• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作酔いどれ恋をせず (2)

楯野川 誓,36歳,蕎麦屋店主
諏訪水澄,32歳,唎酒師

その他の収録作品

  • 酔ってなくても(描き下ろし)
  • 電子限定おまけ

あらすじ

バツイチの蕎麦職人・誓と何度も身体を重ねながらも、
もう恋はしないと誓う唎酒師の水澄。
そんな水澄の前に、トラウマの元凶である旧友が現れ!?

作品情報

作品名
酔いどれ恋をせず (2)
著者
橋本あおい 
媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
ISBN
9784403666643
4.2

(335)

(165)

萌々

(108)

(48)

中立

(8)

趣味じゃない

(6)

レビュー数
27
得点
1409
評価数
335
平均
4.2 / 5
神率
49.3%

レビュー投稿数27

大好き!!

たしかにみーちゃんは大人の割に大人になりきれてないようなところがあるんですけど、それも含めてかわいくて大好きでした。
終わってしまって寂しいです。
短くて役に立たないレビューですみません。でもどうしても好きです!!ってだけが伝えたかったんです。

12

酒は隠した本音を引き出すって話

2巻もエロシーンがエロくてえっちでした!w
水澄は過去のトラウマのもとになった譲と、
誓は反発していた親父と、
それぞれわだかまりを解いて再出発という爽やか展開。

二人の恋は変なすれ違い方してたけど、
思い込みが原因なのでお話し合いしちゃえば一発解決。
好き同士だからそりゃそーだ。

途中、酒に酔ってヤっちゃうシーンがありますが
水澄の本音と本性がバンバン出てて。
エロいのと臆病でひねくれてるのが見え隠れして良かったです。
自制を効かせて素直じゃない人にはお酒を飲ませてみるのも一つの手よね、なんて思ったり。

何事にも動じない誓が、動じすぎる水澄をでーんと構えて受け入れるのに萌えました。
いくとこはいく!肝心なとこは攻める!素敵!

良いお酒と美味しいものが欲しくなる作品でした。

3

糖度高めなオトナのラブ

普段は寡黙な誓さんなのに、水澄には自分の素直な気持ちをしっかり言葉にして伝える所がステキです♡
それは全部水澄が欲しがっている言葉だから、惚れちゃいますよね~☆
誓さんが「好きだ」とはっきり言った時は心臓止まりそうでした!!
思いが通じてラブラブになった2人のお話を、まだまだ読みたいです!!

1

王道じれじれストーリー完結

待ちに待った2巻です。
2人の恋の行方と美味しそうなお料理、そして橋本流エロ♡楽しみな要素が盛りだくさん!
ワクワクドキドキ「いただきまーす! 」

この2巻。とにかくすれ違いの連続です!
もだもだ〜じれじれ〜イライラ〜(これは私がw)

水澄のトラウマの原因となった中学時代の同級生、譲の登場。
そして誓さんの元妻、和香さんの登場。

この2人、そこまで引っ掻き回してくるわけではないんです(特に和香は)
でもお互いの気持ちがわかっていない水澄と誓は、勝手にいろいろ想像してはヤキモキし、勝手に身を引こうとしたり、距離を置こうとしたりしてしまう。
好きだからこそ…の怯えとか妙な気遣いによって、実は両思いなのにいらない距離が出来てしまうんですね。

でも気持ちはすっごくわかるんです!
体の関係から入って、仕事を一緒にして、同居までしてしまっている2人。
最初から順番が違うからややこしい。
一緒にいられる現状を失いたくないがために、相手の気持ちがわかる前に自分の想いを知られてしまうのが怖い。
水澄にとって誓は寡黙で職人肌のノンケ(しかも元既婚者という壁)だし、誓にとって水澄は誘い慣れている感じでバーで声をかけてきた男だし、お互いに真意を測りかねて悩んでしまう。
両片思いって、双方がそんな風にぐるぐるしちゃっているから、意外と関係が進まないんですよね。

特に水澄にはノンケに対する強いトラウマがあって、恋愛自体にブレーキをかけてしまうため、余計に。
読者は両者の心の内を知っているので、(一体何しとるんじゃー!はよ言ってまえー!)と思うんだけど(笑)

今回も、水澄には頼もしきアドバイザーがついてくれて、恋愛の後押しをしてくれます。
キヨさん、真利江ちゃん、ゲイバーのママ。
私はその3人に「そうだそうだー!」と檄を飛ばすことしか出来なくて残念。
真利江ちゃんになりたい。相談とかされてみたーい!

2人のすれ違いや誤解や嫉妬が高まって高まって…そこで誓さんからきっちり想いを伝えてくれて本当によかった!
照れ照れの水澄、可愛かったです♪

でもその後の誓さんの暴走…笑
好きと告白した後の顎クイ…
てっきり2人想いを確かめ合って甘いキス…かと思いきや、いきなり水澄のシャツのボタン外して乳首露出させちゃうとか、何プレイなのーー⁉︎
赤面して前はだけさせてる水澄は可愛いかったけども!
誓さんむっつりすぎて、たまに行動に笑ってしまう。
そっちかい!まずはキスだろ!って。
でもそこは「開店準備中だよ!」と水澄にお預けを食らって終〜了〜。

その後、水澄は譲と過去のトラウマごときっちりと決別し、誓は父親にはっきりと自分の意志を伝えにいき、大団円でした。

エロは、1巻に比べると描写があっさりめに感じたんですが、これは紙から電子に変えたせいもあるかも知れません(しかもスマホだから画面が小さい!)
やはり紙版のあの質感は得がたいものがあるのですが、保管事情が許さないのがツライとこ(T-T)
もちろんエッチで可愛い水澄サイコー!でした♪
酔いどれ水澄は…やる事なす事エロすぎます。
でもこれからは、お酒の力を借りずとも、本音で接してあげてね。

私の中で橋本先生のエロと言えば「between the sheets」シリーズが至高なんですが、あそこまでの描写は今は難しいのかなぁ…?
あれが私にとってBLエロの原点なので、ものすごく思い入れがあるため、ついあのレベルをいろいろと期待してしまう… これはエロに限らずですが。
名作のあとって大変だなぁと思います。

今回、楽しみにしていた誓さんの美しいお料理はあまり出てこなくて残念だったのですが、水澄作『あおさと桜エビとチーズのチヂミ』が美味しそうで!!!
これは早速作ってみよう!と、水澄から女子力をもらう私でした。

新書館ということでRenta!にて購入。
修正甘めです◎

12

おかわりください

水澄の同級生、譲と誓さんの元奥さん、和香さんが
登場し何やら胸騒ぎな2巻。
水澄の動揺っぷりが目に余り、誓さんが確信に触れようとすると
水澄がたまたま聞き逃してしまい言い淀んで…
が続きまた溝が深まりすれ違って…

とにかく水澄、公私混同しまくりのダメダメっぷり(汗)
もういいオトナでしょー!!
言ってる事とやってる事がそれはまあ盛大に
ちぐはぐな水澄を最後は誓さんがたしなめて受け止めて…
筋の通ったブレない誓さん、さすがです。
水澄との出会いで頑固な誓さんも物腰が柔らかになって
円熟味が増したかんじで。
水澄もちょっと女々しかったけれど、苦い過去を
自分なりにリセットして。


きちんと想いを伝えあった後の、
えろえろで可愛い態度で煽って誘う水澄と誓さんの
がっつり攻める言葉の応酬合戦ー…
水澄ったら今までも最中にまあいろいろえっちな事を
言うんですよ(笑)
でも何度も身体を重ねたけれど、この時の水澄の
口からこぼれた「すき」。
やっと気付いた、本音が言えた…
水澄を見つめる誓さんの表情が優しすぎでした…!

2巻で終わってしまうなんて…
幸せそうなふたりをみられて良かったのですが、
もう満足!おなかいっぱい!!とは言い切れない…!
まだまだおかわり欲しかったです><

11

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP