東京陰陽師~天現寺橋怜の場合~ Vol.3 四谷編「梔子が啼く聲」

tokyo onmyouji

東京陰陽師~天現寺橋怜の場合~ Vol.3 四谷編「梔子が啼く聲」
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
脚本
穂波
原画・イラスト
坂本あきら
オリジナル媒体
ゲーム
CD発売会社
TYRANT
収録時間
75 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

屋敷の庭に咲く梔子の花を眺めながら、四谷は主――須賀華明と過ごした日々に思いを馳せる。四谷が幼いころに残した主の言葉は、800年余りの時間を経ても鮮明に記憶に刻まれていた。一方その頃、天現寺橋事務所にある男から依頼が持ちかけられた。早速現場検証を行う天現寺橋だが、その最中、依頼主に呪詛がふりかかってしまう。呪詛に詳しい四谷に助力を請うため、天現寺橋は屋敷に赴くが、そこで信じられない光景を目の当たりにする。

表題作 四谷編「梔子が啼く聲」

四谷 → 四ツ谷サイダー

天現寺橋怜 → 大鳥遊二

その他キャラ
右京[神代一]/ 左京[ライトニング金山]

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ