ごはんを食べよう 6

ごはんを食べよう 6
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

表題作 ごはんを食べよう 6

玖珂乙彦 → 小杉十郎太

月島晶 → 三木眞一郎

その他キャラ
玖珂はるか[こおろぎさとみ]/ 麻生高文[檜山修之]/ 菱田海王[松本保典]/ 椎名[堀内賢雄]/ 玖珂泰彦[中村大樹]/ 玖珂 父[宝亀克寿]/ 月島 父[平野俊隆]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ完結

シリーズ6作目。
ようやく終結です。最後に近づくほどに、
あ~私、この作品好きだなぁとしみじみ思ってしまうのでした。
まぁ、なんだかんだで、いい夫婦の日に表彰されそうな二人なので
BL,男同士というところからするとどーなのよと思わなくもないのですが
恥ずかしげもなく、お互いのことを愛しているといい
それを恥じることなく、臆することなく言葉にし、誰に対しても
それを非である、不利であるとカケラも言わない二人の姿に
感銘を受けました。なんというかですね、すごく良かった。

今回は、シリーズ最終ということもありまして
つっくんの両親への、新居建設へのお許しを頂に~含め
キャラクター陣勢ぞろいでしたね。
脇のカップルしかり、旅にでていた弟くんしかり。
音彦の両親、つっくんの両親。もろもろ~な一面多々ありまして
面白かったです。
や、ほのぼのの真骨頂といいますか。

音彦のお母さんに関しては、シリーズ5作目の嫁姑戦線いらい~な雰囲気ではありますが
なかなかに良い関係が見えて、ほほえましく観てしまった。
もちろん、あからさまに仲良し~な感じはないのだけれど
続き
芯の部分では~というのがなんともほほえましい。
これからも良い関係でいていただきたい。

そして、贅沢をいうなれば、
秘密の扉を使って行き来している二人。
もしくは、秘密の扉ってなに?な言葉にうろたえる二人が見たかった。
心が寂しいときに聴くと癒されるシリーズなのかなと思いました。

完結記念のフリトでは、1作目~もろもろ~な台本の読みが少し
まだ、二人が恋人ではなかったころ。
愛が芽生えるまえの、ツンツンなつっくん・・・・ww
なんだか凄く新鮮で甘酸っぱい気持ちになってしまった。
時間があるときに1からまた聴きなおしたいなぁ

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ