王朝夏曙ロマンセ

ouchou natsu no akebono romance

王朝夏曙ロマンセ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
脚本
中野睦
原画・イラスト
唯月一
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
157 分
枚数
2 枚
ふろく
なし(ブックレットに書き下ろしSS有り)
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

…ここはそなたを存分に可愛がる為に手に入れた、二人だけの隠れ家だよ…今をときめく右大臣の甥と、捨て子の千寿丸が瓜二つ!?夏の宮中行事「騎射」で出会った、端正な美貌の青年貴族・藤原国経。千寿は「私と同じ顔とは不遜だ」と目をつけられてしまう。でも心配性な恋人の藤原諸兄には知られたくない・・・。千寿は一件を隠したまま、翌日から諸兄の推薦を受けて、正式な小舎人童として昇殿する。けれど早速国経に再会して?!『王朝春曙ロマンセ』に続く待望の第2弾は恋と陰謀渦巻く内裏編。

表題作 王朝夏曙ロマンセ

藤原諸兄 → 森川智之

千寿丸 → 岸尾大輔

その他キャラ
在原業平[置鮎龍太郎]/ 藤原国経[緑川光]/ 帝[飛田展男]/ 桂子[土井美加]/ 慈円[藤本譲]/ 良峯宗貞[川田紳司]/ 藤原良房[青山穣]/ 藤原良門[古田信幸]/ 左中弁嗣沼妄[奈良徹]/ 為康[花輪英司]/ 道豊[山中真尋]/ 円空[坂巻亮祐]/ 藤原良相[戸部公爾]/ 和成[高橋秀]/ 小糸[藤崎聖]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

原作既読向きかなー

CDシリーズ第二弾。
単体でも聞けた一作目と違って、これは中途半端なとこで終ってしまっています。
続き出す予定だったんだろうなーって感じ。
なので原作既読済か、後で原作で続きを補足するとかした方がいいかも。

千寿丸役の岸尾さんは今回もちみっこくて元気で可愛い!
健気だけどしっかり自分を持ってて、ちとやんちゃな所もひじょーに好みであります。
今回千寿丸と諸兄は最初からラブラブでいちゃこらしてます。
多少は恋愛で丸くなったけどお堅い諸兄の感じがこれも好みであります。
ストーリーも作品としてのまとまりも第一作目に比べるとかなり落ちますね。
続きが出てたらまた評価も変わってたかもしれませんが。
前作聞いて気に入った人は聞いてみてもいいかも、途中で終っちゃってるけど。
あと前回に引き続きがっつり2枚組でこのお値段は評価したい所です。

0

ずっと離れたくないよ

春は単品で聞けたのに、これは秋に続くという感じで中途半端な終わり方。

小説ではこの先があるけど、CDにはないから、ちょっと残念かも…。



今回は諸兄が千寿の出生の秘密を知って悩み、避けられてると勘違いした千寿は傷つくんだけど、最後は業平のおかげで仲直り。

でも業平、千寿にちゃっかり手だしちゃってるしvV夜這いとか、一番良いシーンじゃないかな?



「いや、やめて、許しては床の中での誘い言葉だ」とか教えて、本気で嫌がってる千寿をそうだ、いやな振りがそうまいぞとが誤魔化して無視、調教…置鮎さん、そんな艶やかな声で。キャー///

諸兄のために業平にエッチの仕方を習って、上手くなろうとした千寿だけど、気持ちよすぎて、"諸兄様以外の手でいっぱいイちゃった。これでは裏切ったようなものじゃないか"と逆に罪悪感にさいまれちゃう。

でもその後、千寿は山ゆりのような色香をゲット 笑☆



国経演じる緑川のツンデレ具合もイイ感じだし…あぁ、続きが聞きたい。CD作ってくれないかなぁ~。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ