ドラマCD「between the sheets」初回特典描き下ろしプチコミックス

between the sheets

床笫之间

ドラマCD「between the sheets」初回特典描き下ろしプチコミックス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
34
評価数
9件
平均
3.9 / 5
神率
22.2%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
新書館
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
ドラマCD「between the sheets」

あらすじ

ドラマCDのメーカー通販特典描き下ろしプチコミックス

ベッドでいちゃつきながら、年末年始の過ごし方を相談する二人。

表題作ドラマCD「between the sheets」初回特典描き下ろしプチコミックス

外資系ホテルグループ社長 一瀬
オーナーバーテンダー 青葉高史

評価・レビューする

レビュー投稿数4

会話は、

お互いにおしゃべりしている、会話の内容は、年末年始をどう過ごす?っていう、
まあ、はじめて、恋人同士として年末年始を過ごす二人としては、極々当たり前の、甘あまだけど、とりたててどうって事無い、ありがちなサイドストーリーで、吹き出しの中の台詞だけを追っていればなんてことないのだけど、、、

これに絵が付くと、、、
絵がねぇ、
全編に渡って、ほぼベッドの上だけ。
お互いに、徐々に脱がせあいつつの、
キスして、、、、

高史の肋骨がやばいっす。

0

出歯亀的に楽しみました!

冊子が欲しくて、ドラマCDを購入致しました。
ドラマも良かったですが、こっちも良かった。

愛してるやら、言葉責めみたいな事云っているよりも、こういう他愛無い会話を交わしてセックスしてる話の方が、自然でグッと来ますね!
番外編は、こういう他愛無い日常のワンシーンを切り取った話が本当に嬉しいです。
何かこう、寝室に忍び込んで覗いているような感覚でしょうか(笑)

ごちそうさまでした。

コミックス派なので、続編の刊行が待ち遠しいです。

0

どろどろ大晦日編を熱望します☆

まず表紙について。
ピンクの乳首&下半身丸出しの高史に目を奪われます!!
内腿にかかった一瀬の手もエロくて、
もうこの表紙だけで二人のラブラブ具合が伝わってきますw


さて内容は、ホテルで服を脱ぎ捨てながら
年末年始の過ごし方について話す二人。

他愛ない会話をしながら、
ちょっとずつ変わっていく体位!!
会話の内容も、次第に甘く、デレ度が増していき・・・
艶っぽく、愛が詰まっていて素敵な短編でした☆

超多忙な一瀬は、今まで年末を恋人と過ごしたことがないと。
それに対して、淋しがりも嫉妬もしない高史だけど
情事のあと、ベッドの上で抱き合いながら
「…正直言うと 予定を聞いた時、一緒に年を越せないのかとがっかりしました」
真っ赤になってそっぽを向く高史が可愛い♡
それに対して一瀬は、
「客なんて一人も来なければいいのに」とww

今年は、高史の店で年を越すことにした一瀬。
休みじゅうずーーっと抱き合って、
「…泣いてもせがんでもイかせずに
 一日かけてどろどろにしてみたいな」
そんないちゃいちゃエロラブな大晦日編も
是非!!いつか続き読んでみたいですw


エロは、原作コミックスほどではないですが
会話しながらのいちゃつきとか、前戯とか
合体の前後のアレコレが甘くて素晴らしいです☆

見どころは、
ボクサーパンツの中に手を入れて、
後孔をサスサス&尻をグニグニ揉むシーン!
ねちっこくてエロいですwww

高史が、感じながらも
「大風邪引く予定なんですね?」
と、一瀬に笑いかけてるコマがとても好きです。
一瀬に心を許してるんだな~と思うとすごく萌えましたヽ(*´∀`)ノ

短いけど大満足なプチコミックスでしたvv

8

年越しのご予定は??

表紙の甘さ加減というか、
チラッどころじゃない高史のすべすべな脚線美!!
一瀬さんの右手が太ももに這わせているのもいやらしいぃぃぃ!!!

これから愛し合うというのに年末年始のスケジュールを聞く高史ですw
でもそういうのが自然で素敵!
毎年ペイシェントのオーナーに招かれてサンフランシスコで年越しだという一瀬さん。
(カウントダウンパーティから三日間ぶっつづけだそうです!ヘビー;;)
数知れず百戦錬磨な恋をしてきただろうに、
恋人と年末年始を過ごした事がなかったと気づきます。
年末はいつも忙しくて、過剰に要求される度うんざりしてしまったとかで
別れたり…ですって。
それを喜んで受け入れそうだと思っていた高史は意外に思いますが
一瀬さんにとっては煩わしいく感じるばかりだったようです。
でも、それを高史に言われたら…?
「むしろ言って欲しい、君の望みならなんでも叶えたい」なんて!!激甘!!
昔の恋人の話に妬かない高史に不満な一瀬さん、
今年は高史と一緒に過ごす宣言をします。

お喋りをしながら、一瀬さんのシャツを脱がす高史、
高史の肌の感触を楽しむよ続きうな一瀬さん。
何度も愛し合ってきた二人の手慣れた様子が良いです!

一瀬さん、大風邪をひいて38度の熱が出る予定なんですって!!w
毎年の行事をふいにしてしまうほど、本当に愛している高史と
年を越したいと思えるって…やっぱり溺れてますね…♪

店は休まないという高史ですけども
早めに切り上げて二人で過ごそうと誘惑します。
臀部に愛撫をほどこしながら…。
もうとろとろに感じさせているのに
「…泣いてせがんでもイかせずに
一日かけてどろどろにしてみたいな」なんて
耳元で悪魔のささやきを!!
反則ですよー!!!
というか一瀬さんは我慢がきくんでしょうか?ww

優しく額にキスを落とす一瀬さんに、高史は顔をそむけ、つい本音をこぼします。
「予定を聞いた時、一緒に年を越せないのかとがっかりしました」
顔を赤くして、このデレがね!!たまりませんよね!!!
「…客なんて一人も来なければいいのに…」
一瀬さんも正直すぎる一言をもらしますが
「…それとこれとは話が別です」
ここでちょっとツンなのがまた魅力なんだからもー!!

一瀬さんのベタ惚れ具合と
高史の全部預けてしまわない感じがバランス良いんです!!

局部が2コマしか出なかったのがちょっと残念ですが(おい!!)
愛し合う二人にあてられましたww
御馳走様でした!!!

8

東雲月虹

preatiaさん

初めまして!
コメントいただきましてありがとうございます(*^_^*)
激しく語彙力の無いもので申し訳ありませんが
ちょっとでもお役に立てたのであれば光栄です!!
私の方こそ感謝ですよ!!
ありがとうございました♪

preatia

次作の小冊子の内容が、このレビューのおかげで理解できました!感謝です。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ