between the sheets

between the sheets

between the sheets
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神175
  • 萌×2104
  • 萌50
  • 中立13
  • しゅみじゃない27

--

レビュー数
62
得点
1454
評価数
369
平均
4 / 5
神率
47.4%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
between the sheets
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403664090

あらすじ

「上等な食事と上等なワイン。ーーこれに上等なセックスがあったらパーフェクトですね」
「上等かどうかは君が決めるのかな?」
「当然です」

誰からの誘いも受けない眉目秀麗な魔性のバーテンダー・高史(たかふみ)と出逢った外資系ホテル社長・一瀬(いちせ)。
歯の浮くような甘い愛の言葉を囁き、言葉巧みに高史を口説いてはにこやかに躱されるやりとりを楽しんでいたけれどーー!?

表題作between the sheets

一瀬,外資系ホテルグループ社長
青葉高史,魔性のオーナーバーテンダー

その他の収録作品

  • 君が言うなら世界の果てでも
  • パパは心配性
  • あとがき(表紙カバー下)
  • 恋人達の初めての朝(裏表紙カバー下)

評価・レビューする

レビュー投稿数62

Hシーン上手すぎぃ!

こちらの作品が気になって、ついに数年ぶりにBLに出戻ってきてしまいました~
ってもう5年も前のコミックスなのね。とにかくすごかった!びっくりした!
作品の雰囲気は、なんだなんだ昼ドラか!?ってな感じで進んだかと思えばいきなり高史がキャラ崩壊!www
Hシーンは本当に今まで読んだことがないくらいにHでよかった!
脇キャラも皆魅力的で、特に福原の苦労人っぷりに萌える。
嫉妬イベントを楽しむ一瀬さんにも萌えた!あんなにHが上手いのに初めての嫉妬とかどうなってるのwww
いつか描き下ろしとかちょこっとでもいいので福原視点のお話も読みたいな~と勝手に期待しております。

1

甘いなあ、リチャード

作中で出てきた「リチャード」って何ですかね。
リチャードと言ってすぐに思い浮かぶのはギアか3世ですが、アメリカンジゴロって映画やってましたね、ギア。すごく懐かしい。
何かそういう有名な人物かキャラクターか、BL界では「リチャードと言ったら、ねえ」という暗黙の了解的存在がいるのかと調べたおしてしまいました。
「リチャード BL」「リチャード 女たらし」「リチャード ハーレクイン」まで検索しました。
ハーレクインに多い名前みたいなので、日本人男性が恥ずかしくてやらないようなことをさらっとやってのけるから外国人みたい、というイメージで適当にリチャードかなと思ったり。
リチャードでこんなに引っかかったのはわたしだけなのかと思って、レビューを遡ったらすごく下の方で「プリティウーマン」のリチャード・ギアになぞらえて、と書いてらっしゃる方がいました。そっちか!

リチャード話が長くなりましたが、評判の良いこちらをやっと読みました。
表紙の官能的なイメージから「大人のしっとりしたラブロマンス」と思って読んでみたら、全然違いました。いやもうこれは、すごいギャップ。
帯の文句の「君のすべてが俺を溺れさせるよ」なんて言葉がこの表紙にくっついていたら誰でもバーで始まる大人の駆け引き的なものを想像しますよね。

出だしは思っていた通りです。
落ち着いた雰囲気のバー、おいしいカクテル、客の誘いをさらっときれいに受け流す美人なバーテンダー。そんな会話をアペリティフ代わりに楽しむ大人の余裕のある客。
だけどそんなうわべの顔を先に取り払ったのは一瀬でした。秘書相手ににやにやるんるん。かわいすぎるでしょう、こんな社長。
一方の高史も幼馴染のたっちゃん相手にわたわたして相談している姿がバーテンダーのときと別人すぎて笑いました。

バーでの取り繕った顔に対して、2人でいるときの態度や表情がだんだんと素に近付いていくのも、一瀬がどんどん高史の仮面を取っていってこころに入り込んでいっているさまが手に取れるようで良かったです。

それにしても高史のビジュアルがツボ過ぎて、読んでいる間ずっと脳内で右に高史、左に日高ショーコさんの「シグナル」の芦原を従えるという美人系バーテンダーパラダイスを楽しんでしまいました。

1

バーをもっと活かして欲しい

 受けの高史がバーテン、攻めの一瀬は歳上の社長ということで、とってもアダルトで駆け引きが面白い内容なのかなと期待して読んだのですが、正直そこまで新鮮味もなくバーという空間を活かしきれてない気がしました。高史はとてもガードが堅く、身体を許すのは早いですが、心までは明け渡さないというスタンスを崩すことなく終盤まで持っていきます。頑なに自分の好意を認めようとしないところがどうにも子供じみているというか、その割には毎回一瀬もびっくりするほどの蕩けようなので矛盾しているように感じてしまいます。

 一瀬の方は余裕のある態度ではありますが、そこまで押しが強い訳でもなく、常に高史に逃げ道を与えつつゆっくり攻めていく形です。飄々としている性格は好きですが、もう少し高史に強気に出る場面があっても良かったかなと思います。

 ただ絵が本当に綺麗で、高史の行為中の表情がとても可愛かったので萌評価です。高史が感じた表情を見せるまでもっと時間がかかり、行為中も強気な態度だったらもっと評価が高くなったかもしれません。

1

愛してる、の破壊力

神にするか迷いましたが、それ以上に好きな橋本さんの作品もあるので、こちらに留めておきました。

人を好きになる瞬間って、明確にここ!こう言う理由で!この瞬間!って説明できないんでしょうね。主人公の美人バーテンダー高史もそう。自信満々で歯の浮くような台詞をさらりと言う一瀬に口説かれてもうまくかわしていたのに、お酒なのか言葉なのか体なのか、気づけばとろとろのグシャグシャにされてしまっていて、その後に全然連絡をくれない一瀬にイライラ。そんな愚痴を言っている時点で幼馴染みは高史の一瀬に対する気持ちに気づいているのですが本人だけがなかなかそれを認めないんです。

一瀬さんが一流ホテルの社長で高史を好きだと言いつつも、こまめに連絡をすると言うことに気づかない、と言うのが大人っぽくてよかったですね。下手な駆け引きをしているわけではないのだけれど、自然と焦らしてしまっているのが高史の気持ちを高ぶらせていて、会えたときの色っぽさに拍車がかかっています。

1

受けが可愛い

受けが可愛くてエロくてもうそれだけで読む価値あります。内容も良くていい作品に出会えました

1

Men's Love

バー、カクテル、ホテル社長、セフレなどなどオトナなキーワードが散りばめられていて、「Boy’s Love」というよりも「Men's Love」と呼ぶほうがふさわしい気がします。
客とはそうゆう関係にならないと決めてるのに、美味しい酒と食べ物に釣られていくうちにセフレに。なかなか気持ちを認めない意地っ張りな受けがかわいく思えました。
そんな受けの意地っ張りさも、受け止めてあげる攻めがさらにオトナで素敵です。

1

面白いしエロいのが良い‼

絵がきれいで、話も面白く、エロもあり、本当におすすめの本です。

誰の誘いにも乗らないバーテンダーの高史を口説き落とす一瀬さんが本当にカッコいいんです!

財力とコネとエロいテクニックで高史を落としていく様が素敵な攻めと、ちょっと天然で自分の気持ちに気が付かない受けの高史の可愛さにハマりました。
そして何より話が面白い上にエロいのが良いです!
絵がきれいなので余計にエロさを感じます。
特に高史の可愛さがたまりません!
いつもの爽やかな表情からは想像できないエロ可愛さにやられました!

1

ここ最近でダントツだわ

ぐぅカワ(≧◇≦)ノシ
や、世間で称賛されている意味がわかったわ。
もっと早く読めばよかったと心から叫びたい。

難航不落の城壁。
仕事では易しい笑みをくれるが、プライベートな誘いには
絶対に乗らないと噂のバーテンダー
そんな彼となんと一夜をともにした!?
スタートはどうあれというところ。
口ではあれこれ言いながらも、結局気になってるんじゃん。
好きなんじゃん。ダダ漏れの受がかわいらしいというかイジラシイというか。
ベッドに入ると打って変わって欲望に忠実なところも
ある意味醍醐味ですよね。
どーしちゃったんwwwってくらいの乱れっぷり。
もっともっとな姿がかわいらしくエロス。
受に夢中な攻と、なんだかんだ言いながらなギャップが楽しい受の
掛け合いがすごく面白いです。
素敵だ。

あと、あれですね
最近の作品では類を見ないナニの修正の薄さにビックリ。
絵柄かわいいから余計に目立つのかもですがw
二重の意味で面白かったです。ありがとうございます!

5

甘くてエロい。好みどストライク!

橋本あおい先生の絵がとても好きなのですが、他の作品は私的にエロが足りなくって…このシリーズだけ「エロエロ」レベルだったので、思わず買ってしまいました。

あらすじにも載ってますが、高史の、
「上等な食事と上等なワイン。ーーこれに上等なセックスがあったらパーフェクトですね」 というセリフは読んでてびっくりしました。
その1ページ前では、一瀬さんが期待してるので困りましたね、というようなことを言ってたじゃないですか…!
そんな流れじゃなかっただけに、とても萌えました//

そしてそのあとのエッチシーン! 高史エロすぎ!!
ほんとギャップ萌えやばすぎる!!普段あんな澄ました顔してるのになんでそんなトロントロンなの!?
このあとのエッチシーンでも度々出てきますが、舌をぺろっと出すの、すごくたまんないです。待ち切れない!っていう気持ちが伝わってきてすごくイイですね。

他の方も書かれてますが、一瀬さんは30後半という設定ですが、絵と仕事の雰囲気からするに最低でも40前半のように見えます…ちょっとここには違和感を覚えました。いつもならこんなおじさんはあんまり好きじゃないんですけど、この一瀬さんは別格です…!
なんといってもイケメンだし、お金持ちだし、有能だし、仕事できるし、(次の巻で高史も言ってますが)、そしてそれを嫌味に感じさせないんですよね!これは私も読んでて本当にそうだな、と思いました。
惜しげもなく、高史にお金を使おうとしますし、実際お金使ってますけど、恩着せがましくないし、まさに「いい男」って感じで…高史じゃなくても確実に惚れちゃいます。
さらにエッチのテクは言わずもがな。一瀬さん、自信がおありなんでしょうねえ…。変態くさいプレイはなく、いたってノーマルなエッチですが、高史曰く、「目眩くほどよすぎて思い出すのも憚られる!」そうで…(笑) エッチが上手い攻めって、それだけでもうたまらない感じがします。

でも表紙がね、受け付けないんですよね…ちるちるで検索してなかったら、絶対読まなかった。中の絵の綺麗さと、表紙がなんだか釣り合ってない感じがするんですが…私だけでしょうか?

カバー裏の、「恋人達の初めての朝」も微笑ましくてよかったです。

2

エロさ満載。ストーリーも完璧。

とても良かったです。エロだけでなく、ストーリーも楽しめます。一瀬さんはちょっと年いってる感じなので、あまり好きじゃないなと初めは思いました。しかし、読み進めると高史さんの相手は一瀬さんがぴったり、この人しかいない!と思えてきて、どちらのキャラクターにも満足できました。でてくる登場人物は全員悪い人はおらず、それもいいですね。さくさく読めます。なんといっても良いのが、高史さんのギャップです。普段はクールに見せてるのに、一瀬さんの前ではツンデレ!!デレのときが本当に可愛いですね。エッチしてるときの高史さんの表情が可愛いし、挿入シーンもあまりぼかされていないのでエロさ満載だし、一瀬さんが囁く言葉も、その言葉に反応している高史さんも、もう完璧です。読んだ方がいいです。最近漫画買う機会多いのですが、自分の中で上位の作品です。

2

魔性なのにかわいいっ~

橋本先生の漫画は昔から好きで、今回のは本当にドンピシャです!
綺麗な絵で、ストーリも面白くて読みやすいですし、エロシーンもエロい。そして、この作品のあらすじを読んでもう本当にわくわくで、ついに読めました!期待以上です!

受けの高史は魔性の男。色っぽい雰囲気を出していて、攻めの一瀬さんの口説きの返し方もうまくて、そしてかわいい!そんなギャップ?もいいです。
もちろん絡みのシーンは最高です!
攻めの一瀬さんは大人の包容力のある男性のようで、本当に二人はお似合いのカップルだと思います。

続き編もあるようで、読みたくて仕方がありません。

1

大人の恋❤︎

橋本先生のえろ本当に大好き*\(^o^)/*
ついつい、高史には変な事をして頂きたくなる。

バーテンダーの綺麗なお兄さんで、しかも強気で色っぽい…❤︎
なのに、後で後悔してる姿が可愛くて仕方ありません!!

有名ホテル社長一瀬×綺麗なバーテンダーのお兄さん高史

1話目から激しいエロをありがとうございます。
一瀬さんもメロメロだけど、私もメロメロになってしまいました。
大人の駆け引きの恋で、読んでいてどうなるんだろう❤︎とワクワクしました!

一瀬さんが高史に振り回されてるのかと思ったけど、器の違いを見せつけられました。
見事に高史が一瀬さんに体と言葉と…何やろ…大人の力?で落とされました。

橋本先生は、胸攻め名人だと心の中でいっつも思うんですが…
毎回良い角度で見せてくれて本当にありがとうございます!
もぅただただお礼を言いたいです。

1

口説き落ち!


橋本あおいさん初読み。何かと耳にする御本で気になっておりましたが思っていたよりさらっと読めました。エロエロとなっているえろも含めて。先に他の某社長×バーテンダーものを既読済みだったので何となく既視感はあってしまったのかもしれませんがこちらの受け・高史は恋愛に対して真っ当で意外と純粋。最中の表情等可愛かったです。
攻めの一瀬は極端でなくも好みに左右されそうだなぁと。終始(割と)余裕で、嫉妬すらも初めてのイベントとして楽しんでいる様子。当て馬かと思った幼なじみも少しだけの介入で笑うところかなと思ったところも微笑ましく思うくらいに(良い意味でも悪い意味でもなく)読み進めました。冒頭辺りに寄っていたバーテンダーと客としての会話の中でのお酒の知識が豊富だな〜と。
流石D+さん!ということで過多な修正もない局部が美しかったです。笑 後真剣に高史を風邪かと心配する一瀬がよかった。

ありがとうございました。

1

確かにツンデレではあるけれども

ツンデレを求めて辿り着いたのですが
確かにツンデレではあるけれども
ちょっと簡単すぎませんか高史さん・・

攻キャラもハイスペックなハズなのに
上辺だけのハイスペック感・・・勿体ない。

2

確かにエロエロ‥でも美しい

作家さんお初だったのですが、
当時話題になっていたので読んでみました。
まず、絵が綺麗ですね。
えちシーンがふんだんに(?)盛り込まれていて、
シーンも濃厚なのですが、エロなのに、なぜか美しい。
「魔性のオーナーバーテンダー」と冠するだけあって、
高史(受様)の表情がフェロモンダダ漏れですよ。
一瀬(攻様)も花束を抱えた姿に
他の客にリチャード・○アだと揶揄されるほどダンディなイケメンで、
(性格はかなり残念なのですが)、
堂々と高史を口説く様子が、これまた色っぽい。
普通、エロ重視(?)だと、
ストーリーがお粗末だったりするのですが、
お話もおもしろかったです。
読み終わった後、作家さんの別作品を即検索したくらいですから。

2

雄々しさプリーズ!

 橋本あおい先生、初読みです。ランキングに上がっていたのを見て試し読みしてみたところ、中の絵もとても綺麗だったので購入しました。
 高史は美人でバーテンダーとして話術にも優れていて、彼を狙う常連たちとの会話も楽しく、難攻不落と言われている割に、すぐにベッドインしてしまう展開には?でしたが、ちょっと昔のトレンディドラマというノリは嫌いじゃないし、高史も一瀬もお互いに抱いている印象が微妙にずれていて、交互にきゅんと切なくなる構成は楽しく、セレブな一瀬のあの手この手の口説きの数々も、少女マンガチックで楽しめました。
 ベッドになると別人のようにエロくなる高史が、やけに詳細に描写されたHも評判通りのエロさです!
 だ・け・ど!二人とも線が細すぎるのですよ!!!一瀬さんはハンサムでお金持ちでスマートで大人で、それでいて天然で可愛いところもあって素敵ですが、とても30代後半には見えません。なんでだろう?ベッドでの様子が40半ばに感じちゃうの。私だけ?
 高史も文句なく美人でHでの積極的な様子も美味しいのだけど、ベッドでの乱れっぷりが女性的。そのため二人のHに雄々しさが足りないのですよ。そこがものすごく残念です。これだけ綺麗な絵柄ならもっと男くさいキャラだったら最高だなーと思ってしまうのです。たとえば、高史の幼馴染のたっちゃんなんて男くさくてすごくいいじゃないですか(//∇//)秘書の福原のクールな感じも素敵です。
 そうは言っても雄々しい二人ならまったく違うお話になってしまいますね^^;橋本先生でもっと男くさいキャラの作品を読んでみたくなりました。

4

迷宮のリコリス

ピピンさま

コメントありがとうございます。
「ふたりの熱量」早速試し読みしてきたんですが、
橋本先生の絵に外国人って合いますね!
そのままポチってしまいそうになりましたが、
紙本がいいかなと一応留まりました^^;
面白そうなので購入してみます!

ピピン

こんばんは
橋本あおいさんの「雄々しいキャラ」と言えば「ふたりの熱量」はいかがかな?と思いました。
イタリア人攻めですよ。ビジュアルは雄々しいけど、割りとヘタレているかも…

美しいエロさですね

どこをとっても素晴らしいと言えるんじゃなかろうか、という作品です。
客の誘いを受けない魔性の(でも根は真面目で可愛い)バーテンダー高史と、それを口説こうとアプローチを続ける一瀬。
キャラクターがしっかりしていて、この2人の駆け引きめいた関係が、綺麗な絵で描かれているから読みやすい。
また、だからこそHシーンなんかも良いいやらしさというか、綺麗なエロさがあってすごく好きです。
普段の姿とHの時の淫れた姿、高史のギャップもいいですね!

1

とにかく一瀬さんが好き☆(直球)

橋本あおいさん作品、遡りレビュー中です☆

とにかく一瀬さんが大好きなんです!
大人で、余裕があって、できる男で、お金があって、それでいてちょいと天然で可愛いとか、本当に理想の男過ぎて大変!!
そんな一瀬さんに惚れられて口説かれまくるのが、誰からの誘いも受けない難攻不落のバーテンダーの高史。
思ったより難攻不落じゃなかったのはアレ?だったけど、一瀬さんとの大人の恋の駆け引きがたまらんかったです☆

って、大人の恋の駆け引きをしてるのは一瀬さんの方か(笑)
高史は初めて一瀬さんと寝た後、何週間も店に顔を出さない一瀬さんに対して拗ねてツンケンしてるだけですからね(笑)
どんな方法で口説かれても素直に受け取れずツンケン。
でもそんな高史を笑って許して最後には自分ペースに巻き込んでしまう一瀬さんが、本当に余裕のある大人で魅力的です☆

しかも一瀬さん、ちゃんと高史の本質をわかってるしね☆
惚れるきっかけは普段のクールさとHの時のエロさのギャップにやられたところもあったでしょうけど、高史の店に通い続けるようになったのは、高史が作り出す店の居心地の良さとバーテンダーとしての確かな腕を認めていたからでしょう。
こういうところも、若くして一流ホテルのオーナーにまで登りつめた一瀬さんの本質が見えて素敵です☆

基本的にはコミカルな感じでお話は進んでいきますが、定期的に挟み込まれるエロシーンがとにかくエロい!!
リアルで修正が少ないので、エロシーンは見慣れている私でも若干照れてしまうレベルです(笑)
高史の気持ち良さそうなアヘ顔がたまりませんなぁ☆
一瀬さん、エッチまでお上手なんてハイスペック過ぎてもう(笑)

高史の幼馴染のたっちゃんや、一瀬さんの秘書の福原さんとのやり取りもコミカルで面白く、どのキャラクターも良い味出てます♪
でもやっぱり一瀬さんが好き過ぎて、高史に常に嫉妬ですわ(笑)

1

魔性でも大人の恋でもないような…

あらすじ読んで、魔性バーテンダーとお金持ち紳士のアダルティな駆け引きラブストーリーだと思って買ったら、まったくもってそんなトーンじゃなかった…
高史に魔性性があったのは最初の20ページだけで、あとはずっと少女マンガの王道的なラブコメでした。
片方(一瀬)はズレてるし、もう片方(高史)は鈍いし、なんなんだこの【ボケ】×【ボケ】の組み合わせは。事故るよ…!(っていうか実際事故りまくってましたが…)
大人の恋どころか、寧ろどちらかというといい歳したお子ちゃま二人って感じでした。

そこはかとなく90年代のトレンディドラマ臭を感じます。
エッチシーンの舌をペロッと出す仕草には「いつの時代だよ!」と突っ込まずにいられません(笑)

ストーリーは有るような無いような…?って感じで、特に何が起こるわけでもないので物足りなかったです。

9

エロいんだけど

ちょっと昔の少女コミックっぽいエロさですかねー。
花束抱えてやってくる金持ちオヤジに言い寄られて押し切られちゃう。
もちろん二人ともチャーミングなんですが。
エロシーンもたっぷりなんですが。
大人の恋、と言われるといやいやいや、と否定したくなる何かがあります。
可愛い年上攻めにロックオンされた美形受けが好きならぜひ。

2

続きが楽しみです。

大人っぽい表紙に色っぽいタイトル。
外資系ホテルの社長とバーテンダーの美青年。
さぞかし大人の駆け引きでドキドキさせてくれるんだろうという期待で購入しました。
結果的には駆け引きなんてなくて、二人とも可愛かったです。
素直に愛を言葉にする攻めの一瀬とツンデレな高史。
ドキドキというかラブラブで、読んでいてほのぼのしました。
疲れてるときにはこれくらい甘い方がいいんですね。
続きが明日発売なのでとっても楽しみです。

1

色っぽい、大人な二人に萌えます

続編が4月に発売されるので、読み返してのレビューです。
とにかく、攻めの一瀬も受けの高史も、大人でカッコイイのがイイですね。
お話は、バーテンダーの高史が客の一瀬に落とされてく、という感じです。

その途中途中で見られる、高史のエロエロな姿に萌えます。仕事中はストイックな感じなのに、夜は豹変するなんてギャップがたまりません。

一瀬も、余裕のある大人な態度がイイです。喜んで高史に振り回されてる様子が好きです。幼馴染に嫉妬するのも可愛いし、それをイベントとして楽しんでるのも素敵だし。高史を甘やかしてる様子もキュンキュンきます。

またこの二人が読めると思うと嬉しいです。ホント、『BlueMoon,Blue 』の発売が楽しみです。

3

理想のカップル!!

ちるちるで評価が高かったので購入しました。


一言でこの作品を語るのであれば、青葉君のギャップにやられました~!!
バーテンダーの青葉君は(バーテンダーって職業からもうカッコイイです)
普段はクールなのに夜はエロエロ誘い受け・・・
ぐはっ・・・鼻血出る。。。
(しかもあまり修正がないという大サービスな感じがもう・・・)
last shot前の青葉君の顔を赤らめながら
「…すぐ したい…」と言った時は、私自身が沸騰しそうで、
途中で読むの止めたくらいでした(笑)
そして何で男じゃないんだろうって思っちゃったって言う・・・(^_^;)

攻めの一瀬さんは外資系ホテルグループ社長でお金持ちで
(お金持ち過ぎて発想がぶっ飛んでるのがまた面白い)
紳士でステキ!!
こんな人と会って愛されてみたい!!って思ってしまいました(笑)
でも青葉君はそんな一瀬さんを翻弄しちゃう魔性で女王様・・・
こういう人になってみたいって思う反面
翻弄されてみたいとも思っちゃう私、
一体どうしちゃったんだろうって感じです。。。
それぐらいこの二人は魅力があってステキなお話だと思います。
どうやら続きがあるみたいなので、早く読みたいです!!

3

*マリン*

あやちゃん

わざわざコメント、ありがとうございます。
魔性の女王様は大好物です(笑)!
てかこのレビューは自分で書いたはずなのに、
痛すぎて恥ずかしくなりました(^_^;)

あやちゅけ

*マリン*さま

素敵な話ですよねー。
受けのツンでエロい感じがいいなぁと思います。
ホント、魔性の女王様ですよねー。

か、かわいいっ

橋本あおいさんの作品を初めてみたのですが、絵がとてもきれいでした
受が個人的にすごくかわいくてすきですね。
日常とエロくなる時のギャップがやばい
萌えます、すごく。

話の内容では、読んでいてほんわかしました。
どうやったらうまくいくか攻なりに考えて受に猛アタックする姿勢は素晴らしいですね(笑)
最近、ドロドロしているやつをみていたので、一途な恋愛はみていて楽しかったです

あまりにもエロかわいい受にすごくキュンキュンしました。かわいすぎです。
個人的に攻の秘書もキャラ的に好きでした
いやー、ツンデレごちそうさまでした

2

エロいけど、コメディ。

コメディ分野、ということで、
ちるちるのランキングで上位に位置していたので、
買ってみました。

読んでみたら、予想以上にエロかったですね……。
いや、でもエロエロは好きなんで
いいんですけどね。

エロくて美人で、それでも難攻不落っぽい
ツンデレの主人公。
好みです。

主人公の一瀬じゃなくても惚れてましたね。

実際にバーテンダーの高史目当てに
バーに通う人がひっきりなしという設定でしたし。

この難攻不落の美人を
落とそうとする主人公の一瀬のもがきっぷりも
見どころの一つですね。

超金持ちで、ステータスもあるのに、
あまりにも報われなくて、
哀れになってきます。

そこがコメディの要素で
物語を飽きさせないです。

エロエロを目的にしてもいいですし、
コメディを目的にしてもいいですし、
どちらにしろ、
読んでみて
損はない一冊ではないでしょうか。

次作もこんなティストの一冊を楽しみにしてます。

2

想像より面白い!

受けの崇史くんがとてもいい!作画もとても綺麗で魅入ってしまいました
最初は誘い受け?みたいなイメージがありましたが、実は乱暴な崇史の素のすがたに萌えました。後半ツンデレっぽい…

橋本さんの作品は初めて読みましたが、描写がリアルで…
クロネコ彼氏シリーズの描写と似ていると思います
買って損なし!

2

う~ん???

なんとなく購入が後回しになっていたのをようやく買いました。
購入予定だったのでネタバレレビューは未読のまま。少し失敗しました。

まず「表紙」「魔性のバーテンダー」「あらすじの会話」を見て、
大人のシットリした恋の駆け引きのお話だと勘違いしちゃったのです。
エロエロで素敵なMLが見れるー!!!と期待しすぎました。
最初の15Pまで「これこれ!!」とワクワク出来たのですが,,,

魔性のバーテンダーはタダの普通の男の子だったという(泣)
最初の15Pで魅せてくれた『魔性のバーテンダー』はその後現れませんでした。
出てくるのは、意地っ張りで素直じゃない乙女思考のツンデレちゃん。
(攻めの社長は初見のイメージのままだったのですが)

甘々もラブコメのツンデレちゃんも好きなので、そんな内容と知っていればスゴク萌えたのですが、いかんせん大人の素敵な駆け引きストーリーと勘違いしたまま読み始めてしまったので『コレジャナイ』感で(泣)自分が悪いとはわかってるけど、あらすじ煽りすぎダロー!!!(好きな方ゴメンナサイ)

線がほっそいですが絵はキレイだしエロエロだし買って良かったとは思ってます。
一度頭をカラッポにして、エロいラブコメを読みたい気分に読み返します。
そうすれば評価が変わると思いますが、現段階では中立よりの萌です。

6

受けがエロい

友達に勧められて買った作品。
なんか大人って感じの色気のある表紙。

そして中身もお色気満載でした笑
大人なんだけど、攻めが少し子供みたいなところがあってまたそこが可愛かったです。

受けはツンツンしてるのに負けじとせまる攻め。大人の余裕ってやつでしょうか。強いていうのなら攻めの社長さんがとてつもなく老けてみえたのがちょっと辛かったかな??
せめてもう少し若く見えるように表現して欲しかった…
あれだとガチでおじさんって感じが出てしまってました笑

とはいえ、えちシーンはお色気満載で、見てるこっちが恥ずかしいw
そして何より可愛かったのは受けがデレたシーンですかね。
そのうえ無自覚デレ。ついぽろりと好きと言ってしまうシーンが一番キュンときました♡

大人の恋、好きな方読んでみてください♪

1

舌使い最高

ホテル社長xバーテンのお話。


一瀬さん素敵すぎ。こんな人実際にいたら一瞬で惚れますわ。
社長で紳士でお金持ちで知識も豊富でおいしい飲み物もおいしい食べ物も知っていて夜のテクニックも抜群。まさにパーフェクトな男性なのですが、魔性のバーテン高史はちっとやそっとじゃ落ちません!でもおいしい食事にお酒、そのあとのお楽しみ・・・素晴らしい時間を過ごして「この関係って何?オレセフレ!?」と悶々と悩んでくる高史。一瀬さんはハリウッド俳優バリにアピールしてるんですがね(笑)だから素直になれないんですけど。いうなれば高史は魔性ツンデレ淫乱バーテンですね。もうプレイ時の舌の動きがえろいーーーーーーーーーーー!!!!!!早く早く・・・な感じも良いですね。誘い受けグッジョブです。一瀬さんの攻めも普段余裕たっぷりな紳士なのにプレイ時に余裕なくなっちゃうとこが溜まりません。最後ハッピーエンドでもしっかりツンデレが効いてて良かったです。

1

初読み作家さん

丸ごと一冊が、ひとつのストーリーでした。

絵がとってもキレイですね~。
なので、やっぱり読みやすかったです^^

社長と秘書のやり取りもイイですよね~。
本編というか本筋というか、それ以外の所もキッチリ楽しめる、こういうのは
読み応えに繋がりますよねー!

バーテンの高史くん、いつもビシッと女王様風かと思っていたら
幼馴染みがくると、子供みたいになっちゃうんですねー。
まぁ客商売なので、偉そうという意味の女王様ではないんけど、
ずーっとキリッとしているのかと思ったので意外。
そういうギャップがまた、読んでいて楽しめました♪

2

ちょっと過ぎるくらいがちょうどいい

ほんの気まぐれから見つけた小さなバーのバーテンダー高史。
鉄壁のガードを崩したくて誘いをかける一瀬の、恋の駆け引きを楽しむ粋のような道楽。
棚ぼた的に一晩を過ごし、バーテンダーの顔と誘い込む表情のギャップに遊びでなく本気になっていく浮かれ具合が分かりやすく、楽しい気分にさせてくれます。

遊びか本気か測りかねて逆ギレしてしまう高史の可愛らしい後悔と、一瀬の金にあかせて貢ぎまくる攻撃にどんどんやさぐれていくのも魅力的です。

大人の余裕で持てるものを余すことなく披露する一瀬の悪気のない顔。
現実実離れした気障な台詞にうんざりしてしまう高史。

それでもやっぱり上等な酒と食事につい体の関係を続けてしまう。
堂々めぐりを続けながらなかなか感情には目を向けないジタバタ感が面白く、それなのに情事を匂わす表情では普段の顔とは全く違って色っぽい。

恋人の関係になったからには、愛欲の日々が待っていそうな更なるエロスに期待したいところです。

個人的にはたっちゃんの魅力が強すぎて、物語の進展よりもたっちゃんは次いつでてくるの?とときめいてしまった乙女心。
次巻もぜひたっちゃんの笑顔がみたい!!

2

大人のお話

お話の舞台がお洒落なバーなので、ちょっと大人のお話・・・かな。

ダンディで素敵な一瀬さんと普段はクールでカッコいいのにHの時は超エロいギャップの激しい高史。

高史大好き一瀬さんに対し
初めは一瀬さんに距離を置いていた高史ですが
自分でも気づかないうちに、一瀬さんにひかれていき
最後には自分から求めてしまいます。

クールビューティーな高史とベッドの中でのエロエロな高史のギャップがこのお話のおもしろいところです。



1

お金持ちゆえに愛情表現が豪華すぎる!羨ましい!!(笑)

ちるちるで皆様の評価もよかったので思わず買っちゃいました!

大人のエロさですね!
社長の一瀬さん!金持ちゆえにアピールが豪勢(笑)
確かにあんなに美しい受け様前にしたら頑張っちゃうのも納得!!
自分なりにアピールしてても高史(受)にはなかなか伝わらず・・・
受け様もなかなかのツンデレで、他のお客様には見せない顔を一瀬には気付かずに見せてるのが良かったです^^
エッチの時は、落ち着いた一瀬の中で悶える受け様って感じで、そこは確実に攻め様が主導権をにぎってるって感じでよかったです♪
一生懸命のアピール攻めの姿には、少し笑ってしまう可愛さがありました^^

2

潔いエロさ!

橋本あおいさん初読みです。
というかBL漫画は普段あんまり読まないのですが、これは面白かったです!
まず絵がとってもキレイ!
カラーが苦手なのかな?表紙よりも中身の方が絵がキレイに感じるって珍しいかも(笑)
そして絵がキレイなだけでなく、表情も豊かに描かれてるし、テンポもよく、受けの素とのギャップ、Hでのギャップなどが伝わってきて、これは攻めはメロメロですよ(笑)
もちろんストーリーもあって受けが徐々に惹かれていく感じもわかります。このツンデレがー(≧∇≦)
そして何よりも素晴らしいと思ったのが、このキレイな絵でモロだしなんです!(笑)いささかの気恥ずかしさや誤魔化しなんかもなく、隠すこともなく自然に裸体を下まで描く!潔し!素晴らしい!
でも絵がキレイだから卑猥すぎたりくどすぎたりしないで、エロエロだけど胸焼けしない!漫画でこれって凄くないですか??
ただ、攻めが30代後半設定なのですが、たまにとても若く見えて残念。もっとダンディさがほしかった!

漫画は読みやすいのでついついたくさん買ってしまったり、表紙と中身の絵が違ったり、ストーリー性がなくてがっかりしたりすることが多くて普段は小説派なんですが、この作家さんは作家買いして行こうと思います!!

2

エロさの範疇が好みとちょっと違う。

あちこちで評価が高いので、電子書籍で読んでみました。
面白く読みましたが、こういう感じだったのか、というのが一番強い印象です。
期待より少し外れていたので萌評価に(若干中立に近い方で)。
多分好みの違いなのかもしれないですが、あまりエロさが響いてきませんでした。
もちろん、どのシーンでも描き方や見せ方が巧いのは文句なしです。
絵も綺麗で表情豊か、お話もお洒落と言うのかな、茶目っ気もあって良いです。
ただ、高評価の基本の一つになっている濡れ場描写がちょっと私の好きな感じと違う。
キラキラした絵柄とベッドシーンというのが結びつかないと言うか。
それと、微に入り細を穿つところがかえって逆効果な気もする。
ちょうどクロネコ彼氏みたいな。あの作品もとても好きなのですが、
好みかと訊かれれば少し違うんです。濃厚すぎるのかな、多分。
お話や絵のカラーがあまりに違うので比べちゃ駄目なのでしょうが、例えば
桂木の背中を舐める暁人、あのシーンの方がよほどぐっとくるエロさなんですよねぇ…。
あの一コマでこの作品の全てのベッドシーン一つに匹敵します、個人的には。
自分の中であれが一つの基準というか手本になってしまったのかも。
こういうのは相対評価をしてはいけないのでしょうが、そんな訳で、
各所での高い評価程のエロさはあまり感じられませんでした。
いや、違うな。何と言うか、ちゃんとエロいんです、それは解ります。
でも胸にぶわっと来るような色気(色香?)は感じられなかったです。

2

一瀬さん若いのね

購入タイミングの都合で、ドラマCDの方を先に聞いたのですが、
一瀬も高史も、想像よりだいぶ若かった。
ドラマCDでの声の印象もそうだし、キャラの設定的にも、有名ホテルの社長と2階が住居になっているようなバーのオーナーバーテンダーとなると、せいぜい若くても40代前半と30代前半ぐらいの感じで聞いていました。
コミックのビジュアルとしては、この位見目麗しくあって欲しいのは、それはそれで納得できるのですけれどね。
それにしても、随分ガッツリとリアル。
予想外にエロかった。

1

王道要素てんこ盛りだがエロきゅん

攻めさんはキザで大人で押せ押せな口説きキャラ&
受けさんがツンとしているのにアレの時はおねだりしてしまうというギャップキャラで、
キャラが色んな要素を合わせた王道でしたが、とても楽しく読めました!

この攻めさん、ホントに王道キャラだと思います。
受けさんに恋人がいるんじゃないかと疑ったり、受けさんの友達に嫉妬したり。
バラの花束持って口説きに来たり。
大人で余裕があってHに自信があって。
すべて超王道ですが安心して萌えられる。

絶対受けさんを傷つけるようなことをしないと思いますし、
キャラにぶれがありません。
多少ハメをはずすような所もありますが、
お茶目だな~と笑って許せるハメのはずし方なので、
それが嫌だな~と思うわけでもなく。
とにかく一貫して紳士的です。

BLのもう一つの王道と言えば「攻めが受けのことを好き過ぎて無理やりHする」。
これも人気ですしBLの常識レベルで多く存在する展開ですが、
それに比べるとこちらの作品は恋愛における正統派という印象です。

Hに誘ったのは受けさんからですし(なので無理やりではない)、
その後は攻めさんは受けさんを口説いています。
「口説く」は原点ですよね。
男女だろうと男同士だろうと好きな人に振り向いてもらうためにすること、
それは「ムリヤリH」ではなく普通「口説く」ですよねw
そういう意味では物語の王道というか、
もはや世間一般の恋愛における王道レベル。

二人のキャラクターがどちらも成人男性で、一方は紳士なキャラクターなので、
性描写もあれだけ生々しいのにどこか安心感があります。
tyncoの描写もくっきりはっきりでエロ度は高いですが、エロきゅんしました。

ところでこのテンションの割に若干星の数がぬるめなのは、
攻めさんが「もうすぐ30後半」というセリフで、
えっ!!そんなに若かったの!?という「顔とキャラの内面」と「歳」の設定に、
個人的には違和感があったからだったりします。
それで面白くなくなったとかそんなのは全然ないですけどね。
むしろその事項はスルーしてもいいぐらいのことではあるんですが、
奇妙に違和感が残ってしまったので。
この落ち着きは40ぐらいの人だと思って読んでいたので、
そこでヒザかっくんを受けたような気持ちになりましたw
ちなみに受けさんは好きでも嫌いでもない感じのニュートラルに受け入れられるキャラクターでした。

shot3の表紙絵の、一ノ瀬さんの立ちグラまじパねぇ大人のかっこよさでした。
続編があるそうなので、そちらも楽しみです☆

3

センスの良さを感じさせる1冊

成程、人気が高いわけですよ。
主役二人の表面と内面とのズレ感にクスっと笑え、大いに楽しませてもらいました!

好きだからこそ一生懸命になり過ぎて、相手の気持ちに疎くなってしまう一瀬と
セフレなのか?と悩み、そんな不安な気持ちを伝えられない意地っ張りな高史。
大人なようでいて非常に可愛らしい恋愛模様でした。

また、ベットのなかでは普段とまるきり違う顔を見せる高史のギャップが
一瀬をとりこにしていくという要素がすっごく効いてました。
下の毛ばんざーいw

時折コミカルな展開を挟みつつ、エロスもばっちり。
彼らの心模様も解りやすいし、BL作品としてかなりレベルの高い作品だと思います。
ただ…あと一味あれば、よりよかったかな。
えらそーではありますが、この作者さんならもっとパンチのある作品を描いてくれるのではと思います。
そういう期待値を込めて、この評価とさせていただきました。

2

大人の駆け引き♪

橋本あおい先生はこちらが初読み。
絵はキレイで読みやすく、毛もしっかり描かれてるし、アソコもリアル。
これ高ポイントです!!

一瀬さんは大人の男で余裕もあってグイグイ攻めてくる。
いけ好かない印象を持ちそうなのに、それが全くないのは可愛い部分があるからでしょうか(笑)
特に秘書の福原さんとの掛け合いではそんなチャーミングな部分が見られます。

高史はお店ではクールな表情ですが実は…
子供っぽい所もあるし、エロエロな可愛い子ちゃんでしたw
終盤の一瀬さんを求める所は最高にエロかった!!

続編もぜひ読みたいです!!

2

なかなかにエロい

キレーな絵でしっかりくっきりt○nk、濡れ場にリアリティーあります(笑)
昼は天使、夜は娼婦…いえ、昼はツン、夜はデレの受けに萌えです。攻めの育ちのよさ?金持ち?所以の天然感もストーリーにイイ味付けしてます。

ひとつだけ…リアルなだけに気になるところが…。
攻めも受けも、ゾクッと感じて「ロックオン!」な時に出すテヘペロ…じゃなくて舌なめずり…
この作品においてあれは個人的にあんまり好みじゃないです。
臨場感たっぷりの濡れ場でペロッと舌を出すって、なんか途端に漫画っぽくなって(って漫画ですねw)「惜しい!」と思っちゃいました。まったくの個人的な趣味の範囲での感想です汗

続編が出るそうで…いまから楽しみです!!

1

文句なしの評価で!

みなさんのレビュー、そしてコミックランキングの高さ故に気になって購入しました。

橋本先生の作品を読んだのは初めてでしたがなんといってもイラストが好みで、ゴテゴテな感じではなくても、はっきりとした線で描かれており画面がとても栄えてみえました。

話の内容も面白く、気づくとあっという間にキャラクターのペースにはまってしまっていました。
みなさんのレビューを拝見していると、エロについて書かれている方が多いので
そこには触れませんが、そこを抜きにしても(勿体ないですがw)展開が早くテンポの良いお話だったので私としては、みなさんの評価を信じてよかったなと思えました。

読み終わってからも続きが読みたいと思っていたところに、なんとカバー下の先生のコメント欄に続編の文字が!!
今後の展開も楽しみに待てるとてもいい作品でした。

2

綺麗なバーテンさんのアンビバレントな姿にリピしまくり

内容は皆さんが書かれているので割愛します。

私もこの作品で橋本さんの存在を知った一人でしたが
個人的にきれいなめな男の人の描写が好きなので、
バーテンの高史さんはツボ!
少し長めの黒髪を耳にかける仕草の色っぽいこと

そんな高史さんの、
豹変した子供のように気持ちよさそうな受け顔に
ストレス解消されまくりで、リピ率絶好調です。

他の作家さん、作品で恐縮ですが、
大和名瀬さんの「無口な恋の伝え方」の
山崎さんが好きな方には、是非お勧めします。

私にとってはエロというより、
美しさが勝ったので、是非続編を読みたいです。

2

エロかった

このサイトでコミックランキングで上位だったし、書店で偶然見かけて購入したのですが、すごくエロかったです。絵も綺麗だったので好きになりそうです。

1

ギャップ萌!もう全てに酔いしれました♡

初読み作家さんです。
高レビューにつられ、こちらは電子書籍にて購入してみたのですが…期待以上でした!何回も読み返してしまう面白さ。
何と言っても自分好みの美麗絵!
エロ描写はもう濡れ濡れ級のクオリティーの高さ!
ガッツリ最後まで堪能させて頂きました。
もう極上級の色っぽく甘々なエロスと、予想を反した大人の純愛ラブを堪能させて頂きました。
年明け早々素敵な作家さんとの出会えて嬉しくて大満足。
ご馳走様でした!

最初、表紙と口絵の絵と本編の攻様の絵柄の印象の違いに「うん⁉︎」と思ったんですけど、読み進めていくうちに気にならなくなったので大丈夫でした。

外資系ホテル社長・一瀬 × オーナー&バーテンダー・高史の大人のラブストーリー!

ストーリーは大人の恋愛ものと王道展開なんですけど、キャラに味があって、合間合間に笑いを入れてくるセンスが絶妙。
大人の『可愛らしさ』をここまで堪能させてくれるなんて、まさに私の萌ツボを刺激する美味しさ満載でした♡

身体の関係から始まる2人。
大人の余裕あるオヤジ様一瀬が、年下ツンデレ君の高史に求愛し続け、突っぱねられながらもあらゆる手段で上手く懐柔していき、高史も徐々に素直になって、セフレ(ツンデレ高史が一生懸命言い張ってるだけなんですけど笑)〜
恋人になっていく過程を存分に楽しんで読める一冊でした。

2人のキャラが好みなのも良かった!
一瀬は「リチャード」なんて、まさにピッタリのあだ名をつけられる程の、派手でバブリーなオヤジ様。
普通の恋愛観とはずれた、口説き方の数々がいいんです。
普通だったら嫌味な奴に見えるのに、地でいってしまう相当の天然タイプな所が、オヤジキラーの私の萌ツボを刺激してくれました(笑)

子供っぽい、おどけた所や茶目っ気な所、少し間の抜けた感じは愛嬌があって可愛いし、かと思えば歯の浮くような甘いセリフばかり言っているにも拘らず、大人の色気ムンムンなオヤジ攻様に惚れちゃいました♡

高史は、ポーカーフェースな美貌のバーテンダーで、客からの誘いも多いけど難攻不落で有名な一筋縄ではいかない男。
だけど、最初から一瀬の誘きには乗ってしまうんです。
多分この時点から惹かれていたんですよね。
だけど素直になれないツンデレタイプ。
勝気な言動と、ふと見せる色っぽい眼差し。
一瀬がハマって、独り占めにしてしまいたい喜びにかられてしまうのもわかる位、店と外でみせる表情や言動のギャップに萌ます。
仕事の時は優雅なのに、恋愛になると実は結構パニックになっていて、思わず感情的な地が出てしまうオンとオフのギャップ!
1番は、ベッドでの情熱的に乱れる姿はエロくて大興奮でした♡
特に、高史の大告白シーンの濡れ場は最高です!

そんなギャップある2人だからこそ、心の距離が縮まっていく様子はキュンキュンさせられ通しでした!

食事やお酒が登場するシーンも好きです。
思わず食べたく…飲みたくなる美味しさでした!

橋本先生と言えばエロに定評があると書いてあったのでどんなものやらと思いきや⁉︎
繊細で詳細で濃厚で、思わず凝視してしまうエロさ堪能でした♡
裸体も美麗絵!
骨格や筋もきちんと勉強されて描かれているであろうデッサン力の高さをみせられました。
アングルも素晴らしいし、前戯や後戯、ピロトークと…細部に至るまで丁寧に描かれいるので楽しませてくれます。

脇キャラも素敵です。
社長一瀬を尻に敷いてそうな秘書の福原や、高史の幼馴染み&初恋の男 • たっちゃん。
この2人が、それぞれ理解のある味方さん達で、何気に恋愛相談に乗ってくれていて…だけど若干楽しんでいたりもして、一瀬と高史をそれぞれ子供扱いしている所なんかは面白かったです。
いい味を出してくれていて良かったです。

社長の嫉妬イベントや、デジタル番おまけページの、恋人宅から出社イベントも面白くて可愛くて好きです。
こんな庶民的な所もホッと安心出来て良かった。

続編決定しているそうなので、凄く楽しみです。
お気に入りキャラ福原のスピンなんかが読めることを熱望したいです(笑)

オヤジキラーでツンデレ受好きには、本当に美味しい一冊でした♡
ぜひオススメしたい作品です!

4

敗退を知らない社長に乾杯!

受の容姿が好みで、バーテンダーと社長の大人の駆け引きというあらすじに惹かれて読みました。
個人的には落ちるまでのあれやこれやの駆け引きが見たかったのですが、一話で即落ちだったのでちょっと残念。
関係に至るまでのやり取りの方が色気があると思うんですが、BLで連載だったら仕方ないですね。
関係を持ってからのうだうだしたやり取りも、楽しかったです。
安心して読めたポイントは、「ああ、この社長、何があっても全く諦めない」というオーラ。
押せ押せの攻が途中で何か誤解していきなり手を引く展開はありがちですが、この社長に限っては全くそういう事は考えられないので素晴らしいです。

雰囲気は、ハーレクインに近いのかもしれません。
社長と秘書とのやり取りがえらい可愛いです。

4

一瀬さん、あなたの年齢設定にかかっていたようです。

電子書籍にて購入・閲覧。
私にとって初読み作家さん。そしてお恥ずかしながら、ちるちる様のランキングで橋本あおいさんというお名前を知りました。
私がランキングを見た時は1位になっていて、
「え!そんな有名な作家さんなの!?
 読みたい読みたい読みたい!」
と居ても立ってもいられなくなってしまいました(笑)

超有名外資系ホテルの社長・一瀬と、一瀬のお気に入りのバーのオーナー・高史のお話。
何度も誘ってようやく二人きりで食事に行き、少し甘い毒を吐きながら、その後のセックスでは体の相性が露呈されつつ高史は後日、何事もなかったかのような振る舞いを一瀬に見せるけれど――と進んでいきます。

沢山の素敵レビューがあがっていますので、私は偏った愛ある感想を♪


一瀬さん。
単刀直入に言いますと、30代半ばにしては、少し「老いポイント」が顔に出過ぎじゃないかなと思ってしまいました。
(ココで言う「老いポイント」→目頭の凹み、シワ等)
見た目も中身も、セックステクニシャンな攻めという点も大好物なんです!
天然、とは少し訳が違う、でも普通でもないあの感覚。
高史に泳がされ、それでいて自分の手のひらで転がしているような絶妙なやり取り。
もうドコを取っても「ハァァ…!!」とため息を漏らしたくなる甘い空気。

素敵紳士の絶倫攻めに、快楽に弱いツンデレ美人受け。
ホテルオーナーに、質のいいバーテンダー。
もうもう『THE・ボーイズラブの夢の世界』って雰囲気が最高にタマラナイ訳です。

そんな私のツボをズンズクズンズクついてるのに『神』に出来ない理由。
それが、先に述べた「年齢と顔の老いポイントに若干差がある」でした(笑)

高史は私の数ある理想受け男性としてパーフェクト★
黒髪だし、ツンデレだし、なのに快楽に弱くてシテる最中は自分から求めちゃったりして。
もう待ってましたと言わんばかりの好物です。


じゃあ一瀬さんの目頭の凹みやシワを取ればいいのか。
……いやいやそうじゃないんです。
あの姿形のまんまで、是非とも『40代男性』の設定にして欲しかった!
これが本音です(笑)

表紙から見てとれる髪の色→ロマンスグレーに見える。
目頭の凹み→30代半ばにしては凹み過ぎ。
ホテルの社長→貫録ある方がイイのでは。

という訳で、何度も言うようで恐縮ですが、
【一瀬さんが40代の絶倫男性社長】
設定だったら本気で神評価にしていたなぁ、と、読了して1週間以上経っても未だ思っている次第です(笑)

(※あくまで個人的見解です。作品としてとても面白く好みです。
  一個人の感想として読んで頂ければ幸いです。すみません(苦笑))


◆◇追記◇◆
電子書籍限定ペーパーも読みました。とある日の朝食のお話です。
あんなツンツンしながらも実は甲斐甲斐しい高史❤ アレは明らかにプロポーズでしょうっ。
そりゃ一瀬さんもそう受け取りますよ♪

5

ツンとデレの標高差でエロ度倍増!

◆あらすじ◆

国際的高級ホテルグループの日本法人社長を務める一瀬(いちせ)(30代半ば)は、最近カウンターのみの小さなカクテルバー・fragileがお気に入り。
彼の目当ては、オーナーバーテンダーの青葉高史(あおば たかふみ)。
デートに誘ってみると、普段は慇懃でクールな青葉が、ベッドでは別人の乱れぶり。
青葉のギャップにハマり、「プリティ・ウーマン」のリチャード・ギア張りのプレゼント物量作戦と甘い口説き文句で攻める「ガイシ系」ノリな一瀬と、そんな一瀬が気に食わないツンデレ青葉。
百戦錬磨どうしの恋の駆け引き、さて勝負のゆくえは?

◆レビュー◆

スーツ姿が凛々しい青年実業家との、普通じゃ予約の取れない高級レストランでの食事、一流ホテルでのセックス、抱えきれないほどのバラの花束やワイナリーまるごとプレゼント…女の子なら一瞬で蕩けてしまう、シンデレラストーリー。
完璧バブルの匂いがするお話ですね(笑)
ていうか、作中で一瀬を「プリティ・ウーマン」のリチャード・ギアに例えてるあたりや、一瀬が口ずさむ音楽がツェッペリンやクイーンだったりって、21世紀の日本より、バブル期の日本にピッタリはまる気がします。
まあそのくらい、ドリーミーなお話ということでしょうか。
でも、一瀬のいかにも育ちの良さげなリッチマンっぷりは不思議と嫌みを感じさせず、ウットリと気分良く読めてしまいます。

青葉の通常モードとエロモードとのギャップも見どころですね。
ギリギリまでめいっぱい落差をつけた感じなんですが、辛うじて「別人」にならず「ギャップ」の範疇に納まっているのは、表の顔での自分を曲げない頑固さと、ベッドの中での自分に正直な淫乱ぶりに、ちゃんと一貫性があるせいだと思います。

ただ、個人的に萌えたのは、受けである青葉の男っぽさ。
単体で見れば攻めとしても通用しそうな男性的な体型がイイ。バーテン・スタイルの時も、ベストの下の大胸筋がしっかり存在感を主張してるし、脱いでもスゴいんです彼(萌)
しかも、性格的にも男前で。
とってもシンデレラストーリーであるにもかかわらず、青葉はベッド以外では最後まで(ベッド以外では)デレないし、男としての矜持を捨てない男なんですね。
飾り気がなく質素な彼の部屋にも、妙に萌えツボを刺激されました。

ちなみにかなりエロエロしいと評判の作品ですが・・・その通りです♪
ディテールまで描写が鮮明という意味でもエロいんですが、とにかくエロモード入った時の青葉の乱れ方がタダ者じゃない!忘我の境地で唇を舐めるしぐさもソソります!
ツンツンモードの青葉とのあきれるほどのギャップが、エロ度をアップさせる魔法としても効いてます。
展開的にもうひと波乱ほしかったという部分はあるものの、そこは青葉のギャップこそがサプライズな作品ということで。
トータルでは質・量ともに満足。おいしゅうございました。

7

ツンツンデレツンデレツンツン♪

百戦錬磨×難攻不落=甘々エロ。

外資系ホテルの社長:一瀬は偶然、見つけた隠れ家のようなバーで美貌のバーテンダー:青葉高史に出逢います。

百戦錬磨なセレブ年上が難攻不落と噂される年下をお洒落に口説く…って字にすると照れくさく好みじゃないんですが私にとって【萌えの宝箱】でした~!

というのも、大人なんだかガキなんだかわからないふたりの駆け引き(掛け合い)が愉快!
相手に翻弄されてると感じているけれど実は自分が相手を翻弄してることに気づいていない同士w

高史の素っ気なさに一瀬が不憫でしたが、一瀬本人がそれを楽しみながら本腰を入れる展開にニヤニヤ。
本腰を入れる、と言えば濡れ場ですが(早い段階から腰、入ってます☆)橋本あおいさんのリアルツンコは定評がありますよね~。
今作品も揺れまくる都内のナンチャラ条例もなんのそので形も色も素敵なツンコで満足!
毛がキッチリ描かれてるのも好き♪
絡み描写が私の萌えツボ連打なんですっ!
綺麗な線で繰り広げられる執拗なお尻のあな付近のグリグリ攻撃も、はじかれ舐められ噛まれ摘まれと可愛がられっぱなしな地区Bにジワッと汗をかくくらい興奮しました~。
行為の描写自体もエロいんですがツンツンツンな高史がめっちゃ淫らに乱れる!
最終的に自身の気持ちを認めた高史の告白はまさにスティンガー!
百戦錬磨も撃ち堕とされますって(笑)
※スティンガーの意味は作中にてご確認を!

高史は一瀬の華やかな立場や台詞に【実】を見いだせないと思いこんでいるだけで、いつもはスルーする客のお誘いに乗ったり姿を見せなくなれば落ちつかない…その熱の名前に気づかないだけなんですよね。
他人のいなし方は巧いけれど自分の気持ちには素直じゃないって…倫理観と感情の波に溺れる可愛いお子様(笑)
シーツの波間と一瀬の甘やかしに溺れるがいいわ!

一瀬の過去というか、素性がそれほど明かされていないのも好奇心を引っ張る魅力のひとつでした。
わからないから知りたい
…それはこのふたりにとっても同様のスパイスだったと思います。

そして脇役スキーにも美味しい一冊!
高史の幼なじみのたっちゃんも捨てがたいですが、一瀬のおかあさん…じゃない敏腕秘書の福原さんんん!
彼こそ誰かに翻弄されてほしい~めっちゃ好みなので是非是非、スピンオフを!


6

エロい

このサイトの評価を見て買いました。
レビュー通り、細部も書かれており、感じてる表情もとてもよかったです。笑
受けの、表と裏のある性格も好きでした。脇キャラもいい味を出していて、キャラクターに萌えさせていただきました。が、ストーリーやセリフが王道すぎる、かなあと思い、この評価にしました。王道好きな人にはおすすめかもしれません。
買って損はしないけど、ストーリー重視なら、、うーん。
個人的には、まあまあではないかと思いました。

3

あっ、 ギャップ萌え

このタイトルにあの表紙、魔性のバーテンダーと外資系ホテル社長、完全に好みから外れた設定でしたが、アレがスゴイとの噂に押されて購入。確かにアレはスゴかったですが、それより表紙&あらすじと中身のギャップにやられました。「この漫画はコメディです」って帯にでも書いておいてくれたらもっと売れると思ったのですが、新刊平積みの中でこの本だけ異様に減っていたので余計なお世話ですね。しかもそんな事したらギャップ効果が薄まっちゃいますよね。そうですよね。生々しい描写とか逆に引いちゃう事が多いですがこれはいけました。それぞれの幼馴染&秘書に報告連絡相談しちゃう2人が可愛すぎるせいでしょうか。純粋に気持ち良くなれました(爽)!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ