淫らな男

淫らな男
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
18
評価数
5件
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
  
作画
  
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネット文庫(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784864527033

あらすじ

超イケメンで仕事もデキる鉄道マン・飯島。
性格は強引かつアクティブで、狙った獲物(♂)は逃さない肉食系男子。
可愛い新人への恋に悩む後輩の相談にのるフリをしながら、下半身はイケないエロ謀略でいっぱいに…!!
現在『Boy’s LOVE』誌で連載している大人気妄想シリーズの飯島さんの初登場漫画を中心に、
足フェチ変態カップルv明夫×幸弘のシリーズ、リーマンのハード調教、温泉でのスワッピングSEXなど、
アダルトエロな読み切りが、たっぷり読めます!!

表題作淫らな男

表題なしの為割愛
表題なしの為割愛

その他の収録作品

  • 秘密のくちづけ
  • ハイスクールメイズ
  • Sunrise Sexpress
  • ランブル・ラッシュ
  • AFTER THE RAIN
  • 恋愛宅急便
  • One Night★Heaven
  • Dr.H
  • 侵淫
  • ラストソング
  • ギャラリー
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

本全体から漂う色気に火が出そうになる

読み終わった後読後感を語る、とかどこがどういいのかを論述するには向いてないと思いますこの方は・・・

とにかく、どの短編も
「男の体をセクシー方向に完璧に書いたらこういう感じになる」
というのをそのまま表したような感じがするのです。過度なディフォルメもなく、そんなに筋肉ガチムチって感じでもなく、肌がすごくきれいな感じとかでもなく
とにかく攻めにも受けにもフェロモンを感じるのです。

それを一番強く感じるのがやはり「ランブル・ラッシュ」他の飯島課長。
自分の場合この方の初見がイケナイ男とその番外編の「ご開通させられる」飯島さんだったので、この本に出てくる余裕綽々(但しエッチが終わるまで)のバリタチ飯島さんは新鮮なのですが、
とにかくこの人がエロく絡むことによって不思議なまでの間柄が幸せにくっついてしまうという、なんというか・・・まぁいいか。

2

飯島課長が好きですっ!

実はこの文庫版を見るに、帯が「飯島さんは肉食系SEXハンター」などと書いてありまして、きっと自分の大好きな飯島さんがオンパレードで『イケナイ男』や、入手できなかった大冊子の、あの飯島さん受け作品なんかも同時掲載になっているでは!?と密かに”飯島祭”を期待していたのですが・・・
「秘密のくちづけ」と「ランブルラッシュ」の2冊がまるごと入った本となっておりました。
高緒拾さんの描く肉体は生々しく、そしてエロスが満ちていて、割と写実的な身体です。
そこへ神室さんのストーリーが加わることで絶妙なコンビネーションを見せているのが魅力です。

足フェチの大学講師・幸ちゃんと、幸ちゃん大好きで口説き落としてやっと恋人になれた明夫の甘いラブラブ話がまるごと。

鉄道会社の飯島課長が男達の仲介をしてちゃっかり自分もおいしくいただいちゃうというエロテンコ盛り作品。
鉄道会社だけに、痴漢電車や、連結汽車ポッポなんかもあったり♪

倦怠カプが中年カプの刺激剤になる4P温泉モノとか

エッチな整体師とか

そして後半は怒涛の暗重い短編作品が2本と続きます。
この中で『浸食』は、上司続きに虐げられた部下がSM調教によって下克上をする壮絶な話であり、自分お気に入り作品のひとつでもあります。

飯島祭でなかった残念はいなめませんが、いつか「イケナイ男」が文庫になった暁には、飯島受け作品も同時掲載してくれることを祈りましょう♪

2

えーーっと・・・

大変アダルトなお話でした。いやらしいって意味じゃなく、いろんな意味で大人っぽいお話。っていうか、自分のような子供には味がわからない・・・・かわいいもの好きの自分にはうまく話の世界には入っていけませんでした。(作者様、ごめんなさい)

セックスシーンの多さやバリエーションの多さはうなずけます。趣旨を凝らして練ってあるのがよくわかります。が、コマ割やイラスト、話の節々になんだか時代を感じてしまいます。まるで図書館で見つけたコミックを読んでいるような感覚・・・・ いえ、ショップにおかれたレディースコミックを読んでいるような感覚でした(レディこみの男×男×男といった感じでしょうか)
男三人、いや四人。やろーどもがねっちょり絡んでいても、まったくイヤラシサガ感じられない。SとMの行為もすがすがしい。そこはある意味すごいテクニックだと思います。
でもまあ、いろんなストーリがあって、短編集としては満足がありました。
ストーリーも無難な話から、ブラックな話まで幅広く、マニアック好きの方には喜ばれるかもしれません。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ