上手いの?耳がいいのかな?
声優さんのすごさというものを、また一つ垣間見た気分です。

攻めの遊佐さんは、(私が聴きなれてないのが大きな理由ですが)、最初は遊佐さんだと分からなかったです。
前に聴いたCDでの遊佐さんの声とぜんぜん違うんだもん!
弱々しいワンコな攻めでした…トークで、べつのCDで聴いたときの続き遊佐声が戻ってきて、「コレダ!」と思いました。
すごいなぁ…役柄に合わせて声質を変えちゃうんだ…と、また声優さんのすごさを実感。

幸せで、甘酸っぱい気分になれる可愛い作品です。
良かった!

0

かわいい高校生な、ゆっちー

これ、原作のマンガ、好き
それでも、買おうかどうかかなり迷った

幼なじみの高校生カップルを、
鈴とユッチーでっせ
もう、ほとんど怖いモノ見たさレベルやん

で、案の定、鈴のちひろはまだしも、
高校生ユッチー、、、、

かゆっ

イヤ、ゆささんの演技力は素晴らしいし、圭吾の可愛らしさも、よ~~~っくでてんねんけど、、、

これの前編の、晴れてボクたちは のCDを、この二人で作った事があるからとか、そうゆうわけでもなさそうなのに、なんで、今、このキャスティングかなぁ?
ユッチーの無駄遣いやで

このCDで、一番はまってたのが桶沢のオノD
へらい雰囲気がよく出てた。

そして、オノD、オマケのトークCDでは、Sい先輩方にいっぱい虐めてもらって喜んでいた。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ