新・東京ミッドナイト

新・東京ミッドナイト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
イラスト
原画・イラスト
タカツキノボル
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
リーフ出版〈CD〉
収録時間
29 分
枚数
1 枚
ふろく
このCDが、CVノベル『新・東京ミッドナイト」付録
フリートーク
なし
発売日

表題作 新・東京ミッドナイト

藤堂弘也 → 置鮎龍太郎

三原真琴 → 結城比呂(現:優希比呂)

その他キャラ
桜庭健一[堀内賢雄]/ 政則[大倉正章]/ 宗則[千葉一伸]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

BLCDの歴史に残る1作

作品としてのレベルはとりあえずおいといて、エロ的な表現の意味ではBLCDの歴史に残る1作だと思います。

田舎から東京に出てきたお人よしで世間知らずの真琴〔受〕(結城比呂さん)がヤクザの藤堂〔攻〕(置鮎さん)に目を付けられて借金を負わされ、愛人として囲われる事になってしまう。
監禁から始まり、調教にはアナルストッパー、乳首クリップが大活躍。
台詞にかなりズバリ隠語が出てくるし、ストーリー的な突っ込み所は多々あるものの、エロはてんこもり。
置鮎の言葉責めはエロいです、結城さんは一人称が「私」で喘ぎ声が高めなのでそこが好き嫌いがあるかも。自分は好きだけど。

ともかく最初にこれを聞いた時にはBLCDもここまで来たか!と思いました。
約10年前の作品ですが今聞いてもエロ頑張ってるなーと感じます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ