酔いどれ恋をせず(1)

yoidore koi wo sezu

酔いどれ恋をせず(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神297
  • 萌×2132
  • 萌33
  • 中立12
  • しゅみじゃない19

--

レビュー数
38
得点
2124
評価数
493
平均
4.4 / 5
神率
60.2%
著者
橋本あおい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
ISBN
9784403665929

あらすじ

仕事と住む場所を失った水澄は酔った勢いでノンケの誓と一夜を共にする。
その後、偶然再会した誓の蕎麦の腕前に惚れ店で働きはじめるが……!?

表題作酔いどれ恋をせず(1)

楯野川誓,36歳,蕎麦屋店主
諏訪水澄,32歳,唎酒師

その他の収録作品

  • 酔いどれ恋を知らず
  • 酔いどれひと夜の恋(の筈だったのに)描き下ろし
  • ドラマCD「伸るか反るか」アフレコレポート
  • CMみたいに言われたい
  • デジタル版描き下ろしおまけ1P

レビュー投稿数38

美味しい食事と酒と良い男

店頭で買うのを躊躇しそうになるエロい表紙ですが、期待を裏切らず中もなかなかにエロく面白かったです。
以下、ざっくりしたあらすじと感想を。

職場の飲食店オーナーがストーカー化したため、職と住まいを失ったゲイの水澄。
ヤケ酒をして出会った、ノンケだけど好みの男と酒の勢いでHをしてしまう。
後日、ふらと立ち寄った店がその男・誓の店で、その味に魅せられ運よく働く事になる。
ノンケだし酔ってたしで自分の事は覚えてないかと思いきや、誓はしっかりと覚えててまたHをする事になり…。

表紙からビッチ受けかと思ってたんですが、ビッチ度はそんな高くなくエロ可愛い子という印象です。
過去の苦い経験から、恋愛に期待せず身体だけを満たしたいという考えを持つ水澄。
誓とは身体の相性が良いんだけど、本気になるのが怖いから「もうHしない」と誓に言うくらい。
もう好きになってんじゃね?と思うんだけど、自身の気持ちが分かってなく足掻こうとする水澄が可愛いです。

誓は離婚歴あるノンケで男前で、水澄とのHに意外にも貪欲なのがスバラシイ(笑)
黒コック服姿なのも良いです!
有名シェフを父に持ち何やら蟠りがあるようで、その辺はまだ明らかにされず。
感情の見えにくいキャラなんだけど、そんなところも魅力に思える人物でした。

男前攻めと美人受けの二人は、Hはするがまだそれだけの関係です。
水澄のトラウマ原因人物登場で1巻はおしまいですが、2巻が待ち遠しい〜!
橋本先生の作品はbetween the sheetsが好きなんだけど、タイプとしては似てます。
between〜が好きな方は今作も好きなんじゃないかと。
話のテンポが良く登場人物も魅力的なので、今後の展開が楽しみな作品でした。

15

はやく2巻を!

もう最高の一言につきます。

橋本先生もご自身で「当社比でもエロ多目にできたのでは」っておっしゃってますが、なんかもうほんとありがとうございます!!

受けの水澄(みすみ)も攻めの誓(せい)もとても魅力的です。
特に誓は、寡黙というか落ち着いた男のようで、ただのムッツリのような、はしゃいだりニコニコしたりしないのに表情も言動も妙に可愛いので、水澄も大変だなぁとこちらも萌えながら読みました。
特に、もう一度エッチなことがしたい誓に対して、もうしないと告げる水澄に、じぃーーーーーっと見つめながら絶対にか?と聞いて、……しばらくは、と答えてもらったときの

ん、わかった

深くうなずきながらの

ん、わかった


が!!!
かわいいーーー!!!!

いやもう読んでみてって!と誰かの肩をバンバン叩きたくなる萌えです。

最後に出てきたの、水澄のトラウマになった例の親友くんですよね。
待ちきれないーー!

7

最高

相変わらず橋本先生の作品は最高です…
語彙力バカになります…最高しか出てきません
橋本先生の描くエッチシーンが大好きなので、今回の作品は先生もおっしゃるようにエロ多めでとても良きでございました。
攻めと受けの容姿や性格、年齢も性癖どストライクでございました。
ありがとうございます。2巻心待ちにしております。

6

エロ可愛い~

表紙から、ビッチかーと想像して購入を見送ろうかと思っておりましたが
他のレビューアの方の「betweenが好きな方は」という内容に反応して購入。
あらーほんとに最高でした。おまけにビッチじゃなくて大好きなタイプ!
(やってる時だけめろめろになってしまうタイプ)
レビューしてくださった方有難うございます!
食べ物系好きな方にはオススメしたいです!

あおい先生の描かれる「えろんえろんになりつつ、可愛いシーン」が
最高に好き。
そして、食べ物記述もすごく素敵。
そばはあまり好きではないですが、読んでるとどうにもこうにも
食べたくなってしょうがない。あー今きりっと冷えた日本酒呑みたい。

1巻終わる直前で、素敵な当て馬?になられるかも と想像する人物が
出てきたので2巻も超楽しみです!
先生、すごく面白かったです!!!

最後に追加でおまけについて。
私は電子で購入したので 
電子限定描きおろし1Pとre〇taさん限定描きおろし付いてました。
re〇taさん限定の方は、酔っ払いみーちゃんがすりすりして
寝こけちゃうお話でした。可愛い・・。

6

エロ綺麗!!

とにかく!!エロいっ!!
エッチの時の描写がなにせエロいです!!
攻めのアソコを受けがおクチでってシーンで、
受けが持った瞬間に効果音「ずしっ」って書いてあるのを初めて見ました。(受け自身もその大きさにびっくりしてましたが)
橋本あおい先生、爽やかで綺麗なタッチとエロさのギャップが凄くて、そこがたまらなく好きです。

お話は、他にレビューで書かれてる方もいるように、
Between〜が好きなら是非是非読んでみて頂きたい!という感じでしょうか。
エッチの時だけトロトロに変わっちゃう受け君は共通してるなと思いました。
もちろんシチュエーションは違いますが、
お酒や食に関してとてもこだわりのあるイケメン達のお話です。

もう恋しない、その場限りでいいって言うあらすじが出ていましたが、
これも他の方もおっしゃる通り、ビッチとかではなく、
過去の傷ついた経験からくる影響だということで、
逆に「そうでいよう」と頑張ってるところが伝わって、めちゃめちゃ可愛い受け君の性格にキュンキュンします。
そして硬派?というか、表情があんまり変わらない攻めさん、
何考えてるかわからないというか…いや、意外に少年??
受けの心にスルスル入って、時にふりまわす「攻め様」具合が良かったです。

橋本先生の作品でいつも思うのですが、
主人公の心の叫びの叫び方が好きです。
我に返った時、ホントにそうなるよね(笑)みたいな。
そういうとこクスッてなるし、とにかくキュンキュンしながら読めます。

2巻も待ち遠しいです!!

6

酔いどれえっち

橋本先生の作品はどれも絵柄がかわいらしいのに非常にえっちで大好きです。
受けは美人だし攻めは男前でかっこいい!舌に厚みがあってキスがリアルだし、乳首がぷっくりと膨らんでいてこれまたリアルっぽい…!個人的には陰毛の書き方が好きで、お口で咥えたとき鼻にお毛毛が当たるのがもうえっち…!!
繊細な料理を作っているのにえっちが激しいというギャップも堪らんのだよ。受けも受けでそんな激しいえっちでゆるゆるになっているお顔が素晴らしい!百点!


ちょっとネタバレ気味注意↓

内容はノンケそば打ち×ゲイ唎酒師のお話。ノンケがこんなあっさり男を抱くのだろうか…最初は酔っていたにしても二回目以降はシラフだったりもするのに、と思ったがまあ読み進めていくと気にならなくなるかな。一巻はまだくっついてはいないからセフレに近い関係。ぜひ二巻も一緒に読んでほしいです。
あと美味しいお酒が呑みたくなります。美味しい料理も食べたいな。

4

この店の常連客になりたい!

橋本先生の描く絵が大好きなのです。
人物の美しさはもちろん、背景や小道具に至るまで丁寧に書き込まれており、ラブストーリーの舞台がしっかり作られているからです。
なので読者の私も、隅々まで読み込みたくなるのです。

受けの水澄がエロ可愛くて!
美人がとろとろになっちゃう姿、たまりません!
あんなにキレイ可愛いお顔に、結構しっかり描かれたブツが…(赤面)
橋本先生のエロにはいつも「ありがとうございます!」

お料理とお酒の描写も見どころです。
本当に美味しそうなお料理たち。
トロンとした質感がたまらない日本酒。
こんなお店が近くにあったら幸せだろうなぁ。
間違いなく通い詰めちゃいます。

今のところ攻めの誓と水澄の関係は「仕事とエッチの関係がある同居人」という微妙なところですが、これからどう動くのか。
誓の胸の内がイマイチ読めません。
むっつりです。
最初の出会いが水澄からのエッチな誘いだったので、誓のほうも水澄の真意をはかりかねているのかな?
次巻のストーリー展開が楽しみです!

3

美味しいお酒の名前の二人の、エロ美味しいお話

攻め様のお名前「楯野川」も、受け様のお名前「諏訪水澄(真澄かな)」美味しい日本酒の名前を連想させますね。さすがお料理BL専門家?笑、橋本あおいさんです。
完結するまで待って一気読みしました。

酒と美人受けというとBetween The Sheetsシリーズを思い出しますが、Between~よりも脇役が印象的で楽しめました。水澄の親友真利江ちゃんも優しくていい味出してるのですが、誓さんの親代わりのキヨさんがすごく良いですね。
キヨさんは誓さんの育ての親同然の人なのですが、包容力?というか許容力がばつぐんです。我が子同然の誓さんが男の水澄と行きずりHをしたと聞いても動じないのすごい笑。キヨさんの後押しで、一晩の行きずりだったはずの誓さんに雇われ、同居することになり…と、とんとん拍子に話が進むのがおもしろいです。
二人には胸の中にそれぞれ違うわだかまりを抱えているのですが、キヨさんの気の利いた一言と、あと料理とHを通じて笑、そのわだまりが少しずつ無くなっていくのがとても良いです。

3

全てが美味しい

唎酒師の資格を持ちながら、八方美人な性格で仕事も住む家も失ってしまった水澄は、ゲイバーで出会った誓と一夜を共に。
後日入ったお店が誓の店で、料理の味も気に入り働くことに。

テンポも良く、無駄な説明も少なくて、徐々に分かる展開が良かったです。
誓の静かな態度からのかなり濃厚なHの時の豹変。修正が文字というのも好きですし、毛もしっかり描かれて、キスだけでもエロエロ。
水澄が誘うときや、口でする時の色っぽさも良いです。
誓の店の趣きとか料理、水澄が薦めるお酒、この一冊丸々美味しそうです!

3

受け様がえろかわいくて大好きです。

 雑誌掲載時より、コミック1冊にまとまるのを待っていました。
受け様の水澄がとってもかわいらしくて、キュート。
それが、エロい時にはエロいのなんのって…。
とっても気持ちよさげだし、攻め様の誓さんにトロトロにされてる姿がまたエロかわいいんだよなぁ。
普段から素直ないい子で、ベッドでも気持ちいい事には素直でかわいい。
高校時代の親友から拒否られた事から恋には尻込みしているけど、今はいい友達もいるしで、恋愛をはさまなければいいお付き合いができる表情も感情も豊かで魅力的。

 攻め様の誓さんは何考えてるのかわかりにくいマイペース。
でも水澄とのえっちはクセになったそうで、水澄からしばらくえっちはしない宣言されて、快楽に流されやすい水澄をその気にさせようとするオスの色気がステキ。
やっとその気にさせてからのえっちで、トロトロの水澄の言葉に煽られて「黙れ、保たなくなる」と余裕ない様子を見せてくれるのがかわいかったです。

 水澄の高校時代のトラウマの元凶である元親友の出現で1巻が終わってしまい、とっても気になるところです。
気をもみながら続きを待ってます。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う